ファンタジー ざまぁ小説一覧

カテゴリ ファンタジー
タグ ざまぁ×
865 12345
41
ファンタジー 連載中 長編 R15
【精霊術師】であるライムは勇者パーティーの一員として魔王討伐を目指していた。  ところがある日、異質な力を持つライムに嫉妬をした勇者によってライムは仲間から裏切られ、森の奥深くで心臓を突き刺される。  手足は拘束されていて、魔力を使うこともできない。  その上、ライムの周りには血の匂いを嗅ぎつけたのか狼型の魔物が集まっていた。  絶望的な状況の中、ライムの前にある一人の女性が現れる。  その女性はライムに告げた。 「ねぇ、君は勇者君に復讐したい?」  勇者パーティーの仲間に裏切られ、殺されかけたライムの心はすでに決まっていた。  あいつらに復讐をする……と。  信頼している仲間からは力を借り、敵からは力を容赦なく奪う。  勇者への復讐を目論むライムの周りには次第に同じ野望を抱く仲間が集まっていた。  これは、ある一人の青年が仲間と共に勇者に復讐を果たす物語。 二章完結しました! R15は念のためです。 コンテストに応募予定の作品です。 より良い小説に仕上げたいので些細な改善点や感想をお待ちしています! お気に入り登録も是非よろしくお願いします! 増えれば作者のモチベが上がります!
24hポイント 3,416pt
小説 554 位 / 100,047件 ファンタジー 142 位 / 26,907件
文字数 126,056 最終更新日 2021.04.20 登録日 2021.04.03
42
ファンタジー 連載中 長編 R15
公爵令嬢のエリーゼは、婚約者であるレオン王太子に婚約破棄を言い渡されてしまう。 二人は、一年後に、国を挙げての結婚を控えていたが、それが全て無駄に終わってしまう。 失意の内にエリーゼは、公爵家が管理している辺境の地へ引き篭もるようにして王都を去ってしまうのであった。 ――そう、引き篭もるようにして……。 表向きは失意の内に辺境の地へ篭ったエリーゼは、多くの貴族から同情されていたが……。 じつは公爵令嬢のエリーゼは、本当は、貴族には向かない性格だった。 ギスギスしている貴族の社交の場が苦手だったエリーゼは、辺境の地で、モフモフな動物とスローライフを楽しむことにしたのだった。 ただ一つ、エリーゼには稀有な才能があり、それは王国で随一の回復魔法の使い手であり、唯一精霊に愛される存在であった。
24hポイント 3,246pt
小説 572 位 / 100,047件 ファンタジー 148 位 / 26,907件
文字数 2,664 最終更新日 2021.04.20 登録日 2021.04.20
「《旅行》スキルの無能は俺のパーティにいらねぇ……追放だ!」  ジンはユニークスキル《旅行》の力を持ちながらも、戦闘では役立たずな上に、ランダムで転移するため、勇者パーティの仲間たちから無能だと馬鹿にされていた。そんなある日、ゴブリンとの戦闘に敗れ、彼はパーティから追放されてしまう。  悔しさに絶望するジンだが、そんな彼の前にオークが姿を現す。強敵の出現に逃げるように《旅行》のスキルを発動させる。そして辿り着いたのは、魔王城が目と鼻の先にある終末の街だった。  そこではドラゴンさえ一撃で倒せるような最強武器が販売されていた。能力値を無視して、必殺の効果を発揮する武器を使い、ジンはレベルアップを果たす。  《旅行》のスキルは強化され、ランダムではなく、狙った場所に転移することが可能になる。始まりの街に戻ったジンは、最強武器と、レベルアップした能力で、追放した勇者パーティを見返す。  また終末の村からアイテムを持ち帰り、飢餓で苦しむ村に分け与える。勇者以上の人望を手に入れ、充実したスローライフを過ごすのだった。  本物語は無能だと馬鹿にされていた《旅行》スキルが実は有能だったと気づき、英雄として認められていく逆転の物語である。
24hポイント 3,203pt
小説 578 位 / 100,047件 ファンタジー 150 位 / 26,907件
文字数 30,700 最終更新日 2021.04.19 登録日 2021.04.07
44
ファンタジー 連載中 長編 R15
 龍を狩る者、龍脈衆のセレットは危険な龍が湧く場所――龍脈で毎日何十体と龍を狩り、国と城の安全を守っていた。  しかし「サボっているのだろう?」と彼は私利私欲のために龍脈を利用したい者達に無実の罪を着せられて追放されてしまう。  絶望に暮れて追放されている時に助けてくれたのは幼馴染のアイシャだった。「私と一緒に帝国に亡命しない?」彼女に助けられ請われる形で実力主義の帝国に行く。  今まで人前に晒されていなかったセレットの力が人の目に見られ、その実力が評価される。何十人と集まり、連携を深め、時間をかけて倒す龍を一撃で切り裂いていくセレットの実力は規格外だった。  亡命初日に上級騎士、そして、彼のために作られた龍騎士という称号も得て人々から頼りにされていく。  その一方でセレットを追放した前の国は、龍脈から龍が溢れて大事件に。首謀者たちはその責任を取らされて落ちぶれていくのだった。  これはいいように使われていた最強の龍脈衆が、最高最強の龍騎士になる物語。  小説家になろう様でも投稿しています。
24hポイント 3,180pt
小説 582 位 / 100,047件 ファンタジー 151 位 / 26,907件
文字数 150,063 最終更新日 2021.04.20 登録日 2021.03.05
生まれつき、一人一人に魔法属性が付与され、一定の年齢になると使うことができるようになる世界。  伝説の冒険者の息子、タイラー・ソリス(17歳)は、なぜか無属性。 勤勉で真面目な彼はなぜか報われておらず、魔法を使用することができなかった。  代わりに、父親から教わった戦術や、体術を駆使して、パーティーの中でも重要な役割を担っていたが…………。 リーダーからは無能だと疎まれ、パーティーを追放されてしまう。  ダンジョンの中、モンスターを前にして見捨てられたタイラー。ピンチに陥る中で、その血に流れる伝説の冒険者の能力がついに覚醒する。  タイラーは、全属性の魔法をつかいこなせる最強のオールラウンダーだったのだ! その能力のあまりの高さから、あらわれるのが、人より少し遅いだけだった。  タイラーは、その圧倒的な力で、危機を回避。  そこから敵を次々になぎ倒し、最強の冒険者への道を、駆け足で登り出す。  なにせ、初の強モンスターを倒した時点では、まだレベル1だったのだ。 レベルが上がれば最強無双することは約束されていた。 いつか彼は血をも超えていくーー。  さらには、天下一の美女たちに、これでもかと愛されまくることになり、モフモフにゃんにゃんの桃色デイズ。加えて、王女様に、「奴隷にしてください!」だなんて言われたりして……!?  一方、タイラーを追放したパーティーメンバーはというと。 彼を失ったことにより、チームは瓦解。元々大した力もないのに、タイラーのおかげで過大評価されていたパーティーリーダーは、どんどんと落ちぶれていく。 コメントやお気に入りなど、大変励みになっています。お気軽にお寄せくださいませ! ・12/27〜29 HOTランキング 2位 記録、維持 ・12/28 ハイファンランキング 3位
24hポイント 3,045pt
小説 600 位 / 100,047件 ファンタジー 157 位 / 26,907件
文字数 200,616 最終更新日 2021.04.14 登録日 2020.12.21
46
ファンタジー 連載中 長編 R18
「剣と魔法の世界で、スラム街の麻薬中毒の母親から、父親が誰かも分からないアナタが生まれるはずでした!!」 間違って生まれた先の方が、圧倒的に良かった件。 そんな世界なんてゴメンだ! 元の世界でがんばるから元の世界に……あ。 1年間トイレと風呂以外は部屋から出た事がない修斗は、エロ画像でオナニーをしていたら興奮し過ぎて脳卒中で死んでしまう。 体重が100kgを超えていたのも悪かったのだろう。 しかし死後の世界で美人な女神さまに謝られた。 「送る世界を間違えちった、ごめんなさーい!」 お詫びとして欲しい能力を1つだけ貰い、本来生まれるはずの世界に生まれ変わる事になる。 そう、WEB小説で読み漁ったファンタジー世界への異世界転生を果たしたのだ! が、スラムで麻薬中毒の母親に産み捨てられ、いきなりの絶体絶命だ!
24hポイント 3,006pt
小説 611 位 / 100,047件 ファンタジー 159 位 / 26,907件
文字数 200,202 最終更新日 2021.04.20 登録日 2021.03.10
私は貴族が嫌い。生まれながらに恵まれている人間が。何の努力もせず、与えられた物ばかりに囲まれてるから。だから、地獄に落ちてしまえ。(※重複投稿作品)
24hポイント 2,925pt
小説 624 位 / 100,047件 ファンタジー 162 位 / 26,907件
文字数 1,833 最終更新日 2021.04.18 登録日 2021.04.18
ベルーガ国の第一王子で剣の達人、生まれながらのエリート勇者セフィーロ。 魔法学院を首席で卒業、セフィーロの親友であり百年に一人の天才魔導士ゾーン。 動かざること山の如し、無敵の盾の異名をほしいままにする重戦士ランドルフ。 女神の生まれ変わりと称えられる弱冠十五歳の才女、聖者マリア。 Sランクパーティーとして名を轟かせていた【紅の旅団】にはもう一人のメンバーがいた。 その名はバラン。 鍛冶職人としてメンバーの装備品を作ったり修復したりしていたが戦闘には不向きな職業のため仲間内から陰で冷遇されていた。 しかし実はそんなパーティーを支えていたのは鍛冶職人のバランの力が大きかった。 これは勇者パーティーを追放された鍛冶職人が無双する物語。
24hポイント 2,832pt
小説 638 位 / 100,047件 ファンタジー 166 位 / 26,907件
文字数 118,061 最終更新日 2021.04.08 登録日 2021.04.08
聖女のクロエは歴代最強クラスの防御魔法を使うことが出来た。しかし、その代償として彼女は聖女なのに回復魔法が一切使えない。 「お前、聖女なのに回復魔法使えないってホント?」「付与術師の私でも回復魔法使えるのに、聖女の貴方が使えないってどういうこと?」勇者パーティーではそのことを言われ続け、使えない聖女として扱われる。  そんな彼女には荷物持ち、夜の見張り番、料理当番。そういった雑用全てを押し付けられてきた。彼女の身も心もボロボロになっていく。  それでも懸命に人類の為にとこなしていた彼女だが、ついには役立たずはいらないからと危険な森で1人、勇者パーティーを追放される。 1人彷徨っていたところを真紅の髪の冒険者に助けてもらう。彼は聖女の使う防御魔法を褒めてくれて、命の恩人だとまで言ってくれる。 勇者パーティーから追放された聖女の幸せな旅が始まり、聖女を追放した勇者パーティーは様々な不都合が起きていき、機能しなくなっていく。料理が出来るものはいない。見張りは長時間になり体力の消耗が激しくなる。そして、敵の攻撃が強くなったような気がする。 しかし、そんなことは知ったことかと聖女は身分を隠して自分のやりたいことをやって人々に感謝される。それでも結局彼女は聖女と呼ばれて、周りと幸せになっていく聖女の物語。 小説家になろう様でも投稿しています。あらすじを少し変更しました。 2020.12.25HOTランキングに載ることが出来ました! 最初から読んでくださった方も、新しく読みに来てくださった方も本当にありがとうございます。
24hポイント 2,798pt
小説 642 位 / 100,047件 ファンタジー 168 位 / 26,907件
文字数 329,160 最終更新日 2021.04.20 登録日 2020.12.18
王国エデンの第三王子である『ランダー・プリステン』は、病弱だった幼少期に政治や経済など様々な知識を身に着け、投資家としてこっそり活動していた。 しかしある日、国を売ったと冤罪をかけられ国を追われてしまう。 やがて辿り着いたのは、辺境の国『ノートス』。 そこで彼は、投資商会を結成して店を買収したり、意図的にバブル崩壊を起こしたりと、豊富な知識を活かし投資家として成り上がっていく。 一方、彼を追い出した王国エデンは、政治家や裏で暗躍する者たちの陰謀によって衰退していき―― ~~これは、投資家が国家へと逆襲する物語~~ ※本作は、小説家になろう様にも投稿しております。
24hポイント 2,619pt
小説 673 位 / 100,047件 ファンタジー 173 位 / 26,907件
文字数 81,066 最終更新日 2021.04.16 登録日 2021.04.10
51
ファンタジー 連載中 長編 R15
「無能がっ!」勇者パーティーで鍛治師をしていたおっさんは、無能という理由で追放されてしまう。おっさんは気晴らしで森でスローライフを始めることにした。ところがおっさんが抜けた勇者パーティーは崩壊の一途を辿り始め……。今更戻ってきてほしいと言われても、もう遅い。オレは子供たちとスローライフをしていくつもりなのだから。
24hポイント 2,564pt
小説 684 位 / 100,047件 ファンタジー 176 位 / 26,907件
文字数 29,305 最終更新日 2021.04.20 登録日 2021.04.17
男爵令嬢に入れあげ生徒会の仕事を疎かにした挙げ句、婚約者の公爵令嬢に婚約破棄を告げた王太子。 あっさりと受け入れられて拍子抜けするが、それには理由があった。 まあ、なおざりにされたら心は離れるよね。
24hポイント 2,335pt
小説 728 位 / 100,047件 ファンタジー 186 位 / 26,907件
文字数 40,514 最終更新日 2021.02.25 登録日 2020.11.30
53
ファンタジー 連載中 長編 R15
旧題:異世界から呼ばれた勇者はパーティから追放される とあるところに勇者6人のパーティがいました 剛剣の勇者 静寂の勇者 城砦の勇者 火炎の勇者 御門の勇者 解体の勇者 最後の解体の勇者は訳の分からない神様に呼ばれてこの世界へと来た者であり取り立てて特徴らしき特徴などありません。ただひたすら倒したモンスターを解体するだけしかしません。料理などをするのも彼だけです。 ある日パーティ全員からパーティへの永久追放を受けてしまい勇者の称号も失い一人ギルドに戻り最初からの出直しをします 本人はまったく気づいていませんでしたが他の勇者などちょっとばかり煽てられている頭馬鹿なだけの非常に残念な類なだけでした そして彼を追い出したことがいかに愚かであるのかを後になって気が付くことになります そしてユウキと呼ばれるこの人物はまったく自覚がありませんが様々な方面の超重要人物が自らが頭を下げてまでも、いくら大金を支払っても、いくらでも高待遇を約束してまでも傍におきたいと断言するほどの人物なのです。 そうして彼は自分の力で前を歩きだす。 祝!書籍化! 感無量です。今後とも応援よろしくお願いします。
24hポイント 2,335pt
小説 728 位 / 100,047件 ファンタジー 186 位 / 26,907件
文字数 639,099 最終更新日 2021.03.12 登録日 2018.06.02
54
ファンタジー 連載中 長編 R15
祝書籍化ヾ(●´∇`●)ノ 3月25日発売日です!! 「嫌なら辞めろ。ただし、お前みたいな無能を使ってくれるところなんて他にない」  何回聞いたか分からないその言葉を聞いた俺の心は、ある日ポッキリ折れてしまった。 「分かりました。辞めます」  そう言って文字通り育ててもらった最大手ギルドを辞めた俺に、突然前世の記憶が襲う。  前世の俺は異世界で化学者《ケミスト》と呼ばれていた。 「なるほど。俺の独自の錬成方法は、無意識に前世の記憶を使っていたのか」  通常とは異なる手法で、普通の錬金術師《アルケミスト》では到底及ばぬ技能を身に付けていた俺。  さらに鮮明となった知識を駆使して様々な規格外の良品を作り上げていく。  ついでに『ホワイト』なギルドの経営者となり、これまで虐げられた鬱憤を晴らすことを決めた。  これはある化学者が錬金術師に転生して、前世の知識を使い絶品を作り出し、その高待遇から様々な優秀なメンバーが集うギルドを成り上がらせるお話。 お気に入り5000です!! ありがとうございますヾ(●´∇`●)ノ よろしければお気に入り登録お願いします!! 他のサイトでも掲載しています ※2月末にアルファポリスオンリーになります 2章まで完結済みです 3章からは月、水、金曜日更新になります。 引き続きよろしくお願いします。
24hポイント 2,328pt
小説 732 位 / 100,047件 ファンタジー 188 位 / 26,907件
文字数 294,282 最終更新日 2021.04.07 登録日 2020.11.01
※『第13回ファンタジー小説大賞』にて【奨励賞】をいただきました。応援してくださった皆さま、ありがとうございます! ▽  伯爵令嬢アリシアは、魔法薬(ポーション)研究が何より好きな『研究令嬢』だった。  社交は苦手だったが、それでも領地発展の役に立とうと領民に喜ばれるポーション作りを日々頑張っていたのだ。  しかし―― 「アリシア。伯爵令嬢でありながら部屋に閉じこもってばかりいるお前はこの家にふさわしくない。よってこの領地から追放する。即刻出て行け!」  そんなアリシアの気持ちは理解されず、父親に領地を追い出されてしまう。  アリシアの父親は知らなかったのだ。たった数年で大発展を遂げた彼の領地は、すべてアリシアが大量生産していた数々のポーションのお陰だったことを。  アリシアが【調合EX】――大陸全体を見渡しても二人といない超レアスキルの持ち主だったことを。  追放されたアリシアは隣領に向かい、ポーション作りの腕を活かして大金を稼いだり困っている人を助けたりと認められていく。  それとは逆に、元いた領地はアリシアがいなくなった影響で次第に落ちぶれていくのだった。 ーーーーーー ーーー ※閲覧、お気に入り登録、感想等いつもありがとうございます。励みになります。 ※2020.8.31 お陰様でHOTランキングに載ることができました。ご愛読感謝! ※2020.9.8 多忙につき感想返信はランダムとさせていただきます。ご了承いただければと……! ※2021.3.5 本作品は週末の昼12時ごろ更新です。 ※2021.3.12 しばらく更新頻度が下がるかもしれません。気長にお待ちいただけると幸いです。
24hポイント 2,272pt
小説 745 位 / 100,047件 ファンタジー 193 位 / 26,907件
文字数 124,588 最終更新日 2021.03.28 登録日 2020.08.31
「お姉さま、それちょうだい!」  妹のアリアにそう言われ奪われ続け、果ては婚約者まで奪われたロメリアは、首でも吊ろうかと思いながら森の奥深くへ歩いて行く。そうしてたどり着いてしまった森の深層には屋敷があった。  ロメリアは屋敷の主に見初められ、捕らえられてしまう。  どうやって逃げ出そう……悩んでいるところに、妹が押しかけてきた。
24hポイント 2,204pt
小説 764 位 / 100,047件 ファンタジー 196 位 / 26,907件
文字数 2,155 最終更新日 2021.04.20 登録日 2021.04.20
 現代日本とは違う世界のとある国の王太子とその婚約者は前世の記憶を思い出し、自分たちの置かれている状況が前世で流行していたいわゆる悪役令嬢モノの作品群におけるワンシーンと酷似していることに気が付く。  そして、王太子は悪役令嬢モノにありがちなざまぁを恐れ、婚約者も王道恋愛モノにありがちな断罪を恐れた結果、王太子は婚約の継続を、婚約者は婚約の解消を目指すことを決意する。  この物語は、そんな二人がそれぞれの決意を果たすために様々な行動を起こしながらも、なんやかんやと結局は惹かれ合っていく様子を描いたものになります。  本作では、前世の記憶を取り戻したことによる人間関係の機微や、正反対の思惑で動くW主人公が織り成す婚約を巡るコミカルな応酬に重点を置いた描写を心掛けているため、その点をお楽しみ頂ければ幸いです…! ※毎日1話、2000〜3000字の更新を目指します…! ※読者と作者の交流を図れるのがweb小説の長所だと思いますので、良しも悪しも問わず、どんどんコメントを頂ければ幸いです。どんな内容であっても必ずお返事を差し上げますので…!
24hポイント 2,159pt
小説 780 位 / 100,047件 ファンタジー 198 位 / 26,907件
文字数 166,117 最終更新日 2021.04.20 登録日 2021.03.13
58
ファンタジー 完結 長編 R15
 王宮からリストラされた精霊の守護者だったアキは土の精霊から愛されまくるおっさんだった。アキの左遷は最悪な結末を王宮にもたらす事になったのだ。  捨てられたアキは左遷先で出会った風の精霊とともに南の島を目指して旅だってしまう。その後、左遷先に王宮からの使者がアキを探しに来るが、時すでに遅しであった。   (以下ネタバレを含みます)  アキは第二の人生として、楽園でスローライフを楽しんでいたのだが隣国の王から祖国の深刻な状況を聞かされて復興の為に本国に戻ることを約束する。そこで見たものは死臭を放つ王都だった。可愛らしい元悪役令嬢の魔女っ子と問題を解決する旅に出る事で2人の運命は動き出す。 旅、無双、時々スローライフなお話。 ※この作品は小説家になろう(なろう)様でも掲載しております
24hポイント 2,080pt
小説 791 位 / 100,047件 ファンタジー 201 位 / 26,907件
文字数 116,185 最終更新日 2019.05.25 登録日 2019.05.25
「ごめんなさい、ラルス。私と別れてください」 幼馴染であり恋人だったコレットの一言で、魔法剣士で万能の冒険者と呼ばれたラルスは、勇者リヒトのパーティーを追放されてしまった。 装備品も奪われてしまい、一人で街を去っていく。 向かう先は、森に囲まれた静かな村。 そこでスローライフを過ごす予定だったが、同じく追放された聖女と出会うことで計画は大きく狂っていく。ダンジョンを発見したことにより、貴族からも目を付けられてしまう。 安全で平穏な毎日は手に入れるため、女性たちに翻弄されるラルスと、追い出した勇者リヒトが勝手に墜ちていく物語。
24hポイント 1,833pt
小説 875 位 / 100,047件 ファンタジー 213 位 / 26,907件
文字数 283,574 最終更新日 2021.04.20 登録日 2020.07.11
錬金術師のウィンリー・トレートは宮廷錬金術師として仕えていたが、王子の婚約者が錬金術師として大成したので、必要ないとして解雇されてしまった。孤児出身であるウィンリーとしては悲しい結末である。 しかし、隣国の王太子殿下によりウィンリーは救済されることになる。以前からウィンリーの実力を知っていた 王太子殿下の計らいで隣国へと招かれ、彼女はその能力を存分に振るうのだった。 そして、その成果はやがて王太子殿下との婚約話にまで発展することに。 さて、ウィンリーを解雇した王国はどうなったかというと……彼女の抜けた穴はとても補填出来ていなかった。 だからといって、戻って来てくれと言われてももう遅い……覆水盆にかえらず。
24hポイント 1,789pt
小説 892 位 / 100,047件 ファンタジー 220 位 / 26,907件
文字数 54,933 最終更新日 2021.03.29 登録日 2021.01.01
61
ファンタジー 連載中 短編 R15
薬師クリアと斥候カーリー。ある日パーティーリーダーに呼び出されてみればパーティー追放の宣告。理由は金食い虫であることと、他のパーティーメンバーの負担、らしい。 ……常々クリア達が申告していたネタである。 ぶちぎれた二人の、美味しいものを求める珍道中、始まり始まり〜〜。 ノベプラにも掲載しています
24hポイント 1,776pt
小説 898 位 / 100,047件 ファンタジー 222 位 / 26,907件
文字数 9,855 最終更新日 2021.04.20 登録日 2021.04.20
 エルガン王国で秘密工作や暗殺などを扱う特殊部隊が、新たな王様の方針変更により解体されることになった。  人を殺すなんて絶対に駄目、という考えを持つ王様の命令によって特殊部隊は無くなった。  いきなり暗殺の仕事をクビになった主人公のカイは、同僚のネレと一緒に普通の人として生活を始めることになった。  退職金をたんまりと貰って生活するのに問題は無かったけれど、一般の社会に溶け込むためには仕事が必要だとカイは考えた。そこで彼は、冒険者としてデビューすることにした。  エルガン王国の死神として恐れられたカイ。死を養う者として恐れられたネレ。一般人とは少しズレた思考を持つ2人が、一般社会に溶け込もうと努力する物語です。  そして、過剰な正義感によって王国の暗部を潰してしまった王様がざまぁされる様子を描くお話。
24hポイント 1,754pt
小説 905 位 / 100,047件 ファンタジー 224 位 / 26,907件
文字数 11,116 最終更新日 2021.04.19 登録日 2021.04.15
高校二年の水沢優樹は、不思議な地震に巻き込まれ、クラスメイト三十五人といっしょに異世界に転移してしまう。 三ヶ月後、ケガをした優樹は、クラスメイトから役立たずと言われて追放される。 絶望的な状況だったが、ふとしたきっかけで、【創造魔法】が使えるようになる。 【創造魔法】は素材さえあれば、どんなものでも作ることができる究極の魔法で、優樹は幼馴染みの由那と快適な暮らしを始める。 一方、優樹を追放したクラスメイトたちは、木の実や野草を食べて、ぎりぎりの生活をしていた。優樹が元の世界の食べ物を魔法で作れることを知り、追放を撤回しようとするが、その判断は遅かった。 優樹は自分を追放したクラスメイトたちを助ける気などなくなっていた。 あいつらは、そこらへんの草でも食ってればいいんだ。 異世界で活躍する優樹と悲惨な展開になるクラスメイトたちの物語です。
24hポイント 1,634pt
小説 952 位 / 100,047件 ファンタジー 232 位 / 26,907件
文字数 26,804 最終更新日 2021.04.20 登録日 2021.04.15
この異世界であるハイルランドでは一人の賢者が異世界を救う為に 奮闘しているのです。 しかしながら、その賢者に不運な出来事が起こるのです。
24hポイント 1,598pt
小説 969 位 / 100,047件 ファンタジー 235 位 / 26,907件
文字数 13,146 最終更新日 2021.04.19 登録日 2021.04.16
65
ファンタジー 連載中 長編 R15
小さな頃から、世界中を旅したいという欲求を抱いていたジェニース王子。 青年に成長したジェニース王子は、優秀な弟のレイナルド王子と比較されて能無しと言われていた。 王位を継承するべきなのは、レイナルド王子だと周囲の人間たちは言う。 レイナルド王子には、リーゼロッテという婚約者が居た。 彼女はとても嫉妬深く、レイナルド王子に近寄ってくる女性たちを攻撃する。 そしてついに、とある令嬢の証言によりイジメが発覚する。リーゼロッテが、か弱き少女を攻撃した。 王子の婚約者として相応しくないと、彼女は婚約破棄されてしまう。 ついでに様々な余罪が発覚して、リーゼロッテは処刑されることになった。
24hポイント 1,534pt
小説 995 位 / 100,047件 ファンタジー 240 位 / 26,907件
文字数 1,778 最終更新日 2021.04.20 登録日 2021.04.20
【4/16投稿開始!】 【毎日更新!】 【次世代ファンタジーカップ出場中!】  ナット=ソイルレットは、世界で唯一、命令に従って動く土人形【ゴーレム】を作ることができる少年だ。  ナットが所属する勇者パーティーでは、ナットが作ったゴーレムが戦闘要員兼荷物持ちとして大活躍していた。  しかし、 「ゴーレムのメンテナンスくらいきっと俺たちでもできるぜ! やったことないけど」 「これで俺たちの報酬の取り分が増えるぜ!」  と一方的に勇者パーティーを追放される。  こうなったら自分自身の力で冒険者として活躍する! そう決意したナットは、持てる技術の全てを費やして最強のゴーレムを作る。すると、ゴーレムが美少女型に変身し、命が宿る。  美少女化したゴーレムはエリート冒険者を圧倒するスピードとパワーを誇り、しかも倒したモンスターの素材を使ってナットが改造するたびに新しい力を手に入れる。  そしてナット自身も、戦闘中にゴーレムを作り出す技術を習得し、勇者を超える戦闘力を手に入れる。  これは、ナットと相棒の美少女ゴーレムが最難関ダンジョンを踏破していき、世界最強になりあがる物語である。  一方の勇者パーティーは、メンテナンス要員がいなくなったことでゴーレムが壊れ、パーティーがダダ崩れ。  モンスターにボコボコにされたり、ゴミ漁りをするハメになったり、金をだまし取られたり、全財産(1500万円相当)と新築のマイホームを没収されたり、勇者の資格を剥奪されたりして、人生のどん底に転がり落ちていく(まだまだざまぁ展開があります)。  基本コミカルなノリで、軽い気分で読める作品を目指しています。  面白いと思っていただけたら、お気に入り・次世代ファンタジーカップBETしていただけるととてもうれしいです!
24hポイント 1,470pt
小説 1,035 位 / 100,047件 ファンタジー 244 位 / 26,907件
文字数 36,275 最終更新日 2021.04.20 登録日 2021.04.16
「豊穣スキル」で農地を豊かにし、新鮮な農作物の収穫を可能にしていたニーア。 彼女は結婚前に、肉体関係を求められた婚約者である伯爵を拒否したという理由で婚約破棄をされてしまう。 豊穣の聖女と呼ばれていた彼女は、平民の出ではあったが領主である伯爵との婚約を誇りに思っていただけに非常に悲しんだ。 だがニーアは、幼馴染であり現在では公爵にまで上り詰めたラインハルトに求婚され、彼と共に広大な農地開拓に勤しむのだった。 婚約破棄をし、自らの領地から事実上の追放をした伯爵は彼女のスキルの恩恵が、今までどれだけの効力を得ていたのか痛感することになるが、全ては後の祭りで……。
24hポイント 1,469pt
小説 1,036 位 / 100,047件 ファンタジー 245 位 / 26,907件
文字数 11,201 最終更新日 2021.01.14 登録日 2021.01.07
久しぶりに許嫁から出かけの誘いがあったので一緒に出掛けた 正直なところ、許嫁の見た目は良いとは言えない。顔は綺麗ではないし可愛くもない。体系も太めだ しかし、家の都合で婚約しなければならなかった。だから俺はそれを受け入れて、出来る限り許嫁を愛そうと思っていたんだ そして許嫁と共に向かったのは湖が見える崖の上 ここは街からは離れているが、その割に恋人たちが訪れる見た目の良い場所だ 俺は、ここでピクニックでもするのだろうと思って馬車から降り、崖の上から下にある湖を眺めていた。そしてしばらく許嫁を待っていると、許嫁と共に知らない男がやって来た この段階で何かおかしいと思っていたのだが、許嫁による次の発言で確信に変わった 「婚約破棄して欲しいの。でも、そうすると我が家に不都合が出るから死んでくれない?」 俺がその返事をする前に近付いて来た許嫁が、俺を蹴り、その拍子に俺は崖下へと転がり落ちてしまう ああ、これは助からない。全身に痛みが走り、そのまま崖下の湖に落ちた俺は這い上がる程の力も入らず、死を覚悟した しかし、そこに助けの手が…… 不定期更新です 最終的に許嫁がざまぁされます(たぶん) 単話構成にしたい(願望)
24hポイント 1,456pt
小説 1,040 位 / 100,047件 ファンタジー 246 位 / 26,907件
文字数 1,937 最終更新日 2021.04.20 登録日 2021.04.20
アリア様は私に騙されて、生贄にさせられたと言います。 何を言っているのでしょうか。生贄になるとご自分で名乗りをあげ、生き神がごとく扱われてきたというのに……。
24hポイント 1,448pt
小説 1,044 位 / 100,047件 ファンタジー 248 位 / 26,907件
文字数 7,001 最終更新日 2021.03.21 登録日 2021.03.19
「我がパーティに魔力支援しかできない無能は不要! よって貴様を追放処分とする!!」  僕――イシュアは、そんな理不尽な理由で追放された。  世界の希望を背負って立つはずの勇者によって。  マナポーターとは魔力不足のパーティに、魔力を供給するパーティのかなめとも言える重要なジョブである。 「僕がいないと、すぐにこのパーティは魔力不足でまともに戦えなくなります。考え直すべきです」 「黙れ! 落ちこぼれの分際で口答えをするな!!」  そうして追放された僕であったが―― 「待ってください! イシュア先輩!」  追いかけてきたのは、なんと勇者パーティの聖女・アリアであった。  彼女は冒険者育成学校に通っていたときの後輩である。 「先輩に見捨てられたかと、すごい後悔してました」 「勇者パーティはどう考えても、先輩のおかげで辛うじて持っていたようなもんじゃないですか!」  アリアは涙ながらに訴えかける。  勇者はあろうことか、パーティメンバーに黙って僕のことを追放したらしい。 「私、先輩に付いていきます!」 「あんなリーダーに付いて行っても未来はありませんから」  アリアはきっぱりと言い切り、僕と旅を続けることの望むと明言。  こうして聖女様との旅が始まったのだった。  一方、勇者パーティには修羅場が訪れていた。  勝手にイシュアを追放した勇者は、メンバー全員に責め立てられていた。  イシュアがパーティを支える重要人物であることを、勇者以外はみんな理解していたのだ。  それでも勇者の権力を笠に着て、強引にAランクパーティーの攻略を進めようとする。  しかしメンバーが2人抜けて、すぐに魔力が枯渇する勇者パーティにそれは叶わない。  ――勇者パーティには、どこまでも暗雲が立ち込めているのだった。 ※別サイトにも投稿してます
24hポイント 1,420pt
小説 1,066 位 / 100,047件 ファンタジー 251 位 / 26,907件
文字数 138,044 最終更新日 2021.04.09 登録日 2021.02.10
71
ファンタジー 完結 ショートショート
「もはやろくな縁談もないだろう。この公爵家の娘をどこぞに下げ渡すわけにもいかん。……おまえは勘当だ。公爵家の恥め、どこへなりと行ってしまえ!」 「そうですか」  私はため息をついた。 「わかりました。私はこの家を出ます」  ごめんなさいお母様。ちょっとこれ以上のお世話は無理です。私もこのご時世、できるだけこの人の影に隠れていたかったのだけれど。
24hポイント 1,384pt
小説 1,083 位 / 100,047件 ファンタジー 253 位 / 26,907件
文字数 4,023 最終更新日 2020.05.01 登録日 2020.05.01
教会の代表ともいえる聖女ソフィア――つまり私は、第五王子から婚約破棄を言い渡され、教会から追放されてしまった。 話を聞くと、侍祭のシャルロットの事が好きになったからだとか。 シャルロット……よくやってくれたわ! 貴女は知らないかもしれないけれど、その王子は、一言で表すと……バカよ。 これで、王子や教会から解放されて、私は自由! 慰謝料として沢山お金を貰ったし、魔法学校で錬金魔法でも勉強しようかな。 聖女として神聖魔法を極めたし、錬金魔法もいけるでしょ! ……え? 王族になれると思ったから王子にアプローチしたけど、思っていた以上にバカだから無理? ふふっ、今更返品は出来ませーん! ※第○話:主人公視点  挿話○:タイトルに書かれたキャラの視点  となります。
24hポイント 1,349pt
小説 1,105 位 / 100,047件 ファンタジー 257 位 / 26,907件
文字数 92,100 最終更新日 2021.01.08 登録日 2020.10.25
73
ファンタジー 連載中 長編 R15
いっしょうけんめい頑張ったら、報われなきゃ! やってらんね~よ!  俺は「ざまあ!」して絶対に超底辺から頂点へ転職するぞ! シモン・アーシュ22歳。ティーグル王立魔法大学卒業。就職活動に失敗し、職探しをしていた苦学生のシモンは、弱みを握られた上、つい目先の金に釣られ、ダークサイドな超悪徳商会へ就職してしまう。騙されたと気付いた時には後の祭り……パワハラ、モラハラ、暴力と、死への恐怖……3拍子どころか、4拍子揃った地獄の研修をクリアしたシモンは、正社員なのに個人授業主のようなトレジャーハンターとしてデビューする。命を懸けて、魔物やアンデッドと戦いながら、日々不気味な遺跡を隅から隅まで探索し、底知れぬ迷宮の奥深く潜るシモン。 働いても働いても搾取されまくるシモンに明るい未来は来るのだろうか? そしてある日、シモンの人生を一変させる大事件が起こる!! 旧作『ぜひ!ウチへ来てください!好条件提示!超ダークサイドなパワハラ商会から、超ライトサイドなロジエ魔法学院へ転職した、いずれ最強となる賢者のお話』を途中から設定変更、大幅改稿しております。
24hポイント 1,336pt
小説 1,120 位 / 100,047件 ファンタジー 262 位 / 26,907件
文字数 168,647 最終更新日 2021.04.20 登録日 2021.03.03
両親にかわいがられる妹と、不細工だと言われる私。 妹は私の婚約者を気に入ったようです。でも、そんなの上手くいくわけがないのです。だって妹は本当は……
24hポイント 1,299pt
小説 1,141 位 / 100,047件 ファンタジー 268 位 / 26,907件
文字数 6,150 最終更新日 2021.02.08 登録日 2021.02.06
75
ファンタジー 連載中 長編 R15
大国ブローディア。 魔力を持つ者だけが産まれるとされる国。 その魔力を武器に世界随一の強国としてのし上がったブローディアは、魔力の多い者こそが強者であり、また地位の高い者であるとされてきた。 その中でも最も魔力の多い一族である王家。魔力の多い者同士が婚姻を繰り返し、純粋培養された高貴な血から、「忌み子」が産まれる。 彼女の名は、マーガレット。 産まれながらにして魔力を持たない「忌み子」であった彼女は、両親や周囲の人間から酷く嫌われ、孤立する。 そんなマーガレットが17歳になったある日、久しぶりに王宮に呼ばれたかと思えば、政略結婚の話であった。 相手は南にある弱小国、マハナの王子。 「出来損ない同士、お似合いだ」 そう笑う両親に、生まれて始めて彼女は刃向かった。 「見てなさいよ、このデブ共! 私はあの国で絶対に幸せになってやるわ!」 一人ぼっちの彼女は船に乗り、見知らぬ土地へ向かう。 ーー幸せになるために。
24hポイント 1,286pt
小説 1,151 位 / 100,047件 ファンタジー 270 位 / 26,907件
文字数 29,617 最終更新日 2021.04.15 登録日 2021.04.04
76
ファンタジー 連載中 長編 R15
 魔王の出現により、人類滅亡の危機が迫った世界があった。  暴虐の限りを尽くす魔王は森を燃やし島を破壊し海を割る、そんな強大な力によって世界中の人々を苦しめた。  魔王討伐を目指した多くの人たちは、返り討ちになって次第に抵抗する人間も少なくなり打つ手が無くなっていった。  そんな中、唯一の可能性かもしれない希望となったのが勇者召喚の儀式だった。  魔王を打ち倒せるのは、勇者だけである。そんな言い伝えを発見したことにより準備が進められて、勇者召喚の儀が執り行われる運びとなった。  勇者召喚の儀を任されたのは、最強の魔法使いとして世界中に名の知られていたジオンという者だった。
24hポイント 1,272pt
小説 1,159 位 / 100,047件 ファンタジー 272 位 / 26,907件
文字数 8,385 最終更新日 2021.04.19 登録日 2021.04.15
「アリシア・レッドライア! おまえとの婚約を破棄する!」 公爵令嬢アリシアは王子の言葉に微笑んだ。「殿下、美しい夢をありがとうございました」そして己の胸にナイフを突き立てた。 血に染まったパーティ会場は、王子にとって一生忘れられない景色となった。冤罪によって婚約者を自害させた愚王として生きていくことになる。
24hポイント 1,270pt
小説 1,160 位 / 100,047件 ファンタジー 273 位 / 26,907件
文字数 33,449 最終更新日 2020.07.29 登録日 2020.07.12
「偽聖女リーリエ、おまえとの婚約を破棄する。衛兵、偽聖女を地下牢に入れよ!」  リーリエは喜んだ。 「じゆ……、じゆう……自由だわ……!」  もう教会で一日中祈り続けなくてもいいのだ。
24hポイント 1,221pt
小説 1,193 位 / 100,047件 ファンタジー 276 位 / 26,907件
文字数 87,096 最終更新日 2020.06.19 登録日 2020.05.12
79
ファンタジー 連載中 長編 R15
とある山奥の村で暮らす少年アレンには、幼なじみの少女がいた。 結婚の約束もしていたその少女が聖女に選ばれ、王都の勇者に寝取られてしまう。 おまけに魔物のスタンピードにより、アレンは命の危険に晒される。 踏んだり蹴ったりな人生だったと少年が諦めたその時、魔族の美女が駆けつけ、あっという間に助けられる。 その美女はなんと、部下に裏切られて追放された魔王であった。 更にそこで発生したいざこざの中で、彼女は言い放つ。 「私はアレンと結婚するんだから! 彼以外の男性なんて考えられないもの!」 「…………へっ?」 そんな感じで始まる、平凡な少年と最強魔王が夫婦として過ごすことに。 移住先を求めて旅をする中、二人は謎の島を発見する。 一方、帝国にいる勇者は、自身の野望を叶えるべく裏で動き出す。 聖女となった幼なじみの少女は、思い描いていた煌びやかな生活とは違う環境に、不満を抱いていた。 更に聖女は思うように聖なる魔法を扱えなくなってしまう。 それが世界を揺るがす大騒動になることを、彼女たちは知る由もない―――― ※1日1話以上、連日更新していきます。 ※第1回次世代ファンタジーカップにエントリーしました。
24hポイント 1,215pt
小説 1,196 位 / 100,047件 ファンタジー 278 位 / 26,907件
文字数 16,031 最終更新日 2021.04.20 登録日 2021.04.19
 初代勇者が建国したエルヴァン聖王国で双子の王子が生まれた。  一人には勇者の証が。  もう片方には証がなかった。  人々は勇者の誕生を心から喜ぶ。人と魔族との争いが漸く終結すると。  しかし、勇者の証を持つ王子は魔力がなかった。それに比べ、持たない王子は莫大な魔力を有していた。  それが判明した日。  証を奪って生まれてきた大罪人として、王子は右手を斬り落とされ魔獣が棲む森へと捨てられた。  
24hポイント 1,208pt
小説 1,205 位 / 100,047件 ファンタジー 281 位 / 26,907件
文字数 12,985 最終更新日 2021.04.20 登録日 2021.04.13
865 12345