大切を押し付けられた聖女

貧しい農民の娘であった私は、珍しい力を望まれて王太子の婚約者として教育された。蔑まれているのに、聖女を大切にしなければいけないから、私は、大切を押し付けられる。
けれど、突如婚約の話は無くなり、私は教育してくれた侯爵家へと押し付けられる。申し訳なく思う私を、彼らは温かく迎え入れてくれる。
24hポイント 241pt
小説 6,077 位 / 140,713件 恋愛 2,998 位 / 43,588件