恋愛 最低男小説一覧

カテゴリ 恋愛
タグ 最低男×
3
1
恋愛 連載中 長編 R18
「フェイルリーナ、すまない。僕はユーフェルミナに恋をしてしまったんだ」  婚約者ルークから告げられた一言。フェイルリーナは妹ユーフェルミナに婚約者を奪われた。  しかもユーフェルミナはルークの子を宿しているという。  さらにルークはフェイルリーナにこう言った。 「君には女としての魅力を感じないんだ!」  ショックを受けたフェイルリーナは処女を捨てることを決意。  そのまま勢いでとある夜会にて、相手を見繕って一夜を過した。顔も分からない相手。一夜限りの関係だと思っていた。  しかし。 「やっと見つけた。……今度は逃がさないよ?」  一夜の関係のつもりだった相手が目の前に現れる。  それはなんと王国最強と謳われる魔術師団長、ジェインスだった。 ※完結まで書き切った没作品供養その2。 とある応募用の小説なので優先的に更新します。 ※ムーンライト様にも掲載しています
24hポイント 2,563pt
小説 654 位 / 111,521件 恋愛 332 位 / 31,257件
文字数 51,308 最終更新日 2021.08.03 登録日 2021.04.13
2
恋愛 完結 短編 R18
わたしという彼女がいながらも、友達や会社の先輩、同僚に声をかけられたからと飲み会というコンパにいく中学時代から付き合ってる恋人。 コンパに行くだけでも裏切り行為なのに、毎回のようにワンナイトLOVEをしでかす最低男な恋人。 「あいつと別れた方がいいよ!!」 「浮気はしてもわたしが本命だと言ってわたしの所に帰ってきてくれるから別れられない……」 そんなわたしに親友一同は呆れてる……。
24hポイント 7pt
小説 26,813 位 / 111,521件 恋愛 10,957 位 / 31,257件
文字数 12,512 最終更新日 2020.05.09 登録日 2020.05.09
3
恋愛 連載中 長編 R15
メルクル王国に住まう伯爵夫人エルゼは夫リヒャルトから虐げられている。 何かがあれば愛人である「パウラを見習え」と言ってくる始末。しかも、邸の使用人たちもリヒャルトから虐げられるエルゼのことは蔑ろであり、愛人のことばかりを優先する。 そんなある日、エルゼは自身の境遇を悲観し階段から飛び降りた。しかし、それをきっかけに前世の記憶を思い出し――。 「なにこれ、クソみたいな人生だわ。これからは好き勝手生きてやる」 クソみたいな人生だけど、悲観するなんてばかばかしいわよね? そう思い、エルゼはリヒャルトに一発平手打ちを打ち込んだ。その結果離縁を告げられたけれど、別に問題なくない? っていうか、とある侯爵家がメイド募集しているし、そこに飛び込んでやればよくない? そんなこんなでエルゼは自身を虐げてきた伯爵家とおさらばし、新しい場所へと足を踏み入れたのだけれど――なぜか、雇い主の侯爵様が溺愛してきます。「俺の初恋を奪った責任を取って結婚して」って、ちょっと本気で意味が分かりません! ※基本的には大まかな流れのみ決めており、細かいところは行き当たりばったりの作品です。
24hポイント 0pt
小説 111,521 位 / 111,521件 恋愛 31,257 位 / 31,257件
文字数 1,569 最終更新日 2021.07.07 登録日 2021.07.07
3