ファンタジー 聖女小説一覧

カテゴリ ファンタジー
タグ 聖女×
719 12345
大学生の黒木真理矢は、ある日突然、聖女として異世界に召喚されてしまう。だが、異世界人たちは真理矢を見て、開口一番「なんだあの黒い髪は」と言い、嫌悪の眼差しを向けてきた。 この国では、黒い髪の人間は忌まわしき存在として嫌われており、真理矢は、婚約者となるはずであった王太子からも徹底的に罵倒され、国を追い出されてしまう。 (勝手に召喚して、髪が黒いから出てけって、ふざけるんじゃないわよ――) 怒りを胸に秘め、真理矢は隣国に向かった。どうやら隣国では、黒髪の人間でも比較的まともな扱いを受けられるそうだからだ。 (元の世界には戻れないみたいだし、こうなったら聖女の力を使って、隣の国で成り上がってやるわ) 真理矢はそう決心し、見慣れぬ世界で生きていく覚悟を固めたのだった。
24hポイント 6,755pt
小説 319 位 / 143,614件 ファンタジー 81 位 / 34,628件
文字数 55,283 最終更新日 2022.06.25 登録日 2022.05.07
2
ファンタジー 連載中 長編 R15
諸事情により、各話の後に小タイトル付けます。その際、修正が入りますが…物語を変える事はありません。ご了承下さい(*ᴗˬᴗ)⁾ 4月13日 16話 自信→自身、修正しました。ご報告ありがとうございました(*ᴗˬᴗ)⁾ 5月5日 28話 獲物→得物、修正しました。ご報告ありがとうございました(*ᴗˬᴗ)⁾ 5月20日 31話 誤字を修正しました。ご報告ありがとうございます(*ᴗˬᴗ)⁾ 6月22日 39話 適う→敵う、修正しました。ご報告ありがとうございまふ(*ᴗˬᴗ)⁾ ある国に、2人の聖女がいました。 1人は見目麗しい可憐な聖女 1人はやせ細った地味な聖女 教会に属す2人は、共に強い力を持っていました。 しかし、自国が敗戦し大国に聖女を1人送るという話になり……可憐な聖女は守られ、地味な聖女が売られた。 地味な聖女がビクビクして向かった先は、意外にも彼女を歓迎し丁重に扱いました。
24hポイント 6,297pt
小説 341 位 / 143,614件 ファンタジー 90 位 / 34,628件
文字数 93,156 最終更新日 2022.06.23 登録日 2022.03.26
3
ファンタジー 連載中 長編 R15
 おっさんに唯一与えられたもの――それは【オートスキル】。  とある女神様がくれた素敵なプレゼントだった。  しかし、あまりの面倒臭がりのおっさん。なにもやる気も出なかった。長い事放置して、半年後にやっとやる気が出た。とりあえず【オートスキル】を極めることにした。とはいえ、極めるもなにも【オートスキル】は自動で様々なスキルが発動するので、24時間勝手にモンスターを狩ってくれる。起きていようが眠っていようが、バリバリモンスターを狩れてしまえた。そんなチートも同然なスキルでモンスターを根こそぎ狩りまくっていれば……最強のステータスを手に入れてしまっていた。これは、そんな爆笑してしまう程の最強能力を手に入れたおっさんの冒険譚である――。
24hポイント 4,964pt
小説 421 位 / 143,614件 ファンタジー 110 位 / 34,628件
文字数 238,250 最終更新日 2022.06.26 登録日 2022.06.11
「うわ~ 私を捨てないでー!」 声を出して私を捨てようとする父さんに叫ぼうとしました・・・ でも私は意識がはっきりしているけれど、体はまだ、生れて1週間くらいしか経っていないので 「ばぶ ばぶうう ばぶ だああ」 くらいにしか聞こえていないのね? と思っていたけど ササッと 捨てられてしまいました~ 誰か拾って~ 私は、陽菜。数ヶ月前まで、日本で女子高生をしていました。 将来の為に良い大学に入学しようと塾にいっています。 塾の帰り道、車の事故に巻き込まれて、気づいてみたら何故か新しいお母さんのお腹の中。隣には姉妹もいる。そう双子なの。 私達が生まれたその後、私は魔力が少ないから、伯爵の娘として恥ずかしいとかで、捨てられた・・・  ↑ここ冒頭 けれども、公爵家に拾われた。ああ 良かった・・・ そしてこれから私は捨てられないように、前世の記憶を使って知識チートで家族のため、公爵領に住む人のために領地を豊かにします。 「この子ちょっとおかしいこと言ってるぞ」 と言われても、必殺 「女神様のお告げです。昨夜夢にでてきました」で大丈夫。 だって私には、愛と豊穣の女神様に愛されている証、聖女の紋章があるのです。 この物語は、魔法と剣の世界で主人公のエルーシアは魔法チートと知識チートで領地を豊かにするためにスライムや古竜と仲良くなって、お力をちょっと借りたりもします。 果たして、エルーシアは捨てられた本当の理由を知ることが出来るのか? さあ! 物語が始まります。 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ この作品を見つけてくれてありがとうございます。
24hポイント 3,558pt
小説 558 位 / 143,614件 ファンタジー 152 位 / 34,628件
文字数 190,871 最終更新日 2022.06.25 登録日 2022.01.29
マリアは聖女の血を受け継ぐ家系に生まれ、次期聖女として大切に育てられてきた。  マリア自身も、自分が聖女になり、全てを国と民に捧げるものと信じて疑わなかった。  そんなマリアの前に、異父妹のカタリナが突然現れる。  そして、カタリナが現れたことで、マリアの生活は一変する。  どうやら現聖女である母親のエリザベートが、マリアを追い出し、カタリナを次期聖女にしようと企んでいるようで……。 2022.6.22 第一章完結しました。 第一章は、主人公が理不尽な目に遭い、追放されるまでのお話です。 第二章は、主人公が国を追放された後の生活を中心に描いていく予定です。 
24hポイント 3,522pt
小説 566 位 / 143,614件 ファンタジー 153 位 / 34,628件
文字数 15,857 最終更新日 2022.06.25 登録日 2022.06.02
社畜デスマーチがたたって死んでしまったアラサーOL、カナデ。 でも、本当はもう少し長く生きていられたらしい。 手違いのお詫びにと、新米女神カナディア様は自分の生前の身体を好きにして良いと提案してくる。 新米ゆえに立場が低い女神様に同情したカナデは、カナディア様の分までスローライフを満喫すると決意し、かつて聖女だった女神の身体に転生した。 そこで待っていたのは、チート性能だらけなお城と人懐っこいイケメン人狼! オーバースペックに囲まれて、カナデの壮大なスローライフが幕を開ける。 ※一話一話が短いので、さっくり読めます! ※カクヨム、ノベプラでも連載中。
24hポイント 2,117pt
小説 912 位 / 143,614件 ファンタジー 228 位 / 34,628件
文字数 25,401 最終更新日 2022.06.25 登録日 2022.06.17
7
ファンタジー 連載中 長編 R15
旧題:私は『聖女ではない』ですか。そうですか。帰ることも出来ませんか。じゃあ『勝手にする』ので放っといて下さい。 【 聖女?そんなもん知るか。報復?復讐?しますよ。当たり前でしょう?当然の権利です! 】 地震を知らせるアラームがなると同時に知らない世界の床に座り込んでいた。 同じ状況の少女と共に。 そして現れた『オレ様』な青年が、この国の第二王子!? 怯える少女と睨みつける私。 オレ様王子は少女を『聖女』として選び、私の存在を拒否して城から追い出した。 だったら『勝手にする』から放っておいて! 同時公開 ☆カクヨム さん ✻アルファポリスさんにて書籍化されました🎉 タイトルは【 私は聖女ではないですか。じゃあ勝手にするので放っといてください 】です。 そして番外編もはじめました。 相変わらず不定期です。 皆さんのおかげです。 本当にありがとうございます🙇💕 これからもよろしくお願いします。
24hポイント 1,980pt
小説 961 位 / 143,614件 ファンタジー 237 位 / 34,628件
文字数 1,471,610 最終更新日 2022.06.23 登録日 2019.06.12
8
ファンタジー 連載中 長編 R15
ブラック企業に勤めてたのがいつの間にか死んでたっぽい。気がつくと異世界の伯爵令嬢(第五子で三女)に転生していた。前世働き過ぎだったから今世はニートになろう、そう決めた私ことマリアージュ・キャンディの奮闘記。 ※この小説はフィクションです。実在の国や人物、団体などとは関係ありません。 ※2020-01-16より執筆開始。
24hポイント 1,945pt
小説 985 位 / 143,614件 ファンタジー 243 位 / 34,628件
文字数 1,458,252 最終更新日 2022.06.23 登録日 2020.03.11
「ディーナ。お前には今日で、俺たちのパーティーを抜けてもらう。異論は受け付けない」  勇者ラジアスはそう言い、私をパーティーから追放した。……異論がないわけではなかったが、もうずっと前に僧侶と戦士がパーティーを離脱し、必死になって彼らの抜けた穴を埋めていた私としては、自分から頭を下げてまでパーティーに残りたいとは思わなかった。  ほとんど喧嘩別れのような形で勇者パーティーを脱退した私は、故郷には帰らず、戦闘もこなせる武闘派聖女としての力を活かし、賞金首狩りをして生活費を稼いでいた。  そんなある日のこと。  何気なく見た新聞の一面に、驚くべき記事が載っていた。 『勇者パーティー、またも敗走! 魔王軍四天王の前に、なすすべなし!』  どうやら、私がいなくなった後の勇者パーティーは、うまく機能していないらしい。最新の回復職である『ヒーラー』を仲間に加えるって言ってたから、心配ないと思ってたのに。  ……あれ、もしかして『ヒーラー』って、完全に回復に特化した職業で、聖女みたいに、防御の結界を張ることはできないのかしら?  私がその可能性に思い至った頃。  勇者ラジアスもまた、自分の判断が間違っていたことに気がついた。  そして勇者ラジアスは、再び私の前に姿を現したのだった……
24hポイント 1,904pt
小説 997 位 / 143,614件 ファンタジー 246 位 / 34,628件
文字数 330,197 最終更新日 2022.06.25 登録日 2021.07.29
聖女とはこの世界に神様からお貸し頂いた尊い存在。 しかしそれを分かっていないお馬鹿な王子や、勘違い大公等お仕置きしながら、今日も派遣された国々の為に奉仕いたします。
24hポイント 1,889pt
小説 1,003 位 / 143,614件 ファンタジー 247 位 / 34,628件
文字数 50,503 最終更新日 2022.06.26 登録日 2022.04.09
今の依頼と、それから次の依頼もありますから、そのくらい後になりますね。 聖女として生まれた以上、とにかくたくさんの人を救いたいのです。そのためには目の前の人を救うのが一番効率的でしょう?
24hポイント 1,483pt
小説 1,240 位 / 143,614件 ファンタジー 287 位 / 34,628件
文字数 10,456 最終更新日 2022.06.14 登録日 2022.06.10
【第14回ファンタジー小説大賞エントリー】 奨励賞受賞 ●聖女編● いきなり召喚された上に、ババァ発言。 挙句、偽聖女だと。 確かに女子高生の方が聖女らしいでしょう、そうでしょう。 だったら好きに生きさせてもらいます。 脱社畜! ハッピースローライフ! ご都合主義万歳! ノリで生きて何が悪い! ●勇者編● え?勇者? うん?勇者? そもそも召喚って何か知ってますか? またやらかしたのかバカ王子ー! ●魔界編● いきおくれって分かってるわー! それよりも、クロを探しに魔界へ! 魔界という場所は……とてつもなかった そしてクロはクロだった。 魔界でも見事になしてみせようスローライフ! 邪魔するなら排除します! -------------- 恋愛はスローペース 物事を組み立てる、という訓練のため三部作長編を予定しております。
24hポイント 1,143pt
小説 1,551 位 / 143,614件 ファンタジー 343 位 / 34,628件
文字数 182,329 最終更新日 2021.12.11 登録日 2021.07.17
ティアは神殿で働く身寄りのない下働きの少女。神殿では聖女様からいびられ、他の人たちからも冷遇される日々。 ある日、濡れ衣を着せられ、体よく神殿から追い出されてしまいます。行く当てもなく途方に暮れていると、ふさふさの白い毛をした大きな狼が姿を現し・・ ふっとしたことで神様の加護を受け、聖女の資格をえてしまったが、あんな神殿など戻りたくもなく、もふもふの神様と一緒に旅に出ることにしました。 本当の居場所を、自分で見つけるために―― 拙い文章ながらも、閲覧ありがとうございます! ほっと一息つけるような、時間潰しになればいいなと思っております。 矛盾や不備、誤字脱字がありましたら生暖かい目で見守って頂けると嬉しいです。 人として難ありな方もでてきます。ごめんなさいね、苦手な方はご注意ください。 書きながら気に入らない所を、前に戻り直してしまうこともありますのでお気を付けください。 コメディ、シリアス混在+基本ほのぼのを目指しています。 イヌ科の、もふもふが中心です。
24hポイント 952pt
小説 1,817 位 / 143,614件 ファンタジー 399 位 / 34,628件
文字数 92,424 最終更新日 2022.06.25 登録日 2022.03.03
14
ファンタジー 完結 ショートショート
「偽物の聖女ケアミスレスよ、真の聖女が現れたからお前とは婚約破棄だ! すぐにこの国から出ていけ売国奴が!」  そうですか分かりました、でもこの国がその後どうなろうと知ったこっちゃありませんが、まぁ1割程度の祈りでもこの国を護っていた私より優れているのなら大丈夫ですよね?  ご期待に沿えず大変恐縮ではございますが、真の聖女さまの今後益々のご活躍を心よりお祈り申し上げます(笑)。
24hポイント 901pt
小説 1,924 位 / 143,614件 ファンタジー 428 位 / 34,628件
文字数 2,649 最終更新日 2022.06.21 登録日 2022.06.21
15
ファンタジー 連載中 短編 R15
ラーゲン王国では、長らく聖女が現れなかった。 100年という長き日を跨ぎ、ようやく生まれた聖女。ティアナ。 公爵令嬢として生まれた彼女は聖女として大いに期待され、王太子との婚約も早々に決まっていた。 順風満帆だった彼女の人生があっさりと崩れ去ったのは、聖女としての力があまりにも乏しいと判明してからだった。 常に人に囲まれていた日々は遠のき、仲が良かったと思っていた他家の令嬢たちは誰一人話しかけてこない。家族と家の使用人以外、味方が居なくなった上にとどめになったのは王太子の言葉だった。 「お前との婚約は破棄だ。無能を后には迎えられない」 私はショックで数日寝込んだ後、水ものどを通らず、耐えかねて神殿でずっと祈りをささげていた。 神様、なぜ私を聖女になど選んだのですか? 答えを返してくれたのはなぜか武をつかさどる神様でした。 「お前は武の極みに至れる」 「はい?」 私は決意しました。強くなろうって。
24hポイント 852pt
小説 2,029 位 / 143,614件 ファンタジー 442 位 / 34,628件
文字数 7,948 最終更新日 2022.06.25 登録日 2022.06.22
16
ファンタジー 連載中 長編
60歳になり、定年退職を迎えた斉木 拓未(さいき たくみ)は、ある日、自宅の居間から異世界の城に召喚される。魔王に脅かされる世界を救うため、同時に召喚された他の3人は、『勇者』『賢者』『聖女』。そしてタクミは『神』でした。しかし、ゲームもラノベもまったく知らないタクミは、訳がわからない。定年して老後の第二の人生を、若返って異世界で紡ぐことになるとは、思いもよらず。そんなお話です。
24hポイント 823pt
小説 2,096 位 / 143,614件 ファンタジー 447 位 / 34,628件
文字数 1,161,274 最終更新日 2020.07.05 登録日 2018.01.08
平凡な容姿のOL美琴。 美しい妹と、容姿を比較されることが多かったが、特に気にせずに生きていた。 ある日、家に帰ると妹がお金欲しさに美琴の家に入り、部屋の中を物色していたところを見つけ、喧嘩をしている中、異世界召喚されてしまう。 呼び出されたものの、一目で美しい妹が、聖女だと決められ、美琴は、放置…。 いつ、追い出されてもいいように第2王子の協力で、この世界の知識と戦い方を覚えていく。 そして、妹に聖女の能力はないということが判明したとたん、美琴に聖女として働けと迫ってくる。しかも、無償で。 「平凡なお前が、国のために働けるのだ。そんなの無償に、決まってるだろう」 「勝手に呼び出した挙句、放置して。そのうえ、無償奉仕?了承する人間が、どこにいるというのです?」 「断るなら、国から放り出す」 「それは、脅しですか?構いません。こんな国、出ていかせていただきます」 そして、出ていく美琴と、それについてくる第2王子。 彼らは、新天地を目指し、呪われた地と呼ばれ、誰も寄り付かなくなった国を目指し、旅を始めるのだった。 「良いところじゃあ、ありませんか」 「どこがっ!?こんな、瘴気と魔物がはびこっているところになんて、住めないよっ!」 「あの命令しかしてこない王子と、見下してくる妹がいないだけで、天国ですよ。 …それに、私を誰だと思っているのですか。私は、聖女ですよ。そして、ここを人が住めるようにと、この世界の神様に力をいただきました」 「力…?」 「さぁ。国つくりを始めましょう!…その前に、魔物退治から始めましょうか」 二人が、国つくりを始める中、美琴を召喚した国は、静かに危機が訪れようとしていた…。
24hポイント 724pt
小説 2,367 位 / 143,614件 ファンタジー 500 位 / 34,628件
文字数 24,606 最終更新日 2022.04.28 登録日 2022.04.14
18
ファンタジー 連載中 長編 R18
 冤罪で三度も鉱山奴隷に落とされた主人公。再度戦士に職業変更を申し出たら何故かレア職業に転職。ここから主人公の快進撃が始まったのだが、今度は勇者殺害の冤罪で他国へ逃亡。  老後の蓄えも心配なのだが、いまだ童貞の主人公は寂しさのあまり性奴隷を買っちゃった。ここからついに主人公の運気が上がる! ……のかな~? ☆注☆ R18のお話は番号を『 R-1 』『 R-2 』と書いて行く予定です。出来るだけ本編と切り離して書いて行く予定ですので、大人な話が邪魔な方は飛ばしてください。 『小説家になろう』にて同時掲載。こちらはR15指定ですので、大人な話無しで一気に読みたい方は『小説家になろう』にてお読みください。  更新スケジュールは現在、二日に一話。時々連日更新しております。 『次世代ファンタジーカップ』にエントリーしていますので、応援していただけると幸いです。
24hポイント 640pt
小説 2,606 位 / 143,614件 ファンタジー 537 位 / 34,628件
文字数 647,706 最終更新日 2022.06.26 登録日 2021.04.17
19
ファンタジー 連載中 長編 R15
父に頬を激しく打たれた瞬間にメアリーは前世の記憶を思い出した。ここは前世にハマっていた乙女ゲームの世界で、自分は主人公を陥れる悪女メアリーだった。 やり直したくても、もう全てが遅く、明日になれば身に覚えのない殺害未遂容疑でメアリーは拘束されてしまう。 「とりあえず、生き残ろう……まず、それだ」 毒々しい悪女メアリーが、前世の記憶を使い、清楚系美女を演じて媚びて好かれて、時々、癒して救って、乙女ゲームの世界を変えるお話。
24hポイント 631pt
小説 2,641 位 / 143,614件 ファンタジー 541 位 / 34,628件
文字数 213,718 最終更新日 2021.12.02 登録日 2021.06.08
※書籍化決定! 2021.8.25発売予定です! ※『第13回ファンタジー小説大賞』にて【大賞】をいただきました。応援してくださった皆さま、ありがとうございます! ▽ 「この淫売め! お前との婚約など破棄してやる!」  聖女候補のセルビアはある日いきなりあらぬ疑いをかけられ、王子との婚約を破棄されたうえ教会からも追放されてしまう。  王子はセルビアの才能を妬んだ他の聖女候補たちに騙され、セルビアのことを男好きの悪女だと思い込んでしまったのだ。  セルビアがいなくなれば魔神の封印が維持できない。  無能な他の聖女候補たちはそんなことには気づいてすらいないのだった。  居場所をなくしたセルビアは街をさまよい――そこで同じくSランクパーティを怪我によって追放された元最強の『剣神』ハルクと出会う。  セルビアがハルクの怪我をあっさり治したことをきっかけに二人は意気投合。  ふとハルクは提案してくる。 「どうせ戻る場所もないし、僕たち二人でパーティを組んでみない?」 「賛成です!」  こうして追放された二人はノリでパーティを組むことに。  この時の彼らはすっかり忘れていた。  その場にいるのが、王国最強の攻撃力を持つ『剣神』と、王国最高の支援能力を持つ『聖女』であることに。  理不尽に追放された二人は自由に旅をしながら、最強コンビとしてその名を大陸に轟かせていく。  ――その一方、次期聖女のセルビアを追い出した教会と、剣神ハルクを追い出したSランクパーティはどんどん落ちぶれていくのだった。 ーーーーーー ーーー 閲覧、お気に入り登録、感想等いつもありがとうございます。とても励みになります! ※2020.6.11お陰様でHOTランキングに載ることができました。ご愛読感謝! ※2020.7.13リアル多忙につき感想はランダム返信とさせていただきますのでご了承を……! きちんとすべて読ませていただいておりますし、頑張る燃料になっています! ※2021.8.20書籍の発売が近いため、しばらく毎日更新していきます!
24hポイント 624pt
小説 2,666 位 / 143,614件 ファンタジー 547 位 / 34,628件
文字数 418,997 最終更新日 2021.09.18 登録日 2020.06.10
「偽聖女リーリエ、おまえとの婚約を破棄する。衛兵、偽聖女を地下牢に入れよ!」  リーリエは喜んだ。 「じゆ……、じゆう……自由だわ……!」  もう教会で一日中祈り続けなくてもいいのだ。
24hポイント 546pt
小説 2,982 位 / 143,614件 ファンタジー 592 位 / 34,628件
文字数 87,096 最終更新日 2020.06.19 登録日 2020.05.12
22
ファンタジー 連載中 長編 R15
「優しい女と都合の良い女を勘違いしてませんか、皆様?」 献身、慈愛を美徳とし、他者のために尽くす。 大聖女メイフィートは育ての恩師に報いるため、本来の自分の性格とはかけ離れた聖女の偶像を何年と演じ続けていた。 しかし、自己犠牲など当人にすればたまったものではない。 日々の激務の中で精神への負荷は確実に蓄積していく。 ある日、王子に見知らぬ聖女の暗殺未遂などの罪を着せられ、我慢の限界を迎えるメイフィート。 神殿で暴れた後、友人から渡された白魔導士のローブを纏い、正体を隠ぺいして王国を脱出し旅に出る。 そして、その後の王国には大聖女を失ったことで様々な災厄が降りかかることとなり……。 これは大人が子供の遊びに混じるように、世にも異常な支援職となった聖女の物語。 ※3話あたりまではテンプレです、タイトルは仮題なので変更する場合がございます
24hポイント 539pt
小説 3,013 位 / 143,614件 ファンタジー 596 位 / 34,628件
文字数 115,715 最終更新日 2022.03.29 登録日 2022.02.22
勇者パーティから追放されて、王都で傷心していた聖女アリア。 そんな彼女の前に現れたのは魔王だった! しかし、その魔力は弱くて……?
24hポイント 511pt
小説 3,143 位 / 143,614件 ファンタジー 624 位 / 34,628件
文字数 13,329 最終更新日 2022.06.24 登録日 2022.06.24
人里離れた森の奥で、ずっと魔法の研究をしていたラディアは、ある日突然、軍隊を率いてやって来た王太子デルロックに『邪悪な魔女』呼ばわりされ、国を追放される。 魔法の天才であるラディアは、その気になれば軍隊を蹴散らすこともできたが、争いを好まず、物や場所にまったく執着しない性格なので、素直に国を出て、『せっかくだから』と、旅をすることにした。 『邪悪な魔女』を追い払い、国民たちから喝采を浴びるデルロックだったが、彼は知らなかった。魔女だと思っていたラディアが、本人も気づかぬうちに、災いから国を守っていた聖女であることを……
24hポイント 497pt
小説 3,237 位 / 143,614件 ファンタジー 639 位 / 34,628件
文字数 155,066 最終更新日 2022.01.10 登録日 2021.08.20
 オラルト伯爵家に生まれたレイは、水色の髪と瞳という非凡な容姿をしていた。あまりに両親に似ていないため両親は彼女を幼い頃から不気味だと虐待しつづける。  レイは考える事をやめた。辛いだけだから、苦しいだけだから。心を閉ざしてしまった。    十数年後。法官として勤めるエメリック公爵によって伯爵の罪は暴かれた。そして公爵はレイの並外れた才能を見抜き、言うのだった。 「私の娘になってください。」 と。  養女として迎えられたレイは家族のあたたかさを知り、貴族の世界で成長していく。 前題 公爵家の養子になりました~最強の氷魔法まで授かっていたようです~
24hポイント 497pt
小説 3,237 位 / 143,614件 ファンタジー 639 位 / 34,628件
文字数 181,513 最終更新日 2022.06.20 登録日 2020.11.15
26
ファンタジー 完結 ショートショート
「アイリス・フローリア! 貴様との婚約を破棄する!」 私の婚約者のレオナルド・シュワルツ王太子殿下から、突然婚約破棄されてしまいました。 さらには隣の男爵令嬢が新しい聖女……ですか。 ところでその男爵令嬢……聖女検定はお持ちで?
24hポイント 482pt
小説 3,334 位 / 143,614件 ファンタジー 657 位 / 34,628件
文字数 4,369 最終更新日 2022.05.18 登録日 2022.05.16
ある男は、この国で最も美しいとされる「聖女」を抱くために大司教となった。その方法は、大司教にのみ認められる「処女検査」。 聖女は純潔たれというのが教会の掟。しかし処女かどうかを知るのは大司教のみ。男はピンときた。処女検査で抱いても、俺が処女だと言い張れば問題ない。しかも大司教という地位を盾に口止めもできる――。 そんな企みなどつゆ知らず、少女ながらに色香を放つ黒髪の聖女は、大司教に「処女検査をする」と騙され控室に連れ込まれるのだった。 ※Fantiaで、性癖全開のエロ小説(義妹調教)を投稿中です。よかったらこちらもどうぞ。 https://fantia.jp/fanclubs/364376
24hポイント 482pt
小説 3,334 位 / 143,614件 ファンタジー 657 位 / 34,628件
文字数 12,259 最終更新日 2021.12.30 登録日 2021.12.30
ベイリンガル侯爵家唯一の姫として生まれたエレノア・ベイリンガルは、前世の記憶を持つ転生者で、侯爵領はエレノアの転生知識チートで、とんでもないことになっていた。 そんなエレノアには、本人も家族も嫌々ながら、国から強制的に婚約を結ばされた婚約者がいた。 国内で領地を持つすべての貴族が王城に集まる「豊穣の宴」の席で、エレノアは婚約者である第一王子のゲイルに、異世界から転移してきた聖女との真実の愛を見つけたからと、婚約破棄を言い渡される。 ゲイルはエレノアを聖女を騙る詐欺師だと糾弾し、エレノアには国外追放を、ベイリンガル侯爵家にはお家取り潰しを言い渡した。 お読みいただき、ありがとうございます。 小説家になろう様、カクヨム様にも、別ペンネームで投稿しています。
24hポイント 482pt
小説 3,334 位 / 143,614件 ファンタジー 657 位 / 34,628件
文字数 55,765 最終更新日 2022.03.13 登録日 2022.02.01
毎日、ぶっ倒れるまで、聖女の仕事をしている私。 それをよりにもよって、のんきに暮らしている妹のほうが、聖女にふさわしいと王子から言われた。 いやいやいや… …なにいってんだ。こいつ。 いきなり、なぜ妹の方が、聖女にふさわしいということになるんだ…。 え?可愛いから?笑顔で、皆を癒してくれる? は?仕事なめてんの?聖女の仕事は、命がかかってるんだよ! 確かに外見は重要だが、聖女に求められている必須項目ではない。 それも分からない王子とその取り巻きによって、国を追い出されてしまう。 妹の方が確かに聖女としての資質は高い。 でも、それは訓練をすればの話だ。 まぁ、私は遠く離れた異国の地でうまくやるんで、そっちもうまくいくといいですね。
24hポイント 454pt
小説 3,513 位 / 143,614件 ファンタジー 687 位 / 34,628件
文字数 48,273 最終更新日 2022.04.24 登録日 2021.07.23
「やっと! やっとですよ! 私は聖女なんかじゃないって言ってるのに、みんなわかってくれなくて!」
24hポイント 434pt
小説 3,651 位 / 143,614件 ファンタジー 709 位 / 34,628件
文字数 5,850 最終更新日 2021.08.16 登録日 2021.08.14
「婚約破棄を命じる!」 ある日、国王から私と、王子の婚約破棄を宣言されました。 どうやら、もともと浮気性の王子が別の女に熱を上げているようです。そして、息子可愛さに私を追い出そう押しているわけですね。 追放? 構いませんが、ひとつ忘れてませんか? 私、国を守る聖女なんですよ? それでも追放すると言うので、結界を吸収してやりました。精々、頑張って国を守ってくださいね。私はもふもふ達とのどかに暮らします! 最強で無敵、だけど戦いは好きじゃない聖女が、もふもふと優しい仲間に囲まれて平和な日々を謳歌するほのぼのスローライフ作品です。 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ この作品はカクヨム、小説家になろう、ノベリズムにも投稿しています。
24hポイント 426pt
小説 3,714 位 / 143,614件 ファンタジー 718 位 / 34,628件
文字数 206,464 最終更新日 2022.03.26 登録日 2021.10.19
32
ファンタジー 連載中 長編 R15
 ふと気がつくと、私は水の中にいた。溺れ死ぬと諦めかけたその時、赤髪の美青年に救出される。  え? その青年って国の王太子だったの!?  しかも私が聖女? いや無理無理! 絶対に無理! 私には務まりませんっ!  よし、断ろう。勇気を出して聖女にはなれないと告げたのに。  その王太子アンドリューに私は運命を告げられた。 「鍵の聖女様、必ず貴女をお守りする。だからどうか幻獣人を束ねてくれないか。私と共に国の危機を救ってもらいたい」  この世界に蔓延る災いを呼ぶ禍獣。その頂点に立つ禍獣の王が蘇る前に、幻獣人の封印を解き、戦いに備えたいという。そのためには聖女の力が必要なのだ、と。  まったく話についていけないのですが……!?  世界を渡った反動からか、ところどころ記憶も失っている私に何をしろと? この世界にいる獣人よりもずっと能力も低い、よわっよわでネガティブなダメダメ人間なのに!  そりゃあ髪もところどころ銀髪になっているし、右手の甲に鍵の紋章もあるけど……!  そんな私に世界を救うお手伝いだなんて!  しかし私の意思を置き去りに、最初の幻獣人を偶然解放してしまったことで運命の歯車が回り出す。  ちょ、ちょっと待ってーっ!? 私、本当に鍵の聖女に任命されちゃったの!? ────癖の強い幻獣人たちを解放し、どうにかこうにか束ねて禍獣の王との戦に備える鍵の聖女、エマ。  そんな中で記憶、自信を取り戻し、力を得ていく。そんなお話。 ※逆ハーレムチックですが恋愛にはなりません。 ※小説家になろう、カクヨムでも連載中です。
24hポイント 384pt
小説 4,072 位 / 143,614件 ファンタジー 774 位 / 34,628件
文字数 246,605 最終更新日 2022.06.25 登録日 2021.05.30
異世界から、召喚されたのは、私「唯」だった。 でも、この世界で生きていくための知識を、5年掛けて習得していたら…。 聖女遂に見つかる! との張り紙が…。 え? 聖女は、この世界に1人しかいないみたいですけど、大丈夫ですか? とりあえず私は、関わりたくないので、隣の国に逃げます!
24hポイント 376pt
小説 4,168 位 / 143,614件 ファンタジー 792 位 / 34,628件
文字数 63,427 最終更新日 2022.01.22 登録日 2021.07.25
34
ファンタジー 連載中 ショートショート
「婚約破棄だ!」 広間に高らかに響く声。 私の婚約者であり、この国の王子である。 「そうですか」 「貴様は、魔法の一つもろくに使えないと聞く。そんな出来損ないは、俺にふさわしくない」 「… … …」 「よって、婚約は破棄だ!」 私は、周りを見渡す。 私を見下し、気持ち悪そうに見ているもの、冷ややかな笑いを浮かべているもの、私を守ってくれそうな人は、いないようだ。 「王様も同じ意見ということで、よろしいでしょうか?」 私のその言葉に王は言葉を返すでもなく、ただ一つ頷いた。それを確認して、私はため息をついた。たしかに私は魔法を使えない。魔力というものを持っていないからだ。 なにやら勘違いしているようだが、聖女は魔法なんて使えませんよ。
24hポイント 355pt
小説 4,382 位 / 143,614件 ファンタジー 829 位 / 34,628件
文字数 26,309 最終更新日 2022.04.24 登録日 2021.11.19
 乙女ゲームのラスボスになって死ぬ悪役令嬢に転生したけれど、中身が転生者な時点で既に乙女ゲームは破綻していると思うの。だからわたくしはわたくしのままに生きるわ。  ……それなのにヒロインさんがイジメを自演し始めた。ゲームのストーリーを展開したいと言う事はヒロインさんはわたくしが死ぬ事をお望みね?なら、わたくしも戦いますわ。  でも、わたくしも暇じゃないので魔法でね。 ヒロイン「私はホラー映画の主人公か?!」  『見えない何か』に襲われるヒロインは──── ※作中『イジメ』という表現が出てきますがこの作品はイジメを肯定するものではありません※ ※作中、『イジメ』は、していません。生死をかけた戦いです※ ◇テンプレ乙女ゲーム舞台転生。 ◇ふんわり世界観。ゆるふわ設定。 ◇なろうにも上げてます。
24hポイント 340pt
小説 4,560 位 / 143,614件 ファンタジー 853 位 / 34,628件
文字数 16,316 最終更新日 2022.03.09 登録日 2022.03.04
突然、王太子に婚約破棄と追放を言い渡されたリーネ・アルソフィ。 現代日本人の『神木れいな』の記憶を持つリーネはレイナと名前を変えて生きていく事に。 一人旅に出るが周りの人間に助けられ甘やかされていく。 【拒絶と吸収】の能力で取捨選択して良いとこ取り。 癒し系統の才能が徐々に開花してとんでもない事に。 レイナの目標は自立する事なのだが……。
24hポイント 340pt
小説 4,560 位 / 143,614件 ファンタジー 853 位 / 34,628件
文字数 139,265 最終更新日 2020.10.22 登録日 2020.08.31
旧題:無能な癒し手と村で蔑まれ続けましたが先代が超チート過ぎるだけだと判明しました。私も普通に聖女級ではあるようです。掌返しされても村は捨てます。 村でたった一人の治癒魔法使い『癒し手』であるリリアはその立場に似合わず村人から冷遇され続けていた。 理由は単純で村人たちのほぼ全員が二代目の癒し手である彼女を無能だと思っていたからだ。 孤児であるリリアを引き取って、母のように接してくれた先代は優秀な癒し手だった。 彼女なら数分で完了する骨折の治癒にリリアは数時間かけてしまう。 だから、出来損ないなのだ。 けれど村人もリリアも知らない。 骨折を即日で完治させる癒し手など国に数人もいないことを。 そしてその者たちは凄腕の術士として王都で尊敬され崇められていることも。 今はまだ、村の誰も知らないのだった。 そんな村にある日、一人の貴人が二人の美形騎士を伴って訪れる。 --- 【お知らせ】 「無能な癒し手と村で蔑まれ続けましたが先代が超チート過ぎるだけだと判明しました。私も普通に聖女級ではあるようです。掌返しされても村は捨てます。」ですが 実は有難く書籍化のお話を頂いておりました。 その為、規約に基づき第一部完結までの部分を5月30日付けで非公開とさせて頂きます。 書籍刊行については日が迫りましたら改めて又お知らせさせて頂きたいと思います。 宜しくお願い致します
24hポイント 340pt
小説 4,560 位 / 143,614件 ファンタジー 853 位 / 34,628件
文字数 196,373 最終更新日 2022.05.03 登録日 2020.05.31
「お姉様、よくも私から夢を奪ってくれたわね。絶対に許さない」  私の妹――シャノーラはそう言うと、計略を巡らし、私から聖女の座を奪った。……でも、私は最高に良い気分だった。だって私、もともと聖女なんかになりたくなかったから。  退職金を貰い、大喜びで国を出た私は、『真の聖女』として国を守る立場になったシャノーラのことを思った。……あの子、聖女になって、一日の休みもなく国を守るのがどれだけ大変なことか、ちゃんと分かってるのかしら?  案の定、シャノーラはよく理解していなかった。  聖女として役目を果たしていくのが、とてつもなく困難な道であることを……
24hポイント 333pt
小説 4,643 位 / 143,614件 ファンタジー 875 位 / 34,628件
文字数 17,305 最終更新日 2021.07.29 登録日 2021.07.14
「殿下ぁ。大好きですぅ」 「俺も大好きだよ、リビア」((なんてな))  この女は男ウケしそうなキャラを演じていて、俺を籠絡し王太子妃になろうとしている――。狡猾な王太子マクソンスは、すり寄って来た公爵令嬢リビアの狙いを見抜いていました。  しかしながら――  現婚約者である聖女ルシーは、心が清らかな為つまらない。  対してリビアは打算塗れで、こんな女を傍に置いておけば毎日が面白くなる。  操ろうとしている者を手のひらで転がすほど、愉快なことはない。  ――そんな理由で彼は引っかかっているフリをして、ルシーとの縁を切りリビアを婚約者にしようとします。  ですが――。その選択によって彼は、大きな誤算を招いてしまうこととなるのでした。
24hポイント 312pt
小説 4,873 位 / 143,614件 ファンタジー 918 位 / 34,628件
文字数 24,048 最終更新日 2022.05.23 登録日 2022.05.01
A
ランドロール公爵家は、数百年前に王国を大地震の脅威から護った『要の巫女』の子孫として王国に名を残している。 そして15歳になったリシア・ランドロールも一族の慣しに従って『要の巫女』の座を受け継ぐこととなる。 さらに王太子がリシアを婚約者に選んだことで二人は婚約を結ぶことが決定した。 しかし本物の巫女としての力を持っていたのは初代のみで、それ以降はただ形式上の祈りを捧げる名ばかりの巫女ばかりであった。 それ故に時代とともにランドロール公爵家を敬う者は減っていき、遂に王太子アストラはリシアとの婚約破棄を宣言すると共にランドロール家の爵位を剥奪する事を決定してしまう。 だが彼らは知らなかった。リシアこそが初代『要の巫女』の生まれ変わりであり、これから王国で発生する大地震を予兆し鎮めていたと言う事実を。 そして「もう私は必要ないんですよね?」と、そっと術を解き、リシアは国を後にする決意をするのだった。 ※小説家になろうにも同タイトルで投稿しています。
24hポイント 312pt
小説 4,873 位 / 143,614件 ファンタジー 918 位 / 34,628件
文字数 19,729 最終更新日 2020.09.28 登録日 2020.05.13
719 12345