恋愛 異世界小説一覧

カテゴリ 恋愛
タグ 異世界×
4,802 12345
1
恋愛 連載中 短編
 公爵令嬢のライラは契約していた大狼が怖いと言われ、ディアス殿下に婚約破棄を受けてしまう。  そして新たな婚約者として侯爵令嬢のメラナーを選んだことで、私は婚約破棄の真相を知る。  数ヶ月後に国を守る神獣が選ばれる儀式があり、メラナーが契約していたペガサスが最有力候補だった。  その後、神獣を決める儀式が始まり――私の契約獣が神獣に決まる。  それを知ったディアス殿下が謝罪するも、私は許す気がなかった。
24hポイント 142,306pt
小説 7 位 / 87,467件 恋愛 4 位 / 23,133件
文字数 19,004 最終更新日 2020.12.05 登録日 2020.11.15
2
恋愛 連載中 長編
両親の愛を独り占していた妹のスフレを虐め倒していた悪役令嬢リオノーラ。リオノーラに脅されて、下僕として動いていた第3王子であるユーリンが作った毒で深い眠りについたスフレ‥そんなスフレをキスで目覚めさせた第2王子のデリック 悪事がバレたリオノーラは、スフレを貶めた罪と王族であるユーリンを脅した罪で断罪される事となる。 「‥皆呪ってやるッ!!」そう叫びながら火炙りにされるのだが‥‥!! (そのリオノーラって‥私じゃあああああんッ!!!!?) 目が覚めたら幼女の体に乗り移っていたけど‥いや、これ悪役令嬢でしょ‥? 精霊に守られている国、ニーシュライナー王国で起こる悪役令嬢のやり直し人生!! (*内容が重たいものもあるのでご注意ください) (*70話以上、続く予定)
24hポイント 110,287pt
小説 12 位 / 87,467件 恋愛 8 位 / 23,133件
文字数 67,538 最終更新日 2020.12.05 登録日 2020.11.19
3
恋愛 連載中 短編 R15
初めて妹のアイラと、婚約者ウォルフが顔を合わせた場に立ち会った瞬間。 メリルは嫌な予感がした。 その予感は見事に的中する。 「お前は、私の番に暴力を奮ったそうだな?」 メリルの返事を待たずして、ウォルフは彼女を床に殴りつける。 手のつけられない子供の癇癪のように、彼女に暴力を奮い続けた。 そして、彼女をようやく解放すると。 「お前は侯爵夫人になる女性に暴力を奮ったのだ。犯罪者として裁かれて当然だろう?私は裁判に持ち込まないで自分の手で裁いてやっただけだ」 「ウォルフ様。お優しいのね。コイツもきっと感謝してると思うわ。それに、裁判なんて家の恥よ。早く捨ててくれれば全て解決するわ。そうね、豚舎に捨てれば全て食べてくれるから安心よ」 ウォルフとアイラはそう言って、彼女を屋敷から追い出した。 メリルは自分の命の灯火が消える事を感じながら街を彷徨う。 そこで、ある人物に保護される。 作者は行き当たりばったりのダメ人間です 週に3回は更新したいと思っておりますが、家族の通院の付き添いや、仕事が年末にかけてアホみたいに忙しくなるので、出来ないこともあります よろしくお願いします
24hポイント 106,302pt
小説 13 位 / 87,467件 恋愛 9 位 / 23,133件
文字数 35,558 最終更新日 2020.12.05 登録日 2020.11.15
4
恋愛 完結 短編 R15
侯爵家の令嬢、エリスの夫であるロバートは伯爵家の長男にして、デルバニア王国の第二王女アイリーンの幼馴染だった。 アイリーンは隣国の王子であるアルフォンスと婚約しているが、婚姻の儀式の当日にロバートと共に行方を眩ませてしまう。 国際規模の婚約破棄事件の裏で失意に沈むエリスだったが、同じ境遇のアルフォンスとお互いに励まし合い、元々魔法の素養があったので環境を変えようと修行をして聖女となり、王国でも重宝される存在となった。 ロバートたちが蒸発して二年後のある日、突然エリスの前に元夫が現れる。 エリスは激怒して謝罪を求めたが、彼は「アイリーンと自分の赤子を三人で育てよう」と斜め上のことを言い出した。
24hポイント 76,276pt
小説 25 位 / 87,467件 恋愛 17 位 / 23,133件
文字数 21,774 最終更新日 2020.12.05 登録日 2020.11.21
5
恋愛 連載中 長編
このところ社交界では、ひとりの女性が噂になっていた。曰く、色んな殿方に思わせぶりな態度を取っては手玉に取る毒花のような人だと、清楚な見た目に騙されてはいけないと。実際にパートナーがいるにも関わらず、噂の女性に夢中になる恋人や婚約者たちが続出し、令嬢や貴婦人たちの苛立ちは増すばかり……。 そしてついに、ランスフォード公爵邸にて催された夜会で、シルヴィアーナ・バーリエット公爵令嬢は、婚約者であるランシェル・ハワード第一王子に婚約の解消を告げられてしまうのだった。しかも、その場で婚約を解消されるのは彼女だけではなかったのだ。シルヴィアーナたちは、気合いを入れて王子達に挑む。
24hポイント 71,982pt
小説 27 位 / 87,467件 恋愛 18 位 / 23,133件
文字数 85,197 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.09.18
6
恋愛 連載中 長編
銀髪に紫の瞳を持つ伯爵令嬢のフローレンスには社交界の華と呼ばれる絶世の美女の妹がいた。 ジェネットは幼少期の頃に病弱だったので両親から溺愛され甘やかされ育つ。 婚約者ですらジェネットを愛し、婚約破棄を突きつけられてしまう。 そして何もかも奪われ社交界でも醜聞を流され両親に罵倒され没落令嬢として捨てられたフローレンスはジェネットの身代わりとして東南を統べる公爵家の子息、アリシェの婚約者となる。 褐色の肌と黒髪を持つ風貌で口数の少ないアリシェは令嬢からも嫌われていたが、伯爵家の侮辱にも顔色を変えず婚約者の交換を受け入れるのだが…。 大富豪侯爵家に迎えられ、これまでの生活が一変する。 対する伯爵家でフローレンスがいなくなった所為で領地経営が上手くいかず借金まみれとなり、再び婚約者の交換を要求するが… 「お断りいたします」 裏切った婚約者も自分を捨てた家族も拒絶するのだった。
24hポイント 61,771pt
小説 30 位 / 87,467件 恋愛 20 位 / 23,133件
文字数 119,455 最終更新日 2020.12.05 登録日 2020.09.20
7
恋愛 連載中 長編 R15
令嬢ウィステリアは、美しく優しい公爵家令息ブライトに恋をしていた。 彼との婚約を目指し、悪評にもめげず努力を重ねる。 けれど、ブライトがより気さくに接するのは義理の妹のほうだった。 あるとき、義妹が生贄に選ばれてしまう。 回避しようと奔走する中、ウィステリアはブライトの気持ちを知ってしまう。 やがて決定的な言葉を告げられ、傷つき孤独になったウィステリアは、義妹の身代わりで生贄となるが…。 これは傷つき孤独を抱えた元令嬢と、すべてに恵まれたがゆえに何も執着しなかった青年の物語。 ※pixivfanboxにて先行公開あり。「小説家になろう」にも掲載しています。 ※旧タイトル「妹の身代わりで死ぬはずが生き延びた悪役令嬢ですが、妹と結婚した片思い相手がなぜ今更私の元に?と思ったら」
24hポイント 56,900pt
小説 40 位 / 87,467件 恋愛 28 位 / 23,133件
文字数 52,574 最終更新日 2020.12.05 登録日 2020.11.19
8
恋愛 連載中 長編 R15
社交界で芋くさ令嬢と馬鹿にされているアニエスは、王女に婚約破棄された公爵令息ナゼルバートを偶然助けることに。しかし、それを見た王女がナゼルバートに罰としてアニエスとの結婚を命じる。私との結婚が罰ゲームって酷くないですか?ほら、ナゼルバート様だって嫌がって……いないだと?これは、芋くさ令嬢と公爵令息が見当違いなすれ違いをしながら距離を縮めたり、古い家のしきたりから自由になった芋くさ令嬢がにょきにょきと活躍するお話。
24hポイント 55,132pt
小説 42 位 / 87,467件 恋愛 30 位 / 23,133件
文字数 116,988 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.10.16
9
恋愛 連載中 短編 R15
パチンッと自らの頬を叩いた、侯爵令嬢のレベッカ。呆然とする主人公である公爵令嬢のアイリーン。そしてレベッカは婚約者の前でこう言った。 「アイリーン様が私の頬を叩いたんです」 アイリーンの婚約者である公爵令息のユリウス。そのユリウスの幼馴染のレベッカはアイリーンをどうにかして陥れようとしてくる。毎回悪者にされてうんざりしていた。 しかもユリウスは必ずレベッカの味方をする。そんなにレベッカが好きなら婚約破棄をしてレベッカと婚約すれば良いのに…。なのにユリウスは頑なにアイリーンと婚約破棄をしたがらない。多分それはレベッカには第3王子のシェルトという婚約者がいる為彼女とは結婚出来ないからだ。アイリーンは所謂お飾りとして必要ということらしい。だがどうやらシェルト王子にも、レベッカではなく他に好きな女性がいるようで。交差する4角関係…?
24hポイント 48,636pt
小説 49 位 / 87,467件 恋愛 33 位 / 23,133件
文字数 51,705 最終更新日 2020.12.05 登録日 2020.10.15
10
恋愛 完結 長編 R15
私がベルモンド公爵家に嫁いで3年の間、夫婦に子供は出来ませんでした。 そんな中、夫のファルマンは裏切り行為を働きます。 しかも相手は妹のレナ。 最初は夫を叱っていた義両親でしたが、レナに子供が出来たと知ると私を責めだしました。 夫も婚約中から私からの愛は感じていないと口にしており、あの頃に婚約破棄していればと謝罪すらしません。 最後には、二人と子供の幸せを害する権利はないと言われて離縁させられてしまいます。 それからまもなくして、隣国の王子であるレオン殿下が我が家に現れました。 「約束どおり、私の妻になってもらうぞ」 確かにそんな約束をした覚えがあるような気がしますが、殿下はまだ5歳だったような……。 言われるがままに、隣国へ向かった私。 その頃になって、子供が出来ない理由は元旦那にあることが発覚して――。 ベルモンド公爵家ではひと悶着起こりそうらしいのですが、もう私には関係ありません。 ※ざまぁパートは第16話〜です
24hポイント 48,089pt
小説 50 位 / 87,467件 恋愛 34 位 / 23,133件
文字数 119,543 最終更新日 2020.12.05 登録日 2020.10.10
11
恋愛 連載中 長編 R15
エレーナ・ルイスは小さい頃から兄のように慕っていた王子殿下が好きだった。 しかし、ある噂と事実を聞いたことで恋心を捨てることにしたエレーナは、断ってきていた他の人との縁談を受けることにするのだが──? 「どうして!? 殿下には好きな人がいるはずなのに!!」 好きな人がいるはずの殿下が距離を縮めてくることに戸惑う彼女と、我慢をやめた王子のお話。 ※小説家になろうでも投稿してます
24hポイント 46,293pt
小説 52 位 / 87,467件 恋愛 35 位 / 23,133件
文字数 65,706 最終更新日 2020.12.05 登録日 2020.11.03
12
恋愛 連載中 長編
伯爵家の長男エリオルは幼い頃から不遇な扱いを受けて来た。 政略結婚で結ばれた両親の間に愛はなく、愛人が正妻の扱いを受け歯がゆい思いをしながらも母の為に耐え忍んでいた。 卒業したら伯爵家を出て母と二人きりで生きて行こうと思っていたのだが… 「君を我が侯爵家の養子に迎えたい」 ある日突然、侯爵家に婿養子として入って欲しいと言われるのだった。
24hポイント 44,850pt
小説 54 位 / 87,467件 恋愛 36 位 / 23,133件
文字数 210,927 最終更新日 2020.12.05 登録日 2020.07.26
13
恋愛 連載中 短編
シェリル・アンダーソンは侯爵家の一人娘として育った。だが十歳のある日、病弱だった母が息を引き取り――その一年後、父親が新しい妻と、そしてシェリルと一歳しか違わない娘を家に連れてきた。 これまで苦労させたから、と継母と妹を甘やかす父。これまで贅沢してきたのでしょう、とシェリルのものを妹に与える継母。あれが欲しいこれが欲しい、と我侭ばかりの妹。 シェリルが十六を迎える頃には、自分の訴えが通らないことに慣れ切ってしまっていた。 そうしたある日、婚約者である公爵令息サイラスが婚約を破棄したいとシェリルに訴えた。 シェリルの頭に浮かんだのは、数日前に見た――二人で歩く妹とサイラスの姿。 またか、と思ったシェリルはサイラスの訴えに応じることにした。 ――はずなのに、何故かそれ以来サイラスがよく絡んでくるようになった。
24hポイント 43,843pt
小説 56 位 / 87,467件 恋愛 37 位 / 23,133件
文字数 65,169 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.10.15
14
恋愛 連載中 短編
「アリシア・ニーダム、今日この場をもってお前と婚約破棄する!そして私は、ここにいるケイト・ニーダムと婚約することを宣言する!」 卒業パーティー会場でそう高らかと宣言したのは、顔は良いけど前からちょっとオツムが弱いと思っていた私の婚約者である公爵令息チャールズ・ピカリング様。 その隣にいるのは、胸と態度だけはやたらとデカい、やっぱり少しオツムの弱い妹のケイト。いつでもアリシアのものを欲しがって略奪していく。とうとう婚約者まで。 これは、全てを妹に取られた姉の華麗なる復讐の物語。 ※はブラックな回につけてます。 第6話はブラック過ぎたので一部改変しました。
24hポイント 40,983pt
小説 58 位 / 87,467件 恋愛 38 位 / 23,133件
文字数 33,708 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.10.28
15
恋愛 連載中 短編
夫と妹に殺されました。 ──復讐します! ※えげつないシーンあるかも? 胸糞注意
24hポイント 40,741pt
小説 59 位 / 87,467件 恋愛 39 位 / 23,133件
文字数 8,021 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.12.03
16
恋愛 連載中 長編 R15
2巻発刊しました! 10/1にサイトにてSSが載ります!そちらも良ければ読んで下さい! 書籍化に伴い、削ったり足したり直したりと原文とちょっと?変わってます。 そして、とうとう可愛いニャンコ達が登場します! イラストレーターさん、担当さん、ありがとうございます! ご令嬢が婚約破棄される話。 そして破棄されてからの話。 ふんわり設定で見切り発車!書き始めて数行でキャラが勝手に動き出して止まらない。作者と言う名の字書きが書く、どこに向かってるんだ?とキャラに問えば愛の物語と言われ恋愛カテゴリーに居続ける。そんなお話。 飯テロとカワイコちゃん達だらけでたまに恋愛モードが降ってくる。 そんなワチャワチャしたお話し。
24hポイント 40,542pt
小説 60 位 / 87,467件 恋愛 40 位 / 23,133件
文字数 1,406,874 最終更新日 2020.12.04 登録日 2018.04.13
17
恋愛 連載中 長編 R15
冒険者をしている転生者のアルマはお気楽な一人身生活で、諸国漫遊の日々を送っていた。 ところがある日、ちょっとしたお使いを知り合いに頼まれて移動中にトラブルに遭っている一行を見つけて手助けした。 ところが、それはなんとびっくり見たこともないような美少女で―― 「わたくし、婚約破棄を言い渡されただけでなく、身に覚えのない罪で護送中だったのです」 しかもその美少女、前世の記憶で見覚えが……? でも話をすればするほどなんかこの子、すごくイイコで!? そういえば、私……こんな妹がほしい人生だったんだよなあ。 ※小説家になろうにも同時掲載
24hポイント 40,194pt
小説 61 位 / 87,467件 恋愛 41 位 / 23,133件
文字数 49,002 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.11.15
18
恋愛 連載中 短編
 ファルフ国の聖女アルマは、呪いによって外れない仮面を着けながら生活していた。  呼び出された私は第3王子ラモードに危険な存在だと断罪されて、国外追放を言い渡されてしまう。  どうやらラモード殿下は、私と婚約者になる話が出ていたらしい。  ラモード殿下は私の罪を捏造して断罪することで、私を聖女でなくそうとしていた。  私は国外追放を言い渡されて、仮面を壊すことを決意する。  仮面を壊すと宿っている魔力が消滅するから、私は今までファルフ国の為に仮面を壊さなかった。  聖女でなくなった私は仮面を壊し……本来の私を見て、私だと知らないラモード殿下は好きだと言ってくる。    私はラモード殿下のことが嫌いだからファルフ国を出ることにして――新たな生活が、始まろうとしていた。
24hポイント 36,475pt
小説 69 位 / 87,467件 恋愛 44 位 / 23,133件
文字数 5,654 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.11.29
19
恋愛 連載中 短編
 私アリサの婚約者を妹アイリーンが奪って捨てた時から、両親に溺愛されていたアイリーンの行動は更に酷くなっていく。  何度も婚約しては破棄する妹の被害を私は受け続けて、ある日アイリーンが新しく婚約者にした子爵家のマルセルを、私に紹介すると言い出す。  話を聞くとどう考えても飽きて押しつけてきたと推測しながらも、私はマルセルと婚約することが決まり、幸せな日々を送っていた。  その後――国を守る精霊にマルセルが選ばれたことで、私と妹の立場が一変することとなっていた。
24hポイント 35,566pt
小説 71 位 / 87,467件 恋愛 45 位 / 23,133件
文字数 30,407 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.10.29
20
恋愛 連載中 短編 R15
代々聖女の家系であるアウルメナス伯爵家の長女として生まれたミネアは双子の妹であるジルと比べて魔力が圧倒的に少なく、聖女には成れなかったので、虐げられて過ごしてきた。 それでもミネアは努力して、自然界の力を自分の力に変換する精霊術を修得して妹をも上回る力を手に入れたが、両親には認められずにいた。 「ミネア、お前はジルの代わりに人質としてベルゼイラ王国に行くのだ」 アウルメナス伯爵によると敵国であるベルゼイラ王国は休戦の条件として聖女の身柄を要求してきたとのこと。 国王と話し合った結果、ミネアが聖女である妹の身代わりとして人質になることが決定する。 食事も満足に得られていないミネアはここに居ても地獄だと、それを了承して敵国の人質となることに。 「聖女ジルよ。予言に従って君と結婚したい」 しかし、敵国で待っていたのはその国の第二王子からの熱烈なプロポーズだった。 ミネアは思っていた人質生活と全く違うことに困惑する。 王子の勢いに押されて婚約してしまう彼女だが、聖女ジルでないとバレれば婚約破棄どころでは済まないのでは、とドキドキしながら新たな生活をスタートするのだった。
24hポイント 34,516pt
小説 72 位 / 87,467件 恋愛 46 位 / 23,133件
文字数 12,561 最終更新日 2020.12.05 登録日 2020.11.27
21
恋愛 連載中 短編 R15
──お前の笑い方は下品だと、言われた。  だから、笑うのをやめた。 ──お前の涙は、鬱陶しいと言われた。  だから、泣くのをやめた。  第二王子の婚約者に、無機質すぎると婚約を解消され、公爵家から追放され、平民になったブレンダは、貴族も通う全寮制の学校に特待生として、通うことになる。  そこで、感情を殺すことをやめた彼女は、無機質ではなく、とても感情豊かな少女で周囲を魅了していく。それは、元婚約者の第二王子も例外ではなく……。
24hポイント 28,833pt
小説 83 位 / 87,467件 恋愛 49 位 / 23,133件
文字数 37,596 最終更新日 2020.12.03 登録日 2020.06.13
22
恋愛 完結 ショートショート
ある日治癒魔法が使えるようになったジョアンは、化け物呼ばわりされて石を投げられ、町から追い出されてしまう。彼女はただ、いまにも息絶えそうな恋人を助けたかっただけなのに。 生きる希望を失った彼女は、恋人との思い出の場所で人生の終わりを迎えようと決める。
24hポイント 28,208pt
小説 86 位 / 87,467件 恋愛 50 位 / 23,133件
文字数 13,339 最終更新日 2020.12.01 登録日 2020.11.27
23
恋愛 完結 短編 R18
マリーの双子の妹エリーゼは可憐な美貌で周囲から愛されている。エリーゼの明るい金髪と金色の瞳は高魔力者だけが持つもので、逆に暗い黒髪黒目の姉マリーは魔力が少なく、エリーゼと同じ顔をしていても周りから冷遇されていた。それでも跡継ぎとして勉学に励むしか術はなかったマリーの唯一の希望は、叔父が言ってくれた「マリー、私の養女になるかい?今すぐは無理だけど、準備ができたら迎えにいくよ」という言葉だけ。いつかこの環境から抜け出せる日がくるかもしれない……そんな微かな希望を胸に毎日を過ごしていたマリーの元に、宣言通り叔父が迎えにきたのだが……(あまり精神衛生上よろしくない不道徳なお話です。予告なく虐待と性描写が入ります。主人公と叔父は最初から最後までラブラブです)本編全5話で完結します。
24hポイント 28,172pt
小説 87 位 / 87,467件 恋愛 51 位 / 23,133件
文字数 23,502 最終更新日 2020.11.30 登録日 2020.11.30
24
恋愛 連載中 短編
聖女・アナベルは、人生がけっぷち。 まだ18歳なのに人々を癒す「神聖力」がなくなってしまい、落ちぶれ聖女の烙印を押され、教会から不本意な結婚を強いられることになる。 「他人に尽くすだけの報いのない日々で、最後は変態商人に売られるの…!?」 せめて思い出が欲しいと思ったアナベルは、身分や出自にかかわらず愛を告白することのできる「花祭り」で、好みの顔の聖騎士に行き当たりばったりの告白をする。 すると数日後、名前も知らないその騎士がご丁寧に求婚に現れた! ただし彼はおもいっきり呪われていて、その背には漆黒のモヤが。求婚したのは「真実の愛を見つけて呪いを解く」ためだった。 一瞬ためらうものの、圧倒的な顔面力にやられて求婚を受け入れたアナベルは「ええい、女は度胸だ!呪いなんてどうにかなる!」と勢いで婚約者になる。 恋愛スキルはないけれど諦めない落ちぶれ聖女と、まじめすぎてちょっと不憫な聖騎士が呪いを解いてイチャラブ生活を送るまでのコメディです。
24hポイント 25,887pt
小説 93 位 / 87,467件 恋愛 54 位 / 23,133件
文字数 56,194 最終更新日 2020.12.05 登録日 2020.11.19
25
恋愛 連載中 長編 R18
早くに母親を亡くし、幼い妹と弟の面倒をみている内にすっかり婚期を逃した子爵令嬢のコリーナ・フォン・ペトリ 妹の結婚式でお酒を飲みすぎて、気づけば裸で寝ていた。体には情欲をかわした証があるが、相手は既にいなかった。 まさかのやり逃げ?暫くドキドキしながら暮らしていたが、それらしき相手からは何の連絡もなかった。 あれから三年、今度は弟の結婚式を目前に控え、弟と妹たちが独り身の私を心配して紹介した男性は、冷徹と噂される文官のレオポルド・ダッラ・スタエレンス。 妹の結婚式で会って以来の彼はなぜか出だしから不機嫌丸出しで、取引のような結婚をすることになったのだが…… ★は主人公以外の目線 ※はR18入ります。
24hポイント 25,582pt
小説 95 位 / 87,467件 恋愛 55 位 / 23,133件
文字数 73,609 最終更新日 2020.12.05 登録日 2020.10.29
26
恋愛 連載中 短編
 子爵令嬢のラドミラは、希少スキルを数ヶ月以内に取得することが発覚する。  希少スキルの力で国は更に発展することになると、私はノルディガ国から期待されていた。  そして希少スキルを取得して――私のスキルは、錬金スキルと判明する。  名前は解るも効果が解らず錬金魔法を試してみるも、効果は不明のままだった。  期待していた貴族達や陛下は失望したようで、私は国外追放を言い渡される。  国外追放を受けた後――隣国で私は、スキルの力を使うことができるようになっていた。  スキルの力で様々な魔道具が進化を遂げて隣国が発展した結果――ノルディガ王は私を国に戻そうと動くも、絶対に戻りたくはなかった。
24hポイント 25,277pt
小説 96 位 / 87,467件 恋愛 56 位 / 23,133件
文字数 11,146 最終更新日 2020.12.05 登録日 2020.11.22
27
恋愛 連載中 短編
「リリアーナ、君との結婚は無かったことにしてもらう。君の力が発現しない以上、君とは結婚できない。君の妹であるマリーベルと結婚することにするよ」 「……私も正直、ずっと心苦しかったのです。これで肩の荷が下りました。昔から二人はお似合いだと思っていたのです。マリーベルとお幸せになさってください」 「ありがとう。マリーベルと幸せになるよ」  円満な婚約解消。これが私の目指したゴール。  この人とは結婚したくない……。私はその一心で今日まで頑張ってきた。努力がようやく報われる。これで私は自由だ。  一度目の人生は聖女として目の前の男に嫁いだが、家を離れている間に私の妹と浮気。子供ができたとお払い箱になる。失意の中で死んでしまうが、土地を癒した見返りとしてそれまでに癒してきた土地に時間を戻してもらう。  今は二度目の人生。元婚約者は領主としてふさわしくないし、浮気男との結婚なんてお断り。でも神様?と約束したのであなたの領地はいただきますね。あなたの領地は私が幸せにします。
24hポイント 25,012pt
小説 97 位 / 87,467件 恋愛 57 位 / 23,133件
文字数 24,955 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.11.22
28
恋愛 連載中 長編
 正直、こんな形ばかりの祝賀会、参加したくはありませんでしたの。  だけど、大隊長が参加出来ないのなら仕方ありませんよね。一応、これでも関係者ですし。それにここ、実は私の実家なのです。  というわけで、まだ未成年ですが、祝賀会に参加致しましょう。渋々ですが。  慣れないコルセットでお腹をギュッと締め付けられ、着慣れないドレスを着せられて、無理矢理参加させられたのに、待っていたは婚約破棄ですか。  それも公衆の面前で。  ましてや破棄理由が冤罪って。ありえませんわ。何のパーティーかご存知なのかしら。  それに、私のことを田舎者とおっしゃいましたよね。二回目ですが、ここ私の実家なんですけど。まぁ、それは構いませんわ。皇女らしくありませんもの。  でもね。  大隊長がいる伯爵家を田舎者と馬鹿にしたことだけは絶対許しませんわ。  そもそも、貴方と婚約なんてしたくはなかったんです。願ったり叶ったりですわ。  本当にいいんですね。分かりました。私は別に構いませんよ。  但し、こちらから破棄させて頂きますわ。宜しいですね。 ★短編から長編に変更します★
24hポイント 24,128pt
小説 101 位 / 87,467件 恋愛 60 位 / 23,133件
文字数 290,568 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.05.30
29
恋愛 連載中 長編
国の周囲に障壁を張る守護聖女という役職に十代で就任したアルテナ。 彼女はその強い魔力と功績で筆頭聖女の立場を与えられた。 そして三十六歳になった現在でも国で一番の魔力を持ち筆頭聖女であり続ける彼女を後輩たちは疎ましく思っていた。 陰口を叩かれ嫌がらせめいたこともされ、今度こそ守護聖女から退職することを考えるアルテナ。 しかし司祭長たちは彼女を意地でも辞めさせないと意気込む。 板挟みになり悩むアルテナに何故か国の第三王子が婚約を申し込んできたのだった。
24hポイント 23,903pt
小説 103 位 / 87,467件 恋愛 62 位 / 23,133件
文字数 9,157 最終更新日 2020.12.05 登録日 2020.11.26
30
恋愛 連載中 短編 R15
村に狩猟遊びの最中に大怪我をした王子が運び込まれて来たので、聖女の力を使って治療してあげました。 王子に随分と感謝され、今度は国王の病を治してくれと頼まれて王都に連れて行かれました。 無事に国王の病も治療してあげると、王子から王太子妃として迎えると言って求婚されましたが、私はそれを断りました。 だって、私には好きな人がいるのですから。 彼が亡くした妻だけを今でも愛しているとしても。 ※別の作品で王子様の求婚を断った場合の分岐ルートになりますが、単体でも楽しんでいただけるように序盤は説明が多めです。
24hポイント 22,671pt
小説 107 位 / 87,467件 恋愛 64 位 / 23,133件
文字数 2,174 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.12.03
31
恋愛 完結 短編 R15
少しばかり資産のある家の一人娘リリアン・フレベールは、半年前に婚約した男性ジジから理不尽な理由で婚約破棄を告げられてしまった。 だが、女癖の悪いジジに既に疲れて果てていたリリアンにとって、それはある意味幸運なことでもあった。 そうして妙な形で自由の身となったリリアンは、実家に戻り、掃除屋の青年フルービルと再会する。
24hポイント 22,634pt
小説 109 位 / 87,467件 恋愛 66 位 / 23,133件
文字数 15,178 最終更新日 2020.12.01 登録日 2020.11.26
32
恋愛 連載中 長編
私にはとってもとっても大大大好きな婚約者が…いた。 浮気されるまでは。愛し合う2人を邪魔する私は、さながら今人気の悪役令嬢ってことですよね! ならば殿下。見ていてください。これが史上最高の悪役です!
24hポイント 21,521pt
小説 114 位 / 87,467件 恋愛 69 位 / 23,133件
文字数 98,204 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.10.16
33
恋愛 連載中 長編
婚約者候補の侯爵令息が題名の台詞を見合いの場でのたまった。 さて二人はどうなるか?公爵令嬢は耐えて受け入れるか?侯爵令息の真実の愛の行方は?
24hポイント 21,230pt
小説 116 位 / 87,467件 恋愛 71 位 / 23,133件
文字数 104,925 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.09.29
34
恋愛 連載中 長編
公爵家令嬢のアマーリアは、ある日突然、婚約者であった王太子アドリアンから婚約破棄を言い渡されてしまう。 「それは本当ですの? 殿方に二言はありませんわね!?」  以前から銀の鷲騎士団所属の騎士、ラルフ・クルーガーに憧れていたアマーリア。  けれど、自分には未来の王太子妃としての立場がある……とずっと想いを押し込めてきた。    これは千載一遇のチャンス! 「王太子殿下、ありがとうございます! アマーリアは殿下にいただいたこの機会、きっと叶えてみせますわ!!」 『一度放たれたら標的を射止めるまでは止まらない』と称された公爵家の情熱の血を受け継いだアマーリアの猪突猛進系の初恋はもう誰にも止められない。 ◇表紙画像はフリー写真素材の「ぱくたそ」さんのものを使用させていただいています。
24hポイント 18,567pt
小説 126 位 / 87,467件 恋愛 74 位 / 23,133件
文字数 143,595 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.10.13
35
恋愛 連載中 長編 R15
麻衣子はBL大好きの腐りかけのオタク、ある日道路を渡っていた綺麗な猫が車に引かれそうになっているのを助けるために命を落とした。 助けたその猫はなんと神様で麻衣子を望む異世界へと転生してくれると言う…チートでも溺愛でも悪役令嬢でも望むままに…しかし麻衣子にはどれもピンと来ない…どうせならBLの世界でじっくりと生でそれを拝みたい… 神様はそんな麻衣子の願いを叶えてBLの世界へと転生させてくれた! しかもその世界は生前、麻衣子が買ったばかりのゲームの世界にそっくりだった! 攻略対象の兄と弟を持ち、王子の婚約者のマリーとして生まれ変わった。 ゲームの世界なら王子と兄、弟やヒロイン(男)がイチャイチャするはずなのになんかおかしい… 知らず知らずのうちに攻略対象達を虜にしていくマリーだがこの世界はBLと疑わないマリーはそんな思いは露知らず… 注)BLとありますが、BL展開はほぼありません。
24hポイント 17,832pt
小説 132 位 / 87,467件 恋愛 76 位 / 23,133件
文字数 35,182 最終更新日 2020.12.05 登録日 2020.11.13
36
恋愛 連載中 長編
ビビアン・ラスカリア公爵令嬢は傲慢な態度が故に婚約者であるアルベルト・フィリップス王子に婚約を破棄される。国外追放の為の馬車の中で自分の行いを思い返し、心から反省したビビアンはある魔導師によってやり直すチャンスを与えられる。そうして、手に入れたチャンスで違う結末を目指すが、なかなか上手くいかずビビアンのやり直し人生は4週目に差し掛かっていた。 傲慢な態度を改めて勉学に励み王妃として申し分ない教養を身につけても、貴族達と良好な関係を構築しても、最後にはいつも婚約破棄が待っている。 4回目の婚約破棄の理由にビビアンは目の前が真っ暗になった。 「君の隣は息が詰まる…」 (そんなの何をどう頑張っても無駄じゃない…) 令嬢として、教養・性格・容姿・社交性全てを完璧にしても、めちゃくちゃな理由をつけて告げられた婚約破棄にビビアンは取り繕うことをやめた。 (私のやり直しもここで終わり。最初から無駄だったの。そんなに私との結婚が嫌なのね、私だって私を愛してくれない目の前の男よりも、貧しくても不細工でも私を心から愛してくれる人と結婚したい…冷静になってきたら私の今までの努力を「隣にいると息が詰まる」なんてめちゃくちゃな理由で無に返されるなんて…なんか腹立つわね…最後に一言言ってやる!) 「殿下…いえ、アルベルト!あなたこそね!」 やり直し人生に疲れたビビアンは4週目の人生を生きたいように生きていく。
24hポイント 17,817pt
小説 133 位 / 87,467件 恋愛 77 位 / 23,133件
文字数 26,988 最終更新日 2020.12.02 登録日 2020.08.18
37
恋愛 連載中 長編 R15
2020年2月、書籍発売。電子書籍は、2月下旬発売予定~ 書籍発売後、2000部増刷。一万一千部突破しました。みなさま、お買い上げありがとうございます。第二部、2020年2月開始! ある日、とある森の中で、うっかり子竜を拾ってしまったフロル。竜を飼うことは、この国では禁止されている。しがない宿屋の娘であるフロルが、何度、子竜を森に返しても、子竜はすぐに戻ってきてしまって! そんなフロルは、何故か7才の時から、ぴたりと成長を止めたまま。もうすぐ16才の誕生日を迎えようとしていたある日、子竜を探索にきた騎士団に見つかってしまう。ことの成り行きで、竜と共に城に従者としてあがることになったのだが。 「私って魔力持ちだったんですか?!」 突然判明したフロルの魔力。 宮廷魔道師長ライルの弟子となった頃、フロルの成長が急に始まってしまった。 フロルには、ありとあらゆる動物が懐き、フロルがいる場所は草花が溢れるように咲き乱れるが、本人も、周りの人間も、気がついていないのだったが。 その頃、春の女神の生まれ変わりを探し求めて、闇の帝王がこちらの世界に災いをもたらし始めて・・・! 自然系チート能力を持つフロルは、自分を待ち受ける運命にまだ気がついていないのだった。
24hポイント 17,751pt
小説 134 位 / 87,467件 恋愛 78 位 / 23,133件
文字数 432,113 最終更新日 2020.12.04 登録日 2018.04.25
38
恋愛 連載中 長編 R18
貧乏領主の娘のローズはお手伝いさんを雇うことも出来ずに家の家事を全部こなしていた… そんな時に王都からのお呼び出しが…王子様が婚約者探しをするとの事…国の貴族の娘が集められた… 自分には関係ないと思っていたが…そうもいかず、父に言われて王都に行くことに… ローズの波乱万丈な日々が始まろうとしていた… 備考 番外編チャートとクラウディアを載せていましたが思いの外長くなりましたので、短編として『貧乏領主の娘は幸せは自分で掴みます』として公開しております。 読んで頂いていた方は申し訳ありませんがそちらで楽しんでいただければと思います。 ついでに…Twitterはじめました(冷やし中華はじめました風) よく分からないので大した事はつぶやきません。書籍の情報などのせてます。 295話にて本編完結。 296話からその後の話になっております。 甘さ多め。
24hポイント 17,351pt
小説 139 位 / 87,467件 恋愛 79 位 / 23,133件
文字数 415,355 最終更新日 2020.12.05 登録日 2020.01.19
39
恋愛 完結 長編 R15
婚約者の王太子に裏切られ、彼の恋人の策略によって見ず知らずの男に誘拐されたリカルダは、修道院で一生を終えようと思っていた。 だが、父親である公爵はそれを許さず新しい結婚相手を見つけてくる。その男は子爵の次男で容姿も平凡だが、公爵が認めるくらいに有能であった。しかし、四年前婚約者に裏切られた彼は女性嫌いだと公言している。 仕事はできるが女性に全く慣れておらず、自分より更に傷ついているであろう若く美しい妻をどう扱えばいいのか戸惑うばかりの文官と、幸せを諦めているが貴族の義務として夫の子を産みたい若奥様の物語。 小説家になろうさんにも投稿しています。
24hポイント 17,332pt
小説 142 位 / 87,467件 恋愛 80 位 / 23,133件
文字数 98,310 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.10.27
40
恋愛 連載中 長編 R18
田舎の農村で育った貧乏な娘、アスミ。 自分の下には七人の弟と妹がいる。少しでも食い扶持を減らす為に、アスミは『お見合い』の言葉に食いつく。 しかし、お見合いは村娘達を人身売買する為の甘い罠のような物だった。 お見合いの料亭で別のお見合いをして、見合いが失敗した狼獣人のラージュに助けられ、アスミはラージュと小さなお見合いを二人でした。 そして二人は夫婦に___しかし、ラージュには、骨董屋以外の顔があった。 骨董屋に扮し、隠れ住むラージュとアスミの溺愛・和風ラブファンタジー。
24hポイント 17,090pt
小説 144 位 / 87,467件 恋愛 81 位 / 23,133件
文字数 26,320 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.12.01
4,802 12345