恋愛 無実の罪小説一覧

カテゴリ 恋愛
タグ 無実の罪×
5
1
恋愛 完結 短編
商人一家であるウォングレイ家の夫人アルシーナには、とある秘密があった。彼女は、異国の公爵家の人間だったのである。 アルシーナは、浮気していた妹と婚約者によって、公爵家から追放されていた。邪魔になった彼女を、二人は策略を企てて罪人に仕立て上げたのである。 公爵家を追放されて、アルシーナは行く当てのない旅をしていた。そこで、夫であるクラールと出会い、ウォングレイ夫人となったのである。 アルシーナには商才があったため、夫とともにその事業を成功させていた。 夫との仲も良好であり、彼女は順風満帆な人生を送っていた。 そんな彼女の元に、ある日一通の手紙が届く。それは、妹と元婚約者からの手紙だった。 なんでも、公爵家が財政難になり、支援して欲しいらしいのだ。どうやら、彼女が商人となっていることを聞きつけて、こんな手紙を送ってきたようだ。 しかし、自らを追放する原因を作った二人を支援する理由は、アルシーナにはなかった。 そのため、彼女は二人の提案を一蹴するのだった。
24hポイント 305pt
小説 3,980 位 / 125,482件 恋愛 1,777 位 / 35,907件
文字数 29,008 最終更新日 2021.09.30 登録日 2021.09.16
2
恋愛 完結 短編 R15
侯爵令嬢であるレフィリアは、婚約者の王子の策略によって国外追放されてしまう。 国外の森で、彼女は魔物に囲まれることになった。これで終わるか、そう諦めたレフィリアだったが、彼女は魔物に襲われることはなかった。 彼女が助かったのは、一匹の狼の魔物が現れたからだ。 その魔物に、レフィリアは見覚えがあった。その魔物は、彼女が子供の頃に助けた獣ウォルフェンだったのだ。 成長したウォルフェンは、森を守る聖獣となっていた。 そんな彼に他の魔物は逆らえず、レフィリアを見逃したのである。 ウォルフェンは、行き場のないレフィリアを少々強引に自らの住処に連れて行った。 そこで、彼は自らの考えを話し始める。彼は、レフィリアを自分の妻にするつもりだったのだ。 初めは渋ったレフィリアだったが、彼に対して悪い感情は抱いておらず、行き場もないことからその提案を受け入れた。 こうして、二人は番となった。レフィリアは聖獣の妻として、魔物の森で暮らしていくことになったのである。
24hポイント 298pt
小説 4,053 位 / 125,482件 恋愛 1,816 位 / 35,907件
文字数 14,891 最終更新日 2021.11.03 登録日 2021.10.26
3
恋愛 完結 長編 R15
――「これくらいさせてもらわなくては、夫の僕も気が済まない」。夫の手で罪人の烙印を焼きつけられたアディリルは、生存すら絶望的な異界へ落とされた―― 竜騎士アディリルは、魔法神官ルードと結婚し、竜と心を通わせ、忙しくも幸せな日々を送っていた。ところが、王弟と姦通し国王を暗殺したとして、魔物が跋扈するという異界へと追放される。が、落ちた先は幸運にも平和な場所。数年を山奥の村で過ごす内に、絶望も憎しみも少しずつ癒されるかのように思えたが、ある日突然、元の世界に“召還”されて…… ※中編。完結まで予約済です、2週間お付き合い下さい。※ヒロインは『聖女』ですが、清純でピュアで純潔で、という感じではないので、苦手な方は注意。※「召喚」は呼び出すこと、「召還」は呼び戻すこと。ここテストに出ます。※小説家になろうさん、カクヨムさんにも投稿。
24hポイント 14pt
小説 22,262 位 / 125,482件 恋愛 9,137 位 / 35,907件
文字数 39,534 最終更新日 2020.09.14 登録日 2020.09.01
4
恋愛 連載中 短編
公爵令嬢であるラフィーリアは、婚約者である第一王子の策略によって、とある侯爵令息の殺害という罪を被せられて、国外追放されてしまった。 第一王子は、浮気相手と結ばれるために邪魔者であったラフィーリアと侯爵令息を排除したのだ。 国外追放されて森を彷徨っていたラフィーリアは、ある時力尽きて倒れてしまう。 しかし、そんな彼女を助ける者がいた。それは、ケルディニスという男である。 彼は、ラフィーリアが暮らしていた国の外で暮らす風魔の民と呼ばれる民族の一員だった。ケルディニスは、道端で倒れているラフィーリアを偶然見つけて、自らが暮らしている領域に連れ帰ったのである。 行く当てのなかったラフィーリアは、風魔の民に受け入れてもらえた。こうして、彼女はケルディニス達とともに生きていくことになったのだ。 ある日、ラフィーリアは、自らを嵌めた第一王子が第二王子によって討たれたことと、自分の冤罪が晴らされたことを風の噂で耳にする。 そこで国に帰った彼女は、自らが悲劇のヒロインとして王国中で崇められる存在になったことを知るのだった。
24hポイント 0pt
小説 125,482 位 / 125,482件 恋愛 35,907 位 / 35,907件
文字数 1,193 最終更新日 2021.12.02 登録日 2021.12.02
5
恋愛 完結 短編 R15
 無実の罪で捕まった元公爵令嬢──エミリー・サンティレールは三日後に斬首刑を執行されることになった。  檻の中で自らの人生を振り返るエミリー。   「なんで私がこんな目に……」    絶望の淵に立たされたエミリーはただ泣く事しか出来ない。  その時……  「うるせぇな……静かにしろよ」    部屋の中で静かに響く声。  この男は何者か? 
24hポイント 0pt
小説 125,482 位 / 125,482件 恋愛 35,907 位 / 35,907件
文字数 16,170 最終更新日 2019.10.23 登録日 2019.10.13
5