青いチェリーは熟れることを知らない

 幼いころ、主人公の若葉ちえりの近所へ引っ越してきた桜田瑞貴と真琴の兄妹。憧れの大きな白い家に住む、優しくてカッコイイ兄の瑞貴はまさにちえりの理想の王子様だった。
 
 ずっと一緒だと疑わなかった幼少期。
 しかしそれから数十年後、歳を重ねて大人になった三人は別々の道を歩んでいた――。
 
 アルバイトや契約社員として働きながら、ただなんとなく生きてきた彼氏なしの若葉ちえりは二十九歳となり、ようやく焦り始める。
 【田舎暮らし&まもなく三十路&彼氏なし】の現状から脱したい彼女は【玉の輿】という野望を抱いて上京し、面接を受けた大都会の大手総合商社・フェニックスで大失態を犯してしまう。人生終わった! と、すっかり気落ちしたちえりの前に現れたのは、なんと桜田瑞貴だった!
 
 再会からふたたび動き出した瑞貴への想いを実感するちえりに、憎まれ口を叩きながらも手を差し出してくれる謎の新人・鳥居隼人が現れる。やがて顔を合せれば喧嘩ばかりだったふたりが急接近し、苛立ちを募らせる瑞貴へ心配をかけまいとするちえりは嘘をついてしまい――!?


桜田瑞貴「お前……っこの手どかせよ!」

鳥居隼人「お前さ、"瑞貴センパイに嘘ついた"って罪悪感もってるみてぇだけど……」
 
鳥居隼人「"俺と秘密をもった"って置き換えてみろよ」


 一体ふたりともどうしちゃったの――っ!?

24hポイント 7pt
小説 20,780 位 / 86,625件 恋愛 8,478 位 / 22,875件