恋愛 実はイケメン小説一覧

カテゴリ 恋愛
タグ 実はイケメン×
2
1
恋愛 完結 短編
アドリアン・メラールはメラール公爵家の長男で一つ下の王女ユージェニーと婚約している。 アドリアンは学園では”がり勉地味眼鏡”というあだ名で有名である。 しかし、学園のダンスパーティーでアドリアンはユージェニーに「がり勉地味眼鏡なんてお呼びじゃないわ!」と婚約破棄される。 その上彼女はクレメント・グラミリアン男爵家令息という美少年と新たに婚約を結ぶと宣言する。 フローレンス・アンベール侯爵令嬢はその光景の目撃者の一人だ。 フローレンスは密かにアドリアンを慕っており、王女の婚約者だから無理と諦めていた。 フローレンスは諸事情あって今は婚約者はおらず、親からも政略結婚を強いられていない。 王女様、ありがとうございます! 彼は私が貰いますので! これを好機ととらえたフローレンスはアドリアンを捕まえる。 ※設定は緩いです。物語としてお楽しみください *HOTランキング1位(2021.9.20) 読者の皆様に感謝*.*
24hポイント 731pt
小説 2,196 位 / 125,008件 恋愛 1,011 位 / 35,713件
文字数 24,124 最終更新日 2021.10.03 登録日 2021.09.18
2
恋愛 完結 短編 R18
三年前、傲慢な婚約者に逆らったことで婚約を破棄されたシア。 高位貴族である実家からも追放されて、流れ着いた貧民街で養父に拾われた。 もともと実家が大嫌いだった彼女は現状を受け入れ、マッサージ師の養父の店を手伝い貧しいながらも平穏に暮らしていた。 ある日、全く交流のなかった元家族から呼び出しを受けて屋敷へ行くと、「妹の代わりに後宮へ入れ」と命じられた。 妹はシアの元婚約者との婚約が成立したばかりで、後宮入りなどありえないという。 嫌だったが養父を人質に取られてシアは頷くしかなかった。 後宮初夜、現れた王様は取り付く島もないほどの塩対応で、処女だと告げるシアに死ぬほど面倒臭そうなため息をついた――。 その態度にムカついたシアは、勘当中に養父のもとで鍛えたマッサージの腕で、王様をメロメロにすることに成功する。 ※ヒロインの地の文での口が悪めです。 ※やることやっているのでR18設定ですが、エロくはないです。 ※中華風後宮でもなく中世ヨーロッパ風世界観でもなく、どっちも混ざったような架空の世界のお話です。
24hポイント 376pt
小説 3,704 位 / 125,008件 恋愛 1,681 位 / 35,713件
文字数 43,896 最終更新日 2021.04.10 登録日 2021.03.15
2