【完結】常紋トンネル〜タコ部屋労働者の叫び〜

北海道常紋峠にある、常紋トンネルの創設時の凄惨過酷なタコ部屋労働により、多くの労働者の方々がリンチを受けられた末に亡くなり遺体をトンネルの壁に埋められた事実をご存知でしょうか。十勝沖地震が発生して、崩落したトンネルの壁から複数の人骨が見つかるまで誰にも発見されなかった真実を、架空の主人公の片岡義男が東京都内で見つけた"北海道行人員募集"のチラシに記載されてあった甘い宣伝文句に引っ掛かり、北海道の常紋トンネル建設工事現場で壮絶な勤務を強いられる日々を過ごす羽目になってしまった。
【画像は常紋トンネル-Wikipediaにて投稿されている画像より拝借しました。】
24hポイント 0pt
小説 121,260 位 / 121,260件 歴史・時代 1,395 位 / 1,395件