パンドラの箱

至って普通の女子高生だった新崎 紫苑。そして、その親友の石蕗 薺。
高校生活一日目の今日。
二人とも遅刻しそうになる。
しかし、学校につくと黒板に座席表が書いてあるだけで誰もいなかった。
安堵した紫苑。
しかし、自分の机の上に小さな箱が置いてあった。
薺にそれを気づかれ、二人でこれは何だろうと悩んでいた。

中に何が入っているか気になった薺がその箱を開けてしまう。

すると眩しい光に包まれて……
24hポイント 7pt
小説 18,183 位 / 60,804件 ファンタジー 4,802 位 / 19,452件