生き甲斐という箱の中

生と死は表裏一体、というより、どこまでいっても地続きだ。

生きることと死ぬことは等しいよね。

生きているからといって、心を殺して、屍のような暮らしをしている人間はいくらでもいるだろう?

死んでみることで、あたらしい道を開くことだってできるんじゃないのだろうか。
24hポイント 0pt
小説 120,219 位 / 120,219件 ミステリー 2,809 位 / 2,809件