ファンタジー 後宮小説一覧

カテゴリ ファンタジー
タグ 後宮×
26
ルスダン王国の王、ギルバートは今日も執務を妻である王妃に押し付け後宮へと足繁く通う。ご自慢の後宮には3人の側室がいてギルバートは美しくて愛らしい彼女たちにのめり込んでいった。 世継ぎとなる子供たちも生まれ、あとは彼女たちと後宮でのんびり過ごそう。だがある日うるさい妻は後宮を取り壊すと言い出した。ならばいっそ、お前がいなくなれば……。 ざまぁ必須、微ファンタジーです。
24hポイント 1,718pt
小説 1,043 位 / 121,251件 ファンタジー 282 位 / 31,525件
文字数 37,323 最終更新日 2021.08.31 登録日 2021.08.13
全ては神が仕組んだこと 神は自分に似せて人間を創り出した。ドラゴンと人間の女との間にできた異類婚姻(いるいこんいん)メリサンド(人間とドラゴンのハーフ)生まれ出てきた子は神に近すぎた。その存在に脅威を感じた神は、この世に殺戮の精霊「死魔」を送り込んだ。 17年後、辺境の地カナトス王国の皇子タイガと剣術使いのサー・ブルーは父王の密命により、絶滅の危機にあるドラゴンの子供を秘密裏に国に連れ帰るよう命じられる。旅の途中、刺客に襲われたタイガは美しきメリサンドの娘リリスに助けられる。リリスの美しさに心を奪われたタイガは、ほかの男と結婚しないよう禁婚令を下す。 絶滅の危機にあるドラゴンを救えるのか。王位をめぐる陰謀と思惑。タイガとリリスの恋の行方はーー。 登場人物 ◆主要人物 【タイガ・リオン】 カナトス王国の皇子(王子)腹違いの次男であることから命を狙われる。王位継承権第三位 【リリス】 ドラゴンとのクオーターであり冥府の神の血を受け継ぐ可能性があることから、小鬼の長に育てられる 【サー・ブルー】 タイガの護衛を務めるカナトス一の剣術使い。母親はタイガの乳母 【アーロン】  魔導師プロフェッサー・バトラーの弟子。タイガと行動を共にする。 【プロフェッサー・バトラー】魔導師。ドラゴンとメリサンドの種の絶滅を調べ歩く。 ◆冥界の住人 【ペルセポネ】 老婆の姿をした冥界を司る死の女神。 【死魔】 東方の死の四精霊のうちの一精霊 【小鬼の長ホビショー】ペルセポネに仕える小鬼の長 リリスの育ての親 【下級の使い魔】銀狐のクロノム 【ベリアル】貴公子の姿をした魔の精霊 ◆カナトス王国 【リオン十二世】 タイガの父親 【王妃クレア】 王の正室 タイガの養母 息子アーサーの王位を脅かすタイガを排除しようとする 【レーテル】 タイガの実の母 農園の娘。不遇の女《ひと》 【乳母ミルドレッド】 タイガの乳母 サー・ブルーの実母 【イワン・リオン皇太子】 王位継権承第一位  【エルサ皇太子妃】皇太子の妻 【イワン王子】王位継承権第二位 【ユリウス公爵】王妃クレアの実家 【オルレアン伯爵】貴族院の長。赤の貴族の異名 【ベルリーニ枢機卿】カナトス国教会の最高位 用語 異類婚姻《いるいこんいん》人間の種を越えた混血 メリサンド(ドラゴンと人間のハーフ 「蒼氓の月」はアルファポリス、エブリスタなどでご活躍中の海善紙葉さんから名付けていただきました。
24hポイント 221pt
小説 5,842 位 / 121,251件 ファンタジー 1,413 位 / 31,525件
文字数 41,744 最終更新日 2021.09.27 登録日 2021.08.30
「聖女ともあろう者が、嫉妬に狂って我が愛しのジュリエッタを虐めるとは!貴様の所業は畜生以外の何者でもない!お前との婚約を破棄した上で国外追放とする!!」 平民でありながらゴーストやレイスだけではなくリッチを一瞬で倒したり、どんな重傷も完治してしまうマルガレーテは、幼い頃に両親と引き離され聖女として教会に引き取られていた。 そんな彼女の魔力に目を付けた女教皇と国王夫妻はマルガレーテを国に縛り付ける為、王太子であるレオナルドの婚約者に据えて、「お妃教育をこなせ」「愚民どもより我等の病を治療しろ」「瘴気を祓え」「不死王を倒せ」という風にマルガレーテをこき使っていた。 そんなある日、レオナルドは居並ぶ貴族達の前で公爵令嬢のジュリエッタ(バスト100cm以上の爆乳・KかLカップ)を妃に迎え、マルガレーテに国外追放という死刑に等しい宣言をしてしまう。 「王太子殿下の仰せに従います」 (やっと・・・アホ共から解放される。私がやっていた事が若作りのヒステリー婆・・・ではなく女教皇と何の力もない修道女共に出来る訳ないのにね~。まぁ、この国がどうなってしまっても私には関係ないからどうでもいいや) 表面は淑女の仮面を被ってレオナルドの宣言を受け入れたマルガレーテは、さっさと国を出て行く。 今までの鬱憤を晴らすかのように、着の身着のままの旅をしているマルガレーテは、故郷である幻惑の樹海へと戻っている途中で【宮女狩り】というものに遭遇してしまい、大国の後宮へと入れられてしまった。 マルガレーテが悠々自適な側室ライフを楽しんでいる頃 聖女がいなくなった王国と教会は滅亡への道を辿っていた。
24hポイント 49pt
小説 13,438 位 / 121,251件 ファンタジー 2,712 位 / 31,525件
文字数 9,214 最終更新日 2021.03.14 登録日 2020.11.16
花婿の待つ国へ到着早々、当の花婿の死を告げる葬送の鐘が鳴り響く。 麗凜は辱しめをうけることをおそれ侍女の伎玉と入れ替わり、替え玉姫付きの侍女として暮らすことに。 王様や王弟とも親密になるなか舞台は次第に離宮へ…………★ そこで謎の[ぬき]なる花嫁募集中の妖怪のゴタゴタに巻き込まれ。 麗凛のかたくなだった心を動かしていくのはーー誰? ✳️ゆっくり、気長に更新していく予定です カクヨム様でも公開してます。 ※イラストを変更しました。 どれも私自身が描いたものです。楽しんでいただけたら幸いです。 お見苦しかったら、どうぞご容赦を(*_ _)ペコリ
24hポイント 42pt
小説 14,505 位 / 121,251件 ファンタジー 2,891 位 / 31,525件
文字数 103,805 最終更新日 2021.04.06 登録日 2019.09.23
リベラ伯爵の一人娘、15歳のサリサがグランディエ王国の国王ゾロの妃として後宮に入った。 しかしすでに後宮には、王妃ガブリエラをはじめとする四人の妃が嫁いでいる。 父から密命を帯びたサリサは、国王の第五妃として後宮の住人となったのだ。 美しく賢い彼女をゾロ王は寵愛するようになる。 他の妃や王の母后から嫉妬をかったり、国王の命を狙う事件が起きたりとサリサを取り巻く環境はめまぐるしく変化する。 そんな中サリサは公爵家当主のイズラエルと出会い、心惹かれていく。
24hポイント 35pt
小説 16,241 位 / 121,251件 ファンタジー 3,114 位 / 31,525件
文字数 58,685 最終更新日 2020.04.20 登録日 2020.03.27
東雲理音は天文部の活動で、とある山奥へと旅行に行った。 見たことのない星空の中、予定のない流星を目にしていると、理音はめまいに倒れてしまう。 気付いた時、目の前にいたのは、織姫と彦星のようなコスプレをした男女二人。 おかしいと思いつつも外に出た理音が見たのは、空に浮かぶ二つの月だった。 言葉の通じない人々や、美麗な男フォーエンを前にして、理音はそこが別の世界だと気付く。 帰り道もわからないまま、広々とした庭が面した建物に閉じ込められながらも、悪くもない待遇に理音は安心するが、それが何のために行われているのかわからなかった。 言葉は理解できないけれど、意思の疎通を図れるフォーエンに教えられながらも、理音は少しずつ自分の状況を受け入れていく。 皇帝であるフォーエンの隣に座して、理音はいつしかフォーエンの役に立てればと思い始めていた。 どこにいても、フォーエンのために何をすべきか考えながら、理音は動き出す。
24hポイント 21pt
小説 20,606 位 / 121,251件 ファンタジー 3,857 位 / 31,525件
文字数 832,756 最終更新日 2021.09.20 登録日 2020.01.26
主人公、木野雪香は高校を卒業したばかりの18歳。友人と卒業旅行に中国を訪れるが、蘇州を観光している時に地震が発生し、池に落ちてしまう。やっとの思いで水面に顔を出した雪香は人々に“仙女”と呼ばれ、助けを求められる。 途方に暮れる雪香に、一人の青年が言った。 「お前はこの国を救うまで帰ることは出来ない」と。雪香はもといた世界に帰るため、名を変え、仙女としての運命を受け入れたーーー
24hポイント 21pt
小説 20,606 位 / 121,251件 ファンタジー 3,857 位 / 31,525件
文字数 119,486 最終更新日 2020.07.28 登録日 2019.10.12
「着任したばかりの宮女は、よほどの箱入りか田舎者のようだ。ここは国中の美姫が集められる後宮だ。誰も無粋な真似はしない」 後宮武官一の美丈夫、明星は冷ややかな目線で言った。 侯氏が皇帝として君臨する蕭国。華やかな後宮に、杜雨燕は宮女として採用された。 彼女は家柄は良いが、落ちぶれる寸前のため家族を養うために働きにきたのだ。 官吏だった父親は行方不明、後継の弟はまだ幼く家を継ぐことはできない。雨燕は弟が成人するまで、後宮で働くことを決意する。 雨燕は、水晶天華という仙術を使った簪子作りが得意で後宮の宮女としては別格の「花職人」として採用された。 着任して早々、雨燕は、葛籠に男帯を入れて持ち込んだとして不義密通の罪に問われる。冤罪であることを証明するために協力をしてくれたのが、女にモテるが性格の悪い後宮武官明星だった。 中華異世界後宮恋愛ファンタジー。*カクヨムさん、アルファポリスさんでも公開をしています。
24hポイント 14pt
小説 24,178 位 / 121,251件 ファンタジー 4,581 位 / 31,525件
文字数 99,213 最終更新日 2021.01.31 登録日 2020.12.18
女性呪術師の藍は2年ぶりに師匠で呪術司を助けるため、宮に戻る。師匠と帝は救ったものの自分自身に呪いがかかり、絶世の美女になってしまう。美女から元の姿に戻るため、藍は東の緑森国へ向かう。帝を狙う陰謀にも足をつっこむことにもなり、藍は元の姿に戻れるのか?
24hポイント 7pt
小説 28,847 位 / 121,251件 ファンタジー 5,809 位 / 31,525件
文字数 116,181 最終更新日 2021.09.14 登録日 2021.08.16
10
ファンタジー 連載中 長編 R15
「皇帝になったら、迎えに来る」  幼なじみとのそんな約束を律儀に守っているうちに結婚適齢期を逃してしまった私。  彼は無事皇帝になったみたいだけど、五年経っても迎えに来てくれる様子はない。  今度会ったらぶん殴ろうと思う。  皇帝陛下に会う機会なんてそうないだろうけど。  嘆いていてもしょうがないので結婚はすっぱり諦めて、“神仙術士”として生きていくことに決めました。  ……だというのに。  皇帝陛下。今さら私の前に現れて、一体何のご用ですか?
24hポイント 7pt
小説 28,847 位 / 121,251件 ファンタジー 5,809 位 / 31,525件
文字数 21,976 最終更新日 2021.07.24 登録日 2021.07.23
とある少女から手渡された簪。 それを手に取った私が次に目を覚ますとそこは後宮!? ……え、私後宮のお姫様になってる!? ……あれ?あんたは皇帝!? 現代に帰る方法は初代皇后からの謎を解き明かすしかないの!? 幼なじみの男の子と2人で後宮の謎に挑む!! 2人のドタバタ後宮物語。 ちょっとピュアなおふたりをどうぞお楽しみくださいね♡ 転生中華後宮物語。 今ここに、爆誕。
24hポイント 7pt
小説 28,847 位 / 121,251件 ファンタジー 5,809 位 / 31,525件
文字数 12,716 最終更新日 2021.05.23 登録日 2021.05.22
何十年も後継者が出来なかった「帝国」の皇帝の世継ぎである「息子」を身ごもったサヘ将軍家の娘アリカ。そしてその側近の上級女官となったサボン。 実は元々はその立場は逆だったのだが、お互いの望みが一緒だったことで入れ替わった二人。結果として失われた部族「メ」の生き残りが皇后となり、将軍の最愛の娘はそのお付きとなった。 膨大な知識を皇后となったことでインプットされてしまった「アリカ」と、女官となったことで知り得なかった人生を歩むこととなった「サボン」の波乱と友情と日常のはなし。
24hポイント 7pt
小説 28,847 位 / 121,251件 ファンタジー 5,809 位 / 31,525件
文字数 93,104 最終更新日 2020.05.09 登録日 2020.05.02
珍しいものを集める王で知られているグレン王はお忍びで城下を散歩中に白髪で赤い目の少女を見つける。 どうしても手に入れたくて城へ持ち帰り後宮に入れてしまう。 少女の名はマリア。 マリアは明るく活発な性格の少女だった。 王であるグレンにも平気で歯向かっていく。 その様子が新鮮でますます気に入られてしまう。
24hポイント 7pt
小説 28,847 位 / 121,251件 ファンタジー 5,809 位 / 31,525件
文字数 33,194 最終更新日 2019.05.15 登録日 2019.05.12
OLとして働く姫川瑠璃(25)は誰かに押されて駅の階段から落ちてしまう。目覚めると異世界の皇后になっていた! 自分を見失わず、後宮生活に挑む瑠璃。 派閥との争いに巻き込まれながらも、皇后として奮闘していく。
24hポイント 7pt
小説 28,847 位 / 121,251件 ファンタジー 5,809 位 / 31,525件
文字数 90,838 最終更新日 2021.01.25 登録日 2019.03.10
 絶大な力を誇るヒストン王国。王国を支えるのは、高度な教育を施された四人の王妃。  アニエスは金貨四十枚と引き換えに、王妃育成学校に売られた。其処は、奪い合い、騙し合い、命懸けの争いが繰り広げられる魔窟だった。  第四王妃が指導するクラスで、成績優秀者の一人であったジュリーの脱落により、事態は大きく動き出す。
24hポイント 0pt
小説 121,251 位 / 121,251件 ファンタジー 31,525 位 / 31,525件
文字数 3,421 最終更新日 2021.09.24 登録日 2021.09.24
帝王の側室オパールは目の前がゆがみ生き物のように脈動するを見た。そして冒険者剣士バジリコとその仲間たちは後宮というダンジョンに挑むことになる。 後宮、それはもともと魔窟だったのに魔境にレベルアップしてしまった。バジリコはその存在に恐怖する。ダンジョンを消滅させてバジリコは脱出できるのか。 
24hポイント 0pt
小説 121,251 位 / 121,251件 ファンタジー 31,525 位 / 31,525件
文字数 40,934 最終更新日 2021.06.29 登録日 2021.04.30
 百合漫画をこよなく愛していた私は、なぜか古代中華風の世界に覚醒してしまった。後宮の女官、玲鈴(レイリン)として、面倒な上官にこき使われつつも百合を描くことに腐心する私は、いつの間にか、時代に影響力を持つようになり、さらに面倒な事に巻き込まれていくのでした。
24hポイント 0pt
小説 121,251 位 / 121,251件 ファンタジー 31,525 位 / 31,525件
文字数 57,962 最終更新日 2021.02.01 登録日 2020.09.28
わたしの名前は碧蘭といいます。 日本の東の海上に位置する羅神国に、末端の貴族の娘として生まれました。 羅神国には始祖たる女神が近隣の国から人を集め建国したという神話があります。そして二千年経った現代でも、皇帝や貴族たちは、『女神様の力』を活用し国を治めています。 わたしも『ほんの少しの幸運』という能力を持っています。要は、ちょびっと運がいいだけ、です。 十五歳の時に皇帝の後宮に側室候補として上がることになったわたしは、まだ若すぎるという理由で、第四王妃様付きの侍女として、しばらく行儀見習いをすることになりました。まあ、当然いじめられますよね。皇帝からもひどいセクハラを受けまして、かなり疲れておりました。 ある日、薬草園の片隅で、隠れて泣いていると、銀髪イケメンの皇太子様が後宮から助け出してくれたのです! 過分なまでの皇太子様の寵愛と、優しい侍女たちに囲まれた新しい生活がスタートします。 ほっとしたのもつかの間、自分でも知らなかった特別な『女神様の力』がわたしにあることもわかり、否応なく国の一大事に巻きこまれていくようになってしまいました。 ※転生物ではありません ※ロー・ファンタジーです ※「ざまあ」はありますが、しばらく先です ※同作者の別の短編で、同じ世界観、同じ登場人物の作品がありますが、年齢設定やシチュエーション等大きく異なりますので、別のお話しです 表紙は簡単表紙メーカーさんで作成しました
24hポイント 0pt
小説 121,251 位 / 121,251件 ファンタジー 31,525 位 / 31,525件
文字数 52,460 最終更新日 2020.10.12 登録日 2020.08.01
レーセル帝国随一の才女リディア・エルヴァ―ト皇帝が統治していた時代から二百年後。 下級貴族の娘で十七歳のイライザ・バルディはレーセル城で侍女見習いとして働くことになった。 その頃,若き皇帝には立派な妃がいたが,皇后アンとの間には後継ぎとなる子供がいなかった。そこで,「皇帝は近々,側室を迎えられるのではないか」と噂になっていた。 同じ頃,イライザは仕事中に不思議な貴族風の好青年レオンと知り合い,彼への恋心を自覚するが,しばらく後,皇帝の側室に彼女が選ばれてしまう。 皇帝の顔を知らないイライザは,考える猶予をもらうために皇帝に面会を申し込むが,そこにいた人物はレオン=皇帝レオナルド・エルヴァ―トで……!? 彼女は想い人であるレオナルド皇帝や尊敬するアン皇后の頼みを受け,側室として後宮に入ることを決意する。
24hポイント 0pt
小説 121,251 位 / 121,251件 ファンタジー 31,525 位 / 31,525件
文字数 22,045 最終更新日 2020.05.18 登録日 2020.05.16
何十年も後継者が出来なかった「帝国」の皇帝の世継ぎである「息子」を身ごもったサヘ将軍家の娘アリカ。そしてその側近の上級女官となったサボン。 実は元々はその立場は逆だったのだが、お互いの望みが一緒だったことで入れ替わった二人。結果として失われた部族「メ」の生き残りが皇后となり、将軍の最愛の娘はそのお付きとなった。 膨大な知識を皇后となったことでインプットされてしまった「アリカ」と、女官となったことで知り得なかった人生を歩むこととなった「サボン」の波乱と友情と日常のはなし。 皇太子誕生から十年後。ちゃくちゃくと進んで行くアリカの計画だが、息子は……
24hポイント 0pt
小説 121,251 位 / 121,251件 ファンタジー 31,525 位 / 31,525件
文字数 84,159 最終更新日 2020.06.15 登録日 2020.05.09
何十年も後継者が出来なかった「帝国」の皇帝の世継ぎである「息子」を身ごもったサヘ将軍家の娘アリカ。そしてその側近の上級女官となったサボン。 実は元々はその立場は逆だったのだが、お互いの望みが一緒だったことで入れ替わった二人。結果として失われた部族「メ」の生き残りが皇后となり、将軍の最愛の娘はそのお付きとなった。 膨大な知識を皇后となったことでインプットされてしまった「アリカ」と、女官となったことで知り得なかった人生を歩むこととなった「サボン」の波乱と友情と日常のはなし。
24hポイント 0pt
小説 121,251 位 / 121,251件 ファンタジー 31,525 位 / 31,525件
文字数 85,377 最終更新日 2020.05.09 登録日 2020.05.09
唯一無二の、不老の皇帝を持つ「帝国」ではなかなか世継ぎの男子が生まれなかった。数々の子女が送り込まれたが、生まれるのは女子ばかり。年頃の女子がなかなか見つからない中、サヘ将軍の娘アリカが側仕えの同年の少女サボンと共に後宮に入ることになった。 だが彼女は実は……
24hポイント 0pt
小説 121,251 位 / 121,251件 ファンタジー 31,525 位 / 31,525件
文字数 80,901 最終更新日 2020.05.02 登録日 2020.04.27
 広大な大陸の東を占める国、乾(けん)。とある地方の街で、ひとりの老人が食事の代金の代わりに昔話を語りだす。「皇帝の寵愛を受ければ不幸になる」と―――。   ひょんなことから貴族の姫の身代わりとして後宮に上がることになった翠蘭(すいらん)。彼女は、偶然にも後宮の壁越しに風騎(ふうき)と名乗るひとりの青年と言葉を交わすようになる。それは、窮屈な後宮の生活に生まれた、ほっとできるひとときだった。ただの壁越しの出逢いでしかなかった。けれど、衝撃の真実がそこには秘められていた。  ※古代中国をイメージした国が舞台のため、ルビの量が凄まじく非常に読み辛いですが、どうかどうかご容赦ください。  ※物語は三人称で進められます。  ※別名義で某小説賞に投稿した作品を改稿したものです。 ※小説家になろうさまにて2013年に公開した作品です。
24hポイント 0pt
小説 121,251 位 / 121,251件 ファンタジー 31,525 位 / 31,525件
文字数 88,856 最終更新日 2019.09.02 登録日 2019.08.16
四年前にロードライト王国の王太子であるアレクシスから婚約破棄・国外追放されたクレスケンス=アリスト=エメラルディナ改めメストレ=マリオネッテス。 現在は日本人だった前世で得た知識を使って超大国・パラディース帝国で生計を立てて、のんびりと暮らしている。 そんな彼女の元にパラディース帝国の皇太后であり伯母であるアントワーヌから、息子である皇帝の妃として入宮して欲しいと打診がくる。 異世界ものの後宮を舞台にした話ってヨーロッパ風が多いけど、一夫一妻が当然のヨーロッパ王室に側室や側妃っておかしくないかい?という思いから浮かんだものです。 この話に出てくる後宮は、ヨーロッパではなくオスマン帝国をイメージしています。
24hポイント 0pt
小説 121,251 位 / 121,251件 ファンタジー 31,525 位 / 31,525件
文字数 5,460 最終更新日 2019.05.19 登録日 2019.05.19
 別個の人である限り抱えている秘密は見抜けない。それぞれがそれなりの理由による秘密を抱え、島の秘密・十二神将に立ち向かう。  遥か昔、天の使役神(しえきしん)である十二神将(じゅうにしんしょう)は、万物を創生するという豊饒石(ほうじょうせき)の所有権を巡って争った。この争いを見かねた仙人・泰(たい)元璋(げんしょう)は、十二神将と豊饒石を封じ込める。この封神(ほうしん)により六十年に一度目覚める一神将と鼎国(ていこく)の王は、豊饒石の所有権を争わねばならない。  六十年目の王となった緋逸(ひいつ)は、他に公子がいなかったというだけで王位を与えられたことに悩んでいた。王族と有力貴族の勢力を抑えるため、後宮にとどめている花嫁候補の中から結婚相手を選べと宰相・俚韵(りいん)から責められていることにも苦悩している。憂鬱な日々の中、気晴らしに出向いた泰山(たいざん)で小人・紫翠(しすい)に出逢う。不思議な存在の紫翠から、霊符(れいふ)や妙に的確な助言を与えられることで緋逸は支えられ、二人の距離は近づいていく。  幾多の騒動を乗り切った緋逸は紫翠との会話から、監修国史(かんしゅうこくし)・彪之(ひょうし)や俚韵、筆頭貴族の次男であることに雁字搦めにされている大将軍・羲奎(ぎけい)との結びつきを思い出す。  そんな折、緋逸が拾った仔犬が甲戌(こうしゅつ)神将の仮の姿であることを花嫁候補・嬋玉(せんぎょく)から聞かされ、紫翠をさらっていった神将を追って泰山へ。そこで緋逸は紫翠から、これまでの騒動が来羅(らいら)の身体を乗っ取っていた神将の仕業であることを教えられ、豊饒石を所持しているが故、紫翠が神将に狙われていたのだと気づく。  神将との勝負に王が勝った後(のち)のこと。嬋玉の存在を疑わしく思っていた羲奎は、彼女を推挙した理由を俚韵に訊いてみた。俚韵は、嬋玉の母である婉麗(えんれい)夫婦に憧れていた過去を告白する。婉麗が不老不死の元璋の子を身籠ったのには絶対的な理由があるはずと仮説を立てて、元璋の子と王を廻り合わせようと画策したのだった。  豊饒石を返しに行ったまま行方不明となっていた父・泰元璋を捕まえた紫翠は、豊饒石を持たされた故の多くの苦労を訴えながら、六十年ごとに神将が目覚めるからくりを仕掛けた理由を父に問うてみた。  だが、返る答えはあやふやで。それは島の秘密なのだった。
24hポイント 0pt
小説 121,251 位 / 121,251件 ファンタジー 31,525 位 / 31,525件
文字数 97,011 最終更新日 2017.10.23 登録日 2017.10.23
イケメン王子と婚約し、正室として後宮入りが決定していた姉が逃げた。 王国一の交易商人のオヤジは、二卵性双生児の俺を姉の身代わりとして後宮に送りこむのだった。 確かに顔はそっくりだが、俺は男だ。 後宮では、正室教育で正室教育が行われる数か月。 その間に逃げた姉を見つけ、そして入れ替わらないとヤバい。 そして俺は、その数か月をなんとか、女としてごまかしきらないといけなくなった。 ■イーデスブックスより電子書籍化しました■
24hポイント 0pt
小説 121,251 位 / 121,251件 ファンタジー 31,525 位 / 31,525件
文字数 13,955 最終更新日 2017.05.17 登録日 2017.05.14
26