SF デスゲーム小説一覧

カテゴリ SF
タグ デスゲーム×
6
1
SF 連載中 長編 R15
 西暦2016年。  アノア研究所が発見した新元素『ソウル』が全世界に発表された。  ソウルとは魂を形成する元素であり、謎に包まれていた第六感にも関わる物質であると公表されている。  アノア研究所は魂と第六感の関連性のデータをとる為、あるゲームを開発した。  『アルカナ・ボンヤード』。  ソウルで構成された魂の仮想世界に、人の魂をソウルメイト(アバター)にリンクさせ、ソウルメイトを通して視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚、そして第六感を再現を試みたシミュレーションゲームである。  アルカナ・ボンヤードは現存のVR技術をはるかに超えた代物で、次世代のMMORPG、SRMMORPG(Soul Reality Massively Multiplayer Online Role-Playing Game)として期待されているだけでなく、軍事、医療等の様々な分野でも注目されていた。  しかし、魂の仮想世界にソウルイン(ログイン)するには膨大なデータを処理できる装置と通信施設が必要となるため、一部の大企業と国家だけがアルカナ・ボンヤードを体験出来た。  アノア研究所は多くのサンプルデータを集めるため、PVP形式のゲーム大会『ソウル杯』を企画した。  その目的はアノア研究所が用意した施設に参加者を集め、アルカナ・ボンヤードを体験してもらい、より多くのデータを収集する事にある。  ゲームのルールは、ゲーム内でプレイヤー同士を戦わせて、最後に生き残った者が勝者となる。優勝賞金は300万ドルという高額から、全世界のゲーマーだけでなく、格闘家、軍隊からも注目される大会となった。  各界のプロが競い合うことから、ネットではある噂が囁かれていた。それは……。 『この大会で優勝した人物はネトゲ―最強のプレイヤーの称号を得ることができる』  あるものは富と名声を、あるものは魂の世界の邂逅を夢見て……参加者は様々な思いを胸に、戦いへと身を投じていくのであった。 *「小説家になろう」でも投稿しています。 *毎週木曜日、4時に投稿しています。都合により、投稿できなかったり、時間がずれる場合がございます。
24hポイント 3,961pt
小説 400 位 / 65,796件 SF 4 位 / 2,158件
文字数 733,022 最終更新日 2020.02.13 登録日 2019.08.23
2
SF 連載中 長編
 作者の一言。【作者=飛んでいる猫の写真カワイイなって思考の人】 ※面白いと思ったら、お気に入りにしてください。励みになります。(いや、マジ本当に)  一部はバッと上げて、続きはモチベ次第です。 【あらすじ】  主人公は中二の夏から学校にも通わず、日々フルダイブ環境の充実した自室で引きこもって、数々のフルダイブタイトルをプレイしていた。  そんな彼の元に、試作のタイトルのテスター募集が届く。 そのタイトルは、ブレイド・チェーン・オンライン。 早速、テスターとしてゲームに参加した彼は、すぐにその魅力にはまってしまう。  テスターとしてBCOの世界に浸り、正式オープンを向かえていよいよゲームが始まるその日、BCOのGMから自宅にセキュリティー用のHMCの部品が届いた。何の疑いもなく、その部品を取り付け仮想世界へとログインする彼。  ログインしてすぐ、黒い空間で言い渡されるデスゲーム開始の合図。  自宅に届いた付属部品が、小型爆弾だと告げられる。  『ルールは簡単!このゲームの全大陸をクリアすること!』  残酷な宣言をしたのは、ピエロの姿のアバターだった。  ピエロのアバターが不敵な笑みを浮かべて二つ目の条件を出すと、彼は衝撃を受ける。  約2千人のテスターの全滅、もしくは約8千人の非テスターの全滅。  テスター対非テスターの戦いが、この世界から出るもう一つの条件。  仮想世界に囚われた彼は、YATOとして戦いを強いられていく中で、昔馴染みのカイトと出会う。違法ツールによって自由を奪われていたカイト。そして、ヤトはカイトを助けるためにある秘めた彼の力を使う。  それを使いカイトを救ったヤト。だが、それが原因で、周囲にプレイヤーキラーとして見られるようになる彼は、超級レイドボスに一人で挑むことになる。  そうして、彼は仮想世界でデスゲームを強いられる。
24hポイント 476pt
小説 2,086 位 / 65,796件 SF 26 位 / 2,158件
文字数 186,636 最終更新日 2020.02.16 登録日 2019.10.19
3
SF 連載中 長編
 2300年、地球は意識を吸い取る侵略者によって、絶滅の危機に陥った。  人間がとった行動は、意識を魂として飛ばす機械に入り、VRMMO世界に飛び続けることだった。侵略者は魂を吸い取る、なので別世界に魂を飛ばしていれば、無事であるということだった。    人間たちは魂を適合した職業に変換することを覚えた。  別世界には地球を侵略した宇宙人がいるので、そいつを倒せば、地球に戻れるということ。太陽、水星、火星、木星、土星、地球、海王星、天王星、冥王星、金星と呼ばれる星にいる大ボスを倒し、十個のオーブを手に入れるときに開かれる夢惑星にて宇宙人のボスを倒すと、人間は魂を故郷に帰すことができる。  そう始まって。まるでゲームのような世界が広がっていた。    主人公は農家でトラクターを武器にしたり、草刈り機で暴れてみたり。  主人公の元には主人公含めて、屈強な二十人の村人が集った。  この世界にいる人はすべての人間が同時にスタートし、すべての人間がレベル1からスタートする。さらに、ステータスはレベルが上がっても変わらず、元の世界にいた肉体レベルにあった強さとなる。  この魂の状態では肉体を強くできないので、強くなることはできない、ただし、スキルを覚えることにより、いろいろな能力や伎、魔法、戦い方を学ぶことができる。  主人公は村を作る夢を抱いており、宇宙人攻略より異世界宇宙がゲームみたいになっていたから、この世界で最強の農民になることを夢見るのであった。    人はこの世界を宇宙規模の異世界のVRMMOだと言った。 ストーリーが沢山あります 現在は農民編と商人編があります。 どちらを先に読んでも大丈夫です! ◇◇◇◇この作品は【スタースピリットワールド】を一から作り直したものです。この話は、前作と大きく違います。◇◇◇◇◇ ※小説家になろう、エブリスタにて掲載しております※
24hポイント 21pt
小説 14,120 位 / 65,796件 SF 220 位 / 2,158件
文字数 151,748 最終更新日 2019.08.26 登録日 2018.10.28
4
SF 連載中 長編
潜在能力10%以内で人生を生きる主人公。 如月(きさらぎ)ジンギ。 彼のモットーは「普通に平均的な人生を生きる!」。 勉学、スポーツ、人格、人間関係・・・ すべて当たり障りなく普通を演じる事を モットーとしているジンギ。 常に冷静に自分の潜在能力を10%戦後に抑え、 時代のニーズにあった 平均値を目指して生きている。 そんな彼にも 世界に二つだけ・・・ 「大きな生き甲斐」が存在する。 戦場オンラインゲーム「リアルフィールド」と、 「神崎アオイ」・・・初恋の女子。 だが、神崎アオイには  大きな心の闇が存在する。 アオイの心の闇とリアルフィールド・・・ 2つの大きな生き甲斐が、 ジンギの潜在能力をー100%に解放する!
24hポイント 0pt
小説 65,796 位 / 65,796件 SF 2,158 位 / 2,158件
文字数 51,355 最終更新日 2017.11.03 登録日 2017.09.03
5
SF 完結 長編 R15
「この中に、あなたたちをここへ閉じ込めた“アリス”がいる」  高校生・吉野泰介はある朝クラスメイトの訃報を受けて早朝の教室へ向かうが、集まった生徒は幼馴染の佐伯葵に、一匹狼の仁科要平だけだった。  そこへ突如現れた見知らぬ少女の言葉を皮切りに、佐伯葵は謎の失踪を遂げてしまう。  少女の意図さえ分からないまま、仲間の命を懸けた“ゲーム”の幕が開けた。
24hポイント 0pt
小説 65,796 位 / 65,796件 SF 2,158 位 / 2,158件
文字数 426,643 最終更新日 2018.10.19 登録日 2018.09.08
6
SF 連載中 長編 R15
 主人公の趣味は爆弾をつくること、警察に見つかったら逮捕されます。  彼は爆弾をつくって間違って爆発させてしまう。  死んで向かった先は神様の間だった。  神様は告げる。  爆弾魔という職業を与えると、その職業で神様がつくった異世界型ゲーム。  その世界はすべての世界とつながっている。  パラレルワールドが最後に行きつく場所。  それを【終末の世界】と呼んだ。    その終末の世界には、三つの世界がつながっている。  一つが、主人公のような死後の世界として異世界型ゲームに転生する話。  一つが、VRMMOとしてゲーム感覚で挑戦する人々。  一つが、宇宙船でこのゲームに入ってきた人々。  三つのパラレルワールドが終息する地点を人々は終末の世界と呼んだ。  終末の世界には一体のラスボスがいる。それを倒すとゲームクリアとなり、主人公は元いた世界に戻れる。  という話を神さまから説明される。  ゲームがスタートしたとき、人々は歓喜した。  そして一分後にゲームクリアの知らせがとどろき、人々を絶望にさせたのであった。  問題行動をとった人物が主人公だった。  主人公は偶然にも一分でラスボスをレベル1で倒した。  神様は怒り狂った。  なにせ一生懸命つくった異世界をたった一分で攻略されたのだから。  神様は罰として主人公の蘇りをなくす。  このゲームでは死んだら蘇るのだが。  主人公は一度でも死ねばゲームーバーとなる。  たくさんの参加者がいるのにたった一人だけデスゲームとなった。 ※この作品はエブリスタにも掲載しております※
24hポイント 0pt
小説 65,796 位 / 65,796件 SF 2,158 位 / 2,158件
文字数 26,516 最終更新日 2019.03.24 登録日 2019.03.23
6