恋愛 王子殿下小説一覧

カテゴリ 恋愛
タグ 王子殿下×
9
1
恋愛 連載中 短編
伯爵令嬢のレミーラは公爵閣下と婚約をしていた。 しかし、公爵閣下は幼馴染に夢中になっている……。 レミーラが注意をしても、公爵は幼馴染との関係性を見直す気はないようだ。 それならば婚約解消をしましょうと、レミーラは公爵閣下と別れることにする。 しかし、女々しい公爵はレミーラに縋りよって来る。 レミーラは王子殿下との新たな恋に忙しいので、邪魔しないでもらえますか? と元婚約者を冷たく突き放すのだった。覆水盆に返らず、ここに極まれり……。
24hポイント 182,084pt
小説 4 位 / 101,684件 恋愛 4 位 / 27,839件
文字数 13,578 最終更新日 2021.05.16 登録日 2021.05.09
2
恋愛 完結 短編
伯爵令嬢のレミュラは、公爵閣下と婚約関係にあったが、より位の高い令嬢と婚約しレミュラとは婚約破棄をした。 その事実を知ったヤンデレ気味の姉は、悲しみの渦中にあるレミュラに、クラレンス王子殿下を紹介する。それを可能にしているのは、ヤンデレ姉が大公殿下の婚約者だったからだ。 レミュラとクラレンス……二人の仲は徐々にだが、確実に前に進んでいくのだった。 ところでレミュラに対して婚約破棄をした公爵閣下は、新たな侯爵令嬢のわがままに耐えられなくなり、再びレミュラのところに戻って来るが……その時にはレミュラの心強い味方は鬼の形相になっていたとさ。
24hポイント 1,973pt
小説 903 位 / 101,684件 恋愛 497 位 / 27,839件
文字数 32,855 最終更新日 2021.04.26 登録日 2021.03.31
3
恋愛 完結 長編
伯爵令嬢のシャルナは、妹のメープルに婚約者である公爵を奪われてしまう。 妹は昔から甘やかされて育ち、その外見の良さと甘え上手な態度から守ってあげたくなるのだ。 シャルナの両親もメープルには甘く、彼女はずっと煮え湯を飲まされていた。 今回は婚約破棄までされ、とうとう彼女も我慢の限界を超えるが、その時に助けてくれたのが王子殿下だった。 シャルナは王子殿下と婚約を果たし、幸せな生活の一歩を踏み出すことになる。 対して妹のメープルは、婚約した公爵の欠点や本性が見え始め、婚約を取り消したいと泣きついてくるのだが……いまさらそんなこと言われても、遅すぎる。
24hポイント 738pt
小説 2,004 位 / 101,684件 恋愛 1,061 位 / 27,839件
文字数 73,707 最終更新日 2021.03.30 登録日 2021.02.04
4
恋愛 連載中 短編
17歳のレミュラはスキルで回復薬であるポーションを作ることが出来る。 その能力は貴重で、宮殿内でポーションメーカーとしての仕事を与えられていた。 その功績は公爵との婚約が出来るまでになる。しかし…… 「平民のお前と結婚などやはりあり得ない。ポーション精製についても、調合で補えるのでお前はクビだ」 と、婚約破棄の上に宮殿からも追放されてしまった。 彼女は仕方なく城下町でポーションを販売することにした。 これが大成功を収め、知り合いだった王子殿下も彼女の噂を聞きつけてやってきた。 公爵に婚約破棄はされましたが、彼女の未来は明るいようです。
24hポイント 156pt
小説 6,594 位 / 101,684件 恋愛 2,914 位 / 27,839件
文字数 41,440 最終更新日 2020.10.09 登録日 2020.08.01
5
恋愛 連載中 長編
ソドム王国の伯爵令嬢ユリアーナはデミル公爵に、より高位の者と婚約するという理由で振られてしまった。 悲しみが押し寄せて来たユリアーナだが、ジスパ第一王子殿下に救われることになる。 一方で、ユリアーナを捨てた公爵は、新たな婚約者の性格に四苦八苦してしまう羽目となり……。
24hポイント 28pt
小説 15,944 位 / 101,684件 恋愛 6,898 位 / 27,839件
文字数 13,030 最終更新日 2020.09.25 登録日 2020.09.22
6
恋愛 完結 短編
「エドワード エストラーナはここにマリアナ タラチゴランジュ侯爵令嬢との婚約を破棄し、ソニア ヨムルガ男爵令嬢を新たな婚約者とする!」 王立アカデミーの卒業を祝う会の最中に婚約破棄を宣言されました。 違うと言っても聞き入れてはもらえず、やってもいない事を断罪されて国外追放まで言い渡され始末。 どうしたら違うと分かってもらえるのでしょうか。
24hポイント 14pt
小説 21,285 位 / 101,684件 恋愛 8,850 位 / 27,839件
文字数 22,481 最終更新日 2020.11.17 登録日 2020.08.25
7
恋愛 連載中 短編
男爵令嬢であるアンリは、婚約していた侯爵アルバに婚約破棄をされてしまった。 理由として挙げられたのは、男爵という地位の低い貴族に用はないとのこと。 そんなアンリを助けたのは、公爵であるバルムンクとその婚約者である姉のルーリィだった。 アンリを癒し、婚約破棄をした不届き者にはそれ相応の罰を下していく。 さてさて、アンリ自身もなんと王子殿下からの婚約話が来たりと、悲しみを打ち消すのに十分すぎる幸せが舞い降りてくるのだった……。
24hポイント 14pt
小説 21,285 位 / 101,684件 恋愛 8,850 位 / 27,839件
文字数 6,425 最終更新日 2020.08.23 登録日 2020.08.21
8
恋愛 連載中 短編
ラタトスク王国の聖女エリーは占いにより不吉な兆しがあると言われた。 エリーは祈りにより結界を展開したり、魔物を浄化したりと一騎当千の働きをしていたが 戦力は充実しているとして国外追放になってしまう。 追放されたことで二度と祈らないことを誓ったエリーだったが、隣国の王子殿下との出会いが彼女を変えた。 エリーは隣国にてその能力を遺憾なく発揮するのだった。 彼女を追放したラタトスク王国は魔物の脅威と国民の暴動が起きるようになり……。
24hポイント 7pt
小説 25,171 位 / 101,684件 恋愛 10,619 位 / 27,839件
文字数 4,546 最終更新日 2021.03.02 登録日 2021.03.02
9
恋愛 連載中 短編
アイテム士として冒険者パーティで活躍していたルーナは、貴族でもあるリーダーから婚約を迫られる。 女を欲望を満たす為の道具としてしか見ていない為、ルーナはその申し出を断った。 「そうか……なら、お前の冒険者生命は今日でおしまいだな」 「えっ……?」 ルーナはパーティ追放されただけでなく、貴族の力をフル活用ししたリーダーによって冒険者としての活動も難しくされたのだった。 彼女の冒険者としての道は強制的に終わりを迎えるが、その才能を活かしてアイテム屋を経営することにした。これが予想外に上手く行き、超絶繁盛店として話題になり……その噂は王子殿下を呼び寄せるに至ったのだ。 しかも王子殿下とルーナは幼馴染であり、運命の再会となるのだった。彼女を追放したパーティは、優秀過ぎた後方支援役が居なくなり、恐ろしいペースで落ちぶれることになり……。
24hポイント 7pt
小説 25,171 位 / 101,684件 恋愛 10,619 位 / 27,839件
文字数 2,314 最終更新日 2021.01.26 登録日 2021.01.26
9