ファンタジー サバイバル生活小説一覧

カテゴリ ファンタジー
タグ サバイバル生活×
4
   二十年前、一つの街を滅亡させ、近隣の森林地帯を国際指定の禁足地へと激変させしてしまうほどの大規模な事故があった。  事故の影響で発生した瘴気は森を異形の住む場所へと変え、木々や草花ですら意志を持つものも現れた。  入れば最後、出る事能わずとされるその禁足地の名は【瘴気の森】と【呪われた大地】。  一切の常識が通用せず、死が隣り合わせにある。   そんな森の中、ダークエルフのローゼルが異形のモンスターに追われ絶体絶命の時、森の雰囲気に似つかわしくないほど穏やかな青年に助けられた。  青年の名は【グラーシュ】と言い、異形種が蔓延る瘴気の森で暮らしているという龍人と魔族の血を引く庭師だった。  グラーシュに導かれ、一時の休息を取るローゼル。  これが禁断の地に眠るお宝を探し当てようとするトレジャーハンターローゼルと、謎の庭師グラーシュの出会いであった。  そしてローゼルは、目的を達成するまでグラーシュと共に森で生活をする事に決めたのだった。  一種異様、摩訶不思議、奇々怪々な森の中、謎の生物に懐かれたり、瘴気の恩恵(?)を受けた料理に舌鼓をうったり。  危険と隣り合わせなハズなのに、どこか穏やかな空気が漂うゆっくりとした日常。  全てが未知の世界の中で、禁断のサバイバルスローライフが今、始まる。
24hポイント 7pt
小説 24,406 位 / 99,088件 ファンタジー 4,901 位 / 26,672件
文字数 53,035 最終更新日 2019.12.16 登録日 2019.12.02
事故で死んでしまった私がなぜか次の人生を始める事に。拒否権は……怖いので聞けません。だって相手は神様だもの。 普通、神様の都合上ならチートな能力がつくはず……でもないのかな? えっ? 無人島生活? えっ? えっ? そんな私のチートまでのチュートリアルなお話。 初めて書いてみました。 更新は妄想任せになっています。 気が向いたら読んでみて下さい。
24hポイント 7pt
小説 24,406 位 / 99,088件 ファンタジー 4,901 位 / 26,672件
文字数 457,979 最終更新日 2021.03.03 登録日 2019.08.18
 私は48歳、高校2年になる息子がいる世間一般的なサラリーマンだ。  毎日毎日、朝早くから会社に通い、夜遅くまで仕事をして、クタクタになって家に帰る。  週末は疲れた身体を癒すためにグダグダと寝て過ごすだけ。  こんな生活を数十年と過ごして来て、最近思う事がある。  このままで良いのかと……。    
24hポイント 0pt
小説 99,088 位 / 99,088件 ファンタジー 26,672 位 / 26,672件
文字数 20,673 最終更新日 2020.08.02 登録日 2020.07.26
「....貴方達には選択肢があります」俺達5人は銀髪の気味悪い美女に宣告された。 俺達5人は地球で同時刻に死亡している事、そしてある儀式で異世界に転生する のだと。俺、ホスト風のチャラ男、OL風の女、JK、老人の5人は転生後の 種族の選択を強いられる事になった。 だが俺が選択出来る種族は悪魔のみ!どうやら公共の敵らしい。 俺以外の4人は転生の恩恵ポイントとやらで、キャッキャウフフと転生後の 人生プランを練っている。 だが、俺が恩恵ポイントで選択可能なのは意味不明のものばかり、 おまけに転生地は辺境で、なおかつボッチらしい。なんだこの仕打ち! しかし、辺境でのボッチサバイバルを覚悟して転生した俺の前には、 生涯の相棒となるアイツが待っていた!悪魔というのも実は.... どうも作者です。 当作品が初投稿になりますのでお手柔らかに。 当作品のストーリーはサクサク爽快には進みません。 主人公はそこそこ強い設定ですが、いきなり目立って冒険者ギルドでギルマスに 目をつけられたりもしません。そもそも序盤はサバイバル生活です。 主人公はヘタレですので、熱血バトルとかは基本的にはありません。 そして、非ハーレム、非ラッキースケベです。悪しからず。 まだまだ零細小説ですが、読んで評価して頂けたら幸いです。 ※当作品は、小説家になろう様でも投稿しております
24hポイント 0pt
小説 99,088 位 / 99,088件 ファンタジー 26,672 位 / 26,672件
文字数 299,658 最終更新日 2019.09.01 登録日 2019.08.28
4