恋愛 方言小説一覧

カテゴリ 恋愛
タグ 方言×
9
1
恋愛 連載中 長編 R18
小さな制作会社で働く紗季は、酔っ払った勢いで見ず知らずの男を家に連れ帰る。連れ帰っていたようだ、記憶はないけれど。誰だこのヤンキーと思ったのに意外にもまともなことを言って紗季を諭した。聞いてみれば、三十にもなって酔った間にとんでもないことをしていたようで…?! 冷たい悪人顔をした長身痩躯の男に、ちょっと弱気で胸に悩みがある女が体型のコンプレックスごとぐずぐずに溶かされるお話です。乳首とか太腿とかフェチな部分あり。方言は西の方のものを色々混ぜています。架空の地方だと思ってください。 エロは予告なく入ります。軽めのエロは03、ちゃんとしたのは08初出。
24hポイント 21pt
小説 17,443 位 / 96,005件 恋愛 7,111 位 / 26,453件
文字数 100,906 最終更新日 2020.03.18 登録日 2020.02.22
東京のデパートでマネキンをしていた柊子は、訳があって退職すると、姉の嫁ぎ先である金沢に移り住んだ。
24hポイント 14pt
小説 20,497 位 / 96,005件 恋愛 8,254 位 / 26,453件
文字数 13,136 最終更新日 2020.11.20 登録日 2020.11.15
冬を間近にしたその時期、いかにもというような田舎娘が目に留まった。
24hポイント 7pt
小説 24,404 位 / 96,005件 恋愛 10,039 位 / 26,453件
文字数 9,986 最終更新日 2020.06.16 登録日 2020.06.10
4
恋愛 完結 長編
結婚を前提に付き合うことになった、恋愛経験ほぼゼロの二十代・アパレル系勤務の女と、常に余裕のある人を喰ったような三十代・大学専任講師の男が、ひとつずつゆっくり「恋愛」を重ねていく話。いちゃいちゃしているだけです。基本一話完結なので、どこから読んでも問題ないと思います。 ※ 小説家になろう・カクヨム等でも掲載しています。 ※ 表紙絵は友人作です。
24hポイント 7pt
小説 24,404 位 / 96,005件 恋愛 10,039 位 / 26,453件
文字数 269,063 最終更新日 2018.07.05 登録日 2018.02.16
高校生の佑輔は、海を眺めながら物思いに耽る女の横顔を見つめていた。
24hポイント 0pt
小説 96,005 位 / 96,005件 恋愛 26,453 位 / 26,453件
文字数 10,817 最終更新日 2020.07.16 登録日 2020.07.12
6
恋愛 完結 短編 R15
 “あか”は、お前の色。それは冷え切った闇に射した一条の光。  煌めき、迸る、目も眩むほどの鮮やかな光源。俺だけの唐紅(からくれない)。  この想いを染め上げる、たったひとつの、赤。  考古学研究室に在籍する大学生、宮城零央(みやぎ れお)。  生まれ持った容姿の端麗さに惹かれて寄ってくる女子が後を絶たないが、零央は考古学以外には興味がない。  来るもの拒まず、去るもの追わず。後腐れがないという理由で、中学の頃から年上限定で遊びの恋愛を繰り返していた。 『誰にも本気にならない。誰にも落とせない』と言われ、自身でも恋愛には冷めきった感覚しか抱いていなかった零央だが、考古学研究のために出向いた奈良で、教授の娘、初琉(はる)と出逢う。  彼女との出逢いで初めて恋を知り、それまで知らなかった疼きと切なさ、もどかしさ、燃え立つ激情の温度と“色”を知る。けれど、初琉には気持ちを伝えられなくて――。 【Eternity -エタニティ- シリーズ ――永遠に、愛してる――不変の愛の物語】 ☆.。.*・☆.。.*・☆.。.*・☆.。.*☆.。.*・☆.。.*・☆.。.*☆ 素敵な表紙は春永えい様 ◆本文、画像の無断転載禁止◆ No reproduction or republication without written permission.
24hポイント 0pt
小説 96,005 位 / 96,005件 恋愛 26,453 位 / 26,453件
文字数 78,623 最終更新日 2020.07.15 登録日 2020.06.21
7
恋愛 完結 ショートショート
にわか雨に遭った崇文は、古い家の軒先で雨宿りをした。
24hポイント 0pt
小説 96,005 位 / 96,005件 恋愛 26,453 位 / 26,453件
文字数 4,399 最終更新日 2020.04.21 登録日 2020.04.20
8
恋愛 完結 長編 R18
見渡す限りの海。恵まれた海だった。 その海に面した小さな小さな港。 そして小さな集落。 そこに住む人の大半が、漁師だった。 男たちは朝早くから漁に出る。 えんやどっと、こりゃさ えんやどっと、えんやどっと。 そこは紗英の生まれ育った場所だった。 奉っているのは、奇妙な神。 ―海神様(うみがみさま) そして海神の化身という存在は、集落にとってなくてはならない存在だった。 代々、紗英の家の女が担ってきたという。 現在は、紗英の曾祖母が化身を名乗り、天候や海難事故を言い当てたり、海で死んだ者の霊魂を呼び寄せたりしている。 そんなある日、紗英を激しく揺るがす出来事が……。 一体、海神様とはなんなのか。 年頃の娘、瀬尾紗英の恋の行方と、その数奇な運命を一魂投入で描きます。 *** 後々、性的表現を盛り込んでいる為、R指定で書かせていただきます。
24hポイント 0pt
小説 96,005 位 / 96,005件 恋愛 26,453 位 / 26,453件
文字数 99,563 最終更新日 2018.03.09 登録日 2018.01.18
9
恋愛 連載中 長編 R15
北陸の小さな会社の事務員をしている大野紬(おおのつむぎ)。季節は冬。お正月休みも済み、のんびりと仕事を始めていたところ、取引先の何度も顔を負わせたことがあるメンテナンス企業の人が訪れた。 一緒に現れたのは、他県から研修としてやってきた伊倉櫂李(いくらかいり)。 背の高い彼の髪に付いた雪が解け、雫が流れる。その様子を見た紬は挨拶の言葉も忘れ釘付けに。 寒い冬に始まった緩やかな恋。 アルファポリス、小説家になろう、pixivで同時公開しています。
24hポイント 0pt
小説 96,005 位 / 96,005件 恋愛 26,453 位 / 26,453件
文字数 34,184 最終更新日 2019.09.14 登録日 2018.01.17
9