青春 転校生小説一覧

カテゴリ 青春
タグ 転校生×
9
————最後のページにたどり着いたとき、この物語の価値観は逆転する。 子どもの頃から周りと馴染めず、一人で過ごすことが多いボク。 そんなボクにも、心を許せる女の子がいた。 幼い頃に離れ離れになってしまったけど、同じ高校に転校して再開を果たした朱宮結葉。 ボクと結葉は恋人関係ではなかったけど、好き同士なことは確かだった。 再び紡がれる二人だけの幸せな日々。だけどそれは、狂おしい日常の始まりだった。
24hポイント 2,584pt
小説 826 位 / 128,483件 青春 25 位 / 4,916件
文字数 58,489 最終更新日 2022.01.21 登録日 2022.01.04
2
青春 連載中 長編
地味なクラスで、地味な優等生は孤高の転入生に惹かれる……  クラス分けで二年C組になった秀一はようやく身の丈にあった地味なクラスに自分の居場所を見つけた気がした。しかし隣の席にいる転入生東雲桂羅の唯我独尊のふるまいが気にかかる。謎めいた彼女はいったい何者なのか。
24hポイント 28pt
小説 19,072 位 / 128,483件 青春 207 位 / 4,916件
文字数 32,675 最終更新日 2022.01.23 登録日 2021.12.16
中学3年生の10月に親の都合で突然転校することになった僕。僕は今世界一不幸な15歳だ。 だが、転校初日の登校中に、僕は積乱雲のように何発もの激しい雷を放ち容赦なく僕の体を貫く彼女に出会った。
24hポイント 0pt
小説 128,483 位 / 128,483件 青春 4,916 位 / 4,916件
文字数 14,534 最終更新日 2021.10.17 登録日 2021.10.03
物語は昭和30年代、小学5年の弘明が仲間と共に週末の学校へ忍び込む。 TVで見た忍びの者に倣って、手作りの連判状を持ち込み、そこへ血判を。 なんとか仕上がった連判状、教室の天井裏へ隠そうと机を重ねて……。 村の仲間と連れ立って、学校帰りに畔道を歩きながら、過ごす楽しい時間。 春夏秋から冬へと季節は移ろい、穏やかな日々の中で、突然の青天の霹靂。 ある朝父から転勤を告げられ、弘明の天候が決まり、仲間と別れ次の町へ。 そこで生じた転校生の悲哀に、弘明は堪らず学校を飛び出し山の中へ……。 弘明は学校からなぜ逃げた……獣道を彷徨い、何を思って峠を登ったのか。 青春と言うにはあまりにも幼い、弘明の別れと出会い、そして家族の物語。 (エブリスタに続き小説家になろうへ同時掲載中)
24hポイント 0pt
小説 128,483 位 / 128,483件 青春 4,916 位 / 4,916件
文字数 44,075 最終更新日 2021.09.08 登録日 2020.04.03
突然に「転校生」という地位を与えられてしまった津山孝典は、西の都・広島市に転校する。 その「転校生」物語は、幼なじみや初恋の女の子といった大切な仲間達との別れから始まってしまった…。 たった一人で放り込まれた新しい学校。 愛憎の彼方に、彼は何をつかむのか。そしてこの世界で、何を知るのか。 思春期前半を生きる、津山孝典の日々。 令和2年、新章突入。 扇町中学に入学した津山と、彼をめぐる人間模様。 中学生達のエゴと、プライドと、見え隠れする恋模様…それは平和な中学のみのお話。 荒れている学校では、そうはいかないのだった。 2.3.20 完結しました。卒業シーズンに合わせられて良かった。 この春、旅立つ皆様に幸あれ。 「初恋エンジン!!」から続いた津山孝典の5年間の人生の冒険と放浪、いったん完結です。
24hポイント 0pt
小説 128,483 位 / 128,483件 青春 4,916 位 / 4,916件
文字数 73,203 最終更新日 2020.03.20 登録日 2019.10.26
6
青春 連載中 長編
普通の高校生黒柳悦郎は走ったり走らなかったりする。 朝は幼馴染に起こされたり、ちびっこ優等生にぐふふと笑われたり、ポンコツ担任がやらかしたり、許嫁を名乗る転入生が現れたり。何か起きそうで何も起きない。 そんな日常。
24hポイント 0pt
小説 128,483 位 / 128,483件 青春 4,916 位 / 4,916件
文字数 271,939 最終更新日 2019.12.28 登録日 2019.07.10
7
青春 連載中 長編
 代わり映えしない日々に段々と退屈さを覚えていた僕ー星野天は、それでもそんな日々を変えるすべが無く、半ば輝くことを諦めていた。  幼馴染の神崎春乃はどうにかして僕に毎日を輝いたものにしようと奮闘し、僕も春乃の頑張りに応えようとするも、僕の色あせた世界は、色づき輝くことはなかった。  そんな調子で花の高校生活も3ヶ月が過ぎ、夏休みが始まろうとしていた。  そんな時、僕らが通う学舎に一人の転校生の女の子がやってきた。  目を奪われるほどに綺麗な金髪は、陽の光を浴びると、僕の目には眩しいくらいに輝く。  容姿も整っていて、さらに転校生というとこもあって、クラスの人達は彼女に声をかけようとしていた。だが、彼女が纏っている異様な雰囲気に皆たじろいでしまっていて声をかけることは出来ない。  そんな中、何故だが彼女は僕に声をかけてきて、  「この学校に、星を見る事の出来る部活ってあるの?」  その一言から僕の色あせていた毎日が、再び輝き始めることになる。  見渡す限りの夜の闇を切り裂く星の光のように、僕はなりたかった。闇に飲み込まれてしまわないように。大切な何かを失わないように
24hポイント 0pt
小説 128,483 位 / 128,483件 青春 4,916 位 / 4,916件
文字数 8,236 最終更新日 2019.02.03 登録日 2018.08.04
趣味で書いたものです。 最終まで書き上げました! 続編も書こうと思いますので、そちらもよろしくお願いします。 続編は出来上がり次第一話ずつ投稿していく予定です。
24hポイント 0pt
小説 128,483 位 / 128,483件 青春 4,916 位 / 4,916件
文字数 11,918 最終更新日 2018.01.12 登録日 2018.01.08
9
青春 連載中 短編
高校2年生になった平凡な少女と教室で出会った謎の問題を抱えた少年とのミステリアスなラブストーリー。
24hポイント 0pt
小説 128,483 位 / 128,483件 青春 4,916 位 / 4,916件
文字数 8,112 最終更新日 2019.03.11 登録日 2017.02.16
9