恋愛 ざまあ要素あり小説一覧

カテゴリ 恋愛
タグ ざまあ要素あり×
161 12345
1
恋愛 連載中 短編
 わたしの愛しいあなたへ。
24hポイント 18,319pt
小説 128 位 / 148,184件 恋愛 80 位 / 46,659件
文字数 2,535 最終更新日 2022.08.07 登録日 2022.08.05
2
恋愛 完結 短編 R15
「──馬鹿馬鹿しい。何だ、この調査報告書は」  ぱさっ。  伯爵令息であるパーシーは、テーブルに三枚に束ねられた紙をほうった。向かい側に座る伯爵令嬢のカーラは、静かに口を開いた。 「きちんと目は通してもらえましたか?」 「むろんだ。そのうえで、もう一度言わせてもらうよ。馬鹿馬鹿しい、とね。そもそもどうして、きみは探偵なんか雇ってまで、こんなことをしたんだ?」  ざわざわ。ざわざわ。  王都内でも評判のカフェ。昼時のいまは、客で溢れかえっている。 「──女のカン、というやつでしょうか」 「何だ、それは。素直に言ったら少しは可愛げがあるのに」 「素直、とは」 「婚約者のぼくに、きみだけを見てほしいから、こんなことをしました、とかね」  カーラは一つため息をつき、確認するようにもう一度訊ねた。 「きちんとその調査報告書に目を通されたうえで、あなたはわたしの言っていることを馬鹿馬鹿しいと、信じないというのですね?」 「き、きみを馬鹿馬鹿しいとは言ってないし、きみを信じていないわけじゃない。でも、これは……」  カーラは「わかりました」と、調査報告書を手に取り、カバンにしまった。 「それではどうぞ、お好きになさいませ」
24hポイント 5,708pt
小説 376 位 / 148,184件 恋愛 197 位 / 46,659件
文字数 20,448 最終更新日 2022.07.29 登録日 2022.07.06
3
恋愛 連載中 短編
「遺言書を読み上げます」  宰相リチャードがラファエル王の遺言書を手に持つと、12人の兄姉がピリついた。  遺言書の内容を聞くと、  ある兄姉は周りに優越を見せつけるように大声で喜んだり、鼻で笑ったり・・・  ある兄姉ははしたなく爪を噛んだり、ハンカチを噛んだり・・・・・・ ―――でも、みなさん・・・・・・いいじゃないですか。お父様から贈り物があって。  私には何もありませんよ?
24hポイント 2,337pt
小説 774 位 / 148,184件 恋愛 391 位 / 46,659件
文字数 8,199 最終更新日 2022.08.07 登録日 2022.08.04
4
恋愛 連載中 長編 R15
人間、獣人、エルフ。 多種族が住む大陸にハイアット王国という竜人が治める国がありました。 多種族国家が多数存在する大陸でハイアット王国は獣人の比率がちょっと高め。 獣人の中でも竜の獣人だけは獣人ではなく竜人と呼ばれ特別視され神格化されています。 ある日、国家間の同盟のため1人のまだ幼くとも美しい姫がお嫁にきました、が、竜人であるハイアット国王は姫を冷遇しました。 特に何かするわけではありませんが、基本放置。 姫は最初こそどうにかしようとしましたが、ハイアット国王は相手にしないところか、その武力を持って黙らせようとたことで、心を閉ざしてしまいます。 しかし時が経ち姫が大人の証を迎えるとハイアット国王の態度は一変、姫を番だと愛を囁き跪きました。 氷の様に心を閉ざした姫はハイアット国王の愛の深さに感銘し心を開いていき、2人は仲睦まじく、ハイアット王国民は番と結ばれた国王を祝福し幸せな日々が訪れます。 って、そんなわけあるかー⁈ 私はあんたなんて大嫌いよっっっ これは前世99歳まで大往生したのたお婆ちゃんの記憶を持つお姫様がお嫁に行った国で冷遇され酷い目に遭ったのに、番認定され逃げ出した先で運命の相手に出会うかもしれないお話し。 設定はゆるゆるご都合主義です。 とりあえず毎日12時投稿予定です。 誤字脱字は作者の完治が難しい持病なので生暖かい目で見守ってもらえたら嬉しいです。 処方箋、いつでもお待ちしております。
24hポイント 1,451pt
小説 1,171 位 / 148,184件 恋愛 586 位 / 46,659件
文字数 3,835 最終更新日 2022.08.08 登録日 2022.08.08
5
恋愛 完結 短編 R15
 別に好きな人ができた私は、幼い頃からの婚約者と婚約解消した。  婚約解消したことで、ずっと後悔し続ける令息の話。  ご都合主義です。ゆるい設定です。  誤字脱字お許しください。  
24hポイント 1,412pt
小説 1,193 位 / 148,184件 恋愛 595 位 / 46,659件
文字数 23,451 最終更新日 2022.02.20 登録日 2022.02.13
6
恋愛 完結 長編 R15
仁科李依紗は所謂守銭奴、金を殖やすのが何よりの楽しみ。 しかし大学一年の夏、工事現場で上から落ちてきた鉄板に当たり落命してしまう。 その事故は本当は男子学生の命を奪うものだったが、李依紗が躓いた弾みで学生を突き飛ばし、身代わりになってしまったのだ。 まだまだ寿命があったはずの李依紗は、その学生に自分の寿命を与えることになり、学生の代わりに異世界へ転生させられることになった。 異世界神は神世に現れた李依紗を見て手違いに驚くが今回は李依紗で手を打つしかない、いまさらどうにもならぬと、貴族令嬢の体を与えて転生させる。 それは李依紗の世界のとある小説を異世界神が面白がって現実化したもの。 李依紗も姉のお下がりで読んだことがある「帝国の気高き薔薇」という恋愛小説。 それは美しい子爵令嬢と王太子のラブストーリー。そして李依紗は、令嬢を虐めたと言われ、嫌われることになるありがちな悪役令嬢リイサ・サレンドラ公爵令嬢の体に入れ替わってしまったのだ。 =============================== 最終話まで書き終え、予約投稿済です。年末年始は一日3〜4話、それ以外は毎日朝8時に更新です。 よろしくお願い致します。
24hポイント 1,393pt
小説 1,208 位 / 148,184件 恋愛 604 位 / 46,659件
文字数 99,458 最終更新日 2022.02.27 登録日 2021.12.25
7
恋愛 完結 長編 R15
パルティア・エンダライン侯爵令嬢はある日珍しく婿入り予定の婚約者から届いた手紙を読んで、彼が駆け落ちしたことを知った。相手は同じく侯爵令嬢で、そちらにも王家の血筋の婿入りする婚約者がいたが、貴族派閥を保つ政略結婚だったためにどうやっても婚約を解消できず、愛の逃避行と洒落こんだらしい。 落ち込むパルティアは、しばらく社交から離れたい療養地としても有名な別荘地へ避暑に向かう。静かな湖畔で傷を癒やしたいと、高級ホテルでひっそり寛いでいると同じ頃から同じように、人目を避けてぼんやり湖を眺める美しい青年に気がついた。 毎日涼しい湖畔で本を読みながら、チラリチラリと彼を盗み見ることが日課となったパルティアだが。 様子がおかしい青年に気づく。 ふらりと湖に近づくと、ポチャっと小さな水音を立てて入水し始めたのだ。 ドレスの裾をたくしあげ、パルティアも湖に駆け込んで彼を引き留めた。 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 最終話まで予約投稿済です。 次はどんな話を書こうかなと思ったとき、駆け落ちした知人を思い出し、そんな話を書くことに致しました。 ある日突然、紙1枚で消えるのは本当にびっくりするのでやめてくださいという思いを込めて。 楽しんで頂けましたら、きっと彼らも喜ぶことと思います。
24hポイント 1,327pt
小説 1,271 位 / 148,184件 恋愛 644 位 / 46,659件
文字数 97,726 最終更新日 2021.12.14 登録日 2021.10.01
8
恋愛 完結 長編
公爵令嬢のサンドラは、生まれた時から王太子であるエヴァンの婚約者だった。 サンドラの母は、魔力が強いとされる小国の王族で、サンドラを生んですぐに亡くなった。 サンドラの父はその後再婚し、妹のアンナが生まれた。 魔力が強い事を前提に、エヴァンの婚約者になったサンドラだったが、6歳までほとんど魔力がなかった。 父親からは役立たずと言われ、婚約者には見た目が気味悪いと言われ続けていたある日、聖女の力が覚醒する。だが、婚約者を好きになれず、国の道具になりたくなかったサンドラは、力を隠して生きていた。 力を隠して8年が経ったある日、妹のアンナが聖女だという噂が流れた。 そして、エヴァンから婚約を破棄すると言われ…… 設定ゆるゆるの、架空の世界のお話です。 ストックを全部出してしまったので、次からは1日1話投稿になります。
24hポイント 1,308pt
小説 1,288 位 / 148,184件 恋愛 653 位 / 46,659件
文字数 70,288 最終更新日 2022.07.07 登録日 2022.06.22
9
恋愛 完結 短編
「私が本当に愛しているのは、君だけだよ」  伯爵家の嫡男であるニックが誰もいない校舎の裏でそう囁いたのは、婚約者であるラナではなく、ラナの親友のレズリーだった。 「でもごめんね。家のためには、公爵家の長女であるラナと結婚するしかないんだ」  ラナは涙した。両思いだと信じていた。いつだって優しかったあなた。愛していると何度も言われた。なのに──。  最初は哀しかった。胸が張り裂けそうなほど。でも。 「ラナと結婚するのは、お金のためだけだよ。信じて」  泣きじゃくるレズリーを、ニックが必死に慰める。ラナのせいで。ラナがニックを好きにならなければと、陰口を言い合いながら。  ラナはふと、胸の奥の何かがぷつんと弾けた気がした。  ──ならば、お望み通りに。
24hポイント 1,221pt
小説 1,369 位 / 148,184件 恋愛 698 位 / 46,659件
文字数 28,071 最終更新日 2021.02.28 登録日 2021.02.05
10
恋愛 完結 短編
幼少期 病弱だった妹は、両親の愛を全て独り占めしています。 学生時代、私に婚約の話が来ても、両親は 「まだ早い」と首を縦に振りませんでした。 しかし、私が学園を卒業すると、両親は 「そろそろ婚約の話を受けようじゃないか」 と急にやる気を見せましたが、それは十六歳を迎えた妹の為でした。 両親は私に来る縁談を全て妹に回し、 婚約を結ぼうとしていたのです。 それが上手くいく筈もなく 縁談はさっぱりまとまらず、 もう二年が過ぎようとしたある日。 弟はその事に気付き、隣の領地の辺境伯令息と何やら画策を始めて――。 ゆるふわっと設定の短編~中編くらいになりそうです。 ご感想*誤字報告*お気に入り登録ありがとうございます。 感想欄はほぼネタバレですのでご注意下さい。 また、R指定に触れそうな過激なご感想は、承認できかねますのでご了承下さい。 私事ですが、ファンタジー大賞用に女性主人公物を書き始めたので、感想への返信は、ほぼ定型文になります(;>_<;)💦 よろしくお願いします。
24hポイント 1,029pt
小説 1,608 位 / 148,184件 恋愛 811 位 / 46,659件
文字数 55,598 最終更新日 2021.08.30 登録日 2021.08.08
11
恋愛 完結 短編
「ごめん、リア。出かける直前に、アビーの具合が急に悪くなって」  これが、公爵家令嬢リアの婚約者である、公爵家令息モーガンがデートに遅刻したときにする、お決まりの言い訳である。  モーガンは病弱な妹のアビーを異常なまでにかわいがっており、その言葉を決して疑ったりはしない。  リアが怒っていなくても、アビーが怒っていると泣けば、モーガンはそれを信じてリアを責める。それでもリアはモーガンを愛していたから、ぐっとたえていた。  けれど。ある出来事がきっかけとなり、リアは、モーガンに対する愛情が一気に冷めてしまう。 「──わたし、どうしてあんな人を愛していたのかしら」
24hポイント 986pt
小説 1,676 位 / 148,184件 恋愛 841 位 / 46,659件
文字数 31,135 最終更新日 2021.04.01 登録日 2021.03.05
12
恋愛 完結 短編 R15
 いつものように屋敷まで迎えにきてくれた、幼馴染みであり、婚約者でもある伯爵令息──ミックに、フィオナが微笑む。 「おはよう、ミック。毎朝迎えに来なくても、学園ですぐに会えるのに」 「駄目だよ。もし学園に向かう途中できみに何かあったら、ぼくは悔やんでも悔やみきれない。傍にいれば、いつでも守ってあげられるからね」  ミックがフィオナを抱き締める。それはそれは、愛おしそうに。その様子に、フィオナの両親が見守るように穏やかに笑う。  ──対して。  傍に控える使用人たちに、笑顔はなかった。
24hポイント 931pt
小説 1,762 位 / 148,184件 恋愛 884 位 / 46,659件
文字数 38,934 最終更新日 2022.03.21 登録日 2022.02.11
13
恋愛 完結 短編 R15
「──わかった、これまでのことは謝罪しよう。とりあえず、国に帰ってきてくれ。次の聖女は急ぎ見つけることを約束する。それまでは我慢してくれないか。でないと国が滅びる。お前もそれは嫌だろ?」  出来るだけ優しく、テンサンド王国の第一王子であるショーンがアーリンに語りかける。ひきつった笑みを浮かべながら。  だがアーリンは考える間もなく、 「──お断りします」  と、きっぱりと告げたのだった。
24hポイント 844pt
小説 1,921 位 / 148,184件 恋愛 971 位 / 46,659件
文字数 31,165 最終更新日 2022.06.08 登録日 2022.05.09
14
恋愛 完結 短編
「シュリル嬢、俺と結婚してくれませんか?」 憧れのレナード・ドリスト侯爵からのプロポーズ。 彼は美しいだけでなく、とても紳士的で頼りがいがあって、何より私を愛してくれていました。 すごく幸せでした……あの日までは。 結婚して1年が過ぎた頃、旦那様は愛人を連れて来ました。次々に愛人を連れて来て、愛人に子供まで出来た。 それでも愛しているのは君だけだと、離婚さえしてくれません。 そして、妹のダリアが旦那様の子を授かった…… もう耐える事は出来ません。 旦那様、私はあなたのせいで死にます。 だから、後悔しながら生きてください。 設定ゆるゆるの、架空の世界のお話です。 全15話で完結になります。 この物語は、主人公が8話で登場しなくなります。 感想の返信が出来なくて、申し訳ありません。 たくさんの感想ありがとうございます。 次作の『もう二度とあなたの妻にはなりません!』は、このお話の続編になっております。 このお話はバッドエンドでしたが、次作はただただシュリルが幸せになるお話です。 良かったら読んでください。
24hポイント 818pt
小説 1,965 位 / 148,184件 恋愛 991 位 / 46,659件
文字数 18,133 最終更新日 2021.11.17 登録日 2021.11.11
15
恋愛 連載中 短編
 アーネット・マドラー侯爵令嬢は、グリント辺境伯に嫁ぐ事になった。  彼女には8年間婚約していた第二王子ハーメリックと一年前、婚約を解消したばかりで、実はこの結婚には裏話があった。  三年程前に長年社交界にも出ず療養生活をしていたデニス公爵家の令嬢ミレイアが奇蹟的に回復し、初めての夜会に参加した。  美しい上にか弱い公爵令嬢に一目ぼれしたハーメリックは、アーネットとの婚約を解消し、ミレイアを新たな婚約者に迎えたかった。しかし、これといって何の落ち度もないアーネットとの破談は難しかった。  ところが、妹の王女マルグリットに辺境伯との婚姻話が来ると、王女が結婚を嫌がった。辺境などに嫁ぐより、騎士の誰かに降嫁して、王都で暮らしたいと我儘を言い出したのだ。  ハーメリックはこれ幸いとばかりに、アーネットを王女の代わりに辺境地へ追いやった。  一方、オーランド・グリント辺境伯は、長年、慕っていた王女の輿入れが全く別人に変わり、腹を立てていた。急に王子の婚約者を下ろされたアーネットに何かあるのではと訝しみ、使用人らに彼女の人となりを調査するように言い渡す。  特に悪い噂もないが、オーランドは積年の王女への想いを捨てきれず、一年の白い結婚をアーネットに言い渡すが…。
24hポイント 809pt
小説 1,984 位 / 148,184件 恋愛 1,001 位 / 46,659件
文字数 62,840 最終更新日 2022.01.17 登録日 2021.12.06
16
恋愛 完結 短編 R15
「──お前のこと、本当はずっと嫌いだったよ」 「……ジャスパー?」 「いっつもいっつも。金魚の糞みたいにおれの後をついてきてさ。鬱陶しいったらなかった。お前が公爵令嬢じゃなかったら、おれが嫡男だったら、絶対に相手になんかしなかった」  マリーの目が絶望に見開かれる。ジャスパーとは小さな頃からの付き合いだったが、いつだってジャスパーは優しかった。なのに。 「楽な暮らしができるから、仕方なく優しくしてやってただけなのに。余計なことしやがって。おれの不貞行為をお前が親に言い付けでもしたら、どうなるか。ったく」  続けて吐かれた科白に、マリーは愕然とした。 「こうなった以上、殺すしかないじゃないか。面倒かけさせやがって」  
24hポイント 759pt
小説 2,102 位 / 148,184件 恋愛 1,055 位 / 46,659件
文字数 33,335 最終更新日 2021.10.25 登録日 2021.09.23
17
恋愛 完結 短編
「……ごめん。ぼくは、きみではない人を愛してしまったんだ」  幼馴染みであり、婚約者でもあるミッチェルにそう告げられたエノーラは「はい」と返答した。その声色からは、悲しみとか、驚きとか、そういったものは一切感じられなかった。  ──どころか。 「ミッチェルが愛する方と結婚できるよう、おじさまとお父様に、わたしからもお願いしてみます」  決意を宿した双眸で、エノーラはそう言った。
24hポイント 731pt
小説 2,175 位 / 148,184件 恋愛 1,093 位 / 46,659件
文字数 17,926 最終更新日 2022.05.07 登録日 2022.04.18
18
恋愛 完結 短編
 姉のベティは、学園でも有名になるほど綺麗で聡明な当たりのマイヤー伯爵令嬢。妹のアリシアは、ガリで陰気なはずれのマイヤー伯爵令嬢。そう学園のみなが陰であだ名していることは、アリシアも承知していた。傷付きはするが、もう慣れた。いちいち泣いてもいられない。  婚約者のマイクも、アリシアのことを幽霊のようだの暗いだのと陰口をたたいている。マイクは伯爵家の令息だが、家は没落の危機だと聞く。嫁の貰い手がないと家の名に傷がつくという理由で、アリシアの父親は持参金を多めに出すという条件でマイクとの婚約を成立させた。いわば政略結婚だ。  こんなわたしと結婚なんて、気の毒に。と、逆にマイクに同情するアリシア。  そんな諦めにも似たアリシアの日常を壊し、救ってくれたのは──。
24hポイント 631pt
小説 2,482 位 / 148,184件 恋愛 1,253 位 / 46,659件
文字数 36,743 最終更新日 2021.05.24 登録日 2021.04.20
19
恋愛 完結 長編 R15
エリック様と結婚して3年が経ちます。結婚するまでは、愛されているのだと思っていました。 あんなに優しかったエリック様が、次々と愛人を連れて来て、“彼女は大切な女性だ”と私に紹介する。我慢の限界を迎えた私は、離縁して欲しいとお願いしました。それがきっかけで、エリック様は豹変し、暴力をふるってきた。身も心もボロボロになったある日、私は永遠に彼から逃げようと決意した。 舞踏会が開かれた王城のバルコニーから身を投げ、私の人生は幕を閉じた……はずだった。 次の瞬間、何故か10歳の自分に戻っていたのです。 やり直す機会をもらった私は、もう二度と彼に人生を奪われない為に強くなる決心をする。 *巻き戻る前の話は、かなり気分の悪い話になっています。ご注意ください。 *設定ゆるゆるの、架空の世界のお話です。 *全44話で完結になります。 *感想は全て“ネタバレを含む”の仕様にはしていません。感想欄はネタバレの可能性があります。 いつもあたたかい感想を、ありがとうございます。
24hポイント 603pt
小説 2,561 位 / 148,184件 恋愛 1,297 位 / 46,659件
文字数 58,966 最終更新日 2022.04.19 登録日 2022.04.12
20
恋愛 完結 短編
 母は私を「なんて彼ににているのかしら、髪と瞳の色が同じならまるで生き写しだわ」そう言って赤い長い爪で私の顔をなぞる仕種をしている。  父は私に「お前さえいなければ、私は自由でいられるのだ」そう言って詰る。  私は両親に愛されていない。生まれてきてはいけない存在なのだから。  だから、屋敷でも息をひそめる様に生きるしかなかった。  父は私が生まれると直ぐに家を出て、愛人と暮らしている。いや、彼の言い分だと愛人が本当の妻なのだと言っている。  母は父に恋人がいるのを知っていて、結婚したのだから…  父の愛人は平民だった。そして二人の間には私の一つ下の異母妹がいる。父は彼女を溺愛していた。  異母妹は平民の母親そっくりな顔立ちをしている。明るく天使の様な彼女に惹かれる男性は多い。私の婚約者もその一人だった。  母が死んで3か月後に彼らは、公爵家にやって来た。はっきり言って煩わしい事この上ない。  家族に愛されずに育った主人公が愛し愛される事に臆病で、地味な風貌に変装して、学園生活を送りながら成長していく物語です。  ※旧「先生、私を悪い女にしてください」の改訂版です。
24hポイント 582pt
小説 2,654 位 / 148,184件 恋愛 1,340 位 / 46,659件
文字数 89,703 最終更新日 2021.08.11 登録日 2021.07.11
21
恋愛 完結 短編
「女性の中で一番愛しているのはきみだけど、すべての人間の中で一番好きなのは、アデラかな」  婚約者のネイトは何の悪びれもなく、そう言って笑った。  ネイトの元恋人から、どうしてネイトと別れたのかを聞かされたエリンの心が揺らぐ。けれどネイトは、僅かに残る想いを見事にぶった斬ってくれた。 「ねえ、ネイト。わたし、公爵令嬢なんですよ。知っていましたか?」
24hポイント 575pt
小説 2,683 位 / 148,184件 恋愛 1,356 位 / 46,659件
文字数 21,141 最終更新日 2022.04.13 登録日 2022.03.23
22
恋愛 完結 長編 R18
主人公:九ノ瀬 愛莉彩(ここのせ まりあ) 26歳 外科医:久我 暖陽(くが はるひ) 32歳  愛莉彩は消化器外科に勤務する看護師。嫌味な程の美人顔に豊満な胸。くびれたウエストに上向きなヒップ。そんな容姿から「不倫顔」と揶揄されてきた。  彼氏ができてもいつも2番目で本命だと思っていたのが実は既婚者だったり自分が浮気相手だったり。そんな過去から恋愛は避けてきた。  ある日、他病院から応援で外科医、暖陽がやってきた。  手術件数が伸び悩んでいたが、暖陽のおかげで改善傾向となる。  仕事も順調と思われたが、ある日を境に一変する。外来に勤務する愛莉彩と同性同名の(九瀬 まりあ)が当院の医者と不倫問題を起こしたのだ。  名前が同じだけで好奇の視線を送られる日々。  医者達にはいやらしい目で見られるし、看護師達には後ろ指を差されるし、もう最悪! 「既婚者でもいいんだろ? いやらしい体して誘ってんだ? 俺が大人の診察してやろうか?」 「それ、人違いですから!」  俺様外科医に翻弄されて困ってます! ※アルファポリスのみで連載開始 少しずつ更新していきます。
24hポイント 548pt
小説 2,802 位 / 148,184件 恋愛 1,416 位 / 46,659件
文字数 153,328 最終更新日 2022.06.16 登録日 2022.01.27
23
恋愛 完結 短編 R15
「シンディーのことは、恋愛対象としては見てないよ。それだけは信じてくれ」  夫のランドルは、そう言って笑った。けれどある日、ランドルの幼馴染みであるシンディーが、ランドルの子を妊娠したと知ってしまうセシリア。それを問うと、ランドルは急に激怒した。そして、離縁を言い渡されると同時に、屋敷を追い出されてしまう。  ──数年後。  ランドルの一言にぷつんとキレてしまったセシリアは、殺意を宿した双眸で、ランドルにこう言いはなった。 「あなたの息の根は、わたしが止めます」
24hポイント 546pt
小説 2,812 位 / 148,184件 恋愛 1,421 位 / 46,659件
文字数 39,364 最終更新日 2021.07.24 登録日 2021.06.21
24
恋愛 完結 短編
私の家は子爵家だった。 高位貴族ではなかったけれど、ちゃんと裕福な貴族としての暮らしは約束されていた。 泣き虫だった私に「リーアを守りたいんだ」と婚約してくれた侯爵家の彼は、私に黙って戦争に言ってしまい、いなくなった。 私も泣き虫の子爵令嬢をやめた。 八年後帰国した彼は、もういない私を探してるらしい。 *文字数的に「短編か?」という量になりましたが10万文字以下なので短編です。この後各自のアフターストーリーとか書けたら書きます。そしたら10万文字超えちゃうかもしれないけど短編です。こんなにかかると思わず、「転生王子〜」が大幅に滞ってしまいましたが、次はあちらに集中予定(あくまで予定)です、あちらもよろしくお願いします*
24hポイント 518pt
小説 2,973 位 / 148,184件 恋愛 1,497 位 / 46,659件
文字数 97,401 最終更新日 2022.06.01 登録日 2021.08.10
25
恋愛 連載中 長編
「久しぶり、鬼ごっこは僕の勝ちだね。」 「お前みたいなブス、誰も相手にしてくれないよ。俺以外」 主人公(あんまり可愛くない)がイケメン(性格に大いに難あり)に溺愛(ヤンデられる)される話です。 登場人物口悪いです。 なんでもありな人むけ。 ※タイトル通りの話です。両思いだし、できればハッピーエンドにしたいです。 感想くれたら作者は泣いて喜びます。
24hポイント 491pt
小説 3,122 位 / 148,184件 恋愛 1,580 位 / 46,659件
文字数 12,456 最終更新日 2022.08.07 登録日 2022.08.03
26
恋愛 完結 長編 R15
「お前はとても優秀だそうだから、婚約者にしてやってもいい」  ある日の休日。家族に疎まれ、蔑まれながら育ったマイラに、第一王子であり、姉の婚約者であるはずのヘイデンがそう告げた。その隣で、姉のパメラが偉そうにふんぞりかえる。 「ぞんぶんに感謝してよ、マイラ。あたしがヘイデン殿下に口添えしたんだから!」  一方的に条件を押し付けられ、望まぬまま、第一王子の婚約者となったマイラは、それでもつかの間の安らぎを手に入れ、歓喜する。  だって。  ──これ以上の幸せがあるなんて、知らなかったから。
24hポイント 447pt
小説 3,378 位 / 148,184件 恋愛 1,699 位 / 46,659件
文字数 53,361 最終更新日 2022.02.27 登録日 2022.01.04
27
恋愛 完結 短編
「──お前はその顔で、本当に王族なのか?」  そう問いかけてきたのは、この国の第一王子──サイラスだった。  真剣な顔で問いかけられたセシリーは、固まった。からかいや嫌味などではない、心からの疑問。いくら慣れたこととはいえ、流石のセシリーも、カチンときた。 「…………ぷっ」  姉のカミラが口元を押さえながら、吹き出す。それにつられて、広間にいる者たちは一斉に笑い出した。  当然、サイラスがセシリーを皮肉っていると思ったからだ。  だが、真実は違っていて──。
24hポイント 447pt
小説 3,378 位 / 148,184件 恋愛 1,699 位 / 46,659件
文字数 22,887 最終更新日 2022.01.03 登録日 2021.12.10
28
恋愛 完結 長編
「マリッサ、すまないが婚約は破棄させてもらう。俺は、運命の人を見つけたんだ!」 9年間婚約していた、デリオル様に婚約を破棄されました。運命の人とは、私の義妹のロクサーヌのようです。 そもそもデリオル様に好意を持っていないので、婚約破棄はかまいませんが、あなたには莫大な慰謝料を請求させていただきますし、借金の全額返済もしていただきます。それに、あなたが選んだロクサーヌは、令嬢ではありません。 幼い頃に両親を亡くした私は、8歳で侯爵になった。この国では、爵位を継いだ者には18歳まで後見人が必要で、ロクサーヌの父で私の叔父ドナルドが後見人として侯爵代理になった。 叔父は私を冷遇し、自分が侯爵のように振る舞って来ましたが、もうすぐ私は18歳。全てを返していただきます! 設定ゆるゆるの、架空の世界のお話です。 全51話で完結になります。
24hポイント 440pt
小説 3,427 位 / 148,184件 恋愛 1,729 位 / 46,659件
文字数 74,964 最終更新日 2022.02.16 登録日 2022.01.31
29
恋愛 連載中 ショートショート
事あるごとに婚約者の実家に金の無心をしてくる碌でなし。それが、侯爵令嬢アルカ・ハヴェルの婚約者であるドルク・メルアを正しくあらわす言葉であった。 落ち目の危機に瀕しているメルア侯爵家であったが、これまでの付き合いから見捨てられなかった父が縁談を纏めてしまったのが全ての始まり。 しかし、ある日転機が訪れる。 アルカの父の再婚相手の連れ子、妹にあたるユーミスがドルクの婚約者の地位をアルカから奪おうと試みたのだ。 そして、ドルクもアルカではなく、過剰に持ち上げ、常にご機嫌を取るユーミスを気に入ってゆき、果てにはアルカへ婚約の破談を突きつけてしまう事になる。
24hポイント 397pt
小説 3,730 位 / 148,184件 恋愛 1,878 位 / 46,659件
文字数 1,273 最終更新日 2021.05.17 登録日 2021.05.17
30
恋愛 完結 短編
 小さくて、可愛くて、庇護欲をそそられる姉。対し、身長も高くて、地味顔の妹のリネット。  ある日。愛らしい顔立ちで有名な第二王子に婚約を申し込まれ、舞い上がるリネットだったが──。 「あれ? きみ、誰?」  第二王子であるヒューゴーは、リネットを見ながら不思議そうに首を傾げるのだった。
24hポイント 390pt
小説 3,783 位 / 148,184件 恋愛 1,904 位 / 46,659件
文字数 22,721 最終更新日 2021.08.18 登録日 2021.07.29
31
恋愛 完結 短編
私は今、この世でたった一人の愛する旦那様に殺されそうになっている。いや……もう私は殺されるだろう。 どうして、こんなことになってしまったんだろう……。 私はただ、旦那様を愛していただけなのに……。 そして私は旦那様の手で、首を絞められ意識を手放した…… はずだった。 目を覚ますと、何故か15歳の姿に戻っていた。 設定ゆるゆるの、架空の世界のお話です。 全11話で完結になります。
24hポイント 376pt
小説 3,903 位 / 148,184件 恋愛 1,957 位 / 46,659件
文字数 11,269 最終更新日 2021.06.23 登録日 2021.06.20
32
恋愛 完結 長編 R15
幼い頃から家族に疎まれて育ったエミリアは、婚約者から婚約破棄された上に、迷惑行為を繰り返した弟のとばっちりで王立学園を退学処分となった。 その後、実家へ戻るも領民の反乱が起き、着の身着のまま逃亡した辺境の地で病に倒れ、不遇の人生に幕を閉じた……はずだった。 だが、気が付くと婚約者との顔負わせ直前の、九才まで時間が巻き戻っていたのだ。 「理由は分からないけど、これは好機だわ!」 九歳に戻ったエミリアは、前の記憶を元に破滅を回避をして平穏な生活を送ろうと決意する。 破滅回避を目指して行動する中、高レベル冒険者のノアと出会い彼と雇用契約を結ぶのだった。 それから六年。 執事兼護衛のノアに支えられて十五歳に成長したエミリアは、ついに自分の運命を左右する王立学園入学の日を迎えた。 “前のエミリア”と婚約破棄をした婚約者と彼の恋人の存在を警戒しながら、エミリアは彼女を守るため女装までして付いてきたノアと共に、学園生活を開始する。 平穏な生活を夢見ていたエミリアだが、徐々に学園内に渦巻く陰謀に巻き込まれていく。 ✱表紙イラストは1657様(@1657san)に描いていただきました。 ✱他サイトにも投稿しています。 ✱完結しました。感想ありがとうございます。ゆっくり返信していきますm(__)m
24hポイント 369pt
小説 3,979 位 / 148,184件 恋愛 1,980 位 / 46,659件
文字数 179,272 最終更新日 2022.03.06 登録日 2022.01.09
33
恋愛 完結 短編 R15
「──それをあなたが言うの?」
24hポイント 333pt
小説 4,390 位 / 148,184件 恋愛 2,166 位 / 46,659件
文字数 20,939 最終更新日 2021.09.15 登録日 2021.08.26
34
恋愛 完結 長編
 伯爵令嬢であるクリスティーナは、婚約者であるフィリップに「役立たずなお飾り令嬢」と蔑まれ、婚約破棄されてしまう。  事業が波に乗り調子付いていたフィリップにうんざりしていたクリスティーヌは快く婚約解消を受け入れ、幼い頃に頻繁に遊びに行っていた田舎のリアス領を訪れることにする。  かつては緑溢れ、自然豊かなリアスの地は、土地が乾いてすっかり寂れた様子だった。  そこで再会したのは幼馴染のアルベルト。彼はリアスの領主となり、リアスのために奔走していた。  クリスティーナは、彼の力になるべくリアスの地に残ることにするのだが… ★全7話★ ※なろう様、カクヨム様でも公開中です。
24hポイント 326pt
小説 4,489 位 / 148,184件 恋愛 2,216 位 / 46,659件
文字数 18,729 最終更新日 2022.06.20 登録日 2022.06.15
ー「穢らわしい」「箒頭」「伯爵家の穀潰し」「妹に全てを吸い取られた出涸らし」etc... 生まれて此の方、というより優しく健康そのものだった実母が突然死し。失意の父の心の隙を突くかのようにレイランドルフ伯爵家に後妻として上がり込んできたロザベラとその連れ子であるミラベルによって実親から与えられた全てを取り上げられて召使い同然に酷使される、伯爵の実娘シェイラは、その着込んだボロの衣服や櫛の入っていないボサボサの長い赤茶けた髪などから、齢6歳の頃より家を訪問時に顔を合わせた商人や他ならぬ元凶の二人によって不名誉なあだ名を量産されていた。  父は仕事に逃げ助けの求め先もないままに、しかし彼女は日々生き抜くことだけを強く強く目指した。 ー何故なら単に、生前の母の『人間、どのような立場になろうと死にたい位苦しくとも、生きなさい。兎に角生き抜こうという意思を持ちなさい』という言葉を信じ続けているが故。 そんな生活を送り始めて9年後。15歳のシェイラが偶然助けた男との、その出会いが彼女の運命を変化させていく。
24hポイント 319pt
小説 4,557 位 / 148,184件 恋愛 2,249 位 / 46,659件
文字数 323,289 最終更新日 2020.08.01 登録日 2020.01.10
36
恋愛 完結 短編 R18
私には婚約者がいる―――そしてあなたにも。 母に捨てられ、父に引き取られた私は今までとはまったく違う環境で暮らすことになった。 でも、父には本妻とその子供がいた。 渋木家のお嬢様となった私は婚約者を決められてしまう。 けれど、私が好きになったのは婚約者とは別の人。 ★6話まで1日2話更新 ★7話から1日1話更新 朝5:00 ★R-18には※R-18マークをつけます。飛ばして読むことも可能です。 ★視点切り替えあり
24hポイント 312pt
小説 4,660 位 / 148,184件 恋愛 2,292 位 / 46,659件
文字数 92,333 最終更新日 2022.06.06 登録日 2022.05.06
37
恋愛 完結 短編
 アリエルは最近婚約者の様子がおかしいことに気づく。彼は流行りの断罪劇を画策しているようで……。はたして上手くいくのか? 思いつめた彼の事情とは! 基本、両想いのほのぼのなお話。  アリエル・オルグレン公爵令嬢18歳(しっかりもの)  テオドア・マーレイ伯爵子息16歳(泣き虫)  
24hポイント 298pt
小説 4,863 位 / 148,184件 恋愛 2,389 位 / 46,659件
文字数 18,641 最終更新日 2022.07.20 登録日 2022.07.06
38
恋愛 完結 短編
田舎の町から 二人で王都にやってきた、ミリアンとオード。 生活に余裕ができたら結婚しようと言っていたのに、もう九年が経過している。 そんなある日、ミリアンはオードに急に別れを切り出された。どうやら若い彼女ができたらしい。 もう若くはないのに、これからひとりでどうしようと悩んでいたミリアンだったが、案外ひとりの方が楽しいことに気が付いた。
24hポイント 248pt
小説 5,756 位 / 148,184件 恋愛 2,755 位 / 46,659件
文字数 26,082 最終更新日 2021.11.29 登録日 2021.11.18
39
恋愛 完結 短編
自分の事だけが大好きで 極度のナルシストの婚約者のレオナード様に告げた 「婚約破棄してください」と その結果お父様には伯爵家を勘当され 更には他貴族達にも私のあらぬ噂をレオナード様に広めまれた だけど、唯一 私に手を差し伸べてくれたのは 醜い豚公爵と陰で馬鹿にされていたウィリアム様だけだ 彼の元へと嫁ぐ事になり馬鹿にされたが みんなは知らないだけ 彼の魅力にね
24hポイント 234pt
小説 6,098 位 / 148,184件 恋愛 2,901 位 / 46,659件
文字数 44,132 最終更新日 2022.01.30 登録日 2022.01.22
40
恋愛 完結 短編
8歳の時、第二王子の婚約者に選ばれたアリーナだが、15歳になって王立学園に入学するまで第二王子に会うことがなかった。 会えなくても交流をしたいと思って出した手紙の返事は従者の代筆。内容も本人が書いたとは思えない。 それでも王立学園に入学したら第二王子との仲を深めようとしていた矢先。 第二王子の浮気が発覚した。 この国の王室は女癖の悪さには定評がある。 学生時代に婚約破棄され貴族令嬢としての人生が終わった女性も数知れず。 蒼白になったアリーナは、父に相談して婚約を白紙に戻してもらった。 しかし騒ぎは第二王子の浮気にとどまらない。 友人のミルシテイン子爵令嬢の婚約者も第二王子の浮気相手に誘惑されたと聞いて、友人5人と魔導士のクライスを巻き込んで、子爵令嬢の婚約者を助け出す。 全14話。 番外編2話。第二王子ルーカスのざまぁ?とヤンデレ化。 タイトル変更しました。 前タイトルは「会ってすぐに殿下が浮気なんて?! 王室の醜聞に巻き込まれると公爵令嬢としての人生が終わる。婚約破棄? 解消? ともかく縁を切らなくちゃ!」。
24hポイント 220pt
小説 6,450 位 / 148,184件 恋愛 3,016 位 / 46,659件
文字数 31,252 最終更新日 2021.09.19 登録日 2021.09.06
161 12345