恋愛 女主人公小説一覧

カテゴリ 恋愛
タグ 女主人公×
4,957 12345
1
恋愛 連載中 長編 R18
「あなたが尻軽だとは知らなかったな」 「あ、そう。誰を信じるかは自由よ。じゃあ、終わりって事でいいのね」 「は……終わりだなんて、」 「こんな所にいらしたのね!お二人とも……皆探していましたよ…… "今日の主役が二人も抜けては"」 婚約パーティーの夜だった。 愛おしい恋人に「尻軽」だと身に覚えのない事で罵られたのは。 長年の恋人の言葉よりもあざとい秘書官の言葉を信頼する近頃の彼にどれほど傷ついただろう。 「はー、もういいわ」 皇帝という立場の恋人は、仕事仲間である優秀な秘書官を信頼していた。 彼女の言葉を信じて私に婚約パーティーの日に「尻軽」だと言った彼。 「公女様は、退屈な方ですね」そういって耳元で嘲笑った秘書官。 だから私は悪女になった。 「しつこいわね、見て分かんないの?貴方とは終わったの」 洗練された公女の所作に、恵まれた女性の魅力に、高貴な家門の名に、男女問わず皆が魅了される。 「お前は、俺の婚約者だろう!」 「これを見ても?貴方の言ったとおり"尻軽"に振る舞ったのだけど、思いの他皆にモテているの。感謝するわ」 「ダリア!いい加減に……」 嫉妬に燃える皇帝はダリアの新しい恋を次々と邪魔して……?
24hポイント 94,820pt
小説 13 位 / 148,424件 恋愛 13 位 / 46,777件
文字数 8,207 最終更新日 2022.08.10 登録日 2022.08.09
2
恋愛 連載中 長編 R15
「イブリア……私と別れて欲しい」 公爵令嬢 イブリア・バロウズは聖女と王太子の愛を妨げる悪女で社交界の嫌われ者。 婚約者である王太子 ルシアン・ランベールの関心は、品行方正、心優しく美人で慈悲深い聖女、セリエ・ジェスランに奪われ王太子ルシアンはついにイブリアに別れを切り出す。 極め付けには、王妃から嫉妬に狂うただの公爵令嬢よりも、聖女が婚約者に適任だと「ルシアンと別れて頂戴」と多額の手切れ金。 社交会では嫉妬に狂った憐れな令嬢に"仕立てあげられ"周りの人間はどんどんと距離を取っていくばかり。 けれども当の本人は… 「悲しいけれど、過ぎればもう過去のことよ」 と、噂とは違いあっさりとした様子のイブリア。 それどころか自由を謳歌する彼女はとても楽しげな様子。 そんなイブリアの態度がルシアンは何故か気に入らない様子で… 更には婚約破棄されたイブリアの婚約者の座を狙う王太子の側近達。 「私をあんなにも嫌っていた、聖女様の取り巻き達が一体私に何の用事があって絡むの!?嫌がらせかしら……!」
24hポイント 69,268pt
小説 29 位 / 148,424件 恋愛 23 位 / 46,777件
文字数 112,895 最終更新日 2022.08.10 登録日 2022.06.25
3
恋愛 連載中 長編
 継母と義姉たちに亡き父の遺産をうばわれて、帝国を追放されたセナは、隣国である王国の高級リゾート地で、ホテルの客室係として働いていた。  ある日、幼馴染だった帝国貴族のミアがホテルに宿泊し、いきなり病に倒れ伏してしまう。  友人として仕事の合間にミアの部屋へと、たびたび顔を出していたセナは、親友から驚きの贈り物を受け取る。 「自分は参加できないから貴方に貰って欲しいの」、と渡されたそれは、このホテルで開催される仮面舞踏会のチケットと仮面、そして豪奢なドレスだった。  スタイルも容姿もよく似ているセナは、確かにミアの代理を務められそうだった。  かつて馴染みのある社交界に、今夜だけでも戻ることができる。  セナは内心で嬉しさがこみ上げてくるのを、抑えきれないでいた。  噂では王国の王太子殿下の妃候補を選ぶ場所でもあるらしい。  新聞やホテルのロビーに飾られている人物画で見知っただけの彼に声をかけられたとき、セナの心は思わず、踊った。  一夜だけの夢を見ても許されるでしょう? と、誰かに問いかけたくなるほどに。  ダンスを踊り、雰囲気とシャンパンの勢いとともに、セナは彼に身も心も捧げてしまう。  そして一夜が明け、普段の自分にもどる時間がやってきた。  セナは正体を知られる前に、彼の元から姿を消す。    王太子ロバートの秘密を宿しているとも気づかずに。 〇前半をヒロインと殿下との出会いとしているため、ヒロインが不遇になった理由などは中盤になっております。  継母と義姉たちへのざまあ回は、後半のラスト近くなりますが、ヒロインにはハッピーエンドを用意しておりますので、お付き合いいただけると幸いです。 〇9時、19時の1日、2回更新となります。よろしくお願いいたします。  他の投稿サイトにも掲載しています。  7/26 一部を改稿しました。      HOT13位入りました。ありがとうございます!  7/28 HOT 4位入りました。  7/31 HOT 2位入りました。 8/ 1 2400お気に入り、ありがとうございます!
24hポイント 39,083pt
小説 56 位 / 148,424件 恋愛 39 位 / 46,777件
文字数 116,370 最終更新日 2022.08.11 登録日 2022.07.24
4
恋愛 連載中 長編 R15
「アルヴィナ、君との婚約は解消するよ。君の妹と結婚する」 両親から冷遇され、多すぎる仕事・睡眠不足・いわれのない悪評etc.に悩まされていた王女アルヴィナは、さらに婚約破棄まで受けてしまう。 そんな心身ともボロボロの彼女が出会ったのは、和平交渉のため訪れていた10歳上の敵国将軍・イーリアス。 一見冷徹な強面に見えたイーリアスだったが、彼女の置かれている境遇が酷すぎると強く憤る。 そして彼が、アルヴィナにした提案は──── 「恐れながら王女殿下。私と結婚しませんか?」 勢いで始まった結婚生活は、ゆっくり確実にアルヴィナの心と身体を癒していく。 ●『王子、婚約破棄したのは~』と同じシリーズ第4弾。『小説家になろう』で先行して掲載。
24hポイント 34,237pt
小説 63 位 / 148,424件 恋愛 43 位 / 46,777件
文字数 30,878 最終更新日 2022.08.11 登録日 2022.08.06
5
恋愛 完結 長編 R18
ゲームヒロインのライバル役として登場するはずだった悪役令嬢ことマリアベル=レアードは 隣国への政略結婚として隣国へと旅立つ事になるのだが―――。 ※この物語はフィクションです。 R18作品ですので性描写などが苦手なお方や未成年のお方はご遠慮下さい。 ※2022年 8月10日付けでタイトル変更致しました。
24hポイント 25,515pt
小説 84 位 / 148,424件 恋愛 52 位 / 46,777件
文字数 189,264 最終更新日 2022.08.10 登録日 2022.08.07
6
恋愛 連載中 長編 R15
「君のためなんだ」  直属の上司はそう言って、カトレアが提案したアイディアを横取りしていた。  パワハラに耐えかねたカトレアは、初めて上司に反論したことによって、ついには王宮から解雇される。  組織や上司のしがらみから解放され、自由に生きようと決めたカトレア。  そんな彼女の前に現れたのは、隣国の王子シャヒルだった。王子という身分でありながら、プロ顔負けの料理人でもある彼は、カトレアが作った自作の魔導具を見て感動し、自分の国に来てほしいとスカウトする。  一方、カトレアが去った後、王宮では大問題が起こっていた……。    自動的にお米を炊ける魔導炊飯釜、水と空気を逃がさない不思議な布、ケーキ作りが楽になる魔導攪拌器。やがて大好きな魔導具開発を思いっきりやれて幸せなカトレアの魔導具と、それを使いこなし最高の時短レシピを作るシャヒルの料理は、いずれ世界が驚嘆することに。  時短で余った時間は、甘々ともふもふに? 作って、おいしい異世界時短レシピの開幕。
24hポイント 15,864pt
小説 132 位 / 148,424件 恋愛 79 位 / 46,777件
文字数 138,061 最終更新日 2022.08.11 登録日 2022.07.29
7
恋愛 連載中 長編
一度目の生で、婚約者であるレオン・ブルーシュを奪われ、嫉妬に狂い罪を犯した。 牢での生活の中でその罪を悔いた彼女は思う。 もし、もう一度あの時に戻れたのなら……。 私は、全く別の人生を歩もうと。 騎士になったり、商人になるのもいいかもしれない。 薬師というのも……。 そんな夢を抱き、二度目の生を手にした彼女は……
24hポイント 14,194pt
小説 146 位 / 148,424件 恋愛 83 位 / 46,777件
文字数 144,590 最終更新日 2022.08.09 登録日 2020.04.24
8
恋愛 連載中 長編
ぬいぐるみ作家として活躍している伯爵令嬢のローラ。今年18歳になるローラは、もちろん結婚など興味が無い。両親も既にローラの結婚を諦めていたはずなのだが… 「ローラ、お前に結婚の話が来た。相手は公爵令息だ!」 父親が突如持ってきたお見合い話。話を聞けば、相手はバーエンス公爵家の嫡男、アーサーだった。ただ、彼は美しい見た目とは裏腹に、極度の女嫌い。既に7回の結婚&離縁を繰り返している男だ。 そんな男と結婚なんてしたくない!そう訴えるローラだったが、結局父親に丸め込まれ嫁ぐ事に。 まあ、どうせすぐに追い出されるだろう。軽い気持ちで嫁いで行ったはずが… 恋愛初心者の2人が、本当の夫婦になるまでのお話です! 【追記】 いつもお読みいただきありがとうございます。 皆様のおかげで、書籍化する事が出来ました(*^-^*) 今後番外編や、引き下げになった第2章のお話を修正しながら、ゆっくりと投稿していこうと考えております。 引き続き、お付き合いいただけますと嬉しいです。 どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m
24hポイント 12,518pt
小説 162 位 / 148,424件 恋愛 91 位 / 46,777件
文字数 173,450 最終更新日 2022.08.10 登録日 2021.09.24
9
恋愛 連載中 短編
その日、彼から突然別れを切り出された。どうやら他に好きな人が出来たらしい。困惑と怒りで壊れてしまいそうな自分を抑えながら、私は部屋の扉を開けた……
24hポイント 11,020pt
小説 177 位 / 148,424件 恋愛 96 位 / 46,777件
文字数 2,721 最終更新日 2022.08.10 登録日 2022.08.10
10
恋愛 完結 短編
ブラックな錬成工房で無理やり働かされていたモニカは、あまりのブラックぶりにため息をつくのでした。というのも工房長であるマルゲスが青い塗料を入れただけの水を奇跡の薬ポーションであるとみんなを騙して販売していたからでした。 モニカは自分が偽ポーション作りに加担している事をとても嫌に感じていました。 そんな時、工房の販売所にやってきたお客をマルゲスが捕まえて秘密の階段を下りていき地下牢に閉じ込めてしまうのでした。 そしてモニカは運命の人と出会うのでした。
24hポイント 10,770pt
小説 182 位 / 148,424件 恋愛 98 位 / 46,777件
文字数 15,110 最終更新日 2022.08.09 登録日 2022.08.09
11
恋愛 連載中 短編
伯爵令嬢のフリーダは侯爵令息のベガと付き合っていたが、ある時、真実の愛に目覚めたと言われ婚約破棄されてしまった。 フリーダの反論は聞き入れてもらえず強制的に別れることに……。 そんな彼女の悲しみを癒したのは大好きな兄だった。彼女のことを支え、新たな恋の助力などをしていく。 ところで真実の愛に目覚めたベガだったが、その愛は決して強固なものではなく……。
24hポイント 7,554pt
小説 256 位 / 148,424件 恋愛 129 位 / 46,777件
文字数 5,970 最終更新日 2022.08.09 登録日 2022.08.07
12
恋愛 完結 短編
「マレットが僕を呼んでいるらしい。悪いけれど今日の所は君の相手をする時間はなさそうだ」  婚約者であるオルト様はそう言うと、一目散に彼女の妹であるマレットの元を目指して駆け出して行った。妹を溺愛する彼にとっては、すべての物事の中心にマレットがいるのだ。  何故私がこんな関係を結ぶことになったかと言うと、話はやや複雑な過程をとる。もともとこの家には支えとなる魔力が必要で、その魔力を生み出せる人物は先天的に限られた人物しかいない。私がその能力を持つことに目を付けたオルトは、婚約関係と言う建前を取って私との関係を強引に取りつけたのだ。  私が生み出した魔力はすべてマレットのために使われ、その他の前例を見ない。無論私のために使われたことなど一度たりともない。 「…このまま永久にこんな生活を送るくらいなら、いっそのこと…」
24hポイント 6,440pt
小説 292 位 / 148,424件 恋愛 142 位 / 46,777件
文字数 684 最終更新日 2022.08.10 登録日 2022.08.10
13
恋愛 完結 長編 R15
女子大生の友梨香はキャンピングカーで一人旅の途中にトラックと衝突して、谷底へ転落し死亡した。けれど、気が付けば異世界に車ごと飛ばされ王城に落ちていた。神様の計らいでキャンピングカーの内部は電気も食料も永久に賄えるられる事になった。  グランティア王国の人達は異世界人の友梨香を客人として迎え入れてくれて。なぜか保護者となった国陛下シリウスはやたらと構ってくる。一度死んだ命だもん、これからは楽しく生きさせて頂きます! ※キャンピングカー、魔石効果などなどご都合主義です。 ※のんびり更新。他サイトにも投稿しております。
24hポイント 6,219pt
小説 300 位 / 148,424件 恋愛 146 位 / 46,777件
文字数 129,111 最終更新日 2022.08.10 登録日 2022.04.24
14
恋愛 連載中 長編
旧題:『ハーレム主人公』とサヨナラしました  家族にとって『どうでも良い子』。それが、レナだった。  いつしか家族からの愛情を諦めたレナの心の支えは、幼馴染の男の子だった。しかし、彼の周りには女の子が侍るようになった。  そして彼は言った。 「みんな好きだよ」  特別が欲しいレナは、彼から離れることを選択した。  だけど、彼が何故か追って来て…… 「なんで俺から離れるんだ⁉」 「私にハーレムは無理!」  初恋くらい、奇麗に終わらせたいんだけどな⁉ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◎関連作品 『野良錬金術師ネモの異世界転生放浪録(旧題:野良錬金術師は頭のネジを投げ捨てた!)』 『野良錬金術師ネモの異世界学園騒動録』 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◎お知らせ 2022/01/13 いつも閲覧いただき、ありがとうございます。 今回、『ハーレム主人公とサヨナラしました』の書籍化のお話しを頂き、現在調整中です。 また、その調整の中で、改題を検討中です。 改題をする事になりましたら、旧題も載せておきますが、少し混乱をさせてしまうかもしれません。 ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。 2022/01/20 現在書籍化の話が進んでいるため、該当部分を1月27日を目途に引き下げることになりました。 ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。 2022/01/27 書籍化調整にあたり、改題をいたしました。 また、設定の一部変更がありましたことをお知らせいたします。 イヴァン(男爵令息→伯爵令息) 書籍化予定の該当部分の小説を引き下げをいたしました。 ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。 2022/02/28 書籍の販売が開始されました。 お手に取ってご覧いただけましたら幸いです。
24hポイント 5,702pt
小説 322 位 / 148,424件 恋愛 159 位 / 46,777件
文字数 429,250 最終更新日 2022.08.10 登録日 2021.03.13
15
恋愛 完結 ショートショート
よくある婚約破棄物です。 果たしてカテゴリは恋愛で良いのだろうか?なざまぁ物です。 なろうさまでもアップしています。
24hポイント 4,849pt
小説 370 位 / 148,424件 恋愛 180 位 / 46,777件
文字数 3,112 最終更新日 2022.08.09 登録日 2022.08.09
16
恋愛 連載中 長編
 長女は傲慢、次女はぶりっ子、三女は悲劇のヒロイン、四女は癇癪持ち。社交界で関わりたくないと有名なエルノーチェ家の姉妹。その末っ子オリヴィアに転生した。  三女によって広められた嘘の悪評を気にせず、貴族の世界にも興味を持たなかったオリヴィアは早期に家を出て庶民として平穏に暮らすことを夢見ていた。  それとは対照的に長女と次女は良い縁談を手にしようと暴走する。三女は最悪すぎる姉妹の面倒を頑張ってみる健気な姿を演じ、悲劇のヒロインぶりながら王子との婚約を目論んでいた。  オリヴィアは自立できる準備が整うまで三女に利用されながらも義務として社交界に出ていた。それだけなのに、いつの間にか隣国の大公に興味を持たれ、終いには溺愛されるはめになってしまう。一体何故!? ※毎日更新の予定です イラスト:栗栖枡様(@MerryXmas_1225_) 無断転載を固く禁じます。
24hポイント 4,215pt
小説 424 位 / 148,424件 恋愛 204 位 / 46,777件
文字数 145,571 最終更新日 2022.08.10 登録日 2022.06.01
17
恋愛 連載中 長編 R15
母からの嫌がらせで、三十歳も年上の男性と結婚させられそうになる侯爵令嬢のティアナ。そんな中、祖母のロミルダが余命宣告を受けてしまって……。 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 物心ついた時には既にティアナは、実母から嫌われていた。故に幼い頃から祖母が母代わりだった。その祖母が余命一か月の宣告を受けてしまう。ティアナは祖母が昔、身分の違いから結婚する事が叶わなかった昔の想い人と会わせてあげたいと奮闘する。だが中々想い人の男性に会う事が出来ず、仕方なく男性の孫息子に取り次いで貰おうとするが……。 孫息子は公爵令息で女性から人気のある高嶺の花で貴公子と名高い、レンブラントという美青年だった。どうにかして彼に近付こうとするが、女性達の壁に阻まれ近付けない。ティアナは最終手段としてある人物に頼る事に……。
24hポイント 4,062pt
小説 435 位 / 148,424件 恋愛 210 位 / 46,777件
文字数 45,037 最終更新日 2022.08.11 登録日 2022.07.10
18
恋愛 完結 短編
「僕は崇高なる真実の愛に目覚めた…この感情がまさしくそれなら、こんなにもうれしい事はないというもの…」  狂気的な表情を浮かべながらそう言葉を発するのは、仮に私との婚約関係にあるアルファ様だ。彼の言い分は全く理解できないけれど、彼が言うにはある日突然、金髪で碧眼の女性が自分を呼ぶ声が聞こえたのだという。彼が記憶の中からそれに符合する人物を探したところ、かつて出会った幼馴染たる女性がそれに該当するのだという。彼はそれを真実の愛と呼び、私との関係に終止符を打ち、その女性との関係を選ぶのだと言い始めたのだった。
24hポイント 4,055pt
小説 436 位 / 148,424件 恋愛 211 位 / 46,777件
文字数 673 最終更新日 2022.08.10 登録日 2022.08.10
19
恋愛 完結 短編 R15
愛し合っている、ですか。分かりました、婚約破棄は受け入れましょう。ただし……何があっても後悔しないでくださいね?
24hポイント 3,778pt
小説 460 位 / 148,424件 恋愛 222 位 / 46,777件
文字数 989 最終更新日 2022.08.10 登録日 2022.08.10
20
恋愛 完結 長編
魔法の名門として名高いダラムサル家に生まれた少女、リリーは魔法の才能が無かった。そのせいで、父親に無能と罵られながら暴力を振るわれ、魔法の才能がある妹からも同じような扱いをされていた。 奴隷のように働かされ、叩かれるのは日常茶飯事。ろくに食事や衣類も与えられず、住むところも屋敷ではなくボロボロの古屋。使用人にも虐められていた。 そんな彼女にも希望はあった。それは、ダラムサル家が王家と結んだ婚約——彼女は将来、王家に嫁ぐことが決まっていたのだ。政略結婚なのはわかっていたが、それでもリリーは嬉しかった。 今は家族や使用人に嫌われているが、王家の人と結婚すれば、みんな認めてくれる。家の役に立てればきっと愛してくれる……そう信じて毎日を過ごすリリー。 そんなリリーが十五歳の誕生日。この日はリリーが相手の男性と初めて顔を合わせる事が決まっていたのだが――リリーは何故か屋敷を守る近衛兵に拘束されてしまう。 身体の自由を奪われ、視界も奪われた状態で連れていかれた先は、広大な森だった。 どうしてこんな所に連れて来られたのか全くわからないリリーに、ここまで連れてきた近衛兵は音声を保存できる魔法石を渡すと、リリーを置いて去ってしまった。 こんな森に置いてかれてしまい、途方に暮れるリリーは、もしかしたらこの魔法石に帰り方が録音されているかと期待して起動すると――そこには、『リリーを追放する、婚約は一度解消し、リリーの代わりに妹がする。これは既に前から王家と話し合って決まっていた事』という旨を伝えられた。 自分は家にとっていらない子と突き付けられたリリー。それは、自分はもうこの世にいらない存在なんだと思わせるのに十分だった。 行くあてもなくフラフラと森を歩くが、空腹と寒さで倒れてしまったリリーは、もうこのまま死のうと目を閉じる。だが、次に目を覚ました場所は見知らぬ部屋の中。そこには、一人の魔法使いの青年が住んでいた―― これは、魔法の才能が無くて虐げられ続け、全てに絶望した少女が、一人の魔法使いによって救われて幸せになっていく物語。 ☆文字数の都合でタイトルは若干違いますが、小説家になろう、カクヨムにも投稿してます。小説家になろうにて異世界恋愛ジャンル日間最高5位、日間総合最高8位。アルファポリスでホットランキング一位経験あり☆
24hポイント 3,734pt
小説 468 位 / 148,424件 恋愛 226 位 / 46,777件
文字数 89,130 最終更新日 2022.02.28 登録日 2022.02.22
21
恋愛 完結 短編
「僕はこれから不在になるけれど、ミレアの事はよろしく頼む。…もしも彼女に何かあったら、その時は容赦はしないからね?」  妹を溺愛するドレッド様はそう強い口調で言葉を放つと、私の前から姿を消していった。彼にとって妹であるルーランは自身の命よりも大切な存在らしく、事あるごとに彼女の名前を出しては感傷に浸っている。そんな関係の前に私たち婚約関係は意味を成しておらず、もはや私はルーランに迫害されているような気持ちでさえいた。 「…お姉様、仕方がないじゃありませんか。お兄様はあんなにも私の事を思ってくださっているんですから、それにこたえるのが私のやりべき事。例えお兄様の婚約相手であるお姉様をもってしても、その存在価値は曲げられはしないのです」  これが彼女の口癖だ。性質が悪いのは、兄が自分の事を溺愛していることに彼女自身が酔ってしまっていることにある。これには私のみならず、私たち周囲の人間全員が頭を悩ませている課題だ。…ゆえに私はいま、その課題を永久に解決するための一つのアイディアを実行に移すことに決めたのだった。
24hポイント 3,359pt
小説 516 位 / 148,424件 恋愛 243 位 / 46,777件
文字数 665 最終更新日 2022.08.10 登録日 2022.08.10
22
恋愛 連載中 長編 R18
皇女シエラ・ヒペリュアンと皇太子ジェレミア・ヒペリュアンは血が繋がっていない。 シエラは前皇后の不貞によって出来た庶子であったが皇族の醜聞を隠すためにその事実は伏せられた。 元々身体が弱かった前皇后は、名目上の療養中に亡くなる。 現皇后と皇帝の間に生まれたのがジェレミアであった。 "容姿しか取り柄の無い頭の悪い皇女"だと言われ、皇后からは邪険にされる。 皇帝である父に頼んで婚約者となった初恋のリヒト・マッケンゼン公爵には相手にもされない日々。 そして日々違和感を感じるデジャブのような感覚…するとある時…… 「私…知っているわ。これが前世というものかしら…、」 突然思い出した自らの未来の展開。 このままではジェレミアに利用され、彼が皇帝となった後、汚れた部分の全ての罪を着せられ処刑される。 「それまでに…家出資金を貯めるのよ!」 全てを思い出したシエラは死亡フラグを回避できるのか!? 「リヒト、婚約を解消しましょう。」         「姉様は僕から逃げられない。」 (お願いだから皆もう放っておいて!)
24hポイント 3,266pt
小説 528 位 / 148,424件 恋愛 253 位 / 46,777件
文字数 144,236 最終更新日 2022.08.03 登録日 2021.09.19
23
恋愛 完結 短編
「聞いてくれたまえティア。この前も僕とマーベラの二人で部隊を見に行ったんだけどね、その時マ―ベラが…」  またこれだ。この人は口を開けば妹のマ―ベラの話をしてくる。…別に暴力をふるってきたりとか、言葉で攻撃をしてきたりすることはないのだけれど、こういう所は無神経で仕方がない。…本人に全く自覚がないというのが、私には恐怖でしかない。  普通なら、これくらいの事は聞き流してしまえばいいと思うかもしれない。…しかし、私にとってはこれが毎日、毎時、果ては毎分のように繰り返される。…ついにこの日我慢が限界を迎えた私は、彼に対して抗議の声を上げるのだった。 「…そんなに妹様がお好きなら、私は必要ありませんかね?…お二人の世界がお二人にとっての幸せであるなら、そこに私は必要ありませんよね?お二人がそれぞれ幸せを感じておられるように、私には私の幸せがあるのです。…これ以上はここにいられる気がいたしませんので、私は身を引かせていただこうと思います」
24hポイント 3,038pt
小説 561 位 / 148,424件 恋愛 269 位 / 46,777件
文字数 846 最終更新日 2022.08.09 登録日 2022.08.09
24
恋愛 連載中 長編
王子の婚約者だった侯爵令嬢はある時前世の記憶がよみがえる。 よみがえった記憶の中に今の自分が出てくる物語があったことを思い出す。 その中の自分はまさかの悪役令嬢?!
24hポイント 2,606pt
小説 639 位 / 148,424件 恋愛 307 位 / 46,777件
文字数 264,845 最終更新日 2022.08.10 登録日 2021.08.13
25
恋愛 連載中 長編
【本編完結】私の婚約者だった王子は、誕生日パーティーの夜、みんなの前で私に婚約破棄を突きつけた。 国益を重視し、隣国の王女と結婚するためだ。 誰がどう見てもその方が国のため。 私情を押さえ込み、私は、婚約破棄を受け入れると返事をした。そのとき。 「ハイ、じゃあ、オレ、平民ですけど新しい婚約者に立候補します!!」 という声が。 乱入してきたのは、物語から抜け出してきたかと思うほどめちゃくちゃ好みのタイプな男子。 ……あれ? 激務と産めハラで心労しかない未来の王妃より、平民の年下イケメンと結婚して好きなように生きるほうが、結局楽しいんじゃない? そう気づいた私は、王宮のしがらみから解放されて彼と人生を歩むことを決めた。 なぜかうまくいっていない王子には恨まれてるけど、もうかかわらないでいただきたい。 ※本編は35話+後日談を2~3話投稿予定。 ※魔法が存在する世界観です。『小説家になろう』で先行して投稿。ざまぁ成分は8話以降。 スピンオフ『セクハラ貴族にビンタしたら社交界を追放されたので、田舎で人生やり直します。~一方、そのころ王都では~』もよろしければどうぞ。https://www.alphapolis.co.jp/novel/757844557/289499665
24hポイント 2,501pt
小説 669 位 / 148,424件 恋愛 321 位 / 46,777件
文字数 103,135 最終更新日 2021.06.06 登録日 2021.02.04
26
恋愛 完結 長編 R18
時は、戦国。まだ暴力が世界を支配し、弱き者が虐げられる時代。 この乱世の時代において、淑化淫女(しゅくかいんにょ)を掲げ、武将や権力者との交りを生業にすることで、影の支配者と恐れられた稀有な一族が存在する。その一族の名を「八香(やか)」。代々女が君主としてつき、夜の営みを主導することで、政を操作したという。 ※2018年にムーンライトノベルズで掲載した作品。連載再開を機に、こちらでも公開します。
24hポイント 2,492pt
小説 672 位 / 148,424件 恋愛 323 位 / 46,777件
文字数 62,544 最終更新日 2022.08.06 登録日 2022.08.06
27
恋愛 完結 短編
「ごめんなさいねお姉様、私はそんなつもりは全くなかったのですけれど、お相手のアインシュ様がどうしてもお姉様よりも私と結ばれたいとおっしゃられるものですから…わたしも何度も説得を試みたのですが、彼の決心は固く説得はかないませんでした。けれども、仕方がありませんよね?」  嬉しそうにそう言葉を発するのは、私の妹であるユニファ。ずっと昔から私の物をなんでも横取りすることに快感を覚えていた彼女は、今日ついに私の婚約者を奪う事に成功したようだ。けれどもそれは私の計算のうち。私だって、ただただ黙って彼女に自分の物を差し出すことには飽きてしまっていたのだから。
24hポイント 2,485pt
小説 673 位 / 148,424件 恋愛 324 位 / 46,777件
文字数 731 最終更新日 2022.08.09 登録日 2022.08.09
28
恋愛 完結 短編
ドラゴンの大親友がいた私は婚約者から急に婚約破棄されたのですが……。
24hポイント 2,479pt
小説 676 位 / 148,424件 恋愛 326 位 / 46,777件
文字数 1,357 最終更新日 2022.08.10 登録日 2022.08.10
29
恋愛 連載中 長編
有名な3人組がいた。 アリス・マイヤーズ子爵令嬢に、マーティ・エドウィン男爵令息、それからシェイマス・パウエル伯爵令息である。 整った顔立ちに、豊かな金髪の彼らは幼なじみ。 いつも皆の注目の的だった。 ネリー・ディアス伯爵令嬢ももちろん、遠巻きに彼らを見ていた側だったのだが、ある日突然マーティとの婚約が決まってしまう。 それからアリスとシェイマスの婚約も。 家の為の政略結婚だと割り切って、適度に仲良くなればいい、と思っていたネリーだったが…… 「ねえねえ、マーティ!聞いてるー?」 マーティといると必ず割り込んでくるアリスのせいで、積もり積もっていくイライラ。 「そんなにイチャイチャしたいなら、あなた達が婚約すれば良かったじゃない!」 なんて、口には出さないけど……はあ……。
24hポイント 2,379pt
小説 704 位 / 148,424件 恋愛 340 位 / 46,777件
文字数 12,695 最終更新日 2022.08.10 登録日 2022.07.24
30
恋愛 完結 長編
社交界デビュー3年目。いまだに結婚が決まらない子爵令嬢の私フランカは、夜会で既婚者の伯爵に無理矢理キスされそうになった。 逃げようと声をあげて平手打ちしたら、そのせいで私は社交界から追放されてしまう。 「おまえはこの家の恥さらしだ!!」 家族にもなじられ居場所をなくした私。 そんな私を助けてくれたのは、顔面国宝級の美男子なのに武闘派な貴族の次男・ヘリオスだった。 彼に紹介してもらい、私は田舎の古城で侍女のお仕事をすることに。 一方、王都では、伯爵たちに破滅が迫っていて!? ●『王子、婚約破棄したのはそちらなので、恐い顔でこっちにらまないでください』と同じ国の1年後の初夏~が舞台。前作のキャラは、出たり出なかったりです。 ●一部キャラは魔法を使います。ヒーローは面倒見の良い元ヤン系。ざまぁはゆっくり目です。 ●作者の都合により、フランカとヘリオス以外の視点では三人称。 ●小説家になろうにも投稿。
24hポイント 2,110pt
小説 774 位 / 148,424件 恋愛 372 位 / 46,777件
文字数 143,474 最終更新日 2022.04.29 登録日 2021.06.05
31
恋愛 完結 短編
身勝手な理由で泣いて帰ってきた妹エセル。 でも、この子、私から婚約者を奪っておいて、どの面下げて帰ってきたのだろう。 誰も構ってくれない、慰めてくれないと泣き喚くエセル。 両親はひたすらに妹をスルー。 「お黙りなさい、エセル。今はヘレンの結婚準備で忙しいの!」 「お姉様なんかほっとけばいいじゃない!!」 無理よ。 だって私、大公様の妻になるんだもの。 大忙しよ。
24hポイント 1,888pt
小説 851 位 / 148,424件 恋愛 407 位 / 46,777件
文字数 11,032 最終更新日 2021.03.30 登録日 2021.03.28
32
恋愛 完結 長編
フィースバーク侯爵家の三女として生まれたリュミエールは、ある日、悲しい夢を見て目覚める――。聖女の血筋であるにもかかわらず、何の能力も持たず『空っぽ聖女』、『亡霊令嬢』などと周りの貴族、両親や姉達にさえ揶揄、冷遇されていた彼女。しかし、その容姿だけは誰よりも血筋を受け継いだ為、王太子の婚約者として選ばれることとなった。その日は王太子の誕生日で、生誕祭の会場に赴いた彼女だったが、なんとその場でいきなり婚約破棄を叩きつけられ、腹違いの姉のサンドラが知らぬ間に彼とただならぬ関係になっていた事を知る……。悲嘆にくれ気を失う彼女を救ったのは冷血と名高い銀竜公爵と呼ばれている男性で……その後、日を置かずに彼から婚約の申し出があり、リュミエールは支度金と引き換えで追放されるかのように家から追い出されるのだった……。 絶望にくれながら訪れた嫁ぎ先の公爵家だったが、そこで出会ったのは彼女に好意的な人々ばかりで……日々彼女は塞いでいた思いを解きほぐされ、楽しい日々を過ごしながら、やがてぶっきらぼうだが素直で努力家の銀竜公爵との距離も近づいてゆく。だがそこに、実家から茶会の誘いがあり、そこには王太子とサンドラも訪れるという――。 これは、聖女として失格だと蔑まれていたリュミエールが、自分を取り巻く不遇な環境から解放され、幸せをつかみ取るまでの物語。 ※◇は他者視点のお話になっています。 ※小説家になろう様にも掲載させていただいていますが、文字数の都合上タイトルを少々変えさせていただいています。
24hポイント 1,881pt
小説 862 位 / 148,424件 恋愛 420 位 / 46,777件
文字数 146,900 最終更新日 2022.07.16 登録日 2022.07.09
33
恋愛 連載中 長編
17歳の私リリス・ウィンザーは、悪役令嬢役が得意な役者。 だけど、同じ劇団の女優に襲われ大怪我を負ったのに 「彼女がリリスを襲ったのは、悪役令嬢のように彼女をいじめていたからだ」 というデマを流されて、劇団を追放されてしまう。 無職になった私は、なぜか私と瓜二つの侯爵令嬢マレーナ様と出会い、婚約者を毛嫌いする彼女のために、彼女の替え玉になることに。 婚約者は同い年の17歳、大公国の王子様(大公子)。あとつぎじゃなくても将来は約束されている。あと性格もいい。なんの不満があるのやら……。 そんな疑問を持ちながらマレーナ様を演じたところ、何を間違えたのか相手のギアン様にベタ惚れされてしまった! さらに身代わり役をずっと続けることになり、ギアン様からめちゃめちゃ愛されているんですが、マレーナ様これで本当にいいんですか!? ●『王子、婚約破棄したのは~』『セクハラ貴族にビンタしたら~』と同じ国の話(時系列的には『セクハラ貴族~』と同じぐらい)。 ●「小説家になろう」の方で先行して掲載。
24hポイント 1,847pt
小説 879 位 / 148,424件 恋愛 432 位 / 46,777件
文字数 144,615 最終更新日 2022.08.11 登録日 2022.04.29
34
恋愛 完結 短編
「マリー、こんな汚い部屋で生活しろと私に言いたいのかしら?…ああ、あなたにとってはこれくらいは普通な飲ね。これは悪い事を言ってしまったわ、どうぞお気になさらないでください」  わざとらしい口調でそう嫌味を言ってくる人物は、私の婚約者の母、いわゆる義母にあたるセシリア様だ。 「申し訳ありません、ご配慮が及びませんでした」 「分かっているのなら、最初からきちんとしておいていただけないかしら?…これではとてもルーリングを任せることはできませんよ?」  卑しく口元に手を当てながら、そう言葉を発する。 「はい…申し訳ありません…」  こんな関係が婚約してからというもの、長らく続いてきた。ルーリングにその旨を訴えても、何ら私の見方をしてくれることはなかった。…こんな生活が今後もずっと続いていくのかと思うと、私は戦慄を覚えた。…そしてある日、切り札を出すことを選んだ。
24hポイント 1,789pt
小説 915 位 / 148,424件 恋愛 454 位 / 46,777件
文字数 1,117 最終更新日 2022.07.28 登録日 2022.07.28
35
恋愛 完結 短編
グロンクヴィスト王国第3王女のジャクリーンは、隣国バルフェンバーグ王国との同盟成立の証の為に、人質兼お飾りの第2王妃として嫁ぎ静かに暮らしていたのだが 夫のスコット・バルフェンバーグ国王陛下に突然離婚を言い渡されてしまう。 このままではグロンクヴィスト王国との同盟を破棄したとして戦は避けられなくなってしまう。 しかし、スコット・バルフェンバーグ国王陛下は第1王妃リンダの言う事にしか耳を貸さなくなっており 破滅への道を突き進んでいる事に全く気付かず、、、
24hポイント 1,775pt
小説 920 位 / 148,424件 恋愛 456 位 / 46,777件
文字数 11,992 最終更新日 2022.08.01 登録日 2022.07.23
36
恋愛 連載中 短編
ここはシャンブリア王国。 その国ではある噂が・・ “あの屋敷には、絶世の美女がいるらしい” 絶世の美女と言われていたのは、実は屋敷に一人で住む男爵令嬢ナタリアだった。彼女は、ある事情で屋敷から一歩も外に出ることができずにいた。 そしてその噂に踊らされた男たちが夜毎、屋敷に忍び込んでは鉄壁の防御に阻まれ、追い返されていた。 そんなある晩、誰も踏み入れられなかった未開の屋敷に男の姿が・・ 「私の元へ来ないか?」 戸惑うナタリアは気付くと、男の屋敷にいた。 これは、一人狭い世界で暮らしていたナタリアが、ある秘密を持つ男と出会ったことでその運命を変え、幸せになるまでの物語。 ※一度完結しましたが、伏線回収のため続編を第二章として始めました。 ユルい作品なので、国家を揺るがす陰謀とかは一切ありませんので、悪しからず。
24hポイント 1,676pt
小説 963 位 / 148,424件 恋愛 479 位 / 46,777件
文字数 25,429 最終更新日 2022.08.10 登録日 2022.07.29
37
恋愛 完結 短編
婚約破棄された翌日、女神を名乗る者からお告げがありました。
24hポイント 1,647pt
小説 981 位 / 148,424件 恋愛 486 位 / 46,777件
文字数 770 最終更新日 2022.08.10 登録日 2022.08.10
38
恋愛 完結 ショートショート
婚約破棄されちゃった 切ないよね
24hポイント 1,634pt
小説 984 位 / 148,424件 恋愛 480 位 / 46,777件
文字数 271 最終更新日 2022.08.10 登録日 2022.08.10
39
恋愛 完結 短編 R15
婚約破棄され壊れた私がいつの間にか英雄になった話……です。
24hポイント 1,584pt
小説 1,018 位 / 148,424件 恋愛 503 位 / 46,777件
文字数 469 最終更新日 2022.08.10 登録日 2022.08.10
40
恋愛 連載中 長編
 もし過去に戻れるのなら、昔の私を殴り飛ばしたいわ。まぁその時は、あの人を心から愛してたし真剣だった。それしか、自分たちの愛を貫けられないと思ったわ。  だから…… 「生まれ変わったら幸せになろう」  そう互いに約束してこの世を去ったの。  うん。願いは叶えられたよ。叶えられたけどさ……  生まれ変わって一回目は、束縛が酷くて逃げようとしたら、荷馬車に轢かれてジ・エンド。  二回目は、即監禁。  彼に横恋慕した女の手に掛かり、腹を刺されてジ・エンド。  三回目は……出会って一週間で、彼に殺されたわ。  四回目も五回目もあるけど、もう語るのもしんどくなってきたわ。  これって、もう一種の【呪い】だよね。  もう、監禁されるのも死ぬのも勘弁したい。だったら、もう逃げるしかないよね。  今度こそ逃げ切ってやる!!  でもその前に、お母様を死に追いやった屑(実父)と糞女(義母)、そして義妹を地獄に叩き落としてからね。  じわりじわりと真綿に首を締めるように苦しめてあげるわ。  短編から長編に変更しました。  
24hポイント 1,583pt
小説 1,019 位 / 148,424件 恋愛 504 位 / 46,777件
文字数 471,367 最終更新日 2022.08.09 登録日 2020.09.01
4,957 12345