ファンタジー 異国小説一覧

カテゴリ ファンタジー
タグ 異国×
3
「星落ちる時、王は立つ。王、国に成りて、星と共にそれを治める。亡国のおり、星は王と共に死す。」  そんな古い言い伝えがある世界の話。  流浪の民であるグウは、ある日空を流れる星を見る。その星を追った先で、銀色の繭から産まれたベンヌと出会う。  人間ではないらしいベンヌと成り行きで旅をすることになったグウは、ヒッチハイクをして『雨の国』へ辿り着く。  雨が降っては直ぐに止んでを繰り返す雨の国。グウはそこでベンヌの正体を知ることとなる。  ベンヌは『ドール』という思考能力のある無機物で、王を選定し、共に国を治める存在。それを雨の国のドールであるハラウェから教えられたグウは、ベンヌと共に彼の国と王を探すことを決めた。  一先ず雨の国で旅の疲れを癒すグウのもとに、ベンヌは一人の少女『ララーシャ』を連れて来る。ララーシャは数日前、事故で父親を亡くしたばかりの孤児であった。  孤独なララーシャに請われて、グウとベンヌは彼女を連れて旅に出るのであった。
24hポイント 0pt
小説 121,786 位 / 121,786件 ファンタジー 31,952 位 / 31,952件
文字数 25,916 最終更新日 2021.04.26 登録日 2021.04.21
この国では大きくわけてふたつの街に別れていた一つは貴族街。もう一つは貧民街。この二つは塀で仕切られほぼお互いに干渉することは無い。しかし、貴族街出身の主人公は貧民街の少年と出会う
24hポイント 0pt
小説 121,786 位 / 121,786件 ファンタジー 31,952 位 / 31,952件
文字数 3,912 最終更新日 2020.11.15 登録日 2020.11.15
とある時代のとある大陸に,『レーセル帝国』という大きな国がありました。 皇帝イヴァンが統治していた時代に,とても仲のいい幼なじみの男女三人がいました。デニス,ジョン,そして……皇帝イヴァンの一人娘・リディア。リディアはこの国唯一の皇女であり,次期皇帝でもありました。 成長して十八歳になった三人。リディアは父であるイヴァンが留守の間は立派に城を守り,デニスは彼女に近衛兵として仕え,ジョンも帝国兵になり,帝国一の大剣使いとしてリディア姫に仕えていました。 リディア姫とデニスはお互いに素直になれないものの,惹かれ合っていました。そしてジョンも,リディアに密かな想いを寄せていました……。 主である自分に対して横柄な態度を改めようとしないデニスと,生真面目に忠誠を誓うジョン。果たして,皇女リディアはどちらを未来の夫として選ぶのでしょうか……?
24hポイント 0pt
小説 121,786 位 / 121,786件 ファンタジー 31,952 位 / 31,952件
文字数 98,343 最終更新日 2020.05.13 登録日 2020.05.08
3