中山道板橋宿つばくろ屋

時は天保十四年(1843年)。中山道(なかせんどう)六十九次のうち、江戸日本橋に次ぐ宿場町《板橋宿》。その中央仲宿で旅籠《つばくろ屋》を営む父娘があった。中風を患った父を支えつつ働く、宿場小町と謳われる娘、佐久(さく)と奉公人たちの奮闘記。
※一部に実在した人物、店名を使用しておりますが、この物語はフィクションです。
※旧暦を使用しておりますので、現在の感覚とは約一ヶ月のズレがあります。
※こちらの作品は小説家になろう様にも掲載させて頂いております。
24hポイント 49pt
小説 3,410 位 / 22,494件 歴史・時代 32 位 / 300件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

異世界ライフは前途洋々

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:3180pt お気に入り:2845

寝坊少年の悩みの種

KT
青春 / 連載中 24h.ポイント:484pt お気に入り:13

異世界ゆるり紀行 ~子育てしながら冒険者します~

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:59015pt お気に入り:14499

異世界で僕(俺)は最強になるっ!

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:14pt お気に入り:16

海将・九鬼嘉隆の戦略

歴史・時代 / 完結 24h.ポイント:21pt お気に入り:13