SF ダーク小説一覧

カテゴリ SF
タグ ダーク×
11
1
SF 連載中 長編
 ---時は、超☆絶なる未来!  軍事大学を退屈に過ごしつつも悠々と首席卒業した『伊吹 麗奈』  世界有数の大富豪の唯一人の娘である 〈自称:大人の女性〉『夏目 塁』  二人は何時かの夜に出逢い唯一無二の親友となる  世界には厭世が溢れている  何よりも純真で何よりも無垢なる彼女らの心に突き立てる《現実》の狂刃は、遂に彼女らに【厭世】を与えるに十分と相成りて襲い来る  これは、【厭世】を知りながら否定し《新世界》を遊び尽くす物語  不思議な生物!悪意と破綻した思想とも呼ばれぬ狂気を孕んだ脅威達!  時に豪快に!時に適当に!! 全力で"無駄"を楽しむ物語!!!  求めるは勝利と退屈凌ぎの享楽!  例えゲームであったとしても現実より愉しいのだから!    第一部  何時もの戯れに超☆絶な技術で製作された、あまりに巨大な【大富豪専用】ゲーム機が鎮座する大広間  それは並のシェルターとは比べるべくもない居住性と引き換えに圧倒的生命保護能力を有する通称は【鋼鉄の柩】と呼称される究極の戯れのその一つ  ゲームにログインした二人はとある広場にて二度目の出逢いを果たす  謎の女性《Cat's eye》とのフレンド登録や、這いずる熊の如く毛むくじゃらな怪物が突如襲撃を開始するなど続々と発生するイベントにハプニング!  血走る花弁を咲かせる蔦が人間を殺し、怖気の走る姿形へと作り替え人を襲い来る  ありとあらゆる手段でもって人類を根絶やしにせんとばかりに  運命的か奇跡的かは定かでないが巨大な蜂に追われる中途に再開を果す二人はある山奥の村落へ脚を運び......? 第二部  落ち延びた二人組はとある村落へと脚を運んでいた  そこでは異常な営みが発展していたのだが......
24hポイント 42pt
小説 14,495 位 / 127,551件 SF 162 位 / 3,652件
文字数 26,652 最終更新日 2021.12.21 登録日 2021.12.10
2
SF 連載中 長編 R15
ポストアポカリプスった世界にいつの間にかいたおじさんが、軽く知ってるものでも創り出せるチートを使って後方黒幕面するかもしれない話。 たぶん。
24hポイント 0pt
小説 127,551 位 / 127,551件 SF 3,652 位 / 3,652件
文字数 19,049 最終更新日 2021.09.12 登録日 2021.09.02
3
SF 連載中 長編 R15
「このゲームを最初にクリアしたプレイヤーに、多額の賞金とゲームの著作権を進呈します」  いつの頃からか市場に出回るようになったVRゲーム『ラインカネーション・フェスティバル』の宣伝文には、このような一文があった。プロモーション動画でも目にすることができるその一文に日本中のゲームファンは湧き上がり、格安で購入できることもあって瞬く間にこのゲームは日本中で多くのユーザーにプレイされることになった。  本作の主人公もその数多きユーザーの一人。同じゲーマーである交際中の恋人を誘い、主人公は『ラインカネーション・フェスティバル』の世界へとダイブする。  まだ誰もクリアしたことがないこのゲームをクリアして、巨万の富と名誉を手にするために──
24hポイント 0pt
小説 127,551 位 / 127,551件 SF 3,652 位 / 3,652件
文字数 6,411 最終更新日 2021.06.27 登録日 2021.06.15
4
SF 完結 短編
少女は不幸だった。 ある時は信号無視の車に轢かれ、ある時は見知らぬ人に怒号を飛ばされ、ある時は欲しいものが目の前で売り切れる。 何も起こらない平穏な一日、たった一日すら少女に訪れることはなかった。 そしてついにその日、少女にとって一番の不幸が襲いかかる。 「人生はとても楽しい。 だってそうでしょう? こんなにも幸せで満ちているのだから」 ※この物語はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません。
24hポイント 0pt
小説 127,551 位 / 127,551件 SF 3,652 位 / 3,652件
文字数 10,006 最終更新日 2021.05.28 登録日 2021.05.25
5
SF 連載中 長編
現在よりも遥か時代は流れ、AI発達により経済、生活様式、メディアは幾度と無く進化を遂げた。 3500年代初期より人間と“テクノ”と呼ばれる自律型ロボットが共存するようになり、世界各国は更に繁栄を極めていく。 4000年代に突入すると、世界は6つの国家により統治されるようになる。しかし、各国間との戦争が絶え間なく勃発する事は変わらず、国家による侵略、植民地化等が進められてきた。 その内の一国家“ユーロフィア”では国民は大きく二つに分類されていた。経済面や由緒ある家柄等は上級国民として扱われ、それ以外は地下シェルターでの生活を強いられていた。 ーA.C.4500年代 第四シェルターに所属する女性ウル・リズナエルは、ある日地下荒野に眠る千年前の伝説のテクノ“ラヴァン”を再起動させて、国家への抵抗を試みて立ち上がる。 そして、ラヴァンは千年前の記憶を取り戻すために、再び未来の世界において戦場に舞い戻る。
24hポイント 0pt
小説 127,551 位 / 127,551件 SF 3,652 位 / 3,652件
文字数 6,392 最終更新日 2020.07.09 登録日 2020.07.09
6
SF 連載中 長編 R15
第三次世界大戦から立ち直った日本。 だが誰もが知っていた。この平和は仮初のものでしかないことを――。 死んだはずの主人公は、夢の中で少年から肉体を譲られる。しかし目覚めたのは拷問部屋の中だった。 拷問によって精神と肉体を壊されてゆく、絶望の中の生。復讐を誓った彼は、ある兵器と出会う。 人型兵器、アサルトモービル。 同時に、彼はこの世界がゲーム『蒼のオーリオウル』の中だと気づく。 彼は復讐を果たし、生き残ることが出来るのか? 自由とは――どう生き、どう死ぬのかを、自ら選び取ることである。 ♯作中ゲーム『蒼のオーリオウル』 第三次世界大戦から百年。人型ロボットが軍事兵器として国防の中核を担う近未来。 仮初の平和の中にある日本だが、核の傘を失った東アジアは軍事的緊張を高めつつあった。 少年少女たちはそれぞれの動機で、人型兵器アサルトモービルのパイロットを目指し、ある学園の門戸を叩く。 ------ 第一章【復讐編】執筆済み(掲載進行中) 第二章【入学編(仮)】執筆中 ※この作品はフィクションです。登場する人名、地名、組織名、国家名、その他あらゆる名称は、実在のものとは一切関係ありません。 ※この作品は小説家になろう、およびアルファポリスでも連載しています。 ※人型兵器ってのはロマンだよロマン!科学?物理?パッションだ!
24hポイント 0pt
小説 127,551 位 / 127,551件 SF 3,652 位 / 3,652件
文字数 73,630 最終更新日 2020.08.31 登録日 2020.06.14
7
SF 連載中 短編
2877年 突如、宇宙から来た侵略者により人々は3種の生き物に分かれた。 姿と理性を失い殺戮だけを繰り返す長寿生命。 姿は変えられたが人の心は残っている生命。 そして、何も変わらず生きる日々をおびえながら暮らす人の生命。 これはその者達の生きざま。 (長編にするか悩み中ですが、中々物語が思いつかないので詩みたいにしています。)
24hポイント 0pt
小説 127,551 位 / 127,551件 SF 3,652 位 / 3,652件
文字数 3,803 最終更新日 2019.11.02 登録日 2019.07.14
8
SF 完結 長編
 嘗てヒューマノリア大陸南方をその支配下に置き、数多の大戦において、群雄割拠、悪鬼羅刹の名を欲しいままにし、無数にあった少数民族を束ね治めた大戦の覇族―――``流川家``  幾重にも連なる悪名と、人間でありながら怪物地味た戦績を誇って他を圧倒し、全世を治める頂きに最も近い戰の中の戦族として、その存在は多くの者から恐れられて来た。  その覇族が世界統一の為に齎した最後の戰``武力統一終戰``が終結し、血で血を洗う大戦時代が息を潜めて三十年――――――。  彼等が治めた地「武市」に流川家の血とある大いなる血族の末代―――流川澄男とその弟流川久三男は、母親の言いつけで学校に通わされ平和な日常を織りなしていた。  しかし竜暦1940年3月16日。思いを馳せる女性への誕生日だったその日、彼らは否応なく陰に潜んでいたであろう、歪んだ輪廻に巻き込まれる。
24hポイント 0pt
小説 127,551 位 / 127,551件 SF 3,652 位 / 3,652件
文字数 788,053 最終更新日 2020.12.10 登録日 2019.05.03
9
SF 連載中 長編 R15
こぼれ落ちた雫は大海に呑まれ、自分が誰であったのかも忘れてゆく。
24hポイント 0pt
小説 127,551 位 / 127,551件 SF 3,652 位 / 3,652件
文字数 4,682 最終更新日 2019.04.25 登録日 2019.04.23
10
SF 完結 短編
タイトル通りの話です。短編全五話、二万字以下です。
24hポイント 0pt
小説 127,551 位 / 127,551件 SF 3,652 位 / 3,652件
文字数 18,949 最終更新日 2018.11.21 登録日 2018.11.17
11
SF 連載中 長編 R15
一度崩壊した世界は生まれ変わり、それから特に成長したのは人類の「脳開発」だった。頚椎にチップが埋め込まれ、脳が発達し、人は超能力を手にするようになり、超能力を扱えるものは「有能」と呼ばれる。しかし、チップを埋め込まれても尚能力を持てない者は多数いた。「無能」は『石頭』と揶揄され、第二新釜山に住む大学生、ググもまた、『石頭』であった。ある日、アルバイト先で、一人の奇妙な「有能」の少女と出会ってから、ググの日常はそれまでとは大きく変わってゆく。
24hポイント 0pt
小説 127,551 位 / 127,551件 SF 3,652 位 / 3,652件
文字数 132,371 最終更新日 2020.08.27 登録日 2018.05.23
11