おっさんの俺が、魔王と勇者の争いを中断させたよ。(商い日和)

第2回大人が読みたいエンタメ小説コンテスト中間選考作品
改修版 アラサーの俺と、魔王、勇者のスローな商いライフ!が第20回ライトノベルファミ通文庫部門一次選考通過作品

もうすでに三十歳過ぎているのに、未だ結婚出来ないでいるアラサー主人公上島新太。ある日の仕事帰りの道……。

と、言うか? ついついと、漫画本欲しさに出張先でもある、岡山県備前市日生町の隣町でもある、赤穂浪士の街、赤穂のショッピングモールへと買い物に出かけたので御座います。

でッ、その頃異世界では、主人公上島新太自身が何故か記憶のない? 本妻である魔王様が勇者と剣戟を交わして乱戦中……。

でも、段々と魔力が尽きかけてきた妻の魔王様は、死を覚悟するので御座います……。

でも魔王様は、やっぱり死ぬに死にきれないと……。

できれば、最後に別居状態である夫に逢って謝罪がしたいと……。

でないと? 死ぬに死ねない……。

だから勇者を連れて、自ら魔法で異世界ゲート開いて、夫の元に。

まあ、ゲートを開いて夫の前に現れたはいいが。直ぐに夫の愛車に引かれててしまうのです……。

それも勇者共々……。

でッ、その後魔王様! 自分自身に生涯をかけて責任を取ると、謝罪をしてくる夫を見てある事を閃きます!

このまま知らぬ顔をして、夫に生涯かけて尽くしてもらおうと……。

そうすれば、今迄知らぬ顔をして放置をしていた夫に叱られないですむからと……。

と、言う事でから魔王様は、夫である主人公にやたらと因縁! 生涯かけて尽くせと迫る!

そんな魔王を見ていた勇者さまは、主人公が可愛そうになり、同情……。

主人公の代わりに自分自身が魔王を成敗してやると勇んでしまう!

そして魔王と口論……。

直ぐにお互いが武器を手に持ち、目にもとまらぬ速さで剣戟を交えるのだが。

そんな様子を見てた主人公……。

どこからともなく、妻の別れの声が聞こえてきた……。

今宵の別れだと……。

でッ、主人公上島新太我慢が出来ずに、剣戟を交わす二人の間に、命懸けの突撃──。

さてさて、どうなるのでしょうか?

冴えない、独身おじさん、勇者、魔王様……。店から店!イベント! 観光地!道の駅と……移動、対面販売で御座います……。

ハーレム、商い。ほのぼの日和と姫様ありと、魔王と勇者さまとおじさん、家族の一族の為に商いお仕事を頑張ります。
24hポイント 14pt
小説 18,165 位 / 83,248件 ファンタジー 4,115 位 / 24,142件