ファンタジー 平安小説一覧

カテゴリ ファンタジー
タグ 平安×
3
昔々のお話―。 そこでは鬼と、人、二つの種族があった。 これは人を恐れさす鬼。 その長である大江山の酒呑童子と、その腹心である茨木童子のお話。 そして、茨木童子には酒呑童子へ隠し立てして居ることがあった。 儚くも美しい人ならざる者同士の哀しき物語。
24hポイント 0pt
小説 99,179 位 / 99,179件 ファンタジー 26,698 位 / 26,698件
文字数 17,223 最終更新日 2018.09.24 登録日 2018.09.24
平安時代。 大晦日と言えば、追儺……つまり、節分でした。 帝と蔵人(秘書官)のちょっとしたやりとり。 表紙のけったいな画像が、『方相氏(ほうそうし)』です。 年末の忙しい中(12/31当日急に思いついた)、菊理さんにお願いしました。 ※ここの帝は、『鬼憑きの姫なのに総モテなんて!』の帝から次の帝に変わっています。  つまり、鬼の君です。
24hポイント 0pt
小説 99,179 位 / 99,179件 ファンタジー 26,698 位 / 26,698件
文字数 1,330 最終更新日 2017.12.31 登録日 2017.12.31
日本で古くから続く一族直系に産まれた、安倍妃捺は”玉依姫《たまよりひめ》”と特別な呼称で呼ばれ、歴代の一族の中でも群を抜いて高い霊力と神力を持っている。 四兄妹の真ん中で唯一一族の中での成人の儀裳儀《もぎ》と、当主候補として就任するために儀式に挑むのだが・・・・。 ※なろうで連載途中だったものをこちらに移動して来ました。
24hポイント 0pt
小説 99,179 位 / 99,179件 ファンタジー 26,698 位 / 26,698件
文字数 110,348 最終更新日 2019.03.10 登録日 2017.02.11
3