今世こそ、真実の愛を探します

 『国家の反逆者』という根も葉もない理由により、“白き英雄”とまで呼ばれた少女『シルリア・ライゼント』が死んだ。
 愛していた男の口から告げられる死刑宣告。それは少女の心に決して消えることのない深い傷をつくる。

「白き英雄死す」

 少女が処刑されたその日、ルミーネ王国で新たな命が誕生する。
 少女の名は、ルリア・ルミーネ。
 後に『白き英雄の再来』と呼ばれる、シルリア・ライゼントの生まれ変わりだった。
 

※以前投稿していた『前世の影響で恋愛に対してトラウマを持った件』を参考に、新しく考え直した作品です。
 前作でかなりの矛盾点があったので、そこを訂正していますが、大体は同じです。
24hポイント 7pt
小説 15,609 位 / 63,835件 恋愛 5,690 位 / 15,917件