恋愛 ざまあ小説一覧

カテゴリ 恋愛
タグ ざまあ×
62 12
1
恋愛 連載中 長編
 私のお母様は、昔、悪役令嬢と呼ばれ冤罪の末に追放された上に攫われた過去があったそうだ。  そして攫われた末に身篭ったのが私、アシュリー。私の目の色と髪の毛の色がその男と同じだそうで、私はブサイクになるメガネとカチューシャをつけて生活をしている。  15歳の時に王立学園に特待生として入学を果たし、田舎を出て王都で暮らすようになるけれど、学園では恐ろしいくらいに存在が薄くて、ブスメガネ、幽霊なんて言われてしまう。  そんな日々の中で、神獣と出会ったり、王太子殿下や賢者に振り回される日々を送るようになる。
24hポイント 64,384pt
小説 19 位 / 64,263件 恋愛 16 位 / 16,146件
文字数 119,951 最終更新日 2020.01.28 登録日 2019.12.13
2
恋愛 連載中 短編
 使用人を侮辱したことで王太子フェリクスに婚約を破棄された、令嬢ミーナ・ラナラ。  しかしそれはミーナの意思ではなく、催眠術によってそうさせられていたのです。  ひょんなことから催眠が解けた、ミーナ。密かに犯人を捜し始めた彼女はやがて、驚くべき真実を知るのでした――。
24hポイント 17,353pt
小説 90 位 / 64,263件 恋愛 54 位 / 16,146件
文字数 16,676 最終更新日 2020.01.27 登録日 2020.01.17
3
恋愛 連載中 短編
「悪いけど、婚約なかったことにしてくれないか? もう少し遊んでいたくてね」 イグリオ王国の公爵令嬢アリシャ・リューンエルバは、王族階級で第三王子に該当するメルビル・カサンドラと婚約をしていた。しかし、まだまだ所帯を持ちたいとは考えていないメルビルによって、婚約破棄を言い渡された。 そのことを聞いたアリシャの兄にして、次期当主であるリガイン・リューンエルバ(シスコン)は激昂する。 「メルビル王子……身勝手な理由で、最愛の妹に恥をかかせた罪、償ってもらおうか」 アリシャの兄上様は、訪ねて来たメルビルは当然、その兄弟や両親などにもしかるべき制裁を加えて行く。
24hポイント 5,341pt
小説 280 位 / 64,263件 恋愛 141 位 / 16,146件
文字数 38,554 最終更新日 2020.01.20 登録日 2019.12.08
フィリア=レイスは一年前、ダンテ王子と婚約を交わした。 しかし一緒に暮らすようになってから、彼は表面上ではにこにこ振る舞っているものの、内心ではフィリアの 家事が気に入らずストレスを溜めている様子。 そしてある日、ついにダンテの不満が爆発して——?
24hポイント 4,302pt
小説 320 位 / 64,263件 恋愛 157 位 / 16,146件
文字数 1,856 最終更新日 2020.01.27 登録日 2020.01.27
5
恋愛 完結 短編
 双子の姉と言っても、私と姉では両親や周囲からの扱が天と地ほどの差があるので、双子の姉妹というと姉に酷く嫌味を言われ、時に打たれることすらある。  明るい茶色の髪、翡翠色の眼をした人形のように愛らしい姉と、黒く長い髪と黒い眼をした冷たいビスクドールのような私。  姉は幼少時病弱だったこともあり、両親は姉を溺愛していたのも、今このようになった原因の一つだろうけれど、姉にかまけるあまり私の世話がおろそかになり、私の育児を半ば放棄されていたように思う。  裕福な家で家政婦がないければ、私の食事すらままならなかったのではないだろうか?もっともその家政婦も笑わない私よりも、病弱ながらも愛らしく笑う姉の方が気に入ってたように思える。  けれど、世間体を気にしているのか、学校だけはしっかりと通わされた私は、家から逃げるように図書室にこもり、休日は図書館に逃げ込んでいた。  高校に進学すれば、姉はさらに自分の信者を増やすかのように動くに決まっている。中学までがそうだったかのように、女王のごとく振舞うのだろう。  だったらそれを利用して私は姉に、両親に復讐をして見せる。  だって、私は悪い子だから。
24hポイント 3,905pt
小説 340 位 / 64,263件 恋愛 165 位 / 16,146件
文字数 29,549 最終更新日 2020.01.18 登録日 2019.12.17
6
恋愛 連載中 長編 R15
◉トラブルに見舞われても力技で解決! ◉『理不尽』なんかに屈しない! ◉時に過保護過ぎる兄弟子に愛され 振り回されながらも平穏とは真逆に突き進む!? 《転生令嬢の冒険譚!!》 ◆◆◆ 『理不尽』に振り回され、『理不尽』に死んだ前世を思い出したカトラ・カルサート伯爵令嬢。 今度こそは穏やかな一生にしたいと切実に願っていた。 ただ、人間不信気味な上に、前世で苦労を強いられたために世界や神を呪っていることから、少しネガティブな所も……。 異母やその子ども達に疎まれる中、家を出て一人で生きていく人生を選択する。 冒険者となり、真面目に強さや知識を求めていくカトラを悪く思う者はなく 尊敬できる武術の師を得たり、兄弟子の過保護過ぎる庇護を受け、相棒の『ナワちゃん』と共に成長していく! ◆◆◆ 【毎週月曜日0時頃投稿予定】
24hポイント 3,081pt
小説 402 位 / 64,263件 恋愛 197 位 / 16,146件
文字数 262,899 最終更新日 2020.01.27 登録日 2018.08.12
7
恋愛 完結 短編 R18
継母にいじめられ、腹違いの妹には奪われ、ドクズ父に殴られて気絶した公爵令嬢ローズマリーは覚醒する。 これってゲームによく似た世界じゃない!?え?私、悪役令嬢? つか、なまぬるいわ悪役令嬢!やるなら二度と這い上がってこれないくらい叩き潰さなきゃ!! 継母の新たな扉を開けて調教し、妹にトラウマを植え付けて良い子にして、第三王子の婚約者になったけど……虚しい…。 学園では第三王子は浮気しまくり、取り巻きにはいいように便利屋扱いされ…。 婚約破棄イベントっていつだっけ!?ヒロイン!マダァ!? レズ、グロの耐性のない方、その他良識を重視する人には序盤はきついかもしれません。
24hポイント 3,031pt
小説 410 位 / 64,263件 恋愛 203 位 / 16,146件
文字数 26,495 最終更新日 2019.02.07 登録日 2019.01.30
8
恋愛 完結 ショートショート
「お前との婚約は破棄だ!」 一方的にありもしない事実をでっち上げられて王太子に婚約破棄と国外追放を告げられた公爵令嬢のノア・パトリアーク。 ノアは人々の平和を望む祈りを一身に受け、聖女としてその力を用いて世界に再び魔物が発生しないよう聖魔法をかけ続けてきた救世主だというのに、心の支えであった王太子に裏切られた。 そんな彼が連れてきたのは、魂を削って生きている年不相応に大人びたノアとは真逆の明るくて可愛らしい少女だった。 そしてその少女と王太子のイチャイチャを見せつけられたノアの中で何かが壊れ、彼女の祈りは大きく歪み始める-- ※別名義で公開していた作品の再掲載です。
24hポイント 3,017pt
小説 412 位 / 64,263件 恋愛 205 位 / 16,146件
文字数 4,784 最終更新日 2020.01.21 登録日 2019.11.23
9
恋愛 連載中 長編
冴えない地味女は長年幼馴染の天敵・愛理に食いモノにされていた。お気に入りの物、彼氏、そして異世界転生したいからというトンデモナイ妄想のせいで命まで! 神様の眷属を無意識のうちに助けていて、神様が大分過保護して転生した。天敵はこの世界に主人公はいないと思っているので、関わらずに今世は自分の為に生きようとしていたが、王子の婚約者候補の集いで天敵と再会。前世と全く変わらないクズは、主人公の従者に目を付けた。また自分から奪おうとするのかと、主人公は復讐(お仕置き)することを決意する。前世での鬱憤、ここで倍返ししてやる!!! ある事情で病弱な主人公が、同じ症状の王族を救ったり、獣人や異民族を迫害から守り知らない間に慕われたり、新しい食や道具を探訪したり、神玉と言われる魔石のようなものの研究をしたり・・・。 意識しなくても天敵を追い詰めていく主人公と、全てが空回っているがそれに気づかない天敵。そして病弱な主人公に対して過保護気味な周りの物語。 ※なろうにも投稿しています。
24hポイント 2,834pt
小説 435 位 / 64,263件 恋愛 216 位 / 16,146件
文字数 25,893 最終更新日 2020.01.27 登録日 2020.01.25
10
恋愛 連載中 長編
継母に虐げられて暮らしていた少女、嫦娥(じょうが)。 彼女には、ふたつ、人と違うことがある。 ひとつは、妖(あやかし)から襲われない体質であるということ。 ふたつめは「前世」の記憶があるということーー。 ある日、嫦娥はここが「前世で見た中華風ファンタジー漫画の世界」であることを思い出す。 このままでは自分は皇帝の後宮に入り、そして「夫殺しの悪逆女帝」として処刑されてしまうことに気がついた嫦娥。 「若くして処刑なんかヤダ!」 平和平穏に長生きしたい、そう願っていたのに、なぜだか拐われるように後宮に召し上げられてしまう。 後宮に入ったはいいものの、皇帝(実は腹黒?)は何考えてるか分からないし、幼馴染は皇帝に喧嘩腰だし、九尾の狐には懐かれるし、後宮では変な(ゆるふわ)事件が多発。 101匹獅子狗(シーズー)事件、人面魚失踪事件などの謎を解くことはできるのか。 そして、嫦娥が平穏に暮らせる日とは、果たしてやってくるのでしょうか。 ※最初(後宮に入るまで)少しシリアスです。 あとはシリアス(多少の後宮的ドロドロ含む)とゆるふわ?が7:3くらいです(予定) ※タイトル変更しました(2020.01.17)
24hポイント 2,763pt
小説 447 位 / 64,263件 恋愛 223 位 / 16,146件
文字数 106,367 最終更新日 2020.01.27 登録日 2020.01.13
11
恋愛 連載中 長編
ーーー「お前のように、不潔で髪に覆われた女と結婚する気はない。」 時は中世、所はアルビア王国。 人々は魔法を使い、科学での発展途上を補っていた頃のこと。 まるで某ホラー映画に出てくる井戸娘のように長く、だが手入れされている美しい髪を持つ少女は、今宵婚約破棄を言い渡された。
24hポイント 2,634pt
小説 459 位 / 64,263件 恋愛 230 位 / 16,146件
文字数 10,624 最終更新日 2020.01.12 登録日 2020.01.06
12
恋愛 連載中 長編
借金取りの家系に生まれた瑠璃。 ある日恨みを買って、殺害されてしまう。 目が覚めると、なんとプレイ中の乙女ゲームの王太子に婚約破棄される、 アフォガート商会の娘、シェイールに転生していた。 元は借金取りの家系の娘だったから、お金の計算は得意だったし、なんの問題もない。 婚約破棄される学園の卒業パーティーの場でも、ゲームのシェイールならこんなことは言わないが、 「慰謝料を払え」とも言ったし、慰謝料ゲット!これからは商会でしっかり働こうと思っていたら、 隣国の幼馴染、元皇太子の現皇帝に結婚を申し込まれる。 私万歳実家生活生活は…? 「私慰謝料請求した女ですよ?」 「知ってるけど?」 幼馴染は結構な腹黒でした…。 ※タイトル・設定一部変更しました。
24hポイント 2,073pt
小説 564 位 / 64,263件 恋愛 281 位 / 16,146件
文字数 16,044 最終更新日 2020.01.19 登録日 2020.01.12
13
恋愛 連載中 長編
『お前との婚約を破棄する!』 そう、国の王太子様に理由をでっち上げられ、一方的に告げられた侯爵令嬢——ミレア・フィルドは己の前世の記憶を受け継いだ稀有な存在であった。 それは『聖女』と呼ばれ、生きてきた記憶。 世界には多くの魔物と呼ばれる存在が何処かしらで身を潜めており、ミレアは己の前世が『聖女』であったからという理由で人知れず王国全体に聖女のみが扱えると伝えられていた聖結界を張り続けていたのだが——。 彼女との婚約を破棄した王太子様の口から飛び出したものは「聖女の生まれ変わりである彼女こそが僕の婚約者に相応しい」そんな言葉と共に紹介された一人の少女であった。
24hポイント 1,959pt
小説 588 位 / 64,263件 恋愛 290 位 / 16,146件
文字数 76,168 最終更新日 2020.01.07 登録日 2019.09.02
14
恋愛 完結 短編
婚約破棄するつもりのようですね。 ならその前に……。 別作品の合間の気分転換で、設定等ゆるゆるです。 2話か3話で終わります。 ※後編が長くなってしまったので2話に分けました。 4話で完結です。
24hポイント 1,753pt
小説 631 位 / 64,263件 恋愛 308 位 / 16,146件
文字数 9,543 最終更新日 2019.11.08 登録日 2019.11.04
15
恋愛 連載中 長編
伯爵令嬢ミシェルは、第一王子にして勇者であるアンリから求婚されていた。しかし、アンリが魔王退治の旅から帰ってきたとき、旅の仲間である聖女とアンリの婚約が宣言されてしまう。 そしてミシェルは、友人である第一王女アデライトから、この世界が乙女ゲームと呼ばれるところだとを告げられる。ゲームのヒロインである聖女が、旅の間にアンリとのイベントを進めたために、アンリとの婚約イベントが発生したのだ。 実はアデライトは、悪役令嬢というゲームの敵役。アンリと聖女が結婚すれば、アデライトは処刑されてしまうらしい。 処刑を回避したいアデライトは、どうにかミシェルとアンリをくっつけたいと画策するが――アンリの方が、もっと厄介みたいです。 王家の超人兄妹に懐かれすぎた伯爵令嬢の、巻き込まれてばかりの恋愛騒動。
24hポイント 1,576pt
小説 686 位 / 64,263件 恋愛 342 位 / 16,146件
文字数 95,294 最終更新日 2019.11.28 登録日 2019.04.12
16
恋愛 完結 短編
 17歳の令嬢・リコは、王太子アルベールに浮気を理由として婚約を破棄される。  だがそれは、アルベールの嘘。  リコに一目惚れをしていたはずのアルベールは、他の令嬢に一目惚れをしてしまっていた。そのため彼は自分に非がない形で解消するため、浮気を捏造していたのだった。 『私には好意がなかったので、正直に言ってくれれば丸く収まっていましたのに。そちらが陥れようとするのであれば、仕方がありませんね。しっかりとお返しをさせてもらいましょう』  リコの逆襲が、静かに始まる――。 ※12月17日 番外編(補完編)の投稿を始めました。
24hポイント 1,455pt
小説 742 位 / 64,263件 恋愛 371 位 / 16,146件
文字数 16,212 最終更新日 2019.12.22 登録日 2019.12.08
17
恋愛 連載中 ショートショート
主人公の公爵令嬢エルティナ・フューネラルはある日、本物の愛に目覚めたと言う理由で婚約者の王太子に婚約破棄を突きつけられてしまう。 フューネラル公爵家は王国を維持する上で極めて重要な役割を果たしており、その婚約破棄が国家崩壊の序章になってしまうとは知らずに……
24hポイント 1,391pt
小説 769 位 / 64,263件 恋愛 388 位 / 16,146件
文字数 1,012 最終更新日 2019.11.26 登録日 2019.11.26
18
恋愛 連載中 長編
リエルは名門貴族、フォルネーゼ家の次女として生を受けた伯爵令嬢。美しい母と姉、弟がいるが凡庸な顔立ちをしたリエルは社交界では地味で大人しい娘、フォルネーゼ家のごくつぶしと囁かれていた。平凡な容姿に左眼の眼帯をした異質な姿を持つリエルはあまり人前には出ず、結婚もせずに当主になった弟を陰ながら支え、弟や使用人と穏やかな日々を過ごしていた。ある時、屋敷で開催した舞踏会で世間を賑わす怪盗『黒猫』が現れ、フォルネーゼ家の家宝が盗まれてしまう。怪盗『黒猫』を捕らえるためにリエル達はその場に居合わせた薔薇騎士の協力を得て動き出すが…、 これは、母親に愛されず、心に傷を持った隻眼の少女が恋をし、様々な困難を乗り越え、愛を手に入れるお話。 「なろう」でも投稿しています!
24hポイント 1,306pt
小説 810 位 / 64,263件 恋愛 409 位 / 16,146件
文字数 213,123 最終更新日 2020.01.08 登録日 2019.11.10
19
恋愛 連載中 長編
 チート過ぎる伯爵令嬢に捏造した事実を理由として婚約破棄を突きつけた王太子であったが、そのあまりのチート具合に、仕返しをされるのではと身を竦ませ、ならばと伯爵令嬢へ国外追放を突き付けてしまったというお話。  私が一方的に浮気した挙句、婚約者である王太子様への数々の無礼な態度??……事実無根の冤罪を擦りつけるのは構いませんが、知ってますか?殿下。人を呪わば穴二つというお言葉があるようですよ……?
24hポイント 1,144pt
小説 891 位 / 64,263件 恋愛 447 位 / 16,146件
文字数 14,007 最終更新日 2019.09.05 登録日 2019.08.27
20
恋愛 連載中 長編 R18
「お前がこのマリエラにしたことはわかっているのだ!私は断じてお前のような女とは結婚しない!私、ヘルト・アルバッハは今この場でメリッサ・ドヴァンとの婚約破棄を宣言する。気味の悪い魔女め!」 変わり者と評判の伯爵令嬢メリッサはとある夜会のさなか、婚約者に婚約破棄を告げられる。 第三王子である婚約者の隣には家族の中で唯一自分の味方であったはずの妹の姿があって……。 10話付近までは短編版とほぼ同じです。 3/7 本編完結しました。 8/2 新婚旅行編はじめました。
24hポイント 1,017pt
小説 968 位 / 64,263件 恋愛 483 位 / 16,146件
文字数 168,110 最終更新日 2018.10.06 登録日 2017.11.11
21
恋愛 連載中 長編 R15
悪役令嬢に転生してしまい、最悪の展開にならないよう召喚士となった公爵令嬢のセレナ。 それでも冤罪をかけられて王子ロディスによって婚約破棄され、国から追放されてしまう。 召喚士としての素質があったセレナだったが、転生した世界を変える事を恐れその力を隠していた。 それでもセレナの力に気付いていた第三王子ディレオはセレナを溺愛し、着いていくと宣言する。 セレナの本来の力を知ったロディス達は捜索の命を受け必死になる中、セレナは自由にこれからを楽しもうとしていた。 初投稿になります。温かい目で見ていただければ嬉しいです。
24hポイント 994pt
小説 990 位 / 64,263件 恋愛 492 位 / 16,146件
文字数 426,232 最終更新日 2020.01.26 登録日 2019.03.29
22
恋愛 連載中 ショートショート
かつて聖女と呼ばれ人々から慕われていた令嬢は、王太子と教会の策略で理不尽な婚約破棄と国外追放を宣告され全てを失った。 ありもしない罪を大衆の前で語られ居場所を失った彼女は一人、薄らとした前世の記憶を頼りに『聖域』と呼ばれる秘境に足を踏み入れる。 そう。彼女には初代聖女として世界のために尽くし、その生涯を終えた女の記憶を持っていたのだ。 そしてその聖域の最深部に建つ『真の女神教会』で彼女は嘆きの祈りを投げかけると、女神の祭壇が神々しい光を放ち始めーー
24hポイント 923pt
小説 1,060 位 / 64,263件 恋愛 522 位 / 16,146件
文字数 2,835 最終更新日 2019.11.25 登録日 2019.11.21
23
恋愛 完結 短編
 王太子・レイジとの結婚を翌日に控えた令嬢アリス・ワールは、姉のように慕っていた従者・エルサに裏切られてしまう。  境遇を逆恨みしたエルサによって、不幸の象徴である黒猫にされてしまったアリス。  アリスの全てを手に入れるため、アリスの姿になったエルサ。  エルサの野望を防ぐため、アリスは式が行われる城を目指す――。
24hポイント 788pt
小説 1,203 位 / 64,263件 恋愛 596 位 / 16,146件
文字数 27,350 最終更新日 2020.01.18 登録日 2019.12.29
24
恋愛 完結 長編 R15
前世引きこもりだった記憶を持つ孤児院出身の聖女カリナは、その日、首には家畜に言う事を聞かせる為の首輪を改良したチョーカーを巻かれ、無理やり魔力を酷使させられながらも魔物の発生の原因である穢れと瘴気を必死に祓っていた。 しかし、漸く祓い終えたカリナを待ち受けていたのは王子による口封じだった。 「喜べ、貴様の功績は全て私の物としてやろう」 カリナは薄れ行く意識の中で、真っ黒に染まる思考の中で王子を呪った。この出来事をさも当たり前だと言いたげにこちらを見ている補佐官もついでに呪った。 『この腐れ外道が!お前のナニなんて、真っ黒に焦げて、腐り落ちろ!』 と、言う脳内罵詈雑言で意識を手放した。 周囲には聖女の怒りで発生したらしいマグマが生まれ、マグマからは火のドロドロとしたマグマをその身体に宿す火の龍が復活し、こんにちはしていた。 その傍らでは股間を押さえ、ぎゃぁぁ!と王子の絶叫が。 え?私のせい?でも自業自得だよね? ─────── 個別の感想への返信が出来る事に今気づきました。(2019/03/23 20:04:06)が!コミュ障につき個別のお返事は難しいです。申し訳ないです! 皆様からのご意見やご指摘なるべく対応出来たらな?と思いながら有難く見させて頂いてます。 誤字報告なども有難うございます! ───────
24hポイント 752pt
小説 1,251 位 / 64,263件 恋愛 618 位 / 16,146件
文字数 129,965 最終更新日 2019.05.01 登録日 2019.03.18
25
恋愛 完結 長編
わたしの通う学院では、近頃毎日のように喜劇が繰り広げられている。 第二皇子殿下を含む学院で人気の美形子息達がこぞって一人の子爵令嬢に愛を囁き、殿下の婚約者の公爵令嬢が諌めては返り討ちにあうという、わたしにはどこかで見覚えのある光景だ。 わたし以外の皆が口を揃えて言う。彼らはものすごい美形だと。 でもわたしは彼らが怖い。 わたしの目には彼らは同じ人間には見えない。 彼らはどこからどう見ても、女児向けアニメキャラクターショーの着ぐるみだった。 2019/10/28 IF追加 小説を読もう!にも掲載しています
24hポイント 745pt
小説 1,261 位 / 64,263件 恋愛 626 位 / 16,146件
文字数 194,725 最終更新日 2019.10.28 登録日 2018.10.25
26
恋愛 完結 ショートショート
クララ=ヴィーゼはヒルデガルト王国の心優しい王子と婚約し、幸せの絶頂にいた。 しかしその翌日、馬車に轢かれてこの世を去ってしまう。 それから三年間、墓に憑く幽霊として一人で王子を見守ってきたクララだったが、ある日彼女の墓に向かって王子が婚約破棄を宣言してきて!?
24hポイント 724pt
小説 1,299 位 / 64,263件 恋愛 639 位 / 16,146件
文字数 2,772 最終更新日 2020.01.14 登録日 2020.01.14
27
恋愛 連載中 ショートショート
『聖女の生まれ変わりである彼女こそが僕の婚約者にふさわしい』 そう高らかに宣言した王太子は、己の婚約者であるイレイア・ファリカ公爵令嬢との婚約を破棄すると衆人環視の前で告げた。 しかし、その宣言を冷めた目で見る者が一人。 前世にて〝聖女〟であった過去を持つ渦中の人間——イレイア・ファリカだけは、内心その宣言に呆れ返っていた。 (……聖女って多分、私の事だと思うんだけど)
24hポイント 482pt
小説 1,819 位 / 64,263件 恋愛 890 位 / 16,146件
文字数 2,158 最終更新日 2019.10.21 登録日 2019.10.19
28
恋愛 完結 ショートショート
元最強クラスの魔法使いと言う前世を持つ伯爵令嬢は、彼女が時折見せるマッドサイエンティストチックな一面を嫌った婚約者の王太子に婚約破棄を言い渡されてしまう。 しかも強すぎる彼女の報復を恐れてか、王太子が処刑もしくは国外追放を試みてしまったが故に報いを受けると言う話。 ふふ……私の実験に付き合ってくだされば、私の事を国を乗っ取ろうとした悪女扱いしてくださったことなど水に流して差し上げますよ……?
24hポイント 461pt
小説 1,879 位 / 64,263件 恋愛 917 位 / 16,146件
文字数 7,650 最終更新日 2019.09.12 登録日 2019.09.02
29
恋愛 完結 長編
【重要なお知らせがあります。詳しくは近状ボードをご覧ください。】気がつくと前世で私が一番好きだった乙女ゲームの世界に転生していました。 しかも婚約者は前世の推し。 その事実だけでこのまま死んでも悔いは残らないです……! ただ、一つだけ。どうしても不満があります。 ——どうして悪役令嬢としてなの!? 最悪の場合死にますよ?最良の場合でも国外追放ですよ? 少しどころか、かなり酷すぎやしませんか? しかも推しには嫌われる位置にいますよね、私って。 ……そんなの耐えられない。 いいわ、こうなったらフラグなんて全てへし折ってあげる! 当て馬になるつもりも、ましては推しの隣を誰かに譲る気なんてないもの! ☆小説家になろうにて同時掲載中です。 ☆小説家になろうの方で、連載版の前に上げていた短編「可哀想で可愛そうなリリーローズ」を序章として書いています。
24hポイント 454pt
小説 1,907 位 / 64,263件 恋愛 932 位 / 16,146件
文字数 55,022 最終更新日 2018.08.16 登録日 2018.05.30
30
恋愛 完結 長編 R18
【完結】調教師試験またも「不合格」……落ちこぼれの公爵令嬢ユーリェル・アナ・エリネラスティ。麗しい狼王子との婚姻式はもうすぐだというのに。獣人の能力を引き出すためには調教パートナーが必要不可欠だ。番(つがい)まで望まれるのはとても珍しいが……狼王子はユーリにベタ惚れらしい。「過去に獣に襲われて以来、どうしても怖いのです」正直に謝るユーリに、狼王子は囁く「では躾は人型から、ゆっくりと、ベッドの上で。愛しい番を傷つけたりしないと約束する。俺を知って安心して」甘やかな調教で、二人の距離はゼロになる。 仲良くなっていくふたりを、敵対勢力のネージュ公爵家や他国は妨害しようとする動きがあり…… (※王子が最初からベタ惚れな理由は中盤になります) (※R18描写が入ります) (だいたいずっとイチャイチャしてます) (障害はぶっ潰していくパワー系カップルです。ざまああり) (ムーンライトノベルズ様にも投稿始めました)
24hポイント 440pt
小説 1,957 位 / 64,263件 恋愛 948 位 / 16,146件
文字数 160,163 最終更新日 2018.09.06 登録日 2018.08.06
31
恋愛 連載中 長編
公爵令嬢エレオノールは身に覚えのない罪で、婚約者である第二王子に断罪された挙げ句に、無理やり魔の森に捨てられてしまった。このままでは魔物は食われてしまうと怯えていたのだが、不思議な大木の根元に転がっていた卵を拾う。卵はエレオノールの目の前で孵ったのだが、なんとそれは数百年に一度生ま変わるという、「神竜」の子どもだったのだ――
24hポイント 426pt
小説 1,997 位 / 64,263件 恋愛 972 位 / 16,146件
文字数 32,766 最終更新日 2018.05.14 登録日 2018.02.15
32
恋愛 完結 短編
カラディス王国の王子、エレニアと婚約したセリーナ。 しかし幸せな日々は長くは続かず、王子は戦に行ってしまう。彼の家族からのいびりに耐えながら、何年も彼を待ち続けた彼女に待っていたのは、まさかの婚約破棄だった。
24hポイント 426pt
小説 1,997 位 / 64,263件 恋愛 972 位 / 16,146件
文字数 1,786 最終更新日 2019.11.26 登録日 2019.11.26
33
恋愛 完結 短編
三年間、王妃になるためだけに尽くしてきた馬鹿王子から、即位の日の直前に婚約破棄されたエマ。 彼女の最後のお願いには、国を揺るがすほどの罠が仕掛けられていた。
24hポイント 418pt
小説 2,035 位 / 64,263件 恋愛 986 位 / 16,146件
文字数 2,387 最終更新日 2019.10.28 登録日 2019.10.28
34
恋愛 完結 短編
「余はカチュアとの婚約を破棄する」  王太子殿下に一方的に婚約を破棄されたのは、公爵家令嬢のカチュア・サライダだった。  彼女は前世の記憶を持って転生した、水乙女という、オアシス王国にはなくてはならない存在だった。  精霊に祈りを捧げ、水を湧かせてもらわないと、国が亡ぶのだ。  だが事情があって、カチュアは自分は水乙女であることを黙っていた。  ただ、愛する人や民の為に祈り続けていた。  カチュアとの婚約解消を言い放った王太子殿下は、自分に相応しい相手は水乙女しかいないと、一人の女性を側に侍らせるのだった。
24hポイント 397pt
小説 2,139 位 / 64,263件 恋愛 1,021 位 / 16,146件
文字数 68,331 最終更新日 2019.11.15 登録日 2019.09.15
35
恋愛 完結 ショートショート
「あら、まあ」 せっかくのお茶会の席でみんなで向かった薔薇園で見たものは、今にも口づけをしそうな婚約者と妹の姿。 これがNTRというものなのでしょうか? けれどもご安心為さって?妹の婚約者もこの場に居りますので、話はサクサクすすみますわよ
24hポイント 362pt
小説 2,324 位 / 64,263件 恋愛 1,084 位 / 16,146件
文字数 1,512 最終更新日 2019.09.28 登録日 2019.09.28
36
恋愛 完結 短編 R15
 題名を「双子の姉は聖女、妹は悪役令嬢、二人揃って婚約破棄」から変更しました。  アロン大公国は、豊かで平和な国にだった。  オーラン帝国に属してはいたが、勇猛果敢な騎士団を持ち、半ば独立した国だった。  だがそこに、畜生腹と言われて忌み嫌われる、双子の姉妹が産まれた。  だが大公夫婦は、高齢でやっと授かった娘を殺せなかった。  だから妹の方を、弟夫婦に預けたのだ。  時が経ち、姉の大公公女は聖の魔法使いとななり、聖女と呼ばれるようになった。  一方妹の伯爵令嬢は姉に嫉妬して、捨てられた恨みを晴らすべく、実の親である大公夫婦と聖女に毒を盛って殺した。  そして大公の位を狙ったが、姉の婚約者であった帝国の第二王子に成敗された。  そう歴史書には記されていた。だがそれは真っ赤な嘘だった。
24hポイント 333pt
小説 2,502 位 / 64,263件 恋愛 1,151 位 / 16,146件
文字数 56,717 最終更新日 2019.11.07 登録日 2019.09.18
37
恋愛 完結 長編 R15
クローディアは十年ぶりに祖国の土を踏んだ。婚約者だったローレンス王子が王位を継承したことにより元々従兄弟同士の関係だったクローディアが王太子となったからだ。 十年前に日本という国から来たサオリと結婚する為にクローディアとの婚約を破棄したローレンスには子供がいなかった。 異世界トリップの婚約破棄ものの十年後の悪役令嬢クローディアの復讐と愛はどうなるのか!! まだストックが無いので不定期に更新します よろしくお願いします
24hポイント 319pt
小説 2,590 位 / 64,263件 恋愛 1,184 位 / 16,146件
文字数 174,849 最終更新日 2019.09.10 登録日 2019.07.04
38
恋愛 完結 短編
 前世の記憶と膨大な魔力を持つサーシャ・ミラノは、ある日婚約者である王太子ハルク・ニースに、全てを打ち明ける。  だが――。サーシャを待っていたのは、婚約破棄を始めとした手酷い裏切り。サーシャが持つ力を恐れたハルクは、サーシャから全てを奪って投獄してしまう。  信用していたのに……。  酷い……。  許せない……!。  サーシャの復讐が、今幕を開ける――。
24hポイント 284pt
小説 2,874 位 / 64,263件 恋愛 1,284 位 / 16,146件
文字数 8,351 最終更新日 2019.12.01 登録日 2019.11.26
39
恋愛 完結 ショートショート
要人が集まる夜会の場で、タイダ王子から突如婚約破棄を宣告されたアリス。 しかし、彼女にとってそれは、夢にまで見た理想の展開で——?
24hポイント 262pt
小説 3,076 位 / 64,263件 恋愛 1,363 位 / 16,146件
文字数 2,186 最終更新日 2019.10.29 登録日 2019.10.29
40
恋愛 完結 ショートショート
「リリャナージア=デュジュ=イングラシア!」 「なんでしょうか、第二王子殿下」  国王陛下主催の夜会の最中、友人たちと楽しく会話をしているところに突然この国の第二王子から舌を噛みそうな名前を大声で呼ばれてしまい、目をぱちくりと瞬かせてから少し首をかしげて視線を向ければ、なにやら先ほどまで踊っていた令嬢とご友人(側近候補)を引き連れていらっしゃいました。 「お前のような女との婚約は破棄し、私はこのマリーシア=ソア=ダマカシアと新たに婚約する!」  びしっと指をさされてそう宣言されて、思わず会場にいる国王様と王妃様を視線で探しましたが王妃様はお顔を真っ青にして今にも倒れそうになってますし、国王様はものすごくいい笑顔で親指を首の前ですっと横に動かしました。
24hポイント 248pt
小説 3,245 位 / 64,263件 恋愛 1,421 位 / 16,146件
文字数 4,123 最終更新日 2019.10.10 登録日 2019.10.10
62 12