恋愛 別離小説一覧

カテゴリ 恋愛
タグ 別離×
4
 街角で見掛けたエリ子を、僕は一瞬で好きになった。陳腐な言い方だが、運命の出逢いってこういうのを言うのだろうか?  幼い頃から一筋に打ち込んだサッカーを断念せざるを得なかった僕……。中学を卒業し、高校に進学すると言うのに、目標も希望もなかった。  そんな僕が、エリ子との出逢いを切っ掛けに変わっていく。いつまでも、変わらない想いを胸に宿して……。
24hポイント 14pt
小説 14,762 位 / 65,942件 恋愛 5,386 位 / 16,976件
文字数 39,930 最終更新日 2019.08.04 登録日 2019.07.30
 「明日香と悠の部屋」。  姉の手製のカードがかかった二階の部屋。  高校一年の僕と大学入学が決まったばかりの姉のフツーの日常。  でも今年のバレンタイン。姉は僕にチョコレートをくれなかった。そのまま五日経った。  小さい時からいつも一緒。手をつないで過ごしてきた僕ら姉弟だけど、姉はポツンと僕に告げる。  「部屋。別々にしよう」  いつかは来る時間だった。  僕、布団を持って部屋を出た。取りあえず寝るときは茶の間でって・・・  それから数日経った時・・・  僕ら姉弟、また同じ部屋で過ごすことになった・・・  ある出来事がきっかけで・・・  涙で終わる青春の恋物語。
24hポイント 7pt
小説 17,571 位 / 65,942件 恋愛 6,462 位 / 16,976件
文字数 7,805 最終更新日 2020.01.30 登録日 2020.01.29
                  梗概    快晴の天気、青空が広がるとある日に、恋人を事故で失った、宇垣紬(うがきつむぎ)の悲しみと苛立ちの回想の一節を連なった、今、陽光が煌く青々とした空の下で歩く彼女の叙景の物語、
24hポイント 0pt
小説 65,942 位 / 65,942件 恋愛 16,976 位 / 16,976件
文字数 3,972 最終更新日 2019.07.26 登録日 2019.07.26
 意地悪でわがままなゆかりのヤツが引っ越した。  バレンタインのチョコを置き土産に・・・  なんでも自分で決めて僕を従わせてきた大キライなあいつ。  中学二年で、やっとおさらば・・・  電話番号もメルアドも変更!ゆかりの連絡なんて受け付けません。  そうしたら、僕の近況をしつこく尋ねる手紙が毎週、届くようになった。  返事なんか書きません。  そして、アイツが引っ越して最初のバレンタイン。  宅急便で送られて来た・・・赤い包装紙に包まれた大きな箱・・・  でも箱の中には、一通の封書が・・・  別れた後も延々続くバレンタイン。  やっぱり人を恋するってすばらしいんだ!そんな小説をめざしてみました。
24hポイント 0pt
小説 65,942 位 / 65,942件 恋愛 16,976 位 / 16,976件
文字数 8,030 最終更新日 2020.01.30 登録日 2020.01.30
4