僕達はオジサンの販売しているお菓子や乾物達なのだ!

いまだ五十歳を過ぎても結婚できないでいる怖い顔をしたオジサンこと、井上竜二……。
彼の職業は、お菓子や乾物の移動販売なのだが。彼が販売するお菓子や乾物達が。怖い顔をしてはいるが優しいオジサンの恋を助けようと立ち上がるお話で。主人公オジサンの一人称視点ではなく、お菓子や乾物達の視点で、オジサンの販売や恋話しの物語を進めていくのでお時間あればお願いします。

移動販売、恋愛、大衆娯楽で話を進めていきます。
24hポイント 0pt
小説 80,252 位 / 80,252件 大衆娯楽 2,488 位 / 2,488件