腐れ縁を最後まで? プリンを食べてただけなのに、食べられたのは私でした

腐れ縁の幼馴染、山崎太一とは赤子の頃からの付き合いだ。
小学校、中学高校、大学、果ては就職先まで一緒だった太一と私が二十五歳になったある日、太一の家でプリンをほおばっていた私は、なぜか唐突に彼にキスされてしまった。
彼は言う。「ガキの頃の約束、忘れたとは言わせない」と。
食べられたのはプリンではなく―――私?
24hポイント 14pt
小説 19,916 位 / 92,200件 恋愛 8,166 位 / 25,130件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

婚姻届の罠に落ちたら

恋愛 / 完結 24h.ポイント:1299pt お気に入り:59

花嫁は銀狼の虜囚

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:14pt お気に入り:604

【R18】まずは抱いてください

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:12149pt お気に入り:638

国外追放されましたが普通に生きてますよ

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:154149pt お気に入り:11466

今日、私は貴方の元を去ります。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:95808pt お気に入り:5771

嫁き遅れ令嬢の私がまさかの朝チュン〜相手が誰か記憶がありません

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:12659pt お気に入り:4147

【R18】偽悪女、実は処女ですが冷徹軍人王を誘惑します

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:56pt お気に入り:71

団長と秘密のレッスン

恋愛 / 完結 24h.ポイント:2179pt お気に入り:2450