恋愛 女主人公小説一覧

カテゴリ 恋愛
タグ 女主人公×
2,809 12345
1
恋愛 連載中 短編
バートン伯爵家のミアの婚約者、パーシーはいつも「魔法が使える人がいい」とばかり言っていた。 実はミアは幼いころに水の精霊と親しくなり、魔法も得意だった。 妹のリリーが怪我した時に母親に「リリーが可哀想だから魔法ぐらい譲ってあげなさい」と言われ、精霊を譲っていたのだった。 リリーはとっくに怪我が治っているというのにずっと仮病を使っていて一向に精霊を返すつもりはない。 それでもミアはずっと我慢していたが、ある日パーシーとリリーが仲良くしているのを見かける。 パーシーによると「怪我しているのに頑張っていてすごい」ということらしく、リリーも満更ではなさそうだった。 そのためミアはついに彼女から精霊を取り戻すことを決意する。
24hポイント 73,450pt
小説 38 位 / 111,532件 恋愛 28 位 / 32,092件
文字数 20,753 最終更新日 2021.07.27 登録日 2021.07.10
2
恋愛 連載中 長編 R15
婚約者で第二王子のユーグラテスの策略で、家族は国家反逆罪で捕まり、自身も投獄されてしまった公爵令嬢のミシェル。 地下牢で泣き崩れるミシェルの元に現れたのは、いつも喧嘩ばかりしている幼馴染の公爵令息、レオだった。 レオは何とか看守の目を盗み脱獄に成功。2人で逃げる途中、第二王子に見つかり、レオは切り付けられ瀕死の状態に。 「レオ、お願い、死なないで!」 「ミシェル、お前だけでも…逃げろ…」 「イヤーーーー」 泣き叫ぶミシェルに、無情にも第二王子の魔の手が… 「大丈夫だ。お前もすぐに後を追わせてやる」 死を覚悟し、目を閉じた瞬間、意識を失った。 次に目が覚めたのは、なんと公爵家の自分の部屋。さらに8歳の姿に戻っていたのだ。 どうやら逆行したことを理解したミシェルは、大切な家族を守る為、そして命を懸けて自分を守ってくれた大切な幼馴染、レオを死なせない為に、2度目の人生は絶対に失敗しないと誓った。 1度目の失敗を生かし、必死で努力するミシェル。そんなミシェルに第二王子と幼馴染は… 物心ついた頃からずっとミシェルだけを思い続けて来た幼馴染レオと、異常なまでの執着を見せる第二王子ユーグラテスに翻弄される公爵令嬢ミシェルのお話です。
24hポイント 55,906pt
小説 52 位 / 111,532件 恋愛 38 位 / 32,092件
文字数 166,271 最終更新日 2021.07.27 登録日 2021.07.13
3
恋愛 連載中 長編 R15
侍女に嘗められっぱなしの気弱な伯爵夫人ラムは、嫁入り先で辛い思いをしていた。新婚のはずなのに夫の伯爵にも見向きもされない。そんなある日、壁に頭をぶつけて前世の記憶を取り戻す。前世のラムは国で最強と謳われる偉大な魔女だった。窮屈な生活にうんざりした彼女は記憶を取り戻したのをいいことに、好き勝手に生きることにする。
24hポイント 47,800pt
小説 59 位 / 111,532件 恋愛 42 位 / 32,092件
文字数 93,063 最終更新日 2021.07.27 登録日 2021.05.12
4
恋愛 連載中 短編
リメリアは、フェルリンド公爵家に仕えている使用人である。 彼女は、公爵家の長女であるアルキーナによく思われていなかった。そのため、リメリアは彼女にいびられる日々を送っていた。 ある時、リメリアはアルキーナによって怪我を負わされた。そんな彼女を助けてくれたのは、第三王子のウェリクスだった。 彼は、アルキーナの婚約者である。しかし、彼女に対して疑念を持っているようだった。 そんなウェリクスは、リメリアに事情を聞いてきた。紆余曲折の末、彼女はウェリクスにアルキーナの犯行を伝えるのだった。 その結果、ウェリクスはアルキーナに婚約破棄を言い渡した。使用人を虐めるような女性とは一緒にいられない。それが、彼の主張だった。 アルキーナと色々とあったため、リメリアは公爵家に居づらくなってしまった。 そんな彼女を、ウェリクスは王城に招いてくれた。 こうして、リメリアは公爵家から解放されて、王城で働くことになったのである。
24hポイント 39,960pt
小説 75 位 / 111,532件 恋愛 50 位 / 32,092件
文字数 11,609 最終更新日 2021.07.27 登録日 2021.07.23
5
恋愛 完結 短編
最愛の母モニカかが病気で生涯を終える。娘の公爵令嬢アイシャは母との約束を守り、あたたかい思いやりの心を持つ子に育った。 そんな中、父ジェラールが再婚する。継母のバーバラは美しい顔をしていますが性格は悪く、娘のルージュも見た目は可愛いですが性格はひどいものでした。 バーバラと義姉は意地のわるそうな薄笑いを浮かべて、アイシャを虐げるようになる。肉親の父も助けてくれなくて実子のアイシャに冷たい視線を向け始める。 逆に継母の連れ子には甘い顔を見せて溺愛ぶりは常軌を逸していた。
24hポイント 37,878pt
小説 80 位 / 111,532件 恋愛 54 位 / 32,092件
文字数 19,014 最終更新日 2021.07.25 登録日 2021.07.22
6
恋愛 連載中 長編
「いい加減お前にはうんざりだ」 そう言ってはじまった、婚約者による婚約破棄。 華やかさも色気もないと言われたけど、それには理由がある。 私の母親は毒花と呼ばれるような女性だった。だからお父様は同じようにはなるなと言って、私にお洒落を禁じた。 だけどそれで婚約を破棄され、お父様にも「あの女の娘のくせに」とまで言われてしまった。 言われた通りにしても幻滅されるのなら、もう我慢なんてしません。
24hポイント 34,225pt
小説 95 位 / 111,532件 恋愛 64 位 / 32,092件
文字数 51,368 最終更新日 2021.07.26 登録日 2021.06.07
7
恋愛 連載中 短編
「イザベル。私はお前の姉が気に入った。だから、お前との婚約は破棄する。文句はないな?」 私の婚約者であるメレデール公爵は、興味のなくなった玩具を見るような目でこちらを見て、そう言いました。彼の言う通り、私には、文句はありませんでした。……だって、メレデール公爵との婚約は、脅されて結ばされたものであり、私は彼に対して、恐怖すら抱いていたのです。 少したってから、公爵の心変わりの原因が、私の姉――ヴァネッサお姉様の行動によるものだとわかりました。お姉様は私を、『実の姉に婚約者を寝取られた、無様で間抜けな妹』と嘲ります。 そして、お姉様はついに、念願の公爵夫人となりました。 盛大な結婚式を終えて迎える、夫婦として初めての夜。 お姉様は知ることになるのです。『美しき公爵』と呼ばれたメレデール公爵の、おぞましい正体を……
24hポイント 31,645pt
小説 103 位 / 111,532件 恋愛 68 位 / 32,092件
文字数 7,363 最終更新日 2021.07.27 登録日 2021.07.21
8
恋愛 連載中 長編 R15
魔力大陸でもあるゾマー帝国の公爵令嬢として、何不自由ない暮らしをしていたシャーロット。父や兄から愛され、婚約者の王太子には溺愛されていた。さらに、魔力量帝国一のシャーロットは、皆から一目置かれる存在。 何もかも順調な日々を送っていたシャーロットの幸せをぶち壊したのは、聖女と名乗る男爵令嬢エミリーだった。 そもそも聖女なんてこの国に存在しないんですけれど… そう思ったのだが、怪しい魔術で王太子や家族を次々に虜にしてくエミリー。 シャーロットは無実の罪で捉えられてしまった。明日は公開処刑の日。腕には魔力を無力化するリングが付けられている。 どうせ明日みじめったらしく死ぬのなら、今私の全魔力を開放して死んでやる。そう思い魔力を開放したのだが! 目覚めると、魔力のない国に瞬間移動していた。そんなシャーロットを助けてくれたのは、若き国王アイランと、その妹のオルビアだった。2人の優しさに触れ、平穏な日々を取り戻すシャーロット。 しかし、平穏な日々は長くは続かなかった。かつて最弱国だった隣国が聖女というもの凄い力を持った女性を手に入れ、次々と周りの国を制圧しているとのこと。次はいよいよこの国の番。絶対絶命、滅亡寸前なんだとか! 何、聖女だと!!!私、聖女って大っ嫌いなのよね! よし、決めた。一度失いかけたこの命、大好きなこの国の為、そして何よりアイラン様とオルビア様の為に、その聖女という女と戦ってやろうじゃないの! 物凄い魔力量を持ったシャーロットの戦いが今始まる!
24hポイント 21,450pt
小説 139 位 / 111,532件 恋愛 87 位 / 32,092件
文字数 99,833 最終更新日 2021.07.27 登録日 2021.07.13
9
恋愛 連載中 短編
ポーリィナは卒業パーティーで断罪され王子との婚約を破棄された。 その翌日、王子と一緒になってポーリィナを断罪していた高位貴族の子息たちがポーリィナに面会を求める手紙が早馬にて届けられた。 あのようなことをして面会を求めてくるとは?? 断罪をした者たちと会いたくないけど、面会に来る理由が気になる。だって普通じゃありえない。 ポーリィナは興味に勝てず、彼らと会うことにしてみた。 一万文字程度の短め予定。編集改編手直しのため、連載にしました。 リクエストをいただき、男性視点も入れたので思いの外長くなりました。 毎日更新いたします。
24hポイント 19,355pt
小説 144 位 / 111,532件 恋愛 90 位 / 32,092件
文字数 10,128 最終更新日 2021.07.27 登録日 2021.07.23
10
恋愛 連載中 長編 R15
あらすじ 「お前は今日をもってシルドラ家から追放する。今後。シルドラの名を名乗ることは許さん」 「ようやくお前の顔を見なくて済みそうですね。まったく、さっさと出ていきなさい」 「そうですねお母さま、ようやくお姉さまの顔を見なくて済みそうです。あら、もうお姉さまなんていないんでした。下民は早く出ていきなさい」 父と義母、妹がそう言い渡す。 クレハ・シルドラはライスオット帝国のシルドラ伯爵の長女であったが今日、家を追放された。家を追放された彼女は絶望の淵に立たされなかった。 「ようやく追放してくれましたか。まったく手を回すのに苦労しましたわ」 そう、彼女は自分から追放されたのだ。彼女は生まれながらにして前世の記憶があったのだが自分の家での扱いがひどかったため家族にはそのことは黙っており、前世の知識を生かして追放されるように手を回していた。 「追放されたのは良かったけど今までのことが許されるなんて思わないことですわね」 自ら家を追放されたクレハだが、今までの仕打ちを忘れたわけではない。 クレハの盛大な仕返し計画が今、始まる。 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 作者からのコメント -------------------------------------------------------------------------------------------------------------- まずは本作品を読んでいただき誠にありがとうございます。もし、このお話が気に入っていただければお気に入り登録や感想等を頂ければ幸いです。 よろしくお願いいたします。
24hポイント 17,509pt
小説 156 位 / 111,532件 恋愛 94 位 / 32,092件
文字数 154,307 最終更新日 2021.07.26 登録日 2021.05.11
11
恋愛 完結 短編
「お姉様、申し訳ありませんけれど、ダルビン様はいただきますわ」 ある日突然腹違いの妹からそんなことを告げられた。 気付いた時には既に婚約者を奪われていて……。
24hポイント 15,868pt
小説 172 位 / 111,532件 恋愛 102 位 / 32,092件
文字数 673 最終更新日 2021.07.26 登録日 2021.07.26
12
恋愛 連載中 短編
アイメリアは今年十五歳になる少女だ。 家族に虐げられて召使いのように働かされて育ったアイメリアは、ある日突然、父親であった存在に「お前など家族ではない!」と追い出されてしまう。 アイメリアは養子であり、家族とは血の繋がりはなかったのだ。 閉じ込められたまま外を知らずに育ったアイメリアは窮地に陥るが、救ってくれた騎士の身の回りの世話をする仕事を得る。 養父母と義姉が自らの企みによって窮地に陥り、落ちぶれていく一方で、アイメリアはその秘められた才能を開花させ、救い主の騎士と心を通わせ、自らの居場所を作っていくのだった。 ※小説家になろうさま・カクヨムさまにも掲載しています。
24hポイント 15,463pt
小説 177 位 / 111,532件 恋愛 106 位 / 32,092件
文字数 58,246 最終更新日 2021.07.12 登録日 2021.04.02
13
恋愛 完結 短編
「パメラが熱を出したから、今日は約束の場所に行けなくなった。今度埋め合わせするから許してくれ」 ジョセフはそう言って、婚約者である私とのデートをキャンセルした。……いったいこれで、何度目のドタキャンだろう。彼はいつも、体の弱い幼馴染――パメラを優先し、私をないがしろにする。『埋め合わせするから』というのも、口だけだ。 きっと私のことを、適当に謝っておけば何でも許してくれる、甘い女だと思っているのだろう。 いい加減うんざりした私は、ジョセフとの婚約関係を終わらせることにした。パメラは嬉しそうに笑っていたが、ジョセフは大いにショックを受けている。……それはそうでしょうね。私のお父様からの援助がなければ、ジョセフの家は、貴族らしい、ぜいたくな暮らしを続けることはできないのだから。
24hポイント 14,966pt
小説 182 位 / 111,532件 恋愛 108 位 / 32,092件
文字数 33,039 最終更新日 2021.07.24 登録日 2021.06.26
14
恋愛 連載中 長編 R15
私の前世は、毒で死んだ令嬢。……いえ、世間的には、悪役令嬢と呼ばれていたらしいわ。 領民を虐げるグロスター伯爵家に生まれ、死に物狂いになって伯爵のお仕事をしたのだけれど。結局、私は死んでからもずっと悪役令嬢と呼ばれていたみたい。 必死になって説得を繰り返し、領主の仕事を全うするよう言っても聞き入れなかった家族たち。金遣いが荒く、見栄っ張りな、でも、私にとっては愛する家族。 なのに、私はその家族に毒を飲まされて死ぬの。笑えるでしょう? そこで全て終わりだったら良かったのに。 私は、目覚めてしまった。……爵位を剥奪されそうな、とある子爵家の娘に。 自殺を試みたその娘に、私は生まれ変わったみたい。目が覚めると、ベッドの上に居たの。 聞けば、私が死んだ年から5年後だって言うじゃない。 窓を覗くと、見慣れた街、そして、見慣れたグロスター伯爵家の城が見えた。 私は、なぜ目覚めたの? これからどうすれば良いの? これは、前世での行いが今世で報われる物語。 ※この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 ※保険でR15をつけています。
24hポイント 11,687pt
小説 218 位 / 111,532件 恋愛 125 位 / 32,092件
文字数 717,176 最終更新日 2021.07.27 登録日 2021.02.15
15
恋愛 完結 短編 R18
領主の末娘ルイリーは男友達は多いものの、今まで恋人が出来た事がなかった。ルイリーは「自分は理想が高いから、告白してもフラれるのはしょうがない」と、いつも顔で笑って心で泣いていたが、彼女の父親はモテない末娘の惨状にいつも心を痛めていた。そんなある日、ルイリーの父親はとある男を連れて帰ってきた。父親はルイリーに「今から結婚式をするぞ」と宣った。ルイリーはとうぜん戸惑う。「名前すら知らない、初対面の男といきなり結婚…⁉︎」と驚きおののく。相手の男の名はヴェイファン。腕の怪我が原因で一年前に退役した元騎士で、最近まで文官をしていたという。ルイリーは今まで自分の周りにいた事がないタイプの男が急に夫になり、目を白黒させるのだった。そう、ルイリーの婿は涼やかな目元をしたおとなしい性分の男だった。ルイリーは、容姿が良く真面目で優しいヴェイファンに、胸のときめきが止まらなくなるのであった。 ◆成人向けの小説です。性描写回には※がつきます。苦手な方はご自衛ください。
24hポイント 11,006pt
小説 229 位 / 111,532件 恋愛 131 位 / 32,092件
文字数 27,343 最終更新日 2021.07.25 登録日 2021.07.17
16
恋愛 連載中 短編 R15
王子から告げられた、突然の婚約破棄。理由は、私がとある令嬢をイジメたという密告があったから。 そんなことはしていないと弁解するが、王子は一切私の話を聞こうとしない。 それは、ある組織が私を仲間に加えるために仕組んだ謀略だった。 何の疑問も抱かず、あっさりと婚約破棄という結論に至った王子を、私は見限った。 諜報員としての才能があると見込まれて、とある闇組織から勧誘されていた私。 王子の婚約者として、普通の王妃になるために教育されていたので勧誘を断り続けてきた。 だけど、王妃になる道を絶たれて闇組織の勧誘を受け入れることにした。 婚約破棄された令嬢が暗躍して、王子たちに復讐する物語。
24hポイント 10,915pt
小説 231 位 / 111,532件 恋愛 133 位 / 32,092件
文字数 3,972 最終更新日 2021.07.27 登録日 2021.07.25
17
恋愛 連載中 長編
社交界デビュー3年目。いまだに結婚が決まらない子爵令嬢の私フランカは、夜会で既婚者の伯爵に無理矢理キスされそうになった。 逃げようと声をあげて平手打ちしたら、そのせいで私は社交界から追放されてしまう。 「おまえはこの家の恥さらしだ!!」 家族にもなじられ居場所をなくした私。 そんな私を助けてくれたのは、顔面国宝級の美男子なのに武闘派な貴族の次男・ヘリオスだった。 彼に紹介してもらい、私は田舎の古城で侍女のお仕事をすることに。 一方、王都では、伯爵たちに破滅が迫っていて!? ●『王子、婚約破棄したのはそちらなので、恐い顔でこっちにらまないでください』と同じ国の1年後の初夏~が舞台。前作のキャラは、出たり出なかったりです。 ●一部キャラは魔法を使います。ヒーローは面倒見の良い元ヤン系。ようやくざまぁが始まりつつあります。 ●作者の都合により、フランカとヘリオス以外の視点では三人称。 ●小説家になろうにも投稿。
24hポイント 9,579pt
小説 253 位 / 111,532件 恋愛 143 位 / 32,092件
文字数 125,675 最終更新日 2021.07.27 登録日 2021.06.05
18
恋愛 完結 短編
ロリエ・ファルミナトはそこそこお金持ちの家の息子であるダイスと婚約し、彼の実家に一緒に住むことになったのだが、彼の母親は問題大アリで……。
24hポイント 9,222pt
小説 258 位 / 111,532件 恋愛 147 位 / 32,092件
文字数 947 最終更新日 2021.07.24 登録日 2021.07.24
19
恋愛 連載中 長編 R15
※番外編の更新を始めました。  地味な侯爵令嬢セシリアは、氷の騎士と呼ばれるほど冷たいベイル=ペイフォードの婚約者候補になった。初めて会ったベイルは噂通りの冷たさで、しかも、周囲がドン引くような重度のシスコン発言を次々にしていく。普通の令嬢なら泣いて逃げだすところだが、セシリアはにっこりと微笑んだ。なぜなら、セシリアのお目当ては、ベイルの妹クラウディア=ペイフォードだったから。 『ああ、麗しいクラウディア様とお友達になりたい!』そんな熱い思いを胸に情報収集をしていると、なぜかベイルに気に入られて……。 ※ベイルの妹が主人公のお話はこちら↓ 『やり直し転生令嬢はざまぁしたいのに溺愛される』 (https://www.alphapolis.co.jp/novel/521010818/583506359) ※小説家になろうにも掲載しています
24hポイント 9,222pt
小説 258 位 / 111,532件 恋愛 147 位 / 32,092件
文字数 89,906 最終更新日 2021.07.25 登録日 2021.05.26
20
恋愛 連載中 長編
 侯爵令嬢のリディアは、侯爵令息であるロジェリオと婚約し、充実した日々を送っていた。  念願の婚約から3か月ほど経ったある日、リディアはロジェリオがとある出稼ぎ令嬢と「恋仲」になっている、という噂を耳にした。そして、その噂は貴族の間でどんどん広がっているという。  リディアはその噂を信じていなかったものの、ある日噂の2人のやりとりを目の当たりにすることで、その噂の原因に気付く。  噂の原因に気付いたリディアは、ある人に相談の手紙を送る。  その相手とは、現在国際交流のため隣国に留学している、リディアとロジェリオの幼馴染兼文通相手である王太子のアーネストだった。  すると手紙を送って数日後、アーネストが留学を終え、5年ぶりに本帰国するという知らせが突如舞い込んできた。  アーネストが帰国した理由には、リディアの存在と、例の噂が深く関わっているようで……。  このアーネストの帰国と、例の噂によって、リディアの婚約は大きく一変することとなる。  果たして、この恋の四角関係はどんな結末を迎えるのか!? *小説家になろう様とツギクル様にも投稿しています。
24hポイント 9,167pt
小説 261 位 / 111,532件 恋愛 149 位 / 32,092件
文字数 218,350 最終更新日 2021.07.23 登録日 2021.03.26
21
恋愛 連載中 短編 R15
婚約破棄されるって噂を聞きつけたけど、父親から 【命に関わるから我慢しなさい】 と言われ、言いたい放題の人達に文句も言わず婚約破棄を受け入れたエリン。 ところが次の相手は白い結婚だ!と言い出した。 えっ? しかも敷地内に恋人を囲ってる? 何か不条理すぎる気がするわ。 この状況打開して、私だって幸せになりますね。 ーーーーーー ゆるふわの中世ヨーロッパ、幻の国の設定です。 完結迄予約投稿済みです。 R15は念の為・・
24hポイント 8,705pt
小説 269 位 / 111,532件 恋愛 154 位 / 32,092件
文字数 30,661 最終更新日 2021.07.27 登録日 2021.07.05
22
恋愛 完結 長編 R15
沙羅は『勇者の花嫁』として異世界召喚された。花嫁とは名ばかりの生け贄として。 勇者に伝説の剣らしきものまで登場。まるでRPGのよう。 勇者が敵なら魔王は味方。ゲーマーな沙羅はそんな自棄っぱちな考えで魔王に助けを求めた。 まったく期待していなかったはずが、本当に助けに来た魔王。 さらにどうしたことか、今度は魔王ギルガディスが『沙羅は俺の嫁』発言。しかもこちらはちゃんと妻として。 初っ端からスキンシップ過多気味なギルガディスを筆頭に、魔王城の住人は何だか皆フレンドリー。住人どころか、魔王城そのものまで沙羅が過ごしやすいようにと心を砕いてくれる始末。 そんな彼らの計画を聞けば、魔界に帰るつもりだとか。勇者と魔王のドンパチすらやるつもりのない、どこまでも平和な魔王軍。沙羅もこの世界に来て発現したゲームシステムなスキルを使って、その計画を手伝うことに。 ギルガディスが言うには、魔界経由で沙羅は元の世界に帰れるらしい。けれど今はもう、真っ直ぐな愛情をくれる彼の傍にいたい。 ギルガディスの悲願を叶え、魔界で彼と幸せに。そんな未来を描く沙羅だったけれど―― ※この作品は『小説家になろう』様、『カクヨム』様に掲載している同名作品を加筆修正したものです。
24hポイント 8,097pt
小説 284 位 / 111,532件 恋愛 161 位 / 32,092件
文字数 130,730 最終更新日 2021.07.26 登録日 2021.07.22
23
恋愛 完結 短編 R18
SM調教【氷の王子の快楽拷問】男勝りな姫が囚われの身となり残酷な性的快楽拷問を受ける【悪役令嬢にお仕置きを】ワガママなご令嬢に家庭教師のドSなお仕置き【王様と執事と私】乳首責め、クリ責め、3Pなどハード描写あり【パトロンとペット】美人アーティストの裏の顔【変態お兄ちゃん】近親相姦【囚われの姉妹姫】妹・媚薬責め 姉・アナル調教【愛玩ロリメイド】美少女調教(完結)
24hポイント 7,589pt
小説 303 位 / 111,532件 恋愛 170 位 / 32,092件
文字数 59,837 最終更新日 2021.07.25 登録日 2021.03.05
24
恋愛 完結 長編 R15
田舎の子爵家の令嬢セイラと男爵家のレオは幼馴染。両家とも仲が良く、領地が隣り合わせで小さい頃から結婚の約束をしていた。 時が経ちセイラより一つ上のレオが王立学園に入学することになった。 手紙のやり取りが少なくなってきて不安になるセイラ。 ようやく学園に入学することになるのだが、そこには変わり果てたレオの姿が…… 「田舎の色気のない女より、都会の洗練された女はいい」と友人に吹聴していた ホットランキング入りありがとうございます 2021/06/17
24hポイント 7,213pt
小説 317 位 / 111,532件 恋愛 177 位 / 32,092件
文字数 141,747 最終更新日 2021.07.24 登録日 2021.06.15
25
恋愛 完結 短編 R18
 幼なじみの陛下に、気持ちだけでも伝えたくて。いい思い出にしたくて告白したのに、執務室のソファに座らせられて、なぜかこんなえっちな日々になりました。
24hポイント 5,843pt
小説 360 位 / 111,532件 恋愛 195 位 / 32,092件
文字数 6,896 最終更新日 2021.07.26 登録日 2021.07.24
26
恋愛 完結 短編
「ローラリア、すまないが、他に好きな人ができた。おまえとはここまでだ」 突然そんなことを言い出したブライアンに、私はごく自然な態度で「はあ、そうなんですか」とだけ答えた。……怒りも、悲しみも、ほんの少しの嫉妬心もない。だって元々、ブライアンのことなんて、好きでも何でもなかったから。 落ち着き払った私の態度が気に入らないのか、ブライアンは苛立ち、その日のうちに婚約破棄は成立する。しかし、ブライアンは分かっていなかった、自分のとった行動が、どんな結末を招くかを……
24hポイント 5,829pt
小説 361 位 / 111,532件 恋愛 196 位 / 32,092件
文字数 21,268 最終更新日 2021.07.21 登録日 2021.07.03
27
恋愛 連載中 長編
 もし過去に戻れるのなら、昔の私を殴り飛ばしたいわ。まぁその時は、あの人を心から愛してたし真剣だった。それしか、自分たちの愛を貫けられないと思ったわ。  だから…… 「生まれ変わったら幸せになろう」  そう互いに約束してこの世を去ったの。  うん。願いは叶えられたよ。叶えられたけどさ……  生まれ変わって一回目は、束縛が酷くて逃げようとしたら、荷馬車に轢かれてジ・エンド。  二回目は、即監禁。  彼に横恋慕した女の手に掛かり、腹を刺されてジ・エンド。  三回目は……出会って一週間で、彼に殺されたわ。  四回目も五回目もあるけど、もう語るのもしんどくなってきたわ。  これって、もう一種の【呪い】だよね。  もう、監禁されるのも死ぬのも勘弁したい。だったら、もう逃げるしかないよね。  今度こそ逃げ切ってやる!!  でもその前に、お母様を死に追いやった屑(実父)と糞女(義母)、そして義妹を地獄に叩き落としてからね。  じわりじわりと真綿に首を締めるように苦しめてあげるわ。  短編から長編に変更しました。  
24hポイント 5,374pt
小説 386 位 / 111,532件 恋愛 205 位 / 32,092件
文字数 303,693 最終更新日 2021.07.25 登録日 2020.09.01
28
恋愛 連載中 長編
選ばれた貴族の令嬢・令息のみが通うことを許される王立高等貴族院で、私は婚約者のチェスタスと共に楽しい学園生活を謳歌していた。 しかし、ある日突然転入してきたチェスタスの幼馴染――エミリーナによって、私の生活は一変してしまう。それまで、どんな時も私を第一に考えてくれていたチェスタスが、目に見えてエミリーナを優先するようになったのだ。 チェスタスが言うには、『まだ王立高等貴族院の生活に慣れてないエミリーナを気遣ってやりたい』とのことだったが、彼のエミリーナに対する特別扱いは、一週間経っても、二週間経っても続き、私はどこか釈然としない気持ちで日々を過ごすしかなかった。 そんなある日、エミリーナの転入が、不正な方法を使った裏口入学であることを私は知ってしまう。私は間違いを正すため、王立高等貴族院で最も信頼できる若い教師――メイナード先生に、不正の報告をしようとした。 しかし、その行動に気がついたエミリーナは、私を屋上に連れて行き、口封じのために、地面に向かって突き落としたのだった……
24hポイント 5,370pt
小説 387 位 / 111,532件 恋愛 206 位 / 32,092件
文字数 56,442 最終更新日 2021.07.26 登録日 2021.06.18
29
恋愛 完結 短編
アイナは、どこにでもいる普通の高校生だった。 塾の帰り道、彼女は突然、意識を失い、気がついた時には見知らぬ場所にいた。 そこにいた者達から話を聞き、彼女は自分が異世界に聖女として召喚されたことを知る。周りにいるのは、バルガディア帝国という国の人間であるらしく、強力な魔法を使える聖女を戦力に加えるために、アイナを呼び出したようだ。 しかし、当然彼女は魔法など使えなかった。その事実が判明したため、アイナはバルガディア帝国から追放されることになった。 追放されたアイナは、なんとか生きようとしたものの、やがて力尽きて倒れてしまった。 しかし、かつて帝国に滅ぼされた国の者達に救われて、なんとか生き残ることができた。 行く当てのないアイナを、彼らは快く受け入れてくれた。こうして、アイナの異世界での新たな生活が始まったである。
24hポイント 5,133pt
小説 402 位 / 111,532件 恋愛 214 位 / 32,092件
文字数 23,702 最終更新日 2021.07.23 登録日 2021.07.06
30
恋愛 完結 短編
リーナは待っていた。 婚約者ナフンから婚約破棄を告げられるその時を。
24hポイント 4,728pt
小説 428 位 / 111,532件 恋愛 226 位 / 32,092件
文字数 601 最終更新日 2021.07.25 登録日 2021.07.25
31
恋愛 完結 長編
婚約を6回も断られ、侍女に八つ当たりしてからフテ寝した侯爵令嬢ルシーフェルは、不思議な夢で前世の自分が日本人だったと思い出す。ここ、ゲームの世界だ! しかもコワモテの悪役令嬢って最悪! 見た目の悪さゆえに性格が捻じ曲がったルシーはヒロインに嫌がらせをし、最後に処刑され侯爵家も没落してしまう運命で――よし、今から家族のためにいい子になろう。徳を積んで体から後光が溢れるまで、世のため人のために尽くす所存です! 目指すはざまあ回避。ヒロインと攻略対象は勝手に恋愛するがいい。私は知らん。しかしコワモテを改善しようとするうちに、現実は思わぬ方向へ進みだす。公爵家の次男と知り合いになったり、王太子にからまれたり。ルシーは果たして、平穏な学園生活を送れるのか!?――という、ほとんどギャグのお話です。
24hポイント 4,302pt
小説 446 位 / 111,532件 恋愛 233 位 / 32,092件
文字数 100,556 最終更新日 2021.07.21 登録日 2021.07.16
32
恋愛 完結 短編
身勝手な理由で泣いて帰ってきた妹エセル。 でも、この子、私から婚約者を奪っておいて、どの面下げて帰ってきたのだろう。 誰も構ってくれない、慰めてくれないと泣き喚くエセル。 両親はひたすらに妹をスルー。 「お黙りなさい、エセル。今はヘレンの結婚準備で忙しいの!」 「お姉様なんかほっとけばいいじゃない!!」 無理よ。 だって私、大公様の妻になるんだもの。 大忙しよ。
24hポイント 4,103pt
小説 465 位 / 111,532件 恋愛 242 位 / 32,092件
文字数 11,032 最終更新日 2021.03.30 登録日 2021.03.28
33
恋愛 完結 短編
私、河原未來ことグレース・ヒル伯爵もうすぐ学院卒業の18歳。身長170センチ体重ギリギリ2桁。つまり超巨漢です。 幼児期は国内一の美少女と言われる程だったのだけれど、家族愛に溢れすぎました。 毎日、父や母と弟、従者達に可愛がられてケーキを1ホール食べ続けた結果がこの通りの巨漢。 気づけばどこに居てもすぐ見つけられる体型になっていました。 ふんわり設定です。 のんびり気楽に読んで頂ければ幸いです。 Copyright©︎2020-まるねこ
24hポイント 3,961pt
小説 474 位 / 111,532件 恋愛 249 位 / 32,092件
文字数 8,067 最終更新日 2021.05.08 登録日 2021.05.07
34
恋愛 連載中 長編
4月1日、無事に書籍が発売となりました! 発売お礼と致しまして、小話を追加しました。少しでも楽しんで頂ければ幸いです! 有難い事に、こちらの作品書籍化企画進行中のため、3月4日に引きさげとなりました。 書籍化にともない改稿をかなりしておりまして、既読の方にも楽しんでいただける内容になっていると思います。 番外編も書きましたので、よろしくお願いしますー! 沢山読んで下さった皆様のおかげです!感謝しております! 今後とも、よろしくお願いいたします。 アリシア・カリスト公爵令嬢はレイス・コンフォール王太子殿下の婚約者だった。 嫉妬に駆られて王太子殿下と仲睦まじかった聖女であるユリア・ミシェルを害しようとした罪で断罪され、斬首された。 それが前回の私。 今回の私は、もうなんにもしたくない。嫉妬とか馬鹿らしいし、ユリアは嫌いだし、レイス様も大嫌い。 できれば王立学園にも行きたくない。海は日焼けしちゃうから、できれば森が良い。森で静かに暮らしたい。 結局逃げられなかった公爵令嬢と、前回の記憶のある王太子殿下の話。
24hポイント 3,935pt
小説 477 位 / 111,532件 恋愛 251 位 / 32,092件
文字数 196,522 最終更新日 2021.07.25 登録日 2020.07.01
35
恋愛 連載中 ショートショート
「お前との婚約をここに破棄する……お前はこの家を出て行け!」  私は婚約者のアノス様に婚約破棄を宣言された。  婚約破棄は仕方ない。そう思いその婚約破棄を認める私だが、最後の一文だけが気になった。  だってこの屋敷は―― 「なんで私が出ていくのですか? 出ていくのはアノス様のほうですよね?」  ――私の屋敷なのですから。
24hポイント 3,855pt
小説 480 位 / 111,532件 恋愛 252 位 / 32,092件
文字数 4,572 最終更新日 2021.07.02 登録日 2021.06.27
36
恋愛 完結 長編 R15
あらすじ 家族から使用人のように扱われていたニコレットは、兄の友人であるヴェルネル=ダヴィアから婚約を申し込まれる。 しかし婚約式の日に、妹のヒルベルタらに嵌められ婚約を破棄されてしまう。 そしてダヴィア侯爵家からの圧力により、家まで追い出されることに。 行き場を失ったニコレットだったが、執事のレンリによって助けられる。 小さな街の長屋に身を落ち着かせ、ご近所付き合いも良好。 仕事も見つかり生活に慣れ始めた時、隣家で問題が起こる。 ニコレットとレンリはそのお隣さんのお家事情に巻き込まれ、騎士団の副団長を務めるラシュレ公爵の屋敷で働くことに。 難攻不落の鉄仮面と呼ばれる寡黙な騎士メルヒオール。 そんな彼の意外な秘密に、ニコレットも次第に打ち解けていく。 一方、ニコレットを失ったキールス侯爵家では様々な綻びが生じ始め――。 感想などありがとうございます(*´∇`)励みになります。 ※下ネタが含まれる感想は、承認できません。ご了承下さい。また、感想はほぼネタバレになりますのでお気をつけください。
24hポイント 3,763pt
小説 491 位 / 111,532件 恋愛 257 位 / 32,092件
文字数 147,557 最終更新日 2021.07.22 登録日 2021.05.20
37
恋愛 完結 長編 R18
ある日、我が国と隣国の2つの王家間の同盟を締結する為に……、隣国の猛将シャティウス・オルランド様に嫁ぐ事が決まりました。 オルランド将軍は戦場での血生臭い噂以上に、女性関係の噂も絶えない方なので、出来ればご辞退したいのだけれど、『政略上の契約』なので、それは出来ません。 なので、さっさと跡継ぎを作って悠々自適のスローライフでも送ろうと思ったのに、初夜の日から始まるとろけるように甘く淫らな偏愛に、わたくしは毎夜翻弄されていく……。 表紙絵は束原ミヤコ様(@arisuthia1)に描いて頂きました! ◆2021.6.11 アルファポリスHOTランキング6位 ◆2021.6.12 ムーンライトノベルズ日間総合12位/日間連載中5位 ◆2021.7.7 ムーンライトノベルズ日間連載中15位
24hポイント 3,550pt
小説 515 位 / 111,532件 恋愛 267 位 / 32,092件
文字数 113,206 最終更新日 2021.07.08 登録日 2021.06.09
38
恋愛 完結 短編
「彼女はアンジェラ、私にとっては妹のようなものなんだ。妻となる君もどうか彼女と仲良くしてほしい」 セシリアが嫁いだ先には夫ラルフの「大切な幼馴染」アンジェラが同居していた。アンジェラは義母の友人の娘であり、身寄りがないため幼いころから伯爵邸に同居しているのだという。 ラルフは何かにつけてセシリアよりもアンジェラを優先し、少しでも不満を漏らすと我が儘な女だと責め立てる。 ついに我慢の限界をおぼえたセシリアは、ある行動に出る。
24hポイント 3,296pt
小説 548 位 / 111,532件 恋愛 288 位 / 32,092件
文字数 50,260 最終更新日 2021.04.19 登録日 2021.04.02
39
恋愛 連載中 長編 R15
伯爵家の娘である、リーシャは常に目の下に隈がある。 しかも、肌も髪もボロボロ身体もやせ細り、纏うドレスはそこそこでも姿と全くあっていない。 それに比べ、後妻に入った女性の娘は片親が平民出身ながらも、愛らしく美しい顔だちをしていて、これではどちらが正当な貴族の血を引いているかわからないなとリーシャは社交界で嘲笑されていた。 そんなある日、リーシャに結婚の話がもたらされる。 相手は、イケメン堅物仕事人間のリンドベルド公爵。 かの公爵は結婚したくはないが、周囲からの結婚の打診がうるさく、そして令嬢に付きまとわれるのが面倒で、そのため結婚したいとは思っていたが、仕事に口をはさまず、お互いの私生活にも口を出さない、仮面夫婦になってくれるような令嬢を探していた。 そして、リンドベルド公爵に興味を示さないリーシャが選ばれた。 リーシャは結婚に際して一つの条件を提示する。 それは、三食昼寝付きなおかつ最低限の生活を提供してくれるのならば、結婚しますと。 実はリーシャは仕事を放棄して遊びまわる父親の仕事と義理の母親の仕事を兼任した結果、常に忙しく寝不足続きだったのだ。 この忙しさから解放される! なんて素晴らしい! 涙しながら結婚する。 ※設定はゆるめです。  現在小説家になろうにも投稿中、フリースペースにリンクあります。  色々と詳しくは近況ボードにて。  応援ありがとうございます!
24hポイント 3,273pt
小説 552 位 / 111,532件 恋愛 290 位 / 32,092件
文字数 173 最終更新日 2021.07.11 登録日 2021.06.20
40
恋愛 完結 短編
婚約者の彼は本好きな私をよく思っておらず……。
24hポイント 3,074pt
小説 582 位 / 111,532件 恋愛 300 位 / 32,092件
文字数 443 最終更新日 2021.07.26 登録日 2021.07.26
2,809 12345