小説一覧

87,482 12345
*第13回絵本・児童書大賞参加中です。12/1〜投票受け付け始まりました。投票していただけると嬉しいです。 [第一部]エリとハーバート 努力を、してきたつもりでした。 でも、その結果は、私が学園に入学できるほどの学力がないというものでした。 できそこないと言われ、家から出ることを許されず、公爵家の家族としても認めてもらえず、使用人として働くことでしか、そこに私の居場所はありませんでした。 でも、それも、私が努力をすることができなかった結果で、悪いのは、私のはずでした。 私が悪いのだと、何もかもを諦めていました。 諦めた果てに私に告げられたことは、魔法使いとの結婚でした。 田舎町に住む魔法使いさんは、どんな方なのか。 大きな不安を抱え、長い長い道のりを歩いて行きました。         [第二部]ミアとアランと時々ウィル  貴族の娘として生まれたのに、文字が読めない、書けないミアは、ある日、田舎町に預けられることになった。  平民の中で、平民と同じような生活が送れるはずない。  私は、お父様に見捨てられたんだ。  そう思っていたミアだけど………    
24hポイント 203,721pt
小説 1 位 / 87,482件 児童書・童話 1 位 / 1,752件
文字数 90,532 最終更新日 2020.12.05 登録日 2020.11.27
2
恋愛 完結 短編 R15
「アリス!私は真実の愛に目覚めたんだ!君との婚約を白紙に戻して欲しい!」 ある日の朝、突然家に押し掛けてきた婚約者───ノア・アレクサンダー公爵令息に婚約解消を申し込まれたアリス・ベネット伯爵令嬢。 婚約解消に同意したアリスだったが、ノアに『解消理由をそちらに非があるように偽装して欲しい』と頼まれる。 当然ながら、アリスはそれを拒否。 他に女を作って、婚約解消を申し込まれただけでも屈辱なのに、そのうえ解消理由を偽装するなど有り得ない。 『そこをなんとか······』と食い下がるノアをアリスは叱咤し、屋敷から追い出した。 その数日後、アカデミーの卒業パーティーへ出席したアリスはノアと再会する。 彼の隣には想い人と思われる女性の姿が·····。 『まだ正式に婚約解消した訳でもないのに、他の女とパーティーに出席するだなんて·····』と呆れ返るアリスに、ノアは大声で叫んだ。 「アリス・ベネット伯爵令嬢!君との婚約を破棄させてもらう!婚約者が居ながら、他の男と寝た君とは結婚出来ない!」 濡れ衣を着せられたアリスはノアを冷めた目で見つめる。 ······もう我慢の限界です。この男にはほとほと愛想が尽きました。 復讐を誓ったアリスは────精霊王の名を呼んだ。 ※本作を読んでご気分を害される可能性がありますので、閲覧注意です(詳しくは感想欄の方をご参照してください) ※完結保証(もう最後まで書いてあるので、未完で終わることはありません) ※息抜き作品です。クオリティはそこまで高くありません。 ※本作のざまぁは物理です。社会的制裁などは特にありません。 ※hotランキング一位ありがとうございます(2020/12/01)
24hポイント 188,222pt
小説 2 位 / 87,482件 恋愛 1 位 / 23,136件
文字数 20,987 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.11.30
3
恋愛 連載中 短編 R15
アナスタシアは18歳の若さで聖女として顕現した。 聖女・アナスタシアとなる前はアナスタシア・リュークス侯爵令嬢。婚約者は第三王子のヴィル・ド・ノルネイア。 王子と結婚するのだからと厳しい教育と度を超えた躾の中で育ってきた。 アナスタシアはヴィルとの婚約を「聖女になったのだから」という理由で破棄されるが、元々ヴィルはアナスタシアの妹であるヴェロニカと浮気しており、両親もそれを歓迎していた事を知る。 聖女となっても、静謐なはずの神殿で嫌がらせを受ける日々。 どこにいても嫌われる、と思いながら、聖女の責務は重い。逃げ出そうとしても王侯貴族にほとんど監禁される形で、祈りの塔に閉じ込められて神に祈りを捧げ続け……そしたら神が顕現してきた?! 虐げられた聖女の、神様の溺愛とえこひいきによる、国をも傾かせるざまぁからの溺愛物語。 ※感想の取り扱いは近況ボードを参照してください。 ※小説家になろう様でも別名義にて連載予定です。
24hポイント 175,429pt
小説 3 位 / 87,482件 恋愛 2 位 / 23,136件
文字数 23,470 最終更新日 2020.12.05 登録日 2020.12.02
4
恋愛 連載中 短編 R15
 わたくしはシャーロット・サンチェス。ベネット王国の公爵令嬢で次期女公爵でございます。  旦那様とはお互いの祖父の口約束から始まり現実となった婚約で結婚致しました。結婚生活も順調に進んでわたくしは子宝にも恵まれ旦那様との子を身籠りました。  しかし、わたくしの出産が間近となった時それは起こりました……。  突然公爵邸にやってきた男爵令嬢によって告げられた事。 「私のお腹の中にはスティーブ様との子が居るんですぅ! だからスティーブ様と別れてここから出て行ってください!」  へえぇ〜、旦那様? わたくしが妊娠している時に浮気ですか? それならご覚悟は宜しいでしょうか?
24hポイント 158,164pt
小説 4 位 / 87,482件 恋愛 3 位 / 23,136件
文字数 33,135 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.11.08
5
キャラ文芸 連載中 短編
 社内システムを全てワンオペしていた私は、社長交代を機に解雇予告を受けた。会社に未練など無いので素直に退職したけれど、時間が経つほど腹が立つ。ファミレスで「ふざけんな」と叫んでいたら、見知らぬイケメンに声をかけられた。あれ、よく見れば幼馴染の健太じゃん。私は健太のスタートアップに再就職することになり、充実した日々を送っていく。一方、社内システムを管理できなくなった古巣は梯子を外したように真っ逆さまに業績が悪化していく。新社長は私を逆恨みして、あの手この手で妨害工作を仕掛けるのだが……  ※別の小説サイトにも投稿しています
24hポイント 154,007pt
小説 5 位 / 87,482件 キャラ文芸 1 位 / 2,227件
文字数 64,498 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.11.17
6
恋愛 連載中 短編
 公爵令嬢のライラは契約していた大狼が怖いと言われ、ディアス殿下に婚約破棄を受けてしまう。  そして新たな婚約者として侯爵令嬢のメラナーを選んだことで、私は婚約破棄の真相を知る。  数ヶ月後に国を守る神獣が選ばれる儀式があり、メラナーが契約していたペガサスが最有力候補だった。  その後、神獣を決める儀式が始まり――私の契約獣が神獣に決まる。  それを知ったディアス殿下が謝罪するも、私は許す気がなかった。
24hポイント 147,745pt
小説 6 位 / 87,482件 恋愛 4 位 / 23,136件
文字数 19,004 最終更新日 2020.12.05 登録日 2020.11.15
男爵令嬢に入れあげ生徒会の仕事を疎かにした挙げ句、婚約者の公爵令嬢に婚約破棄を告げた王太子。 あっさりと受け入れられて拍子抜けするが、それには理由があった。 まあ、なおざりにされたら心は離れるよね。
24hポイント 144,101pt
小説 7 位 / 87,482件 ファンタジー 1 位 / 24,945件
文字数 5,179 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.11.30
8
恋愛 連載中 ショートショート
貴方何様ですか? 喧嘩売ってるなら買いますよ?
24hポイント 124,840pt
小説 8 位 / 87,482件 恋愛 5 位 / 23,136件
文字数 3,766 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.11.29
9
恋愛 連載中 長編
 妹であるアメリアを好きになったからと、一方的に婚約破棄された伯爵令嬢サーシャリア。  明らかに不当な婚約破棄に関わらず、家族はサーシャリアに可愛げがないのが行けないの一点張り。  挙句の果て、それでも認めないサーシャリアを家から放り出してしまう。  だが、彼らは知らない。  サーシャリアが今までの努力と、それが伯爵家を大きく支えていたこと。  そんなサーシャリアを多くの人間が慕っており。  ──彼女を迎えに来た人間がいたことを。  これは、自分を認めない環境から逃げ出せたことを機に、サーシャリアが幸せを手にするまでの物語。 (旧タイトル) 不当な婚約破棄を誰も許しませんでした〜可愛げがない私が溺愛に気づくまで〜 (タイトルで悩んでおり、変更あるかもです)
24hポイント 123,775pt
小説 9 位 / 87,482件 恋愛 6 位 / 23,136件
文字数 23,089 最終更新日 2020.12.05 登録日 2020.11.22
婚約者が妹に奪われた挙句、家から絶縁されました。 なので、これからは自分自身の為に生きてもいいですよね?
24hポイント 119,700pt
小説 10 位 / 87,482件 ファンタジー 2 位 / 24,945件
文字数 12,098 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.11.25
11
恋愛 連載中 短編
母の死と同時に現れた義母と異母妹のロアラ。 私に無関心の父を含めた三人に虐げられ続けた私の心の拠り所は、婚約者である王太子テルディスだけだった。 けれど突然突きつけられる婚約解消。そして王太子とロアラの新たな婚約。 私が妹を虐げていた? 妹は──ロアラは聖女? 聖女を虐げていた私は魔女? どうして私が闇の森へ追放されなければいけないの? どうして私にばかり悪いことが起こるの? これは悪夢なのか現実なのか。 いつか誰かが、この悪夢から私を覚ましてくれるのかしら。 魔が巣くう闇の森の中。 私はその人を待つ──
24hポイント 117,776pt
小説 11 位 / 87,482件 恋愛 7 位 / 23,136件
文字数 23,070 最終更新日 2020.12.05 登録日 2020.11.30
12
ファンタジー 連載中 長編 R15
十年間の間、王宮に軟禁され、ルーン魔術師として仕事をしていたヴァン・ホーリエン。 彼の知らないうちに、国王が変わっていたらしく、新しい女王と自分の代わりだというイケメンの男に、時代遅れのルーンを刻むことしかできない無能といわれ追放を告げられる。 女王たちは知らなかったのだ。 ヴァン・ホーリエンが、失われた技術『古代ルーン魔術』の使い手であることを。 そして、追放されたヴァン・ホーリエンは、時代遅れということを気にしつつも、知らず知らずのうちに、その最強の力を使って困っている人を助けていくのであった。
24hポイント 114,237pt
小説 12 位 / 87,482件 ファンタジー 3 位 / 24,945件
文字数 22,851 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.11.30
13
恋愛 連載中 短編 R15
初めて妹のアイラと、婚約者ウォルフが顔を合わせた場に立ち会った瞬間。 メリルは嫌な予感がした。 その予感は見事に的中する。 「お前は、私の番に暴力を奮ったそうだな?」 メリルの返事を待たずして、ウォルフは彼女を床に殴りつける。 手のつけられない子供の癇癪のように、彼女に暴力を奮い続けた。 そして、彼女をようやく解放すると。 「お前は侯爵夫人になる女性に暴力を奮ったのだ。犯罪者として裁かれて当然だろう?私は裁判に持ち込まないで自分の手で裁いてやっただけだ」 「ウォルフ様。お優しいのね。コイツもきっと感謝してると思うわ。それに、裁判なんて家の恥よ。早く捨ててくれれば全て解決するわ。そうね、豚舎に捨てれば全て食べてくれるから安心よ」 ウォルフとアイラはそう言って、彼女を屋敷から追い出した。 メリルは自分の命の灯火が消える事を感じながら街を彷徨う。 そこで、ある人物に保護される。 作者は行き当たりばったりのダメ人間です 週に3回は更新したいと思っておりますが、家族の通院の付き添いや、仕事が年末にかけてアホみたいに忙しくなるので、出来ないこともあります よろしくお願いします
24hポイント 112,030pt
小説 13 位 / 87,482件 恋愛 8 位 / 23,136件
文字数 35,558 最終更新日 2020.12.05 登録日 2020.11.15
14
恋愛 連載中 長編
両親の愛を独り占していた妹のスフレを虐め倒していた悪役令嬢リオノーラ。リオノーラに脅されて、下僕として動いていた第3王子であるユーリンが作った毒で深い眠りについたスフレ‥そんなスフレをキスで目覚めさせた第2王子のデリック 悪事がバレたリオノーラは、スフレを貶めた罪と王族であるユーリンを脅した罪で断罪される事となる。 「‥皆呪ってやるッ!!」そう叫びながら火炙りにされるのだが‥‥!! (そのリオノーラって‥私じゃあああああんッ!!!!?) 目が覚めたら幼女の体に乗り移っていたけど‥いや、これ悪役令嬢でしょ‥? 精霊に守られている国、ニーシュライナー王国で起こる悪役令嬢のやり直し人生!! (*内容が重たいものもあるのでご注意ください) (*70話以上、続く予定)
24hポイント 111,059pt
小説 14 位 / 87,482件 恋愛 9 位 / 23,136件
文字数 67,538 最終更新日 2020.12.05 登録日 2020.11.19
ラバリア王国には精霊の巫女がいる。ユグラン公爵家の双子の姉ララだ。 先代の巫女の遺言で、ララは15歳にして新たな巫女となった。同時にラバリア王国王太子グレイクの婚約者となった。 しかしなぜかララは、巫女としての力を十分に発揮できなかった。 双子の妹セリーナは精霊に愛され、精霊の力を人々のために存分に奮っている。 ララとセリーナの17歳の誕生日「セリーナの方が巫女として優れている」という理由で、ララは巫女と王太子の婚約者の2つの立場を同時に失う。 しかしセリーナが使っている「精霊力」が、実は姉ララのものであることを誰も知らなかったのだ。ララ自身も、知らなかったのだ。 実家からも勘当されたララは、先代巫女である祖母が残した家に住むためにリモーネ村へ向かう。 親切な人々との出会いを果たしたララは、母の胎内でセリーナと絡まってしまった「精霊力の管」を断ち切ることに成功する。 ララの精霊力を失ったセリーナ、精霊の加護を失ったラバリア王国の元婚約者、そして両親が泣きついてきても、ララにとっては何もかもが遅すぎた。そしてララはアーシュグラン帝国で人々に愛され、最強の精霊使いへの道を歩み始める──。 ★★あらすじ回収までが長いです。そしてざまぁまで長い&国が滅んだり人が死んだりはしないのでご了承ください★★
24hポイント 106,513pt
小説 15 位 / 87,482件 ファンタジー 4 位 / 24,945件
文字数 118,732 最終更新日 2020.12.05 登録日 2020.10.26
16
ファンタジー 連載中 短編 R18
「お前の妹は、お前より美人だよな。お前なんかより妹と婚約すれば良かった。」 あら奇遇ですわね 私もそう思っておりましたわ ですからどうぞ妹と結婚なさいませ ご安心下さいませ ざまぁも復讐も致しませんわ 私は遠い辺境の修道院で子供達とスローライフを楽しみます どうか私の邪魔だけはなさいませんようお願い申し上げますわね
24hポイント 103,310pt
小説 16 位 / 87,482件 ファンタジー 5 位 / 24,945件
文字数 5,157 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.12.01
17
恋愛 連載中 長編 R15
目が覚めたら悪役令嬢になっていました。 よくあるパターンですが、自分の身に起こると困りますね。 ちなみに悪役も破滅エンド回避もやる気ゼロなんですが、どうしたら良いですか? 自分のやりたい事にしかやる気が出せない悪役令嬢とそんな彼女に惹かれていく攻略者たちのお話です。 ハーレムエンドではありません。
24hポイント 100,936pt
小説 17 位 / 87,482件 恋愛 10 位 / 23,136件
文字数 75,157 最終更新日 2020.12.05 登録日 2020.11.27
18
恋愛 連載中 短編 R15
「聖女どころか子ども産めない女は出て行け!マーガレットに子どもが出来たのだ!きっとお腹の子が聖女に違いない!だからお前とは離婚する!!」 隣の令嬢を抱き寄せて声高々に言い放つのは、侯爵家の ゴードン・サンダーム。 確か私の夫だ。 隣の令嬢はウォール男爵令嬢の、 マーガレット令嬢。 私は1年前にサンダーム侯爵家に嫁いだフィオナ・サンダーム。 元伯爵令嬢だった。 この国では、治癒能力を持つ聖女が3人いる。 不思議な事に、1人聖女が死んでしまうと、程なくして1人聖女が産まれるのだ。 数ヶ月前に、1人の聖女が死んだ。 聖女が産まれたら、その聖女と両親は手厚く扱われる。 その為、国中が自分が聖女を産むのだと躍起になっていた。 聖女は産まれてすぐ分かる。額に十字の印が刻まれているからだ。 特に公爵家や侯爵家は、王族とお近づきになりたい為。この聖女を欲していた。 1年前に結婚した私達の間には子どもはできなかった。 そのためこんな事を言ってきたのだろう…。 でも…。 その浮気相手のお腹にいる子どもって、 誰の子ですか???
24hポイント 92,682pt
小説 18 位 / 87,482件 恋愛 11 位 / 23,136件
文字数 38,490 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.11.08
19
恋愛 連載中 短編
理想的な家族と見られているスパンシ―伯爵家。 仲睦まじい両親に優秀な兄、第二王子の婚約者でもある美しい姉、天真爛漫な弟、そして聞き分けの良い子の私。 ある日、姉が第二王子から一方的に婚約解消されてしまう。 そんな姉を周囲の悪意から守るために家族も私の婚約者も動き出す。 だがその代わりに傷つく私を誰も気に留めてくれない…。 だがそんな時一人の青年が声を掛けてくる。 『ねえ君、無理していない?』 その一言が私を救ってくれた。 ※設定はゆるいです。 ※作者の他作品『すべてはあなたの為だった~狂愛~』の登場人物も出ていますが、読んでなくても大丈夫です。
24hポイント 89,431pt
小説 19 位 / 87,482件 恋愛 12 位 / 23,136件
文字数 22,706 最終更新日 2020.12.05 登録日 2020.11.27
小学3年生の高橋啓太は、病気により小学校に通えないまま、病院で息を引き取った。 次に気が付いたとき、啓太の前に女神さま現れて、啓太自身の話を聞くことに。 そして啓太は別の世界の、マカリスター侯爵家次男、ジョーディ・マカリスターとして転生することが決まる。 すくすくそだった啓太改めジョーディは2歳に。 そしてジョーディの周りには友達がいっぱい。でも友達は友達でも、人間の友達ではありません。 ダークウルフの子供にホワイトキャットの子供に。何故か魔獣の友達だらけ。 そんなジョーディの毎日は、父(ラディス)母(ルリエット)長男(マイケル)、そしてお友達魔獣達と一緒に、騒がしくも楽しく過ぎていきます。
24hポイント 88,438pt
小説 20 位 / 87,482件 ファンタジー 6 位 / 24,945件
文字数 40,148 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.11.25
21
恋愛 連載中 短編
「お姉さまって本当に地味でつまらないわよね」父である子爵に溺愛され、甘やかされて育ったビルギットは、姉のマルガレータを「地味」だと馬鹿にしている。マルガレータは長女として子爵家を支えているが、ビルギットは姉の婚約者も奪い、屋敷から追い出してしまう。マルガレータこそが彼女たちの贅沢な暮らしを支えているとも知らずに。放逐されたマルガレータを救ったのはクリスティアンという青年だった。
24hポイント 84,349pt
小説 21 位 / 87,482件 恋愛 13 位 / 23,136件
文字数 41,063 最終更新日 2020.12.05 登録日 2020.11.11
22
恋愛 連載中 長編
 縦ロールは令嬢の命!!と頑なにその髪型を守ってきた公爵令嬢のシャルロット。 「お前を愛することはない。これは政略結婚だ、余計なものを求めてくれるな」 ──そう言っていた婚約者が結婚して縦ロールをやめた途端に急に甘ったるい視線を向けて愛を囁くようになったのは何故? これは私の友人がゴスロリやめて清楚系に走った途端にモテ始めた話に基づくような基づかないような。
24hポイント 82,879pt
小説 22 位 / 87,482件 恋愛 14 位 / 23,136件
文字数 23,677 最終更新日 2020.12.05 登録日 2020.11.20
23
恋愛 連載中 長編
公爵令嬢シルヴィア・クロヴァンスはその奇異な外見のせいで、家族からも幼い頃からの婚約者からも嫌われていた。そして学園卒業間近、彼女は突然婚約破棄を言い渡された。 諦めてばかりいたシルヴィアが幸せになるために足掻く物語。 ーー諦めてばかりいた私に貴方は初めて希望をくれたから……だから私は貴方との未来を諦めないーー
24hポイント 81,040pt
小説 23 位 / 87,482件 恋愛 15 位 / 23,136件
文字数 36,751 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.11.19
24
恋愛 連載中 短編
「お前ほど醜い女はいないな」  これが新婚初夜でわたくしに言い放った旦那様の言葉です。  どう言葉を返せば良いのやら。まぁ、旦那様はお金のために身売りしたようなものなので、気持ちは分かりますが、新妻にあたりちらすのはどうかと思います。こちらも被害者ですしね。  でしたら、その男優も顔負けの美貌を生かして、金持ちのパトロンでもひっかければ良かったのでは? と思います。愛でお腹は膨れませんよ? 甲斐性なしの朴念仁と心の中で罵っておきます。  とにもかくにも、白い結婚は確定したようなので、離婚を目指して奮闘していたら、何やら私に対する旦那様の態度が変わってきたような? おやあ? 気のせいですよね?
24hポイント 80,089pt
小説 24 位 / 87,482件 恋愛 16 位 / 23,136件
文字数 77,950 最終更新日 2020.12.05 登録日 2020.11.07
25
恋愛 連載中 長編
このところ社交界では、ひとりの女性が噂になっていた。曰く、色んな殿方に思わせぶりな態度を取っては手玉に取る毒花のような人だと、清楚な見た目に騙されてはいけないと。実際にパートナーがいるにも関わらず、噂の女性に夢中になる恋人や婚約者たちが続出し、令嬢や貴婦人たちの苛立ちは増すばかり……。 そしてついに、ランスフォード公爵邸にて催された夜会で、シルヴィアーナ・バーリエット公爵令嬢は、婚約者であるランシェル・ハワード第一王子に婚約の解消を告げられてしまうのだった。しかも、その場で婚約を解消されるのは彼女だけではなかったのだ。シルヴィアーナたちは、気合いを入れて王子達に挑む。
24hポイント 78,805pt
小説 25 位 / 87,482件 恋愛 17 位 / 23,136件
文字数 85,589 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.09.18
26
恋愛 完結 短編 R15
侯爵家の令嬢、エリスの夫であるロバートは伯爵家の長男にして、デルバニア王国の第二王女アイリーンの幼馴染だった。 アイリーンは隣国の王子であるアルフォンスと婚約しているが、婚姻の儀式の当日にロバートと共に行方を眩ませてしまう。 国際規模の婚約破棄事件の裏で失意に沈むエリスだったが、同じ境遇のアルフォンスとお互いに励まし合い、元々魔法の素養があったので環境を変えようと修行をして聖女となり、王国でも重宝される存在となった。 ロバートたちが蒸発して二年後のある日、突然エリスの前に元夫が現れる。 エリスは激怒して謝罪を求めたが、彼は「アイリーンと自分の赤子を三人で育てよう」と斜め上のことを言い出した。
24hポイント 77,002pt
小説 26 位 / 87,482件 恋愛 18 位 / 23,136件
文字数 21,774 最終更新日 2020.12.05 登録日 2020.11.21

月が導く異世界道中

レンタル有り
 月読尊とある女神の手によって癖のある異世界に送られた高校生、深澄真。  真は商売をしながら少しずつ世界を見聞していく。  彼の他に召喚された二人の勇者、竜や亜人、そしてヒューマンと魔族の戦争、次々に真は事件に関わっていく。  これはそんな真と、彼を慕う(基本人外の)者達の異世界道中物語。  漫遊編始めました。  外伝的何かとして「月が導く異世界道中extra」も投稿しています。
24hポイント 74,131pt
小説 27 位 / 87,482件 ファンタジー 7 位 / 24,945件
文字数 3,281,827 最終更新日 2020.12.02 登録日 2016.07.11
「ひゃっほう!」  もうこんな生活ともおさらばだ。クソみたいな夫、クソみたいな義両親!
24hポイント 70,392pt
小説 28 位 / 87,482件 ファンタジー 8 位 / 24,945件
文字数 13,525 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.11.29
29
恋愛 連載中 長編
「わたしにだって、限界があるんですよ……」 そんな風に泣きながら、べろべろに酔いつぶれて行き倒れていたイケメンを拾ってしまったフィアナ。そのまま道端に放っておくのも忍びなくて、仏心をみせて拾ってやったのがすべての間違いの始まりだった――。 「天使で、女神で、マイスウィートハニーなフィアナさん。どうか私の愛を受け入れてください!」 「気持ち悪いし重いんで絶対嫌です」  外見だけは最強だが中身は残念なイケメン宰相と、そんな宰相に好かれてしまった庶民ムスメの、温度差しかない身分差×年の差溺愛ストーリー、ここに開幕! ※小説家になろう様にも掲載しています。
24hポイント 66,886pt
小説 29 位 / 87,482件 恋愛 19 位 / 23,136件
文字数 199,916 最終更新日 2020.12.05 登録日 2020.11.26
30
恋愛 連載中 長編
銀髪に紫の瞳を持つ伯爵令嬢のフローレンスには社交界の華と呼ばれる絶世の美女の妹がいた。 ジェネットは幼少期の頃に病弱だったので両親から溺愛され甘やかされ育つ。 婚約者ですらジェネットを愛し、婚約破棄を突きつけられてしまう。 そして何もかも奪われ社交界でも醜聞を流され両親に罵倒され没落令嬢として捨てられたフローレンスはジェネットの身代わりとして東南を統べる公爵家の子息、アリシェの婚約者となる。 褐色の肌と黒髪を持つ風貌で口数の少ないアリシェは令嬢からも嫌われていたが、伯爵家の侮辱にも顔色を変えず婚約者の交換を受け入れるのだが…。 大富豪侯爵家に迎えられ、これまでの生活が一変する。 対する伯爵家でフローレンスがいなくなった所為で領地経営が上手くいかず借金まみれとなり、再び婚約者の交換を要求するが… 「お断りいたします」 裏切った婚約者も自分を捨てた家族も拒絶するのだった。
24hポイント 65,626pt
小説 30 位 / 87,482件 恋愛 20 位 / 23,136件
文字数 119,455 最終更新日 2020.12.05 登録日 2020.09.20
 相良真一(サガラシンイチ)は社畜ブラックの企業戦士だった。  悪夢のような連勤を乗り越え、漸く帰れるとバスに乗り込んだらまさかの異世界転移。  そこには土下座する幼女女神がいた。 『ごめんなさあああい!!!』  最初っからギャン泣きクライマックス。  社畜が呼び出した国からサクッと逃げ出し、自由を求めて旅立ちます。  真一からシンに名前を改め、別の国に移り住みスローライフ……と思ったら馬鹿王子の世話をする羽目になったり、狩りや採取に精を出したり、馬鹿王子に暴言を吐いたり、冒険者ランクを上げたり、女神の愚痴を聞いたり、馬鹿王子を躾けたり、社会貢献したり……  そんなまったり異世界生活がはじまる――かも?    ブックマーク7500件突破ありがとうございます!!   応援やご感想ありがとうございます!!  楽しく読ませていただいております!  ちょっと書く方に専念しますので、暫く更新以外では動かないかもしれないです。  五万字は突破しましたが、毎日更新できればと思っています。  第13回ファンタジー小説大賞にて、特別賞を頂きました! ありがとうございましたー!
24hポイント 65,395pt
小説 31 位 / 87,482件 ファンタジー 9 位 / 24,945件
文字数 341,946 最終更新日 2020.12.05 登録日 2020.06.04
32
恋愛 連載中 長編
幼い頃から気心知れた中であり、婚約者でもあるディアモンにある日、「君は運命の相手じゃない」と言われて、一方的に婚約破棄される。 ディアモンは獣人で『運命の番』に出会ってしまったのだ。
24hポイント 65,115pt
小説 32 位 / 87,482件 恋愛 21 位 / 23,136件
文字数 45,813 最終更新日 2020.12.05 登録日 2019.10.05
33
恋愛 完結 ショートショート
キャロ・ブリジットは、婚約者のライアン・オーゼフに、突如婚約を破棄された。 本来キャロの味方となって抗議するはずの父、カーセルは、婚約破棄をされた傷物令嬢に価値はないと冷たく言い放ち、キャロを家から追い出してしまう。 ありえないほど酷い仕打ちに、心を痛めていたキャロ。 隣国を訪れたところ、ひょんなことから、王子と顔を合わせることに。 「あの時のお礼を、今するべきだと。そう考えています」 どうやらキャロは、過去に王子を助けたことがあるらしく……?
24hポイント 62,003pt
小説 33 位 / 87,482件 恋愛 22 位 / 23,136件
文字数 13,727 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.11.23
34
恋愛 連載中 短編 R18
幼い頃から、私、島田桜帆(しまださほ)は倉永夏向(くらながかなた)の面倒をみてきた。 幼馴染みの夏向は気づくと、天才と呼ばれ、ハッカーとしての腕を買われて時任(ときとう)グループの副社長になっていた! けれど、日常生活能力は成長していなかった。 放って置くと干からびて、ミイラになっちゃうんじゃない?ってくらいに何もできない。 きっと神様は人としての能力値の振り方を間違えたに違いない。 幼馴染みとして、そんな夏向の面倒を見てきたけど、夏向を好きだという会社の秘書の女の子が現れた。 もうお世話係はおしまいよね? ★視点切り替えあります。 ★R-18には※R-18をつけます。 ★飛ばして読むことも可能です。
24hポイント 61,773pt
小説 34 位 / 87,482件 恋愛 23 位 / 23,136件
文字数 35,583 最終更新日 2020.12.05 登録日 2020.11.29
35
恋愛 連載中 短編
私は『花の王子様』という乙女ゲームに転生した しかも、悪役令嬢に。 いや、私の推しってさ、隠しキャラなのよね。 だから勝手にイチャついてて欲しいんだけど...... ※題名変えました。なんか話と合ってないよねってずっと思ってて
24hポイント 61,749pt
小説 35 位 / 87,482件 恋愛 24 位 / 23,136件
文字数 42,326 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.10.28
36
恋愛 連載中 長編
噂によると、私『ユーフェミア・アージュ』は今日婚約破棄をされるらしい。 婚約者であるマーランナ国の王太子『アレックス・バーングラット』に。 ...ということはこれが殿下の婚約者として出る最後のパーティーってことよね? だったら最後くらいちゃんとした格好をしてもいいですよね?
24hポイント 60,138pt
小説 36 位 / 87,482件 恋愛 25 位 / 23,136件
文字数 46,787 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.10.28
フェイ・レプリカは宮廷鍛冶師として王宮で働き、聖剣や魔剣の贋作を作っていた。贋作鍛冶師として馬鹿にされ、低賃金で長時間労働の過酷な環境の中、ひたすら贋作を作り続ける。 そんな環境の中、フェイは贋作鍛冶師の代わりなどいくらでもいると国王に追放される。 フェイは道中で盗賊に襲われているエルフの皇女を救い、エルフの国に招かれる。まともな武具を持たないエルフの民に武器や武具を作る専属鍛冶師になったのだ。 しかしフェイ自身も国王も知らなかった。 贋作を作り続けたフェイが気づいたら本物の聖剣や魔剣を鍛錬できるようになっていた事。そして世界最強の鍛冶師になっていた事を。 フェイを失った王国は製造する武具が粗悪品の贋作ばかりで売れなくなり没落する一方、フェイはエルフの国で最高に楽しい鍛錬ライフを送るのであった。
24hポイント 59,686pt
小説 37 位 / 87,482件 ファンタジー 10 位 / 24,945件
文字数 44,568 最終更新日 2020.12.05 登録日 2020.11.26
38
恋愛 完結 短編 R15
オリビアは元平民の男爵令嬢でハミルトン・パリノ公爵と結婚することになった。ハミルトンは元婚約者のクロエから魅了の魔法をかけられていた。そのせいで、酷い言動をとり続けるハミルトンに耐えられず離婚の危機に直面する。オリビアの3人の侍女が実は最強の戦闘美女達で活躍するシーンあり。涙あり、アクションあり、ロマンスあり。読んでいただけると・・・嬉しいです。 本編完結しました。続きはカクヨム様とノベルアップ様に連載予定です。ぜひ読みにおいでくださいませ。 (11/11時点 人気ランキング7位 114,617ポイント)
24hポイント 58,904pt
小説 38 位 / 87,482件 恋愛 26 位 / 23,136件
文字数 76,974 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.11.08
39
恋愛 連載中 長編 R15
「ごめん、クミ!婚約を取り消してほしい!僕は真実の愛に目覚めたんだ!!」  会社のバーベキュー会場で、私はいきなり婚約を破棄された。  彼氏の隣に居たのは会社の後輩で可愛い金髪美少女キリカ。  彼女は私に残業を嘘の理由でおしつけていて、それを私に怒られた腹いせに彼氏をとったらしい。  それだけでも、悲惨だったのに、なぜかその後異世界に、私、カズヤ、キリカの三人で召喚されて、聖女のキリカと勇者のカズヤ以外はいらない、お前みたいな職なし、ゴミスキル持ちは死ねと、召喚した神官達に私は魔物の住む魔の森に捨てられた。  いや、もう勘弁してください。  ペットになってくれたフェンリル3匹と私を守ってくれようとした神官セルヴァさんと絶対この魔の森で生き抜いてみせるんだから。  神スキル「指定」と、ラッキーで手に入れた「ネット通販」と「遺跡の管理者」の称号を駆使して魔の森に自分の理想の街を作ってやる!  って、日本の調味料で作ったご飯目当てでゴールデンドラゴンやら、敵国兵やらなぜか仲間になっちゃうんですけど!?  浮気してた二人はなぜか勝手に揉めてるし!?  もう私は関係ないので放っておいてください!!!!切実に!!!
24hポイント 57,653pt
小説 39 位 / 87,482件 恋愛 27 位 / 23,136件
文字数 68,776 最終更新日 2020.12.05 登録日 2020.11.19
40
恋愛 連載中 長編 R15
令嬢ウィステリアは、美しく優しい公爵家令息ブライトに恋をしていた。 彼との婚約を目指し、悪評にもめげず努力を重ねる。 けれど、ブライトがより気さくに接するのは義理の妹のほうだった。 あるとき、義妹が生贄に選ばれてしまう。 回避しようと奔走する中、ウィステリアはブライトの気持ちを知ってしまう。 やがて決定的な言葉を告げられ、傷つき孤独になったウィステリアは、義妹の身代わりで生贄となるが…。 これは傷つき孤独を抱えた元令嬢と、すべてに恵まれたがゆえに何も執着しなかった青年の物語。 ※pixivfanboxにて先行公開あり。「小説家になろう」にも掲載しています。 ※旧タイトル「妹の身代わりで死ぬはずが生き延びた悪役令嬢ですが、妹と結婚した片思い相手がなぜ今更私の元に?と思ったら」
24hポイント 57,278pt
小説 40 位 / 87,482件 恋愛 28 位 / 23,136件
文字数 52,574 最終更新日 2020.12.05 登録日 2020.11.19
87,482 12345