ファンタジー 恋小説一覧

カテゴリ ファンタジー
タグ ×
8
双子の兄妹は自らの死を選び、辛い現実を捨て、天国へと旅立った筈だった。だが、二人が目を覚ました場所は天国ではなく、神の住まう宮殿であった。 二人は宮殿にて全知全能なる神から、二人の戦士として、苦難の相次ぐヴァレンシュタイン家の救世主となり、世界を救うためにその世界に生まれ変わる事を告げられる。転生の際に二人は体の中に護衛の戦士の精神を入れられる その戦士の名は『ジークフリード(勇敢なる勇者)』と『ブリュンヒルデ(愛と希望の象徴)』 かつて、その世界を救った英雄の名前だと言う。 二人の兄妹はそれまでの名前を捨て、ジークフリードとブリュンヒルデを体に取り込んだ、勇者『ディリオニス』と『マートニア』として異世界で生きる事を決意する。 ここに、二人の勇者が異世界を駆け、女王と共に世界を救う物語が始まる。
24hポイント 718pt
小説 1,517 位 / 68,416件 ファンタジー 408 位 / 20,694件
文字数 293,055 最終更新日 2020.04.05 登録日 2020.03.17
異世界に召喚され冒険者になり、全職業を極め全王に余生をゆっくり平和に過ごしていたら やること無く暇になったので元の世界に戻ったらやっぱりチートでした。  
24hポイント 14pt
小説 16,262 位 / 68,416件 ファンタジー 3,606 位 / 20,694件
文字数 27,940 最終更新日 2019.07.22 登録日 2019.04.08
様々な種族が暮らす広大世界。 そんな土地に暮らす魔女クラコは、ある日一人の青年、ジャムミッツと出会う。 ひょんなことから生活を共にする事になった二人は、徐々に打ち解けて行き…… しかしある時、ジャムミッツは知ってしまうのだ。 クラコの秘密を……
24hポイント 7pt
小説 19,228 位 / 68,416件 ファンタジー 4,680 位 / 20,694件
文字数 40,053 最終更新日 2019.10.27 登録日 2019.03.12
4
ファンタジー 完結 ショートショート R15
顔も名前も知らないあなたを追いかけていた 君を待っていたはあなたを追いかけるの数週間前の話となっています。 エブリスタ様、小説家になろう様にも重複投稿しています。
24hポイント 0pt
小説 68,416 位 / 68,416件 ファンタジー 20,694 位 / 20,694件
文字数 2,622 最終更新日 2019.08.08 登録日 2019.07.26
 町の小料理屋で働く凛月は、ある日「輝夜(かぐや)」と名乗る男と出会う。彼は、この国では誰もが知る、『ツクヨミ』だった。彼の強さとその意志に、凛月は次第に惹かれていく。凛月と輝夜の、それぞれの壮絶な過去と、地獄のような現状。腐りきったこの世を変えるため、彼は闇を切り開くべく刀を抜いた。 彼の戦いは自由を掴むまで、終わらない。
24hポイント 0pt
小説 68,416 位 / 68,416件 ファンタジー 20,694 位 / 20,694件
文字数 16,166 最終更新日 2019.06.22 登録日 2019.06.02
郵便局で働く主人公リュウキが、ある日突然正義のヒーローに。謎に包まれたジャック・オズワイルド博士が送り込む怪人たちと戦うヒーローアクション物語。傷だらけになりながらも数々の怪人と戦いジャック・オズワイルド博士を追い詰めるが・・・
24hポイント 0pt
小説 68,416 位 / 68,416件 ファンタジー 20,694 位 / 20,694件
文字数 14,980 最終更新日 2019.02.16 登録日 2019.02.10
21歳の田中一彦は長距離配送トラックの運転手。 この会社に就職してから2年、毎早朝、茨城の製菓製造工場から、埼玉の中央配送センターに、製品化されたチューイングキャンディ〈ハイチュウ〉を運んでいる。 最近、ちょっとした楽しみと悩みがあった。 いつも同じ時間に、高速道路でしばし並走する、スッゲぇ可愛いトラックドライバーの娘がいて、一彦はときめくのだった。 どうにか会釈するまでの関係にこぎつけている。 しかし、そのトラックには、ライバル社のロゴがプリントされている。 彼女はチューイングキャンディ〈ぷっちょ〉を運搬しているのだった。 つまり、一彦と、その子・織尾リオは「ロミオとジュリエット」(のモンタギュー家とキャピュレット家)みたいな、それぞれの属する枠組みに惑わされる関係だ。 ある日、東日本で地震が起きた。 崩壊する高速道路を走っていた一彦も、トラックもろとも巻き込まれた。 トラックの荷は、荷台にキッチリ積まれた14万8000粒のハイチュウ。 ジャンクションの高架に亀裂が入り、トレーラーは落ちた。 一彦が最後に見た風景は、高架下の地面、ではなく、…緑のジャングルだった! ・・・端折って言おう。 目覚めた一彦は、17世紀のカンボジアにいた。 浅黒い肌の半裸の兵士に囲まれた一彦は、持っていたハイチュウを食べさせることによって、その時代には考えられない美味しさで兵士を屈服させ、 あれよあれよと王と謁見し、ハイチュウの<魔法>で、王宮への滞在を許される。 王宮には、日本の武士・森本右近太夫がいて、一彦は、この時代・地域の情勢を日本語で知ることが出来た。 カンボジア・アンコール朝は、隣国との戦乱の中にあった。 強国タイのアユタヤ朝には、一彦と同じ<甘味魔法>の使い手がいた。 その名はオリオリオ、魔法〈ぷっちょ〉の使い手だ。 オリオリオの脇には、日本出身の武士・山田長政がいた。 かくして、アンコール朝対アユタヤ朝の戦争、ハイチュウvsぷっちょの代理戦争が始まる。 一彦とオリオリオの「ロミオとジュリエット」的な恋は、はじまってさえいない・・・。
24hポイント 0pt
小説 68,416 位 / 68,416件 ファンタジー 20,694 位 / 20,694件
文字数 54,975 最終更新日 2020.02.20 登録日 2019.10.26
「それではようこそ客人よ。ここから先は、外輪(がいりん)とは言え悔踏区域(かいとうくいき)。あなたがここを立ち去る時、踏み入るならば悔いるだろうとの揶揄(やゆ)を、現実としていないことを切に願う」  王家とたもとを別ち、悔踏区域という荒野を穿つ旗幟を司ることを誓った者――旗司誓(きしせい)は、幾星霜を経て、再び王家と邂逅する。その旗司誓がザーニーイたちでさえなければ、その王家がキルルたちでさえなければ、この時代の国史は至極平凡に……そしてよくあるように、それ以上に冗長と綴られ、また綴じられたのだろうが。  それがありえない以上、彼らの物語が始まる。 ※とかシリアスぶっても、「腸ただもれ説」とかいったようなギャグは隠しおおせません。
24hポイント 0pt
小説 68,416 位 / 68,416件 ファンタジー 20,694 位 / 20,694件
文字数 948,373 最終更新日 2019.09.21 登録日 2018.01.26
8