スラッシュ/修司編

『自由に生きろと敷かれたレールは、俺にとって本当に自由だったんだろうか?』

 この日本で。特殊能力を操るキーダーは英雄だ。全国民の一握りしかいない彼等は出生時の検査で振り分けられ、国の為に生きる選択を迫られる。

 保科修司も、キーダーの資質をもって生まれてきた。けれど出生前に父親が事故死し、産婦人科医だった祖母と伯父の颯太が、その力を隠蔽した。
 キーダーは国に命を預けなければならないから。
 すべての行為は、修司の自由のために。

 能力を隠して生きる『バスク』として十五歳に成長した修司は、上京した東京でキーダーの美弦と出会う。

☆第7回ネット小説大賞、一次通過していました。応援ありがとうございます^^
☆カクヨム様、小説家になろう様でも公開中です。

☆1日に2話ずつ更新予定です。よろしくお願いします。
☆50話完結予定。
24hポイント 0pt
小説 87,608 位 / 87,608件 キャラ文芸 2,064 位 / 2,064件