異世界転生して幻覚魔術師となった私のお仕事は、王子の不眠治療係です

【本編完結済】番外編を不定期更新中です。
 無能な上司のせいで死んだ前世を持つ幻覚魔術師のリア・ブライアン、十八歳。故郷でトップシェアを誇るドミニエル商会で働いていた彼女は、しょーもないことをウダウダ悩む無能な二世社長に嫌気がさしてキレた結果、職とライフラインを失った。
 故郷を離れ、有り金はたいて大国カレドニアに出稼ぎにきたリアは、小銭がつき明日のご飯にも困っていた。そんな時、たまたま目にした掲示板にこう書かれていた。

『方法は問わない。王子の不眠を解決した者に、望む褒美をとらせる事を約束しよう。ただし治療にあたる期間は城から出ることを禁ずる』

 これは、三食宿付きの大変美味しい仕事に飛びついたリアが、持ち前の幻覚魔術を用いて王子を懐柔しながらお仕事を全うするお話です。


※小説家になろうでも掲載中

 途中に挟まれた追加編はなろう版に合わせて追加挿入したお話です。

 第二回アイリスNEOファンタジー大賞と第七回ネット小説大賞で、ともに一次選考までは通過できました。拝読して下さった皆様に感謝です、ありがとうございました<(_ _*)>
24hポイント 14pt
小説 17,160 位 / 83,380件 ファンタジー 3,736 位 / 24,238件