嘘つきな純愛

四年目の結婚記念日、私は夫に離別の言葉を告げた。
けれどもそれは了承されず、私はその意思が固い事を示すため、家を出る事にした。
その次の日から変わった夫の態度。
「期待するな」と突き放し、甘い言葉の一言も囁かれる事は無く。
もう、お互い心は枯れているのだと思っていたのに。

愛されていないと思い込んだ妻、けれど夫は言葉にしないながら、突き放しておきながら、深く妻を愛していて―――

不器用な二人の、やり直しの恋の物語。
言葉はいらない。この温もりが、全てだから。
24hポイント 7pt
小説 22,892 位 / 96,118件 恋愛 9,561 位 / 26,493件