ファンタジー 巫女姫小説一覧

カテゴリ ファンタジー
タグ 巫女姫×
3
 四百年の歴史を誇る神聖帝国は、その日滅びた。落日の最後の煌きを背負うのは、若き女帝クラウディア一世。そして、歴史に記されぬひとりの悲しき女性であった。 『アグネイヤ四世』の時代より、二百年ほど前のエピソード。
24hポイント 0pt
小説 101,411 位 / 101,411件 ファンタジー 27,264 位 / 27,264件
文字数 12,345 最終更新日 2021.03.17 登録日 2021.03.17
 禮電焔(らいでんほむら)は異常なまでの静電気体質。そして、それは人体発火現象の原因であるとも言われてきた。そして、ついに彼にも『その時』は訪れたのだった。そして燃え尽き、死んだと思ったその時、彼は異世界の戦場の只中にあり、そしてそこには一人の少女がいた。彼はそこで何故か電撃発火の能力、強力なパイロキネシスを使えていた。少女はブラストニア帝国第三皇女エリーセル。その能力で敵を倒し、迎え入れられたのは大帝国の宮殿だった。そして彼は『依り代の巫女』と呼ばれる、その第三皇女エリーセルの騎士となった。やがて現れた巨大な魔物と戦い、そして『神の塔』と呼ばれる遺跡の探索に関わるようになっていく。そして始まる異世界サイキック冒険譚。
24hポイント 0pt
小説 101,411 位 / 101,411件 ファンタジー 27,264 位 / 27,264件
文字数 129,574 最終更新日 2020.11.06 登録日 2020.09.18
 トリトニア公国の姫の侍女である少女、セレンは姫の輿入れで敵国のイベリスへと向かうこととなった。セレンは大公から2つの密命を受けていた。「イベリスを陥とすため、かの国の弱点を探ること」そして「ミリアネス姫の命を守ること」セレンは二度と戻れない覚悟でイベリスへ向かった。  一方イベリス王国兵団団長、トラディスはセレンを一目見た瞬間、激しい衝撃を受ける。それは初めての恋情だったー…。恋を恋と自覚できぬまま、セレンは腹の底を見せぬまま、お互いに敵対しあう2人。やがて戦局が悪化し、イベリスは窮地に立たされ、姫は捕らえられる。絶体絶命の状況の中、初めて自らの気持ちに気が付いてしまったセレンとトラディスは…
24hポイント 0pt
小説 101,411 位 / 101,411件 ファンタジー 27,264 位 / 27,264件
文字数 160,659 最終更新日 2020.03.15 登録日 2020.03.04
3