恋愛 田舎小説一覧

カテゴリ 恋愛
タグ 田舎×
9
1
恋愛 連載中 長編 R15
しばらくは何もかも忘れて、引きこもろう。そう考えた傷心のキヨは、山間の田舎にある亡き祖父の家に逃げこむ。だが着いた早々、押し入れの向こうから鎧を着た、傷痕だらけの筋肉(マッチョ)男性クロードが現れる。祖父の友人と名乗る怪しすぎるその男と、成り行きで酒を酌み交わしていくうちに互いに心を通わせるように。来る度に傷を負っているクロードは、元はこちらの世界の人間で日本人。その転移に町の伝承と亡くなった祖父が深く関係していることが徐々に分かり…… 惹かれあう二人が世界を跨いだ遠距離恋愛から、共に生きる道を得るまでの物語。 月イチで祖父の押し入れから出てくる異世界戦士と酒好き女子との、少し大人なガールみーつマッチョ。満月の夜の出来事で構成されるお話です。 ※カクヨム、小説家になろうにて同一小説を投稿済
24hポイント 320pt
小説 3,175 位 / 85,394件 恋愛 1,455 位 / 22,818件
文字数 106,269 最終更新日 2020.10.31 登録日 2020.10.26
実際に見た夢を基に創作。
24hポイント 7pt
小説 19,886 位 / 85,394件 恋愛 8,219 位 / 22,818件
文字数 3,841 最終更新日 2020.10.19 登録日 2020.10.19
3
恋愛 連載中 長編
そこは静かな田舎の町。 そこには明日が見える不思議な力を持つ学校の先生ロロがいる。 ロロはある日の嵐の夜、美しい薬屋さんのルルと出会う。 ロロはルルの明日を見る。 ロロはルルを守り続ける事が出来るだろうか。 ハイドランジア、それは雨が良く似合う。 ハイドランジアは色によって意味を変える。 移り気、無情、高慢、家族団欒、元気な女性、寛容、それに辛抱強い愛情・・・ 彼の全てを見守ってきたクマのぬいぐるみが語る、心に花束を贈る物語。
24hポイント 7pt
小説 19,886 位 / 85,394件 恋愛 8,219 位 / 22,818件
文字数 30,362 最終更新日 2019.01.07 登録日 2018.12.14
4
恋愛 連載中 短編
この夏は俺にとって特別な夏になった。 一夏と作る特別な夏。 俺はまたあの頃の夏に戻る。
24hポイント 0pt
小説 85,394 位 / 85,394件 恋愛 22,818 位 / 22,818件
文字数 2,224 最終更新日 2019.08.29 登録日 2019.08.25
5
恋愛 連載中 長編
青春の意味を知らず高校生活最後の夏を迎えようとする少年の通う学校にある日、季節外れの転校生がやって来る。興味がありながらも最初は何となくにしか思っていなかった筈の2人の関係も夏の暑さが深まるたびに互いに惹かれ合う。 そして夏休み最終日の8月31日、2人で見た最初で最後の打ち上げ花火とは…
24hポイント 0pt
小説 85,394 位 / 85,394件 恋愛 22,818 位 / 22,818件
文字数 5,960 最終更新日 2018.09.28 登録日 2018.09.28
ある日、野田洋平のもとに訃報が届いた。幼馴染の親友で、恋敵でもあった男の死を知らせるものだった。まだ、三十五歳である。自分と同様、独身だったことは知っていたが、重篤な病気という話は耳にしていなかった。 彼の心中を思いやったとき、洋平の脳裏にふとある夏の日の記憶が蘇った。 それは、甘酸っぱくもほろ苦い想い出だった。
24hポイント 0pt
小説 85,394 位 / 85,394件 恋愛 22,818 位 / 22,818件
文字数 164,132 最終更新日 2018.07.31 登録日 2018.07.06
夏休み、地元の山あいの村に帰って来た岩泉竜也。懐かしい町並みと山々。そしてよく知っている人々の顔。 僕はこの村出身の現役大学生として夏休みの間先生をすることになった。ふるさとで何を見るのか。
24hポイント 0pt
小説 85,394 位 / 85,394件 恋愛 22,818 位 / 22,818件
文字数 9,245 最終更新日 2018.06.21 登録日 2018.06.15
8
恋愛 完結 短編 R15
夜這いの風習がある村で、農業一筋に生きてきたアルヴィンが初めて人を好きになった。 彼女と結婚したい。どうにか夜這いを成功させたい。 けれど、中々うまくいかない。 何故なら彼は、究極のヘタレ男だったのだ…… 小説家になろうに重複投稿しています。 イラストは あっきコタロウ様に描いて頂きました。
24hポイント 0pt
小説 85,394 位 / 85,394件 恋愛 22,818 位 / 22,818件
文字数 14,429 最終更新日 2018.03.02 登録日 2018.03.02
9
恋愛 連載中 長編
日本の何処か。そこは過疎が進み、子供は男女合わせて二人しかいない集落で、大人と年寄りを入れても四十程の、『舞雪』。ある日。二人いるうちの男の子のほうが、親の都合で都会へと引っ越してしまい、女の子は泣き喚いた。 それから何年か経ち、十七歳となった、当時集落から引っ越した男の子「南 結秋」は、都会が嫌で、と親へ退学届けを残し、貯めていたバイト代とお小遣い、お年玉で、舞雪へと帰った。 久しぶりの彼女との再会。 しかし、それは”都会”というものが混じってあやふやになる。 はたして、彼の『些細な夢』はかなうのだろうか。 それはほんの小さな言い伝えの延長線上である。
24hポイント 0pt
小説 85,394 位 / 85,394件 恋愛 22,818 位 / 22,818件
文字数 40,869 最終更新日 2018.03.12 登録日 2018.03.11
9