恋愛 龍小説一覧

カテゴリ 恋愛
タグ ×
16
1
恋愛 完結 短編
「余はカチュアとの婚約を破棄する」  王太子殿下に一方的に婚約を破棄されたのは、公爵家令嬢のカチュア・サライダだった。  彼女は前世の記憶を持って転生した、水乙女という、オアシス王国にはなくてはならない存在だった。  精霊に祈りを捧げ、水を湧かせてもらわないと、国が亡ぶのだ。  だが事情があって、カチュアは自分は水乙女であることを黙っていた。  ただ、愛する人や民の為に祈り続けていた。  カチュアとの婚約解消を言い放った王太子殿下は、自分に相応しい相手は水乙女しかいないと、一人の女性を側に侍らせるのだった。
24hポイント 198pt
小説 6,059 位 / 101,311件 恋愛 2,658 位 / 27,768件
文字数 68,331 最終更新日 2019.11.15 登録日 2019.09.15
2
恋愛 完結 長編 R15
前世引きこもりだった記憶を持つ孤児院出身の聖女カリナは、その日、首には家畜に言う事を聞かせる為の首輪を改良したチョーカーを巻かれ、無理やり魔力を酷使させられながらも魔物の発生の原因である穢れと瘴気を必死に祓っていた。 しかし、漸く祓い終えたカリナを待ち受けていたのは王子による口封じだった。 「喜べ、貴様の功績は全て私の物としてやろう」 カリナは薄れ行く意識の中で、真っ黒に染まる思考の中で王子を呪った。この出来事をさも当たり前だと言いたげにこちらを見ている補佐官もついでに呪った。 『この腐れ外道が!お前のナニなんて、真っ黒に焦げて、腐り落ちろ!』 と、言う脳内罵詈雑言で意識を手放した。 周囲には聖女の怒りで発生したらしいマグマが生まれ、マグマからは火のドロドロとしたマグマをその身体に宿す火の龍が復活し、こんにちはしていた。 その傍らでは股間を押さえ、ぎゃぁぁ!と王子の絶叫が。 え?私のせい?でも自業自得だよね? ─────── 個別の感想への返信が出来る事に今気づきました。(2019/03/23 20:04:06)が!コミュ障につき個別のお返事は難しいです。申し訳ないです! 皆様からのご意見やご指摘なるべく対応出来たらな?と思いながら有難く見させて頂いてます。 誤字報告なども有難うございます! ───────
24hポイント 142pt
小説 7,222 位 / 101,311件 恋愛 3,224 位 / 27,768件
文字数 129,965 最終更新日 2019.05.01 登録日 2019.03.18
3
恋愛 完結 長編
あたし、レティーナ。 聖女だけど何もお仕事してないって追放されました。。 ほんとはすっごく大事なお仕事してたのに。 孤児だったあたしは大聖女サンドラ様に拾われ聖女として育てられました。そして特別な能力があったあたしは聖獣カイヤの中に眠る魔法結晶に祈りを捧げることでこの国の聖都全体を覆う結界をはっていたのです。 でも、その大聖女様がお亡くなりになった時、あたしは王宮の中にあった聖女宮から追い出されることになったのです。 住むところもなく身寄りもないあたしはなんとか街で雇ってもらおうとしますが、そこにも意地悪な聖女長さま達の手が伸びて居ました。 聖都に居場所の無くなったあたしはカイヤを連れて森を彷徨うのでした……。 そこで出会った龍神族のレヴィアさん。 彼女から貰った魔ギア、ドラゴンオプスニルと龍のシズクを得たレティーナは、最強の能力を発揮する! 追放された聖女の冒険物語の開幕デス!
24hポイント 63pt
小説 11,101 位 / 101,311件 恋愛 4,939 位 / 27,768件
文字数 103,311 最終更新日 2021.02.24 登録日 2021.01.31
4
恋愛 完結 短編
千璃(センリ)は、古い巫女の家系の娘で、国の守護神と共に生きる運命を言い聞かされて育った。 しかし、本来なら加護を授かるはずの十四の誕生日に、千璃には加護の兆候が現れず、一族から追放されてしまう。 だがそれは、千璃が幼い頃、そうとは知らぬまま、神の寵愛を約束されていたからだった。 国から追放された千璃に、守護神フォスフォラスは求愛し、へスペラスと改名した後に、人化して共に旅立つことに。 一方、守護神の消えた故国は、全ての加護を失い。衰退の一途を辿ることになるのだった。 ※カクヨムさまにも投稿しています
24hポイント 42pt
小説 13,549 位 / 101,311件 恋愛 6,017 位 / 27,768件
文字数 5,035 最終更新日 2020.09.13 登録日 2020.09.13
5
恋愛 連載中 長編
「ルーベネ、あなたは大聖女を語った大罪で、この場で死刑です!!!」  その森をくぐれた者は、聖女になるらしい。  転生者のルーベネは、両親を亡くした喪失感で、何もかもがどうでもいい。そんな投げやりな気持ちで森をくぐった。  古くから言い伝えられている聖女になるらしい森は、人間が踏み込めない不思議なところだった。  入ろうとする者は、すぐに引き返して来たかのように出てきてしまう。おかしくも恐ろしさも覚える森の中は、やがて立ち入る者がいなくなる。  ルーベネが足を踏み入れてみれば、森の奥へと進めた。  そして、聖女となる。  とんとん拍子で、大聖女となったルーベネ。魔物の侵入を拒む結界で国を守り、祈りで豊作にしていた。  順調にいっていたのだったが、見習い聖女ハンナが王子を唆して、国王がいない隙にルーベネを処刑しようとしたのだ。  味方のおかげで、なんとか逃げられたルーベネは、国の端である最果てで、魔物と出くわした。  ここからが本番!  腹ペコ魔王と魔物の胃袋を掴む!!!
24hポイント 42pt
小説 13,549 位 / 101,311件 恋愛 6,017 位 / 27,768件
文字数 47,442 最終更新日 2020.08.06 登録日 2020.07.30
6
恋愛 完結 長編
平民の娘マノン。 村に勇者を育てるための学園が作られ、やってきたのは勇者候補の男の子。 彼は誰よりも身体の弱いマノンを特別視するようになる。 「俺の力は、人を守る為に使いたい。可能ならば誰よりも弱い……君を守る為のものでありたい」 虚弱体質の庶民のマノンと、勇者候補の男の子と、貴族の子供たちの折りなす人間関係は社会の縮図そのもの。 *以前他サイトに載せていたものです。
24hポイント 35pt
小説 15,050 位 / 101,311件 恋愛 6,503 位 / 27,768件
文字数 73,716 最終更新日 2020.12.03 登録日 2020.11.29
7
恋愛 連載中 短編 R15
私はよくある異世界に転生した元日本人で社会人だった。仕事の帰り道によくあるトラック事故にて呆気なく死んでしまった/(-_-)\ まさかの転生先が前世で何度もプレーする程大好きだった乙女ゲームの中の悪役令嬢になっていた。 私の前世の推しである悪役令嬢になるなんて~ 攻略対象者?ヒロイン?知りません! って思ってたらヒロインめちゃくちゃウザイし攻略対象者もめちゃくちゃウザイ… 強制力やっぱりあるし( ・᷄ὢ・᷅ ) 強制力あっても何とか逞しく乗り切ろうとする悪役令嬢に転生した私の物語 女神の愛し子の私に冤罪って…
24hポイント 28pt
小説 16,524 位 / 101,311件 恋愛 7,151 位 / 27,768件
文字数 3,492 最終更新日 2021.04.28 登録日 2021.04.26
8
恋愛 完結 長編
「私の妃になって欲しい」ひざまづいて求婚する美しき銀髪の王。彼は、私が飼ってた犬でした! 旅芸人の娘アイナは拾った銀色の犬を可愛がって暮らしていた。五年後、犬は突然、銀髪碧眼の美青年に変身! 彼は、とある国の王だった。迎えにきた蒼龍に乗って国に帰った彼をアイナは忘れられない。 四年後、評判の舞姫となったアイナのもとに再び現れた王と蒼龍。プロポーズを受け入れたアイナは王宮でお妃教育を受けることに。このまま結婚まですんなりいくかと思いきや、ライバル王女がやってきたり、紅い龍や黒い龍が出てきたり。挙句の果てには霊亀にさらわれたりで、なかなか前に進まない。 二人は無事ゴールインできるのだろうか? 時々シリアス、でも最後の方は恋愛成分多めです。 小説家になろう様で完結済みの小説を投稿していきます。
24hポイント 28pt
小説 16,524 位 / 101,311件 恋愛 7,151 位 / 27,768件
文字数 119,781 最終更新日 2020.12.22 登録日 2020.11.11
9
恋愛 連載中 長編 R18
龍が治める土地、ディストリア。中央に座する王、金龍とそれを支える龍たちのそれぞれの恋物語。 もともとは「なろう」に掲載していたのを修正しつつ掲載予定。 「なろう」側のは、時間が空いてしまい、うまく書けなくなったので、内容を変更していく予定です。
24hポイント 21pt
小説 18,972 位 / 101,311件 恋愛 7,989 位 / 27,768件
文字数 196,639 最終更新日 2021.02.28 登録日 2020.09.21
10
恋愛 連載中 短編 R15
「カクヨム」と「小説家になろう」にも投稿しています。 辺境の独立領主カーライル家の令嬢で水龍の巫女と呼ばれるフラヴィアは、婚約者のハミルトン王国王太子アレッサンドロの謀略で両親を殺され領地に軍隊を差し向けられた。平和を愛するフラヴィアだったが、ハミルトン王国を滅ぼしてでも領民を護る決断をした。
24hポイント 14pt
小説 21,886 位 / 101,311件 恋愛 9,100 位 / 27,768件
文字数 11,050 最終更新日 2020.03.17 登録日 2020.03.07
11
恋愛 連載中 短編 R15
メーディス帝国へやって来たのは、冒険者の赤髪の魔女マール。 そんな彼女へ着いたそうそう依頼が舞い込んできた。 レベルS級難易度Max、然も時間はない。 余りな依頼で無い限りマールは依頼を遂行する。 そして今回も渋々そのいらいを受けたはいいものの、何やら状況が今一つ可笑しいし納得が出来ない事ばかり。 失敗かと思いきや、どうやらそうでもないらしい。 何と言ってもマールの目の前には魔王ならぬこの世のものと思えぬ美しい男性が、何故か怖いくらいぞっとするような綺麗な笑みを湛えたままマールを自身の婚約者だとのたまう。 一方マールにはその様な記憶はこれっぽっちもない。 平行線上にいる二人はこれから……。 一応短編を目指す心算です。 更新は母の介護と体調によって不定期になる可能性大です。
24hポイント 7pt
小説 25,607 位 / 101,311件 恋愛 10,762 位 / 27,768件
文字数 5,267 最終更新日 2019.11.14 登録日 2019.11.12
12
恋愛 連載中 長編 R15
eno
秋田の三湖伝説。 田沢湖、八郎潟、十和田湖。 この三つの湖にはとてもロマンチックな伝説があるんです。 二湖の主たちが、田沢湖(たざわこ)の主、美しき辰子姫(たつこひめ)に一目惚れし、結婚を申し込みます。その結果、辰子を巡って激しいバトルにまで展開します。 彼女はどちらかを選ぶのでしょうか? 元はマタギだった八郎潟(はちろうがた)の主、八郎(はちろう)。 法力を使えるお坊さん、十和田湖(とわだこ)の主、南祖坊(なんそのぼう)。 果たしてこの三人の恋の行方は??? 仲間が増えて、色んな恋模様が巻き起こる! ラブコメ全開。
24hポイント 0pt
小説 101,311 位 / 101,311件 恋愛 27,768 位 / 27,768件
文字数 112,599 最終更新日 2020.10.31 登録日 2020.09.19
13
恋愛 完結 短編
 龍が存在する大陸ドラゴン·アース。  この世界ではそれぞれに属するドラゴンが存在し守護龍であった。  悪事を働く人間はドラゴン達に気づかれれば引き裂かれてしまう。龍からすれば人など虫も同然、怒らしてはならない。  海辺近くの鮮やかな町フローティア、その町のレストランに元気な接客で明るく接してくれる人気の町娘ロマーヌ、偶然助けた誇り高き龍 レッド·ドラゴンはなんと彼女に “一目惚れ”する。  人間と龍の禁断の恋、そのことによる様々な試練が待ち受ける······。  人間と龍の愛の物語。 ※エブリスタ、ノベルアップ+でも公開中
24hポイント 0pt
小説 101,311 位 / 101,311件 恋愛 27,768 位 / 27,768件
文字数 31,192 最終更新日 2020.12.11 登録日 2020.07.20
14
恋愛 連載中 短編 R15
最下層で生まれ育った少女——ハルカ。 このままここで朽ち果てるかに思われた彼女に転機が訪れる。 龍の花嫁になりますか—? その選択は一体どんな未来を運んでくるのか。 ※R15くらいの微エロあるかもしれません! いずれ…いずれ…!
24hポイント 0pt
小説 101,311 位 / 101,311件 恋愛 27,768 位 / 27,768件
文字数 44,403 最終更新日 2020.04.30 登録日 2020.03.21
15
恋愛 連載中 短編 R15
フェイラン王国東部に位置するカウェイレッド町にある王立ヘイデレスト魔法学園は由緒ある名門校であった。 8月15日は王立ヘイデレスト魔法学園の夏休みにあたり、その日は選抜試験が行われていた。 今年は平民の受験者が多く合格者は10人に1人という割合だった。 しかしそんな中、とてつもない才能のある少女がいた。 ハルシルフィ・ベイ・レティア女帝陛下だった。 ハルシルフィ・ベイ・レティアはレティア帝国の女帝で王立ヘイデレスト魔法学園に留学に来ているのだ。 彼女はいろいろな意味で、目立ちすぎていた。 ハルシルフィ・ベイ・レティアが留学先でいろいろなもめ事に巻き込まれながらも果敢に生きていく。 そんな中、婚約者がいないはずのハルシルフィは夜会で見覚えのない人に婚約破棄される。 しかし怒ったのはハルシルフィではなく・・・。
24hポイント 0pt
小説 101,311 位 / 101,311件 恋愛 27,768 位 / 27,768件
文字数 3,243 最終更新日 2020.01.27 登録日 2020.01.23
16
恋愛 連載中 長編 R15
「どうか、覚えていて。貴方だけは、決して私を忘れないで」 遥か遠い昔、睹河原と呼ばれた大陸にて。 幾つもの小国に分かれて争うこの地を纏め、「紅炎国」として天下統一を成し得た者がいた。 かの者はその手段の苛烈さから、「鮮血の紅炎女王」と畏れられる。 冷淡に残酷に天下を得た女王。だが、そんな彼女の胸中にあったのは、切ないほどの願いただひとつだった。 これは睹河原の歴史に隠された、「少女としての女王」の夢と願いの物語。
24hポイント 0pt
小説 101,311 位 / 101,311件 恋愛 27,768 位 / 27,768件
文字数 49,267 最終更新日 2020.06.01 登録日 2020.01.06
16