明治23年の横浜の昼下がり(新撰組後日談)

明治を迎え、京都の小学校で用務員を務める元新選組隊士 山野八十八は、山野と共に隊中美男五人衆に数えられ、今は横浜でガラス商を営んでいる馬越三郎に二十数年ぶりに会いに行く。
「隊中美男五人衆」の二人の一瞬の邂逅の話。

一話完結です。
24hポイント 0pt
小説 60,352 位 / 60,352件 歴史・時代 753 位 / 753件