ファンタジー 架空戦記小説一覧

カテゴリ ファンタジー
タグ 架空戦記×
20
■■アルファポリス 第1回歴史・時代小説大賞 読者賞受賞■■ 無職ニートで軍ヲタの俺が太平洋戦争時の聯合艦隊司令長官となっていた。 これは、別次元から来た女神のせいだった。 その次元では日本が勝利していたのだった。 女神は、神国日本が負けた歴史の世界が許せない。 なぜか、俺を真珠湾攻撃直前の時代に転移させ、聯合艦隊司令長官にした。 軍ヲタ知識で、歴史をどーにかできるのか? 日本勝たせるなんて、無理ゲーじゃねと思いつつ、このままでは自分が死ぬ。 ブーゲンビルで機上戦死か、戦争終わって、戦犯で死刑だ。 この運命を回避するため、必死の戦いが始まった。 参考文献は、各話の最後に掲載しています。完結後に纏めようかと思います。 使用している地図・画像は自作か、ライセンスで再利用可のものを検索し使用しています。 表紙イラストは、ヤングマガジンで賞をとった方が画いたものです。
24hポイント 795pt
小説 1,493 位 / 79,751件 ファンタジー 375 位 / 22,955件
文字数 802,543 最終更新日 2020.06.03 登録日 2016.11.28
これは復讐の物語。 あることがきっかけで、3人のゴブリンは人間の少年を育てることになる。 育てることになった少年は、少々感情の乏しい子ではあったが、3人は大事に育てた。 心を開いたのか、徐々に笑うことが多くなった少年。そんな時に住んでいるゴブリンの村が、勇者一行の襲撃を受ける。 そこで、育て親であるゴブリン達が死んでしまう。ボロボロになりながら、ひたすら西へ逃げる少年は、心に復讐を誓った。
24hポイント 334pt
小説 3,013 位 / 79,751件 ファンタジー 727 位 / 22,955件
文字数 10,453 最終更新日 2020.08.07 登録日 2020.08.06
 帝国海軍を中心にその装備や戦術を改変することで史実とは異なった海戦模様を描く「艦隊戦記」です、たぶん。  数話(短いものは一話)完結のショートストーリーで、各章に関連はありません。  一部ストーリーにカテゴリーエラーに抵触するくだりがあるため「歴史・時代」ではなく「ファンタジー」にしています。
24hポイント 191pt
小説 4,712 位 / 79,751件 ファンタジー 1,220 位 / 22,955件
文字数 95,359 最終更新日 2020.07.30 登録日 2019.11.27
2030年、憲法改正により国防軍を保有した日本。海軍は艦名を漢字表記に変更し、正規空母、原子力潜水艦を保有した。空軍はステルス爆撃機を保有。さらにアメリカからの要求で核兵器も保有。世界で1、2を争うほどの軍事力を有する。 そんな日本はある日、列島全域が突如として謎の光に包まれる。光が消えると他国と連絡が取れなくなっていた。 異世界転移ネタなんて何番煎じかわかりませんがとりあえず書きます。この話はフィクションです。実在の人物、団体、地名等とは一切関係ありません。
24hポイント 120pt
小説 5,946 位 / 79,751件 ファンタジー 1,472 位 / 22,955件
文字数 51,913 最終更新日 2020.07.01 登録日 2019.03.25
避け得ぬ動乱の時代に備え戦力の充実に邁進する帝国海軍。 その影に「未来の記憶」を持つ男たちの姿があった。 増強された空母群、超巨大戦艦が連合国軍を蹂躙する。
24hポイント 106pt
小説 6,337 位 / 79,751件 ファンタジー 1,547 位 / 22,955件
文字数 161,153 最終更新日 2020.02.09 登録日 2019.07.01
inu
突然、父の戦死を告げられたセルジュ=アシュティア。現在、国は乱れて内乱真っ最中。 そんな中セルジュは五歳にして猫の額ほどの領主となる。 だが、領主となったセルジュに次から次へと様々な困難が降り掛かってきたのであった。 セルジュは実は転生者であったが、チートな能力は授かってないし味噌も醤油もマヨネーズも作れはしなかった。そんな状況でも領民の生活を心から守り、豊かにしたいと切に思った。 家臣もいなければ爵位もない。そしてなによりお金がないセルジュはどうやってアシュティア領を守っていくのか。 セルジュは平々凡々と暮らしたかっただけなのに、弱小の地方領主だからと襲い掛かる隣の貴族。 気にくわないと言って意地悪をしてくる隣人。 もう何もかもにウンザリしたが同年代の子どもの現実を見た時、セルジュの心に何かが芽生えた。 忠実な家臣を得て、信頼できる友と共に造り上げる王国建国の物語。 家臣が居ないなら募集する。お金が無いなら稼ぐ。領地が無いなら奪い取る。 残念ながら魔法はないけど、その代わりにめいっぱい知恵を絞る! セルジュは苦悩や挫折をするものの、その進撃は止まらない! よろしければお読みください。感想やお気に入りなど応援いただけると幸いです。 カクヨム・セルバンテスでも投稿しています。
24hポイント 92pt
小説 6,908 位 / 79,751件 ファンタジー 1,628 位 / 22,955件
文字数 183,865 最終更新日 2019.04.25 登録日 2019.04.05
7
ファンタジー 連載中 長編 R15
大日本帝国海軍のほぼすべての戦力を出撃させ、挑んだレイテ沖海戦、それは日本最後の空母機動部隊を囮にアメリカ軍の輸送部隊を攻撃するというものだった。この海戦で主力艦艇のほぼすべてを失った。これにより、日本軍首脳部は本土決戦へと移っていく。日本艦隊を敗北させたアメリカ軍は本土攻撃の中継地点の為に硫黄島を攻略を開始した。しかし、アメリカ海兵隊が上陸を始めた時、支援と輸送船を護衛していたアメリカ第五艦隊が攻撃を受けった。それをしたのは、アメリカ軍が沈めたはずの艦艇ばかりの日本の連合艦隊だった。   この作品は個人的に日本がアメリカ軍に負けなかったらどうなっていたか、はたまた、別の世界から来た日本が敗北寸前の日本を救うと言う架空の戦記です。
24hポイント 85pt
小説 7,136 位 / 79,751件 ファンタジー 1,675 位 / 22,955件
文字数 53,602 最終更新日 2020.07.17 登録日 2018.04.21
アストラ歴3024年、世界は転生者や転移者たちが引き起こした動乱によって大戦争時代を迎えていた。 『地球』という別世界に前世を持つ転生者らは、強大なチート能力や知識・記憶を持っており、個で軍隊を壊滅させるに至る。劣勢に追い込まれながらも抵抗する国々はあったが、神々と同等の力を持つ転生者を前にことごとくが滅びの運命を辿る一途であった。 そんな絶望的な状況下で、転生者や転移者の対抗手段を一心不乱に研究し続ける人物がいた。 しがない歴史学者のユーリ・イストリアである。 転生者に家族の命を奪われたユーリは、報復するために人生の全てを捧げていた。しかし転生者を殺すための魔法実験は失敗し、その副次的効果によってユーリは2000年前の過去へと流れついてしまう。そして神をも容易く従える長寿種の神祖、『不死の姫』として彼女自身が目覚めることに。彼女は過去の世界で生きると決意するも……自分の知っている歴史とは違った世界になりつつある事を懸念し出す。その原因ともなるのは歴史を乱す異分子、またもや『地球』からの転生者や転移者たちだ。彼らは常識外の知識や、無双に近い能力を駆使して多大な影響を世に及ぼし、ユーリの知る歴史を歪ませていた。 これでは未来が変わってしまう。そうなれば2000年後に出会うであろう、最愛の家族や親愛なる学友たちの存在が消失する可能性が出てくる。 ならばと、ユーリは転生者を殺すべく、不死の呪いをその手でばらまいていく。 自らが知る、正常なる歴史(みらい)を創り出すために……。 一人の少女が、異世界転生者を、主人公たちを、伝説たちを殺し尽くす。 これは不死の軍勢を率いし銀姫の物語である。 ※表紙絵は読者の更級さまからいただいたイラストです。
24hポイント 71pt
小説 7,874 位 / 79,751件 ファンタジー 1,785 位 / 22,955件
文字数 152,271 最終更新日 2019.10.06 登録日 2019.08.31
9
ファンタジー 連載中 ショートショート R15
2020年、日本各地で震度5強の揺れを観測した。 これにより、日本は海外との一切の通信が取れなくなった。 その後、自衛隊機や、民間機の報告により、地球とは全く異なる世界に日本が転移したことが判明する。 そこで日本は資源の枯渇などを回避するために諸外国との交流を図ろうとするが... この作品では自衛隊が主に活躍します。流血要素を含むため、苦手な方は、ブラウザバックをして他の方々の良い作品を見に行くんだ! ちなみにご意見ご感想等でご指摘いただければ修正させていただく思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。 "小説家になろう"にも掲載中。 "小説家になろう"に掲載している本文をそのまま掲載しております。
24hポイント 21pt
小説 14,124 位 / 79,751件 ファンタジー 2,915 位 / 22,955件
文字数 70,158 最終更新日 2020.06.09 登録日 2019.08.17
ひょんなことから太平洋戦争の渦中に放り込まれてしまった「巫女」コスの女子大生たち。 後知恵上等、連合国に打ち勝つためにあの手この手で敵も味方も翻弄。 歴史の知識に女の武器、なんでも使って戦争の早期終結を図る三人娘の物語。
24hポイント 14pt
小説 16,389 位 / 79,751件 ファンタジー 3,394 位 / 22,955件
文字数 195,075 最終更新日 2019.04.03 登録日 2019.01.13
11
ファンタジー 連載中 長編 R15
 目が醒めると、そこは異世界だった。  何処にでもいるただの高校生オタクである東雲楓は、寝てる間にファンタジーな異世界に転移してしまう。転移した先の国は隣国と絶賛戦争中。戦略を教えて指揮官を育てる軍学校は、なんと学費無料で全寮制。しかも学生はほぼ女の子でハーレム状態!?  これ幸いと入学した楓は、剣と弓と、時々魔法が飛び交う環境の中、現代でのオタク生活で培った現代知識と戦術戦略で無双し──!? (作者は)本格(ってつもりで書いている)架空戦記ファンタジーが今、幕を開ける! ※不定期更新です
24hポイント 14pt
小説 16,389 位 / 79,751件 ファンタジー 3,394 位 / 22,955件
文字数 53,066 最終更新日 2018.05.05 登録日 2018.04.07
緩やかに終焉へと向かう、近世の大陸。 二百年前に起こった〈東からの災厄〉と呼ばれる壊滅的な戦災のあと、大陸を二分する〈教会〉と〈帝国〉の勢力争いは、激化の一途を辿っていた。 両国の対立が深まる中、〈教会〉は第六聖女たる少女セレンを軍の旗印とし、帝国領への〈第六聖女遠征〉を敢行。 対する〈帝国〉も、主戦派の皇帝グスタフ三世を筆頭に、それを迎え討つ。 雪荒ぶ北の〈帝国〉の地で、男たちはそれぞれの意志を胸に、戦場に臨む。 だが、銃火が支配する戦場は、もはや騎士を必要としてはいなかった。 交錯する男たちの意志も、やがて冬の色に消えゆく。 そして、〈教会〉の若き月盾の長と、〈帝国〉の騎士殺しの黒騎士、二人の騎士の邂逅は、騎士の時代の終わりを告げようとしていた。 *架空の世界を舞台としているため、異世界ファンタジーに分類していますが、魔法やモンスターは登場しません。人間同士の戦争です。
24hポイント 7pt
小説 19,302 位 / 79,751件 ファンタジー 4,274 位 / 22,955件
文字数 171,082 最終更新日 2020.08.06 登録日 2019.12.27
滅びゆく大陸の覇権を巡って対立を続ける〈帝国〉と〈教会〉の戦争は、開戦から十五年が経過していた。 戦争が終着点を見失う中、黒竜の遺児と呼ばれる〈帝国〉の若き女王クリスティーナ一世は、戦死した父帝の仇を討ち、大陸に平和を取り戻すという大義名分を掲げ南征を開始した。 一方、帝国軍の前に国家存亡の淵に立たされた〈教会〉は、一人の乙女を戦場に担ぎ出す。 彼女の名は第四聖女エル・ロートリンゲン。没落した大貴族の家から、半ば身売りされる形で〈教会七聖女〉の一人となった彼女もまた、大陸の真の平和を願い立ち上がる。 自らの理想を叶えるべく、貪欲に戦争を求め覇道を突き進む少女と、その戦争を阻止すべく、健気にも戦場に赴く少女。 彼女たちは戦い続ける。そこに愛すべき者たちの無数の死が積み重なると理解しながら。 戦火は際限なく広がっていく。やがて死が二人を別つまで……。 *架空の世界を舞台としているため異世界ファンタジーに分類していますが、魔法やモンスターは登場しません。あくまで人間同士の戦争です。
24hポイント 7pt
小説 19,302 位 / 79,751件 ファンタジー 4,274 位 / 22,955件
文字数 85,395 最終更新日 2020.02.11 登録日 2019.08.17
滅びゆく大陸の覇権を巡って対立を続ける〈帝国〉と〈教会〉の戦争は、開戦から十五年が経過していた。 戦争が終着点を見失う中、黒竜の遺児と呼ばれる〈帝国〉の若き女王クリスティーナ一世は、戦死した父帝の仇を討ち、大陸に平和を取り戻すという大義名分を掲げ立ち上がった。 自らの理想を叶えるべく、少女は貪欲に戦争を求め、覇道を突き進む。 そこに愛すべき者たちの無数の死が積み重なると理解しながら。 女王の愛人である近衛騎兵のペトリ・ニーゴルドは、自らの欲望に正直に生きるクリスティーナに振り回されながらも、共に戦場へと赴く。 貪欲なる黒竜の女王と、名ばかりの北風の騎士。戦火は際限なく広がっていく。やがて死が二人を別つまで……。 *架空の世界を舞台としているため異世界ファンタジーに分類していますが、魔法やモンスターは登場しません。あくまで人間同士の戦争です。
24hポイント 0pt
小説 79,751 位 / 79,751件 ファンタジー 22,955 位 / 22,955件
文字数 71,137 最終更新日 2019.08.06 登録日 2019.04.16
15
ファンタジー 完結 ショートショート R18
とある戦いに敗北したあと、生き残るためにあらゆるものを踏み台にして逃げ延びた騎士がいた。 彼の名はアンダース・ロートリンゲン。 月盾騎士団の軍旗の下、僅かに残る麾下の兵士たちを率いる月盾の長。 まだ年若い騎士は、軍の総司令官であった父の遺骸を捨て、騎士団長であった兄を裏切り、そして付いてきた仲間たちを薪のように火にくべ続ける。ただ己が生き残るために。 降り積もる雪の中、故郷に帰ろうと足掻く孤影は、その果てに何を思うのか。 *これは「最後の騎士 ~第六聖女遠征の果て~」の外伝になります。 https://www.alphapolis.co.jp/novel/61509528/57229848?preview=1
24hポイント 0pt
小説 79,751 位 / 79,751件 ファンタジー 22,955 位 / 22,955件
文字数 3,780 最終更新日 2019.03.10 登録日 2019.03.10
緩やかに終焉へと向かう、ある近世の大陸。 二百年前に起こった〈東からの災厄〉と呼ばれる壊滅的な人口減少のあと、大陸を二分する〈教会〉と〈帝国〉の勢力争いは激化の一途を辿っていた。 〈教会〉は帝国軍による蛮行〈血の礼拝日〉に対する報復として〈第六聖女遠征〉を敢行するも初戦で大敗。 敗走の最中、遠征に帯同する月盾騎士団の若き団長ミカエル・ロートリンゲンは、遠征軍の名を冠する少女、総帥たる第六聖女セレンを救出。 帝国軍の追手を退け、生き残りを賭けて教会領への帰還を図る。 一方、帝国軍第三軍団の騎兵隊長マクシミリアン・ストロムブラードは、精鋭部隊〈黒騎兵〉と友軍の〈馬賊〉を率いて、第六聖女セレンとミカエルら教会軍の敗残部隊を追撃する。 銃火が支配する戦場は、もはや騎士を必要としてはいなかった。 そして二人の騎士の邂逅は、騎士の時代の終わりを告げようとしていた。 *これは近世ヨーロッパで起きたドイツ三十年戦争をモチーフにした架空戦記になります。 架空の世界を舞台としているため異世界ファンタジーに分類していますが、魔法やモンスターは登場しません。あくまで人間同士の戦争です。
24hポイント 0pt
小説 79,751 位 / 79,751件 ファンタジー 22,955 位 / 22,955件
文字数 173,494 最終更新日 2019.03.10 登録日 2018.12.18
魔王が世界を滅ぼす存在? 魔王は人類の共通の敵? いえいえ違います! 「魔王は世界を救います」 まおうすくい、どうぞよろしくお願いします。 30話過ぎるくらいから面白くなる気がします…。 気長に楽しんで下さい。 あ…縦読み推奨かもしれません。 あくまでも推奨です。
24hポイント 0pt
小説 79,751 位 / 79,751件 ファンタジー 22,955 位 / 22,955件
文字数 364,552 最終更新日 2018.08.06 登録日 2017.08.15
 サイトより転載、加筆・修正済み。群像劇風架空戦記(のはず)  主人公のサイは、造船業の盛んなクローヴルへ訪れる。「雲の上までいける船」を作って貰うためだった。ところが、クローヴル内部では、隣国との領土戦争や、内乱の種があちこちで芽吹こうとしていた。  そんな中で、サイはただ船を作ることを目的に行動する。しかしそれは様々な軋轢を伴っていった。 サイト→http://www7b.biglobe.ne.jp/~koubou/index
24hポイント 0pt
小説 79,751 位 / 79,751件 ファンタジー 22,955 位 / 22,955件
文字数 337,176 最終更新日 2019.08.29 登録日 2016.08.21
ブラーバ河に架けられた三本の橋のうち、中流域にある”栄光の十一月七日橋”は、労農党の結党記念日を冠していることもあり、絶対に損傷してはならない橋とされていた。 敵の爆撃によって橋が破損したり、崩落したりすることを恐れた労農党の指導部は、防空軍や陸軍の防空部隊を動員するよりも先に、労農党員の志願者によって編成された義勇部隊で防空部隊を組織し、橋の防備を固めることにした。 そんな大役を担う部隊である第四三七独立防空中隊は、隊員のすべてが女性によって編成されていた。 男性と同等か、それ以上に戦う女性たちと、その指揮官として放り込まれたある男性士官の戦いを描いた、転生も魔法もチートもない、泥臭い架空戦記です。
24hポイント 0pt
小説 79,751 位 / 79,751件 ファンタジー 22,955 位 / 22,955件
文字数 62,649 最終更新日 2017.07.02 登録日 2017.02.12
偵察機の操縦士であるジャンは、後席に座る偵察士官のアンナに不満を抱きつつも、大好きな空での任務に精励していた。 ある日の偵察飛行において、アンナがとった行動により、ジャンたちが乗る偵察機は、敵からの激しい対空砲火を浴びることになったが……。 ミリタリーに、ほんのちょっぴり萌えまたは恋愛のようなものを追加した、ふんわりとした架空戦記です。 ■登場人物 ・ジャン・タリアン 帝国陸軍二等航空兵軍曹  第七四三飛行隊に所属する小型偵察機の操縦士。  身長が平均よりもかなり低く、憧れだった空軍の操縦士にはなれなかったが、操縦席が極端に狭い四一式観測偵察機のおかげで、念願の操縦士になることができた。 ・アンナ・ル・ブラン 帝国陸軍航空兵中尉  同飛行隊に所属する小型偵察機の偵察士官。  完璧主義者で部下や同僚にも高い目標を要求し、満たせぬ場合は容赦ない罵声と暴力を浴びせるため、「見た目はいいのに性格は残念」という評価をいただいてしまっている。
24hポイント 0pt
小説 79,751 位 / 79,751件 ファンタジー 22,955 位 / 22,955件
文字数 84,008 最終更新日 2016.05.01 登録日 2016.04.18
20