ファンタジー 勇者と魔王小説一覧

カテゴリ ファンタジー
タグ 勇者と魔王×
22
魔王を封印し、長く続いていた人と悪魔の戦争を終わらせた勇者サミギナ・ジェニスヴァイン。だが祝福ムードも束の間、彼女は大したことのない罪(本人談)によって裁かれ、異世界へと追放されてしまう。 自身を裏切った人間と女神に復讐を誓うサミギナが立てた計画は、魔王を復活させて人間界を破滅させるという恐るべきものだった!愛も友情も吐き捨て、己と金しか信じない最低最悪な勇者と仲良しな悪魔達によるハチャメチャ復讐ストーリー…此処に―――!
24hポイント 235pt
小説 5,660 位 / 121,662件 ファンタジー 1,212 位 / 31,943件
文字数 19,907 最終更新日 2021.10.24 登録日 2021.09.10
※第12回ファンタジー小説大賞にて奨励賞を頂きました。応援ありがとうございました!  勇者に裏切られ、剣士ディックは魔王軍に捕まった。  勇者パーティで劣悪な環境にて酷使された挙句、勇者の保身のために切り捨てられたのだ。  そんな彼の前に現れたのは、亡き母に瓜二つの魔王四天王、炎を操るサキュバス、シラヌイだった。  ディックは母親から深い愛情を受けて育った男である。彼にとって母親は全てであり、一目見た時からシラヌイに母親の影を重ねていた。  シラヌイは愛情を知らないサキュバスである。落ちこぼれ淫魔だった彼女は、死に物狂いの努力によって四天王になったが、反動で自分を傷つける事でしか存在を示せなくなっていた。  スカウトを受け魔王軍に入ったディックは、シラヌイの副官として働く事に。  魔王軍は人間関係良好、福利厚生の整ったホワイトであり、ディックは暖かく迎えられた。  そんな中で彼に支えられ、少しずつ愛情を知るシラヌイ。やがて2人は種族を超えた恋人同士になる。  ただ、一つ問題があるとすれば……  サキュバスなのに、シラヌイは手を触れただけでも狼狽える、ウブな恋愛初心者である事だった。  連載状況 【第一部】いちゃいちゃラブコメ編 完結 【第二部】結ばれる恋人編 完結 【第三部】二人の休息編 完結 【第四部】愛のエルフと力のドラゴン編 完結 【第五部】魔女の監獄編 完結 【第六部】最終章 完結
24hポイント 99pt
小説 9,385 位 / 121,662件 ファンタジー 2,000 位 / 31,943件
文字数 613,611 最終更新日 2019.12.26 登録日 2019.08.23
※タイトル変更しました 女勇者に転生したらいきなり魔王に(性的な意味で)襲われたけど、俺は元はおっさんなんだ── 子を産めと襲ってくる魔王を相手にしつつ、レズ巨乳魔女、ロリ兎耳淫魔とおっさん女勇者の珍道中。 本編開始しました。 TSFエロコメ、下ネタギャグパート多めですがたまにシリアス。リョナは無し。♡喘ぎ多め。 多少えっちな話には★が着いています。 基本的に女勇者(元おっさん)視点です。 魔王に犯されたり魔女とイチャイチャしたりしています。最初の方は文字数エロともに控えめですが徐々に増えていきます。 気に入って頂けたらお気に入り登録お願いします! 感想もお待ちしております!
24hポイント 71pt
小説 11,224 位 / 121,662件 ファンタジー 2,269 位 / 31,943件
文字数 38,034 最終更新日 2020.08.09 登録日 2020.07.22
魔王倒すべく結成された勇者パーティーを、ワガママという理由から追放された幼女。冒険者ギルドのパーティーが国から公式に認定されるSランクになった途端に追い出された青年。 二人が出会う時、パーティーを見返す為に魔王を倒しに──出かけない。 「魔王? それより、お菓子はまだか!」 「今用意してますからお皿を並べておいてください」 二人は異世界スローライフを目指す! 毎日0時、投稿予定。 「ついロリ」をよろしくお願いします。 完結しました。第二部、4/15スタート予定
24hポイント 49pt
小説 13,518 位 / 121,662件 ファンタジー 2,633 位 / 31,943件
文字数 765,867 最終更新日 2019.11.25 登録日 2018.08.11
5
ファンタジー 連載中 長編 R18
俺の名前は鈴木優作。 普通のサラリーマンだった...。 今は殺人の容疑をかけられ、警察に追われている。 信じていた友人に罪を被せられた俺は超ピンチなのだ。 「くそッ!、何で俺ばっかりこんな目に遭わなくちゃいけないんだ...!」 階段を勢いよく飛び降りた俺は、勢い余って頭をぶつけてしまった。 「くそッ...、本当についてないな...」 そのまま俺は意識を失った...。 次に俺が目を覚ますと...、俺はピンク髪の魔物となっていた!。 腰のあたりから尻尾が生えている以外には普通の人の様にしか見えないが、とにかく魔物だ!。 訳も分からないまま始まる俺(美幼女♡)の異世界生活。 取り敢えず自分の胸を揉んでみよう...。 フニ♡フニ♡。 「おおう...♡」 (ちっちゃいけど...、柔らかい♡) この体は力がとても弱く...胸も小さい...が、顔は良いのでこれから先の成長がとても楽しみだ...グフフ...♡。 (小説家になろう様にて、何故かブックマーク600件達成した上に50万再生行ってる作品です...、作者的には完全にまったくをもって100%謎ですねぇ!!)
24hポイント 35pt
小説 16,255 位 / 121,662件 ファンタジー 3,019 位 / 31,943件
文字数 944,102 最終更新日 2021.09.16 登録日 2019.11.25
 宮下光蔵はランニング中、異世界に勇者として召喚される。ところが、召喚師たちに理不尽な理由で総スカンを食らい、挙句の果てに胡散臭い鑑定師に無能と判定され、外れ勇者として追放されてしまう。どん底まで落ちた光蔵だったが、様々な仲間たちと出会ってともに旅をしていくうち、やがて史上最高の魔法職になり、真の勇者を目指すことになるのだった……。
24hポイント 28pt
小説 17,808 位 / 121,662件 ファンタジー 3,299 位 / 31,943件
文字数 245,225 最終更新日 2019.11.03 登録日 2019.08.19
 魔導師のヴァージニアは転移魔法に失敗して見知らぬ島に来てしまった。  地図にも載っていないその島には何やら怪しげな遺跡がポツンと建っていた。ヴァージニアはただでさえ転移魔法の失敗で落ち込んでいるのに、うっかりその遺跡に閉じ込められてしまう。彼女が仕方なく遺跡の奥に進んで行くと、そこには一人の幼い少年がいた。何故こんな所に少年が?彼は一体何者だのだろうか?  ヴァージニアは少年の正体が世界を揺るがす出来事に発展するとは露程も思っていなかったのだった……。
24hポイント 21pt
小説 20,397 位 / 121,662件 ファンタジー 3,740 位 / 31,943件
文字数 321,681 最終更新日 2021.10.23 登録日 2020.11.01
陽神 良雅(りょうが)は人間界で大好きな少女に失恋し、さらにとある理由で追い打ちをかけられ失望して引きこもりになっていた。 友人に背中を押され、なんとか学校に行こうとするも、飛び出してきた子猫を庇ってトラックに轢かれて死んでしまう。 しかしそれは全て「光の使徒」が仕組んだことだった。 異世界グランヴァロンに導かれた良雅は、光の女神ファティマから恩寵を授かり、チートを駆使して『勇者リョウガ』となる。 そして国王からの勅命を受け人類の天敵である魔王を討伐するため、パーティの仲間達と共に魔城へと潜入した。 苦難を乗り越え仲間達から決死の意志と全人類の希望を背に、勇者リョウガは最終決戦の場でラミア族の魔王と対峙するのであった。 が―― 勇者「魔王さん、貴方が好きです! どうか俺と付き合ってください!」 魔王「はぁぁぁん!?」 何故か一目ぼれしてしまい、戦うどころか愛の告白をする展開に……? おい、勇者よ。 惚れてしまうとは何事だ!?
24hポイント 7pt
小説 28,295 位 / 121,662件 ファンタジー 5,650 位 / 31,943件
文字数 218,604 最終更新日 2020.09.30 登録日 2020.09.04
─「魔王様!落ち着いて下さい!」 「落ち着いてなどいられるか!やっとこの魔法が創れた……この」 ─「勇者様!落ち着いて下さい!」 「落ち着いてなどいられるはずないだろう!やっと出来たんだから……!この」 「「俺とアイツを入れ替えさせる魔法が!!!!」」 これは、勇者になりたい魔王と魔王になりたい勇者のお話……
24hポイント 0pt
小説 121,662 位 / 121,662件 ファンタジー 31,943 位 / 31,943件
文字数 1,164 最終更新日 2021.10.01 登録日 2021.10.01
10
ファンタジー 連載中 ショートショート
魔王の娘に魔王にスカウトされる勇者 勇者は魔王になるのか ならないのか 魔を滅する道を突き進むのか 突き進まないのか そして勇者は、、、
24hポイント 0pt
小説 121,662 位 / 121,662件 ファンタジー 31,943 位 / 31,943件
文字数 704 最終更新日 2021.08.28 登録日 2021.08.27
僕(セイジ)と妹(ヨーコ)はすごく仲の良い兄妹だ。 ある日、ヨーコの様子がおかしいのが気になった僕は、彼女の部屋に隠れて様子を見ることにした。 すると僕の見ている前でヨーコが消えてしまう。 僕は妹を取り戻すべく、一人で冒険をする決意を固めた。
24hポイント 0pt
小説 121,662 位 / 121,662件 ファンタジー 31,943 位 / 31,943件
文字数 3,520 最終更新日 2021.08.22 登録日 2021.08.21
ここは地球ではない異世界。 転生する前は、とても人に優しい高校生、浩一。 とあることがあり、死んで、転生してしまった。何に転生したかというと、世界で一番悪い、魔王の息子だったのだ! 投稿日 なるべく水曜日と土日に投稿します。 一話につき十章くらいあります。 読者様へのお願い 感想を受け付けておりますので、アドバイスが欲しいです。 お願いします!
24hポイント 0pt
小説 121,662 位 / 121,662件 ファンタジー 31,943 位 / 31,943件
文字数 54,811 最終更新日 2021.10.24 登録日 2021.07.13
13
ファンタジー 完結 ショートショート
勇者として召喚された俺はチートスキルのおかげであっさりと魔王城まで忍び込んだ。目ざしてきたゴールはもう目の前。しかし俺はそこで立ち止まった。このゴールの先に何があるというのか…… 自分勝手な人間より目の前の魔王の目指す先に勇者は光をみる カクヨム<KAC202110 ゴール>参加作品
24hポイント 0pt
小説 121,662 位 / 121,662件 ファンタジー 31,943 位 / 31,943件
文字数 3,995 最終更新日 2021.06.14 登録日 2021.06.14
勇者になったものは国の英雄として国民を守り、魔王を倒すのが役目であり義務である。 勇者や賢者などの上位職、別の呼び名『王族職』があるのに対し、鍛冶や料理などの下位『下民職』もある。 王族職は街の人からは讃えられ下民職は罵られ、まさに『下民の』の扱いだ。 どうして下民職は、こうも卑劣な扱いをされるのかと疑問に思うだろう。それは『人数比率』が関係している。 比率的に、王族職:1 貴族職:7 下民職:2 の比率だ。そのため街の7割は貴族職になると言うこと。 そう。この世界は 『不平等』にできている。
24hポイント 0pt
小説 121,662 位 / 121,662件 ファンタジー 31,943 位 / 31,943件
文字数 13,425 最終更新日 2021.02.23 登録日 2021.02.15
 わたくし、ダグラス・アルベルトは王都の魔法学院に通う落ちこぼれ。  いつも成績は最低辺。  家族には疎まれ、学園内では孤立し、日常的に陰口を言われると、人生、お先真っ暗。  そんなある日、王宮から来た使者が、わたくしを《勇者パーティー》へと勧誘しに来た。  実力のともわないわたくしが、かの名誉ある《勇者パーティー》に…………?  ありえないでしょ!?  いつも以上に、ニヤけている学院長の顔を見れば歴然-------------さっさと、わたくしを追い出したくて、仕方がないのだろう。  仕方がない。  ここは、はっきり断って、学院を出て行こう。  え?  俺が本当は優秀な上、実はモテモテだって?  そんな訳ある訳ないでしょ?  とりあえず、俺は家族も、国も全部捨てて、のんびり研究に励みますね!!
24hポイント 0pt
小説 121,662 位 / 121,662件 ファンタジー 31,943 位 / 31,943件
文字数 5,326 最終更新日 2021.05.19 登録日 2020.11.01
16
ファンタジー 連載中 長編 R15
神様の手違いで聖女にされてしまったアリス。 嫌々ながらも聖女になって勇者と共に旅をしました。 魔王討伐という面倒な役目を引き受ける条件は、 「役目を終えたら私の望む条件に合う転生をさせて欲しい」というものでした。 神様の語る『スローライフ』を手に入れるため努力したアリスは、望んだ通りに生まれ変わり平民の娘アイリスとしての生を得ます。 夢にまで見た平凡な生活と当たり前の幸せ。 可愛い弟達も出来て平穏を謳歌していました。 しかし過酷な運命は彼女を手放さず、平穏な生活を手に入れた筈のアイリスを再び非日常へと巻き込んでいくのでした。 転生聖女アイリスと姉好きが過ぎて暴走しがちな弟2人。 守りたいものを全て守り抜き、望んだ平穏を維持するための戦いが始まります。 (R15は念のためにつけています。残酷の概念が難しいので) (表紙背景はpixiv内 前後不覚様作成の物です)
24hポイント 0pt
小説 121,662 位 / 121,662件 ファンタジー 31,943 位 / 31,943件
文字数 125,410 最終更新日 2020.11.21 登録日 2020.09.11
人生やり終えたおっさんが転生し令嬢に、、。 そして前世での仲間と再開し、心はおっさん体は令嬢のほのぼの旅。 おっさんは聖女になり、サラリーマン生活で培った宴会芸や必殺名刺交換で事件を解決 テンプレも知らない時に書いたのに、無茶苦茶テンプレ。 毛も耳メイド、番、竜人、女神、邪神、勇者、テンプレなのに、、残念な仲間たちです。 へたくそは自覚してるので、心臓に悪い批判は受け付けません。心が豆腐なので 誤字脱字や文章の残念さは見逃してください。
24hポイント 0pt
小説 121,662 位 / 121,662件 ファンタジー 31,943 位 / 31,943件
文字数 4,333 最終更新日 2019.10.21 登録日 2019.10.20
 戦争孤児のケイゴは同じく戦争孤児のユリと捨て子のアベルと共に生活をしていた。  ケイゴは盗みなどを働いたりして死に物狂いで生きていたが、ある日国の使いと名乗る男がアベルの身柄を渡すようにと言われる、アベルを連れて行かれないように必死に抵抗するが最後にはケイゴとユリを守るためアベルは自ら国の使いに連れて行かれることを選んだ。  それから半年後に国の使いがまたやって来た、国の使いが言った「アベル様がお呼びです」という言葉に引かれアベルとユリは首都グランフィールドに向かう、そして首都の王宮にて国王となったアベルと再開する。  ケイゴはユリと夫婦になり息子も産まれ、友人であり国王であるアベルを守る親衛隊に任命され幸せに暮らしていた、しかしその幸せも長くは続かなかった、ギべルト男爵にユリと息子を人質に取られアベルを殺せと命じられる、ケイゴが選んだ選択は……家族を救うことだった  ケイゴは家族を『衆』の国ゴレストへと逃がし自分の命と引き換えに革命を起こした、これでケイゴの人生は終わるはずだった、はずだったのだ。  ケイゴは役目を果たせずに死に、役目を果たしきるまで死ねない不死の魔物ゾンビになってしまう、そこで出合ったアリサという同じく不死の魔物である少女曰くケイゴが死に革命が起きてから15年程経っているらしい、しかし革命はまだ完全には成功していなかった。  自分の果たせなかった使命、革命を遂行させるためアリサと冒険者の少年チャド・ダレンと自分と同じ名前である中年の男性のアベル・ダレンの四人での冒険が始まった。
24hポイント 0pt
小説 121,662 位 / 121,662件 ファンタジー 31,943 位 / 31,943件
文字数 3,073 最終更新日 2019.09.03 登録日 2019.08.31
19
ファンタジー 連載中 長編 R15
異世界に勇者として召喚されたコテツ。 しかし本人も知らない所で女神の不興を買い、勇者を剥奪されS級ダンジョンに放り込まれる。 説明も何もない状態からのダンジョンスタート。 いきなり強敵に囲まれた状態から、とりあえずダンジョン脱出を目指すコテツであった。                  ―――これは、のちに白と黒と呼ばれ恐れられる二人の物語。                     小学生+暴走族という異色のコンビが大活躍する正統派ファンタジー小説、ここに爆誕!        (※ガチャを引く回の熱い盛り上がりは必見です!ガチャは話の流れで比較的序盤に登場します。自信を持ってお届け出来る設定だと思いますので、どうかそれまでコテツにお付き合い下さい。)
24hポイント 0pt
小説 121,662 位 / 121,662件 ファンタジー 31,943 位 / 31,943件
文字数 372,421 最終更新日 2019.10.22 登録日 2019.08.25
20
ファンタジー 連載中 長編 R15
 突如、勇者として異世界に召喚された『花守 咲人』。  カタコトな日本を喋る自称神様からからチート(余り物)を貰い、あれよあれよという間に.........  ──なぜかヤドカリになっていた!?  普通の高校生    ↓  異世界の勇者    ↓  ヤドカリnew!!←今ここ。  この世の厄災と言われる魔王に拾われ、そんな彼の角に大抜擢されることになった。  その途端、 《リンク致します············リンク完了しました》  という謎の声が頭に響き渡り、咲人と魔王は繋がった。  やがて、咲人は人の姿に戻り、魔王と魔王軍の手助けをしたいと一念発起し、旅を始める。 「ねぇ待って! スキルは奪えるし、時間は止めれるし、事象は反転させられるし、実は俺って強いんじゃね!?」  使い方がわかった最強チートで奴隷を解放しながら、ゆくゆく目指すはハーレムライフ!
24hポイント 0pt
小説 121,662 位 / 121,662件 ファンタジー 31,943 位 / 31,943件
文字数 139,557 最終更新日 2020.05.07 登録日 2019.06.14
21
ファンタジー 連載中 長編 R15
とある青年は溜息混じりに大学の入試試験へ向かっていた。    憂鬱に見舞われながら信号待ちをしていた彼は"何者"かに背中を押された。  背中に残る手のひらの感覚。  これは過失ではなく故意だ、そう思ったときには既に遅かった。  ――そして、死んだ。いや、殺された。  前世での記憶をそのままに世界を渡り、まるで美少女のような容姿の少年へ受肉した。  これから生きていく事になるのは、魔物が蔓延る剣と魔術の異世界。    平和に過ごしたかった新しい生活。  だがそれは、叶わない。  言われようのない暴力、嫉妬、裏切り。  世界が変わらないのならば、自分が変わるしかない。    この世界は汚く、醜く、理不尽だ。  異世界を恨み始める彼は一体何を成すのか。  その瞳に鈍く宿る光は──破壊か、救いか。     彼の冒険譚が今、始まる。 ----------------------------- 小説家になろう様でも掲載中です!
24hポイント 0pt
小説 121,662 位 / 121,662件 ファンタジー 31,943 位 / 31,943件
文字数 232,420 最終更新日 2020.05.07 登録日 2019.05.26
Signal:意味は信号、合図 だから決めたはずだ。あの時に、僕と君で。 それを破ったのは君で。だから僕は君を捨てた。それだけだよ。 そう冷たく俺に言ったのは君で、もういない。だから一人で生きていく。 Signalを無視したのはどっち? 君なの? 俺なの? 一人旅する吟遊詩人《Minstrel》の話。
24hポイント 0pt
小説 121,662 位 / 121,662件 ファンタジー 31,943 位 / 31,943件
文字数 14,372 最終更新日 2017.09.27 登録日 2017.08.16
22