ファンタジー 天災小説一覧

カテゴリ ファンタジー
タグ 天災×
6
古の時代より降臨した清らかな女神と純粋な心を持った高校生が汚穢に塗れた世の中から人々を守るため、愛する人を守るために跳梁跋扈する魑魅魍魎と栃◯県を舞台に苛烈な戦いを繰り広げるラブストーリー!
24hポイント 14pt
小説 15,062 位 / 66,093件 ファンタジー 3,352 位 / 20,320件
文字数 143,832 最終更新日 2020.01.28 登録日 2019.10.01
気がつくと、そこは魔法と剣の世界でした! ……は? は?(再確認) どうやら、俺は今時流行りの異世界転生…… ではなく、“異世界転移”をしてしまったらしい。 転移先での俺の異世界生活!チート!ハーレム!ラブコメ!青春!そのすべてがつまった俺tueee物語です。 「……そんな見え見えの嘘ついてて恥ずかしくないんですか?」 「やめてくださいロジカさん、胸に来ます。」 ……残念主人公の冤罪異世界生活、が今始まる……。 チート!無し! ハーレム!無し! ラブコメ!絶滅危惧種! 青春!皆無! そんな、何もない俺yoeee物語です……。 どう*てこ*な*に……。 【作者のこめんと】 初めまして、深森です。 まずは、この作品に目を通して頂いてありがとうございます。 私からは「タグを見ろ」という一言だけです。 では、応援、よろしくお願いします。
24hポイント 7pt
小説 17,646 位 / 66,093件 ファンタジー 4,250 位 / 20,320件
文字数 19,810 最終更新日 2019.05.29 登録日 2019.05.29
5月のある日、地球にはモンスターが徘徊し始める。そして学生たちは、学校もろとも異世界に転移したのであった。 そこの世界では、何もかもがくるっている異世界だった。 高校生同士の死闘 大量に発生するレイドクエスト 様々なチートの数々、そして前世で伝説とされていた魔物や神様が大集合!!!? 生徒全員がチートを持つ高校以外洗脳されているので、この世界を救うのは国という名の高校である。 裏切り、死んでいく仲間、彼らの無念を晴らして世界を救えるのか。 そして元の世界に戻れるのか・・・ 規模のおかしいシリーズでもあります。その辺もお願いします。(´・ω・`) ここのサイトでの初投稿であります。初心者です、よろしくなのだ。 この作品は、作品の流れは考えてありますが、コメント次第で更新ペースが少し変わるかもしれません。 ノベルアッププラス、なろう、カクヨムにも連載してます カクヨム、なろう、ノベルアッププラスにも転載してます
24hポイント 7pt
小説 17,646 位 / 66,093件 ファンタジー 4,250 位 / 20,320件
文字数 207,079 最終更新日 2019.12.25 登録日 2019.06.26
婚約破棄、遂にこの時が来たわ。この時を待っていたわ。そんなことを思えたのは一瞬だった。 「さあ、結婚しよう」 そう言って、婚約破棄を待ち望んだセリフを言ったのは、ヤンデレの元カレだった。 歩く天災とまで言われたジェシカは、もうこれ以上の面倒事は御免被りたいと、元カレ、レイフからダッシュで逃げ始める。 何かと事件を周りで起こされるジェシカと、ただただジェシカを愛してるレイフの話 ※話がだんだん、ラブ方向にはいかないので、ジャンルを変えました。 ただ、ラブも頑張って書いて行きます。
24hポイント 0pt
小説 66,093 位 / 66,093件 ファンタジー 20,320 位 / 20,320件
文字数 24,206 最終更新日 2019.03.30 登録日 2018.04.23
世界全土が氷の世界に覆われた時代。  強力な氷の力を持って生まれた魔女によって引き起こされた「アイスショック」。人類は地下で生活を余儀なくされる。  北海道に住む男性は、娘を育てる上で少しでも温かい土地に移り住もうと長い旅を続けていた。シェルターからシェルターを移動しながら、北海道からの脱出を図る中、彼は車の足を取られ、吹雪に巻き込まれてしまう。  力尽きそうになりながらも、ボロ倉庫の中に辿り着いた男性は娘を守る様に抱きしめて死亡する。  そして、9年の時が流れる。  18歳になった娘は、母が生きている可能性を知り、母を探し氷河の時代を終わらせる旅に出る。
24hポイント 0pt
小説 66,093 位 / 66,093件 ファンタジー 20,320 位 / 20,320件
文字数 2,997 最終更新日 2019.01.24 登録日 2019.01.24
―――――――その日は突然訪れた。 この国は抜け殻と化したのだ。 原因や手段など、分かるはずもない。 日ノ本は、今を持って壊滅した。残る結果はそれだけ。 ただ、その消却をその肉体で観測した者が一人、名を但馬陽登という。 この消却を逃れた者は、陽登を含めた極少数。揃いもそろって『未成熟』だ。 だが、その結果を認めるという選択肢は存在しない。例え立てる者が成人を超えていない子供であったとしても。 この消滅事件は、海の外の世界に報道され続けた。 それを見た人類はどう感じただろうか。 恐怖、絶望、歓喜、感じたことはそれぞれだろう。 だがやはり、『認める』者はいなかった。 敵は何か。それだけは明確だ。人類にとっての裏切り者、人間が支配していた文明に蔓延る神と呼ばれていた異形。それが、彼ら残された人間が相手取る悪だ。   ――――――――悪とは何か、理解していないが故に。
24hポイント 0pt
小説 66,093 位 / 66,093件 ファンタジー 20,320 位 / 20,320件
文字数 16,526 最終更新日 2019.07.18 登録日 2019.07.13
6