ファンタジー 架空歴史小説一覧

カテゴリ ファンタジー
タグ 架空歴史×
7
■■アルファポリス 第3回歴史・時代小説大賞 読者賞受賞■■ 天明六年(1786年)五月一五日―― 失脚の瀬戸際にあった田沼意次が祈祷を行った。 その願いが「大元帥明王」に届く。 結果、21世紀の現代に住む俺は江戸時代に召喚された。 俺は、江戸時代と現代を自由に行き来できるスキルをもらった。 その力で田沼意次の政治を助けるのが俺の役目となった。 しかも、それで得た報酬は俺のモノだ。 21世紀の科学で俺は江戸時代を変える。 いや近代の歴史を変えるのである。 2017/9/19 プロ編集者の評価を自分なりに消化して、主人公の説得力強化を狙いました。 時代選定が「地味」は、これからの展開でカバーするとしてですね。 冒頭で主人公が選ばれるのが唐突なので、その辺りつながるような話を0話プロローグで追加しました。 失敗の場合、消して元に戻します。
24hポイント 127pt
小説 8,548 位 / 119,967件 ファンタジー 2,086 位 / 31,339件
文字数 248,021 最終更新日 2021.03.30 登録日 2017.05.28
 後生の人に『愚か者』『卑怯者』の名で呼ばれ馬鹿にされているアデレード王国の王族であるフリデリック・ベックバード。  聡明で優しい性格の王子が何故そのように呼ばれる人生を歩むことになったのか?  平和を求め、民の幸せを望み、国を愛したフリデリック・ベックバードの眼から見た動乱の時代の世界とは、どんなものだったのか? 百年後の世界を生きる学芸員がフリデリックの絵と日記からフリデリック・ベックバードのという人物を紐解いていくがそこにあったのは、世間で言われているような卑屈で卑怯で我儘な人物とはかけ離れたフリデリックの姿だった。
24hポイント 7pt
小説 29,127 位 / 119,967件 ファンタジー 6,046 位 / 31,339件
文字数 164,428 最終更新日 2018.05.25 登録日 2018.04.04
この世界には10個の惑星があった。 そのうちの1つの惑星である地球は星喰らいとされている。 その世界にいる生命は1つの星とリンクしていると言われている。 生命の数だけ星がある。 この世界を変える英傑達が100人いる。 10人の滅び人、八角の角、五鎧伝説、3剣などありとあらゆる伝説が闊歩する宇宙で、100人の英傑達がどのようにして生きていくのか、これは異世界転生も、成り上がりも異世界転移もありとあらゆることが同時に起きる物語である。 ※カクヨムでも掲載しております
24hポイント 0pt
小説 119,967 位 / 119,967件 ファンタジー 31,339 位 / 31,339件
文字数 34,647 最終更新日 2021.02.25 登録日 2021.02.18
 戦の時代、小国同士が争い陣地を広げていたような頃の物語――  大国を築いた国王は飢饉により多くの民を犠牲にした。納税を厳しくした結果、民たちは苦しみ死んでいった。一方、王城や城下町で暮らす人々にはきちんとした食料が分け与えられていた。  飢饉は収まらず、国王は大臣達に何か案を出すように命じる。そして、一人の大臣の案が採用され、数ヶ月、数年後には何とか持ち直すことが出来た――  この物語の始まりはここから……  ある日、国王は息子に自分の寿命が短いことを告げる。  国王が亡くなってから、町や村では「悪夢」という得体の知れないものが噂されるようになった。  大臣の一人、剛昌は急死する前の国王の異変に気が付き調査を進めていくが……。    これは理弔と呼ばれる村が出来るまでの物語……。  登場人物たちの過去からこの先に待ち受ける未来までを描いた儚き物語……。  そして、この物語の本質は登場人物たち全員が主人公となり「死者の為に紡ぐ物語」であるということ。
24hポイント 0pt
小説 119,967 位 / 119,967件 ファンタジー 31,339 位 / 31,339件
文字数 133,958 最終更新日 2020.06.07 登録日 2020.05.25
 その昔、人と大神は同じ世に共存していた。  ある雨の日、川辺の見回りをしていたカミコが見つけたのは、雨に濡れて倒れる巫女の少女であった。  これは、大神の祖である大御神と、その大御神に仕えた記憶を失った巫女の話。  花衣ー皇国の皇姫ーに繋がる物語、大御神とは何者なのか、そして、登場人物たちに隠された秘密が明らかになる。
24hポイント 0pt
小説 119,967 位 / 119,967件 ファンタジー 31,339 位 / 31,339件
文字数 39,414 最終更新日 2021.02.05 登録日 2020.05.11
 時代を跨いで紡ぐ絆  時は戦乱、国は分かれて争う戦国時代。  辺境の村に生まれた少女瑞穂は、その身に宿す強大な呪力に悩まされ、人との接触を断って暮らしていた。天涯孤独、そう思っていた彼女の前に現れたのは、同じ境遇の少年御剣だった。二人は戦乱を終結させ、世に平和をもたらすことを誓い、主従関係を結ぶ。  時は過ぎ、村長となった瑞穂は、御剣を従者として村を豊かにさせ、災厄から村を守っていた。そんな平和な村にも、戦乱の風が容赦なく吹き付ける。  領主からの重税により、村民たちの反発が強まる中、瑞穂の育て親でもある前村長の墨染が殺害される。怒りを解放した瑞穂は僅かな手勢を率いて領主を襲撃、そして指導者を倒し、遂には国を打ち崩し新たな国である皇国を建国する。  平和を望む彼女に何らかの作為が働いているのかの如く、彼女や皇国に次々と戦の火の粉が降りかかる。  豊葦原瑞穂皇国初代皇帝、瑞穂之命、通称『瑞穂帝』と、彼女に忠義を貫いた従者、御剣の物語。 ー注意ー ※イラスト全般に関しては製作者様に権利がございます。無断転載、無断利用はご遠慮ください。 ※過度な性的描写・暴力表現は余談編として投稿し、該当する話数には(※)を付与しております。閲覧にはご注意ください。 イラスト作成の絵師様 Naoko様(表紙・立ち絵) 猫ペンギン様(宣伝イラスト等) 琴水さやは様(挿絵・立ち絵) 黒杞よるの様(作成中の宣伝イラスト) 私(各章の扉絵)
24hポイント 0pt
小説 119,967 位 / 119,967件 ファンタジー 31,339 位 / 31,339件
文字数 486,350 最終更新日 2021.08.13 登録日 2019.02.22
天空を飛ぶ龍を巧みに操り、龍騎兵戦術を得意とする大陸北東の国家、ローヤン帝国。 天才的戦術家であり、人智を超えた能力、天法術の使い手でもある第一皇子リューシスは、玉座への意思が無いにも関わらず、常にその優れた器量を異母弟であり皇太子のバルタザールの一派に警戒されていた。 そしてついにある日、リューシスは皇太子派の中心人物である宰相マクシムによる陰謀にかかり、皇帝暗殺未遂の大罪人として追われてしまう。 数少ない仲間たちと共に辺境の地まで逃亡するリューシスを、マクシムら皇太子派は執拗に追い続ける。 だがまた、そのようなローヤン帝国の騒乱を好機と見て、帝国を狙う数々の敵が現れる。 強大な隣国の侵攻、かつて大陸を統治していた国の末裔の決起、政治に不満を持つ民衆の蜂起、そしてリューシスを憎悪し、帝国そのものを破壊しようとする謎の天法士の暗躍。 皇子から大罪人へと転落したリューシスは、数々の難敵に対処しながら、自らを陥れた宰相らへ戦いを挑む。 紅い玉座を巡る熾烈な戦いが始まる。 タイトルは紅き(あかき)龍棲(りゅうせい)の玉座、と読みます。
24hポイント 0pt
小説 119,967 位 / 119,967件 ファンタジー 31,339 位 / 31,339件
文字数 370,454 最終更新日 2021.06.05 登録日 2018.04.05
7