ホラー 幼馴染み小説一覧

カテゴリ ホラー
タグ 幼馴染み×
3
実希子、徹、健二、絵里、郁美の五人は、秘密基地を共有し、小学生時代を共に過ごした幼馴染みだった。三十五歳現在、実希子と徹は結婚を控えているが、ほかの仲間とは長らく交流がない。そんな折、郁美の訃報に接した実希子と徹は通夜へ参列し、そこで健二と再会する。三人で話しているところへ参列の礼を言いに来た郁美の弟は白杖を手にしていた。郁美の死をきっかけに幼馴染みたちに事故が相次ぐ。 【第3回ホラー・ミステリー小説大賞 奨励賞】ありがとうございました。 ※エブリスタにて重複投稿しています(別名)
24hポイント 42pt
小説 9,985 位 / 84,990件 ホラー 110 位 / 3,073件
文字数 68,718 最終更新日 2020.04.23 登録日 2020.03.22
2
ホラー 連載中 長編
 あの公園では近所の子と一緒に遊んでいたんだ。  母親同士が仲が良くて、家の行き来をしているうちに子供だけで遊ぶようになったのだと思う。覚えてないけど。  僕が小学校に上がってしばらくして、その子とは自然と遊ばなくなった。何でだかは覚えてないけど。  ふと思い出して、小学校が終わってからその公園に行ってみたけど、その子はいなくて。  で、母親に聞いたんだ。 「あの子は遠くへ行ったのよ」  当時の僕は子供ながらに理解した。あぁ、あの子は死んでしまったんだ、と。  そう思っていた女の子が、帰って来た話。
24hポイント 0pt
小説 84,990 位 / 84,990件 ホラー 3,073 位 / 3,073件
文字数 30,701 最終更新日 2019.06.06 登録日 2019.05.25
《当たり前の日常》は一つの手紙を受け取ったことから崩壊した あらすじ 五十嵐 秋人はどこにでもいる高校1年生の少年だ。 幼馴染みの双葉 いのりに告白するため、屋上へと呼び出した。しかし、そこでとある事件が起き、二人は離れ離れになってしまった。 それから一年…高校二年生になった秋人は赤い手紙を受け取ったことにより…日常の崩壊が、始まったのである。 *** 20180427一完結。 次回【鬼手紙一過去編一】へと続きます。 ***
24hポイント 0pt
小説 84,990 位 / 84,990件 ホラー 3,073 位 / 3,073件
文字数 140,073 最終更新日 2018.04.27 登録日 2018.04.08
3