修羅は今日も我が道を行く

暗闇の牢獄に囚われていた一匹の修羅、渾身の力を込めて暴れもがき叫び続けていたら、暗闇に亀裂が入り光が差し込んできた。  
抜け出るなら今しかない、そんな思いを込めて亀裂を思いっきり殴り飛ばし光ある世界に飛び出した先に待っていたものは、魔王種と呼ばれる魔物の頂点が集まる場所だった。 
急に現れた一匹の人間と思われるものに魔王種の4体は奇異の目を向ける。 
そんな修羅の第一声は、「何を見てやがる畜生共!ぶち殺されてぇのか?」だった。
24hポイント 0pt
小説 60,679 位 / 60,679件 ファンタジー 19,436 位 / 19,436件