恋愛 身分差の恋小説一覧

カテゴリ 恋愛
タグ 身分差の恋×
12
1
恋愛 連載中 短編 R18
冷徹だと嫌われる公爵が一目惚れした隣国の男爵令嬢
24hポイント 3,216pt
小説 392 位 / 63,724件 恋愛 194 位 / 15,894件
文字数 70,689 最終更新日 2020.01.18 登録日 2019.11.27
2
恋愛 完結 長編 R18
魔族や様々な種族が入り乱れるエイダ王国で、人間のクレハは浮いた存在だった。一般母子家庭に育ち、沢山勉強をしていい職に就き母を楽させるのが夢だ。ある日クレハは喧嘩の現場を見てしまい、背後から襲われ昏倒した赤髪の青年を助ける。青年は高位魔族――吸血鬼の貴族だった。ノアと名乗る青年と一時は別れたものの、再び出会ったクレハは彼にどうしようもなく惹かれてゆく。 ※ムーンライトノベルズさまでも投稿しましたが、連載中はそちらは非表示とします。 ※一昨年の冬頃に書いたもので、何かと拙いですが、供養として投稿させてくださいませ。
24hポイント 106pt
小説 5,114 位 / 63,724件 恋愛 2,063 位 / 15,894件
文字数 147,396 最終更新日 2019.04.01 登録日 2019.03.06
3
恋愛 完結 長編 R15
【様々な謎と恋が少女を成長させる異世界恋愛ファンタジー】 貧民街を渡り歩いて育ったルルは、 衛兵に連行され帰ってこない母サハルを探しに、王都へ向かっていた。 そこで王に逆らう反乱軍に攫われ、売られそうになる。 そんな危機をある男性に助けられるが、妙な光を浴び倒れてしまう。 ルルが目覚めるとそこは王宮で、 助けてくれた男性が母を連行するよう命じたはずの、王であることが発覚する。 ルルは母がどうなっているかを知るために、王宮で奴隷として彼に仕えることになるが? ※小説家になろうで投稿していた 『原初の王族の始まりと顛末~奴隷の少女と不老不死の王~』(削除済み)を 改題、改稿したものになります。
24hポイント 35pt
小説 9,287 位 / 63,724件 恋愛 3,464 位 / 15,894件
文字数 130,234 最終更新日 2019.07.13 登録日 2019.02.28
4
恋愛 完結 長編
地味だけれど心優しい姉と、野心家な美しい妹の入れ替わり人生の物語。 螢月は炭焼きと薬作りを生業にする両親と、近隣一番の美少女と名高い妹との四人家族で、静かな村で穏やかに暮らしていた。 しかし、妹の月香が行方不明になったことから、その穏やかな暮らしが失われてしまう。 途方に暮れる螢月の前に、以前怪我をしていたところを助けた男が現れる。 「迎えに来た。わたしの妻になって欲しい」 そう言う男はこの国の次期王・世太子その人で―― 戸惑いながらも王宮に連れて来られた螢月が目にしたのは、公主として傅かれる月香の姿だった。 ※カクヨムさんにて同じものが公開されています。 画像は素材サイト様からお借りしております。 →無料壁紙フリー写真素材集/癒やしの風景写真(http://www.yokaphoto.net/)
24hポイント 35pt
小説 9,287 位 / 63,724件 恋愛 3,464 位 / 15,894件
文字数 226,720 最終更新日 2019.08.12 登録日 2019.06.01
5
恋愛 連載中 長編
私──クロエ・シャルパンティエが作るお菓子はこの国にはこれまでなかった美味しいものらしい。 そう思うのも当然、だって私異世界転生したんだもん!(ドヤァ) 実はその過去のせいで、結婚願望というのがない。というか、むしろ結婚せずに美味しいスイーツを、信頼してるルーク君と一緒に作っていたい! だけど、私はシャルパンティエ公爵令嬢。いつかは家の為に結婚をしなくてはいけないそうだ。 そんな時、周囲の声もあって、屋敷の敷地内に「シャルパンティエ公爵家の喫茶室」をオープンすることに。 さてさて、このままお店は継続になるのか、望まない結婚をするのかは、私とルーク君にかかっているのです! この話は、恋愛嫌いの公爵令嬢と、訳り執事見習いの恋物語。 なお、他サイトでも掲載しています。
24hポイント 28pt
小説 10,105 位 / 63,724件 恋愛 3,759 位 / 15,894件
文字数 31,193 最終更新日 2018.08.22 登録日 2018.08.15
6
恋愛 完結 長編
 古い血を持つというだけで縁談が来た身寄りのないメイド、嫁いだ先でうっかり…… 小説家になろう ランキング結果 日間異世界恋愛10位(2019.12.12) 週間異世界恋愛34位(2019.12.17) ❤︎❤︎❤︎❤︎❤︎❤︎❤︎❤︎❤︎❤︎❤︎❤︎❤︎❤︎❤︎❤︎ 続編?スピンオフ 「まだ部屋のないメイドです。」を公開しました。14話で13000万字程度なので、宜しければ、そちらも続けてお読みください。 (2020.1.19)
24hポイント 21pt
小説 11,634 位 / 63,724件 恋愛 4,193 位 / 15,894件
文字数 16,779 最終更新日 2019.12.08 登録日 2019.12.08
7
恋愛 連載中 長編
立野音羽(24歳)はセクハラで会社を辞めたあと派遣で職を繋いでいたが、友達の勤める会社で中途採用が決まりいよいよ念願の正社員となる。だが就職一日目から会社のセキュリティに引っかかるわ、電車内で置き引きにあって全てをなくすわ最悪なスタートを切ることになった。そんな音羽をなぜかいつも救ってくれるのは会社内で王子と呼ばれる上司の息吹だった。 成り行きで息吹の家に同居することになった音羽だが、もう一人の同居人のアラブ人もいて、息吹の謎は深まっていく。
24hポイント 0pt
小説 63,724 位 / 63,724件 恋愛 15,894 位 / 15,894件
文字数 35,450 最終更新日 2019.04.24 登録日 2019.04.23
8
恋愛 連載中 長編
中央大陸を統べるヴェル家の末裔のミシェルは生まれた時から決められた婚約者がいた。 北の大陸を統べるレギオン一族の次男クレベルト。 クレベルトとは幼い頃から親しい間で彼女自身幸せな人生が永遠に続いていくと思っていた。 しかし、幸せの日々は国王のある父の一言で崩れ去ろうとしていた…。 そんなある日、ミシェルは叔父のハインツの頼みで書庫で歴史書の整理をしていた。 ぞんざいに置かれていた1冊の古びた本が見つける。 怪訝に思いながらも本の題名を読んだ途端彼女は見知らぬ土地に立っていた。 深い森の中で懸命に散策していくと見慣れた紋章をつけた男が現れた。その男性を見て彼女は驚きを隠せなかった。 その男はヴェル家の始まりの当主であった。 男と話をするうちに彼女は理解した。 自分が一族の始まりの時代に時間を超えていた事に。 帰る方法が分からないまま彼女は 祖先である男と行動を共にすることになった。 そして、これが彼女にとって長い長い旅の始まりに過ぎなかった事にこの時気づくことはなかった。 彼女の運命は一体どうなるか…!? ※冒険×歴史×恋愛を元に執筆して行きたいと思います。
24hポイント 0pt
小説 63,724 位 / 63,724件 恋愛 15,894 位 / 15,894件
文字数 7,749 最終更新日 2019.05.10 登録日 2019.05.05
9
恋愛 連載中 長編 R15
魔法大国と謳われる国の田舎の村に生まれた双子の私。 ちょっと特殊な家系に生まれた私達がある日連れていかれた先はとあるお貴族様の屋敷だった。 そこで知り合った王子とか公爵子女とかと仲を深めたり喧嘩したり落とし穴を掘って最終的に頭の上にたんこぶを作ったりしながら日々を過ごしている。 魔法学校に入学してからは普通の友達もできた。 けど、楽しい日々の中でも私は周りにいる天才達を追い越す為に努力した。努力だけは絶対に怠らなかった。 そのおかげで周りと肩を並べられるまでになった。それでも私は勉強や魔法を頑張った。努力は続けた。だって私の目標は天才達と肩を並べられるようになる、じゃなくて「追い越すこと」だから! そんな魔法学校卒業後、喧嘩ばかりで私の天敵な公爵子息とは別々の道を歩むことになる。これでやっと顔を合わせずにすむ、と両手をあげて万歳三唱したのも束の間、仕事で訪れる先々で何故か顔を合わせる日々が待ち受けていて。 中々切れない悪縁に地団駄を踏む日々が待っていたとは......。頼みますから、誰かこの悪縁切ってもらえませんかね? 小説家になろう様にも投稿しています。
24hポイント 0pt
小説 63,724 位 / 63,724件 恋愛 15,894 位 / 15,894件
文字数 71,711 最終更新日 2019.07.03 登録日 2019.05.31
10
恋愛 完結 短編
国の端々で民衆の社会主義運動が活発になる中、男は首都にほど近い街で軍隊に勤めていた。 貴族の出身で鳴り物入りで入隊した男が惚れたのは、酒場で歌う農民の娘。身分を超えた愛は実らないと周りに散々バカにされながらも男は諦めず、娘に毎日アプローチしていた。 そんな男に娘はだんだんと好意を持ち始めるが、娘には男に言えない秘密があったーーー。 身分とは何か、格差とは何か、激動の時代の中で、愛に生きた二人の物語。
24hポイント 0pt
小説 63,724 位 / 63,724件 恋愛 15,894 位 / 15,894件
文字数 37,705 最終更新日 2019.08.01 登録日 2019.06.12
11
恋愛 連載中 長編
nao
時は西暦2500年。その頃の地球は、1つの地球国という国を形成していた。そこは、文明が衰退をした地球。人口は減少し、村や小さな町が点々としたこの世界の人々は神を信じ、占い事や、魔法のような特別な力も存在する世界。そこはまるで異世界。そんな時代、地球国を治めるトップに立つ男は、天使教と呼ばれ、神のように崇められていた。 そんな天師教がある日、妃を募集し始めた。 「ま、私が行ってサクっと妃になって来るよ」 ある田舎の村育ちの、常識知らずで、何の取り柄もない少女、天音。 彼女は、妃候補に立候補し、村を出て、この国の中心となる城下町へと赴き、城で修行をしながら暮らす事となる。 そこで彼女はこの国を知っていく。 そして、天音は彼と出会う。 「あなたの名前は?」 「京司。」 そう、彼こそ、この地球国で神と呼ばれる人物“天使教” 「恋してるでしょ?」 しかし、その人は好きになってはいけない人だった…。 「天音は知らない…。俺が天師教って事を。」 「天音は天使教と敵対する事になる。」 「…天音は妃になれないのですよ…。」 「はじめから俺たちのいる世界は違ったんだよ…。」 「どうして出会ってしまったの…。」 その先に待つ未来とは…? 「こんな未来を見たかったわけじゃない。」 ※別サイト小説家になろう、ベリーズカフェに掲載しているものです。
24hポイント 0pt
小説 63,724 位 / 63,724件 恋愛 15,894 位 / 15,894件
文字数 359,993 最終更新日 2019.09.23 登録日 2019.07.27
12
恋愛 連載中 短編
ちゃんみなさんの『Never grow up』を自分なりに解釈して書いた小説です。 二次創作が嫌いな人は見ないことを推奨します。
24hポイント 0pt
小説 63,724 位 / 63,724件 恋愛 15,894 位 / 15,894件
文字数 1,313 最終更新日 2020.01.13 登録日 2020.01.13
12