現代文学 完結小説一覧

カテゴリ 現代文学
タグ 完結×
112 123
1
現代文学 完結 ショートショート
同じ会社に勤める地味子とエリート営業マン。 接点のないはずの二人が、ある出来事をきっかけに一気に近づいて……。両片思いのじれじれ恋物語。 もちろんハッピーエンドです。 リポグラムと呼ばれる特定の文字を入れない手法を用いた、いわゆる文字遊びの作品です。 タイトルのカギカッコ部分が、使用不可の文字です。濁音、半濁音がある場合には、それも使用不可です。 (例;「『とな』ー切れ」の場合には、「と」「ど」「な」が使用不可) すべての漢字にルビを振っております。本当に特定の文字が使われていないか、探してみてください。 「『あい』を失った女」(https://www.alphapolis.co.jp/novel/572212123/802162130)内に掲載していた、「『とな』ー切れ」「『めも』を捨てる」「『らり』ーの終わり」に加え、新たに三話を書き下ろし、一つの作品として投稿し直しました。文字遊びがお好きな方、「『あい』を失った女」もぜひどうぞ。
24hポイント 248pt
小説 2,701 位 / 44,611件 現代文学 43 位 / 1,582件
文字数 12,380 最終更新日 2018.06.07 登録日 2018.06.07
 今の自分に悩みつつ生きる青年。無難という名のレールの上を走って来た青年が諦めかけていた夢。レールから外れる決心をさせたのはちょっとHで奇妙なお店の女性だった。
24hポイント 198pt
小説 3,162 位 / 44,611件 現代文学 56 位 / 1,582件
文字数 5,155 最終更新日 2019.02.26 登録日 2019.02.26
盲目の彫刻家は彫刻刀で裸婦像を刻む。 女性は彫刻家の手に身体の記憶を刻む。
24hポイント 149pt
小説 3,651 位 / 44,611件 現代文学 69 位 / 1,582件
文字数 7,226 最終更新日 2019.02.26 登録日 2019.02.26
10月15日。ひとつの切断遺体が見つかった。それが悪夢の幕開けだった────。 15年前の事件と現在が交差する、狂気と懺悔の物語。 ※この作品は実在の事件について憶測の含まれる情報・議論等から着想を得たものですが、これらのものについて当作品をもって関与する意図はありません。 この作品はフィクションであり実在の人物、事件、団体等とは一切関係ありません。 また、犯罪を助長する目的で書いたものでもありません。ご理解お願いいたします。
24hポイント 99pt
小説 4,514 位 / 44,611件 現代文学 88 位 / 1,582件
文字数 59,614 最終更新日 2019.04.06 登録日 2019.04.06
仕事、金、女、人生すべてがドン詰まりで自殺を決意したダメ男が過去1度だけデートした女に会いたくなった。死ぬ前に1度、彼女と話がしたい。しかし彼女は今どこに?誰と暮らしてる?どうすれば会える? 男がとった行動とは?
24hポイント 99pt
小説 4,514 位 / 44,611件 現代文学 88 位 / 1,582件
文字数 36,551 最終更新日 2019.04.11 登録日 2019.04.11
きっともう一度、読み返したくなる。 今日も夜がやってくる。そして私は、その街を歩き続ける。 夜の街。そこは様々な思惑が行き交う世界。 一晩の散歩を通して、私の目から見た街の様子をつづる。
24hポイント 99pt
小説 4,514 位 / 44,611件 現代文学 88 位 / 1,582件
文字数 5,275 最終更新日 2019.04.17 登録日 2019.04.17
 誰にだって夢はある。いつだって遅くない… 全てを投げ打って引きこもりになった少年に突如訪れた新しい仕事の話。胡散臭いとは思いつつも、工場の見学に行くことに…… そこには「仕事」ではなく「青春」が待ち構えていて…
24hポイント 49pt
小説 6,377 位 / 44,611件 現代文学 108 位 / 1,582件
文字数 6,077 最終更新日 2019.04.13 登録日 2019.04.13
言葉で全てを伝える僕らは失念していた。表情を変えない彼女と僕は、言葉で愛を伝え合えば満足していた。 ある日、僕らに新鮮でけれども当たり前の変化が訪れた。
24hポイント 49pt
小説 6,377 位 / 44,611件 現代文学 108 位 / 1,582件
文字数 3,748 最終更新日 2019.03.25 登録日 2019.03.25
9
現代文学 完結 ショートショート
なぞかけが入ってる小説です。
24hポイント 49pt
小説 6,377 位 / 44,611件 現代文学 108 位 / 1,582件
文字数 812 最終更新日 2019.04.02 登録日 2019.04.02
10
現代文学 完結 ショートショート
PN:早島 完全に名前負け。
24hポイント 49pt
小説 6,377 位 / 44,611件 現代文学 108 位 / 1,582件
文字数 5,174 最終更新日 2018.11.21 登録日 2018.11.21
一市民長谷部氏の半生の独白
24hポイント 49pt
小説 6,377 位 / 44,611件 現代文学 108 位 / 1,582件
文字数 3,194 最終更新日 2018.12.20 登録日 2018.12.20
12
現代文学 完結 短編 R18
バーでしか顔を合わせない飲み友達だった凪(なぎ)と高階。 6年前に起きたある出来事のあと、二人は以降連絡を取らずにいた。 そしてそれぞれの恋人と結婚したが、凪はその3年後離婚する。 その後二人はそのバーで再会したのだが、高階が離婚していたと知って凪の心は揺れ動き……。 【おねがい】 この作品は2017年に公開したもので、再掲になります。 そのため文章や構成、設定が現在公開している作品よりも劣っていますし、読みにくい部分もあります。 それをご了承したうえでお読みくださいますようお願いいたします。
24hポイント 49pt
小説 6,377 位 / 44,611件 現代文学 108 位 / 1,582件
文字数 22,872 最終更新日 2018.12.17 登録日 2018.12.17
 ある日人間の夫婦に連れて来られた子猫は、旅行に行けるとばっかり思ってましたが、着いた所はペットホテルみたいな所でした。ところがそこは実は…。  そこで一緒になった物知りの老猫は、子猫の事を思い、その事を隠そうとしますが…
24hポイント 49pt
小説 6,377 位 / 44,611件 現代文学 108 位 / 1,582件
文字数 7,496 最終更新日 2018.07.04 登録日 2018.07.04
 ドイツに来てジャガイモばかり食べている日本人の兄弟。いい加減嫌になってきたがジャガイモの歴史を聞いて。ドイツではジャガイモは主食です。
24hポイント 0pt
小説 44,611 位 / 44,611件 現代文学 1,582 位 / 1,582件
文字数 5,137 最終更新日 2018.03.01 登録日 2018.03.01
本文のないお話。 本当に存在したのか、ただ失われただけか、あるいは意図的に破棄されたのか。 それは書いた本人によってか、はたまた他の誰かによってなのか。 分かっているのは、ここにこれがあるという事実だけ。 Copyright©2019-Youka Izumieshi(泉絵師遙夏) All rights reserved.
24hポイント 0pt
小説 44,611 位 / 44,611件 現代文学 1,582 位 / 1,582件
文字数 994 最終更新日 2019.02.11 登録日 2019.02.11
一人称の短編ストーリー 動画では素敵なイラストとともにご覧いただけます ●YOUTUBE https://youtu.be/snfcS-3EuT0 ●ニコニコ動画 http://nico.ms/sm34500625?cp_webto=share_others_iosapp ●動画用にイラストを提供してくださった皆様 ①服部芳生さん(Hattori_Yoshimi) (創作サークル:アンチックプラント 代表作:至智詼諧ーしちかいかい-) ②島口ホラサイさん(Shimaguchi_Horasai) (漫画家/イラストレーター 代表作:地獄シャワー) ③加月侍×小堀暢也さん(Katsuji×Kobori_Nobuya) (音楽プロデューサー ラジオ番組:音楽三昧・芸術三昧) ④ごとうけい子さん(Goto_Keiko) (漫画家/イラストレーター 代表作:恋人はゴースト、わたしのエスピー) ぜひぜひ、動画、小説ともどもよろしくお願いいたします。
24hポイント 0pt
小説 44,611 位 / 44,611件 現代文学 1,582 位 / 1,582件
文字数 3,263 最終更新日 2019.01.23 登録日 2019.01.23
17
現代文学 完結 ショートショート R15
汚れを嫌う主人公の話。 ※一話完結です。
24hポイント 0pt
小説 44,611 位 / 44,611件 現代文学 1,582 位 / 1,582件
文字数 925 最終更新日 2016.09.01 登録日 2016.09.01
シンデレラのガラスの靴は なぜ12時になっても 魔法がとけなかったのか? シンデレラの魔法使いは ガラスの靴にだけ特別な魔法をかけた それはなぜか?
24hポイント 0pt
小説 44,611 位 / 44,611件 現代文学 1,582 位 / 1,582件
文字数 4,739 最終更新日 2018.10.20 登録日 2016.03.26
19
現代文学 完結 短編 R15
学校生活に疲れた「僕」はウェブ上の自殺サイトでとある人と知り合う。 そしてその自殺イベントに参加したが、そこでとある事件に巻き込まれる…
24hポイント 0pt
小説 44,611 位 / 44,611件 現代文学 1,582 位 / 1,582件
文字数 6,646 最終更新日 2018.08.24 登録日 2018.08.24
意味のない言葉の羅列が彼を掻き立たせる。
24hポイント 0pt
小説 44,611 位 / 44,611件 現代文学 1,582 位 / 1,582件
文字数 2,951 最終更新日 2019.03.25 登録日 2019.03.25
21
現代文学 完結 ショートショート
ヒトのために泣けず、笑えず、怒れない、ヒトデナシなぼくのロクデナシな話。 ※一話完結です。
24hポイント 0pt
小説 44,611 位 / 44,611件 現代文学 1,582 位 / 1,582件
文字数 685 最終更新日 2017.07.13 登録日 2017.07.13
イエスが十字架刑のためゴルゴダの丘まで歩いたヴィア・ドロローサ(悲しみの道) 今年のゴールデンウィークに、愛犬シーズーのシーと久しぶりに軽井沢の聖パウロカトリック教会へ 大学を卒業し初めてミサに参列した時の想い出が蘇って来て イエスが十字架を背負ったヴィア・ドロローサに思いを馳せる
24hポイント 0pt
小説 44,611 位 / 44,611件 現代文学 1,582 位 / 1,582件
文字数 3,535 最終更新日 2018.06.29 登録日 2018.06.29
人間関係を煩わしく思い、できるだけ避けて生きてきた秦海優梨(はたみゆり)が数ヶ月の間に経験する、地味で衝撃的で、退屈で刺激的で、ありふれていてここにしかない、そんな日常のお話。
24hポイント 0pt
小説 44,611 位 / 44,611件 現代文学 1,582 位 / 1,582件
文字数 43,292 最終更新日 2019.01.28 登録日 2018.12.05
山の風景が書いてみたくて書いた作品です。人の一生で流れる時間に比べ、雄大な自然の中で流れる時間はあまりにも長く大きい。そんなちっぽけな人の人生ではあるけれど、ひとりひとりにそれまで生きてきた記憶や想いがあり、人から人へ、親から子へと受け継がれながら時が流れていく。そんな雰囲気がお読み頂いた皆さまに伝われば幸いです。 感想など頂ければとっても嬉しく思います。 宜しくお願い致します。
24hポイント 0pt
小説 44,611 位 / 44,611件 現代文学 1,582 位 / 1,582件
文字数 11,972 最終更新日 2018.06.19 登録日 2018.06.16
25
現代文学 完結 ショートショート
捨てられた犬と飼い主のおじいさんのお話。 ショートストーリ。
24hポイント 0pt
小説 44,611 位 / 44,611件 現代文学 1,582 位 / 1,582件
文字数 1,508 最終更新日 2018.09.07 登録日 2018.09.07
僕は「死にたい」と、検索エンジンのワード入力欄に打った。  世の中には死にたい人がいっぱいいた。僕と同じようなパターンで、明日が見えなくなった人もいっぱいいた。だからといって、気分は晴れなかった。どうせ、死ぬ勇気だってないんだ。 うまく生きられなくなった人についての、ショートストーリー。
24hポイント 0pt
小説 44,611 位 / 44,611件 現代文学 1,582 位 / 1,582件
文字数 6,544 最終更新日 2018.06.03 登録日 2018.06.03
 繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し、そしてまた繰り返される。それは誰かにとっては希望そのもので、他の誰かにとっては絶望かもしれない。  誰かじゃなくて僕にとっては?  そんなの愚問だ。だって――……。  どうせ繰り返されるだけなのだ。希望も絶望もあったもんじゃないだろう? この平坦な毎日と同じだ。真平らな道を余所見もせずに歩けるのは、僕の心も真平らで上にも下にも横にも微塵もぶれることがないからで。  そういえば、考えたこともなかった。いつか、終わりや変化がやってくるなんて。そんな馬鹿げた希望を抱き続けて歩き続ける人のほうが多数だけれど。そんな希望を抱いた人の幾人かがそのうち気付いて絶望して行く。僕にはわからない。絶望する以前に、この現状に希望など見出したことなど一度も無いから、僕は絶望もしない。  何もないところから何かが生まれるはずなんてないんだ。入り口や出口すらここには元から無いじゃないか。風穴ひとつ見当たらない。  そんな場所で、どうして何かが変わるかもしれないなんて思えるのだろうか。  かたんと音がして、それから手元に冷たいものが滴った。それは直ぐに手元を過ぎて机から零れ落ち、床でぴちゃんと音が鳴った。  ああ、まただ。  そこまでグラスの中身が零れてから漸く僕は我に返った。  慌てて椅子を引いて立ち上がり布巾と雑巾を取りに向かおうとしたら、既に同居人が布巾と雑巾片手に駆けつけるところだった。 「ごめん」  そう言って彼女が持っていたものを受け取ろうとしたが、彼女はすたすたとそのまま机まで向かい自ら僕が零したグラスの水をふき取りに掛かった。  僕は呆然とそれを見つめていた。 「大丈夫? 」  机の上をさっと拭いた彼女は蹲って床を拭っている。丸まった背中だけが僕には見えていて彼女が今どんな顔をしているのか知らない。彼女の声色がなんだかいつもと違っている気がしてさっぱり想像すら付かない。  僕は言葉に詰まった。  今、彼女が欲しい言葉がわからない。 「どうかしているよね、ホント」  言葉に詰まっていた割りに、それは随分すんなりと出て来た。  本当に僕は最近どうかしている。気が付くとぼうっとしていて、何かを落としたりどこかにぶつかったり――それでいて、まるで他人事のように気付くのが遅い。  たぶん、僕は不安なんだ。  この平坦な繰り返しに何も疑問も持たない僕は僕自身も実に平坦で、希望も絶望も抱くことはないけれど、どんどん平たくなっていく自分が不安なんだ。  僕は僕であって僕じゃなくなって行く。この繰り返しの単なる一部分でしかない。
24hポイント 0pt
小説 44,611 位 / 44,611件 現代文学 1,582 位 / 1,582件
文字数 2,629 最終更新日 2018.12.13 登録日 2018.12.13
死刑囚の「私」が最期に要求した一冊の本。 そこに綴られていたのは――
24hポイント 0pt
小説 44,611 位 / 44,611件 現代文学 1,582 位 / 1,582件
文字数 5,469 最終更新日 2018.10.22 登録日 2018.10.22
29
現代文学 完結 ショートショート
自分の部屋って聖域。そして、たまに異空間。
24hポイント 0pt
小説 44,611 位 / 44,611件 現代文学 1,582 位 / 1,582件
文字数 922 最終更新日 2019.01.11 登録日 2019.01.11
30
現代文学 完結 短編 R15
新潮社さんの女による女のためのR18文学賞に応募して一次すら通らなかった作品です。 歴史上の事件が出てきますが、完全にフィクションの作品です 同賞に応募したいと思っている方の参考になれば幸いです。「ああ、こんなの書いたら落ちるんだな」と。 俺の屍を超えていってください。 反省点 ・誤字が多かった ・説明を省きすぎていた ・「女」にとらわれすぎていた ・落ちがわかりにくい ・そもそも面白くないな ・というか、小説として成立してないよな ☆加筆修正したものを小説家になろう様、カクヨム様に投稿しています。
24hポイント 0pt
小説 44,611 位 / 44,611件 現代文学 1,582 位 / 1,582件
文字数 15,476 最終更新日 2018.06.30 登録日 2018.06.30
yue
社内きっての迷惑お局が恋をした!? 恋で変わっていく女を、恋で変われない女の視点で見た物語。
24hポイント 0pt
小説 44,611 位 / 44,611件 現代文学 1,582 位 / 1,582件
文字数 9,728 最終更新日 2018.11.24 登録日 2018.11.24
毎年決まった日になるとアトリエにこもってしまう画家の父。 偶然扉の鍵を手に入れた僕が、そこで見た物とは……
24hポイント 0pt
小説 44,611 位 / 44,611件 現代文学 1,582 位 / 1,582件
文字数 6,498 最終更新日 2018.10.22 登録日 2018.10.22
33
現代文学 完結 ショートショート
自分って何だろう? 何を残すことが出来るだろう? そう思うと途端に自分が惨めに思えた。 「売れたい」「有名になりたい」 そんな悩みを抱える人へ送る物語。
24hポイント 0pt
小説 44,611 位 / 44,611件 現代文学 1,582 位 / 1,582件
文字数 2,934 最終更新日 2019.01.27 登録日 2019.01.27
怪奇と出会う場所はどことなく示唆的で、非現実的で、何よりも、隙間的で…
24hポイント 0pt
小説 44,611 位 / 44,611件 現代文学 1,582 位 / 1,582件
文字数 3,092 最終更新日 2019.03.30 登録日 2019.03.30
35
現代文学 完結 ショートショート
少年良雄は同じくらいの年の不思議な少年に出会う
24hポイント 0pt
小説 44,611 位 / 44,611件 現代文学 1,582 位 / 1,582件
文字数 5,336 最終更新日 2019.01.06 登録日 2019.01.06
36
現代文学 完結 ショートショート
お揃いの口紅で、一緒に踊りましょうよ。
24hポイント 0pt
小説 44,611 位 / 44,611件 現代文学 1,582 位 / 1,582件
文字数 924 最終更新日 2019.01.16 登録日 2019.01.16
あらすじ「三郎は不遇で、次郎は少し不遇で、2人は出会って、バンドを始める。」 勢いで適当に書いています。楽しんでください。添削してもらわんや、いろいろ読みにくいかと思いますが、宜しく楽しんでください。
24hポイント 0pt
小説 44,611 位 / 44,611件 現代文学 1,582 位 / 1,582件
文字数 3,075 最終更新日 2018.02.13 登録日 2018.01.13
38
現代文学 完結 ショートショート
ある夏の日。 姉妹が不思議な夢を語り出す。
24hポイント 0pt
小説 44,611 位 / 44,611件 現代文学 1,582 位 / 1,582件
文字数 4,219 最終更新日 2019.03.02 登録日 2019.03.02
【夏は過ぎ、人は去ぬ。】 ひとりの男と、巡り来る夏とをモチーフとした短編集。※不定期更新のため完結状態にしてありますが、エピソードは随時追加いたします。 『星を待つひと』―男と、彼が海岸で出会ったイルカの話。(17/3/1修正版投稿) 『清夏』―男と、小説を書くのが好きだった少年の話。(17/9/30完結) 『星を辿るひと』―イルカと、彼が空の果てで出会った鯨と、彼を迎える男の話。 『残夏』―男と、彼が墓地で出会った青年の話。(17/2/15第一回Kino-Kuni文学賞佳作) ※『星を待つひと』『星を辿るひと』英語版はこちら:http://selftaughtjapanese.com/japanese-fiction-translation-final-days-of-summer-by-masaki-hashiba-table-of-contents/(Locksleyu様)
24hポイント 0pt
小説 44,611 位 / 44,611件 現代文学 1,582 位 / 1,582件
文字数 78,247 最終更新日 2017.11.10 登録日 2016.08.30
何気なく訪れた場所。 目的などなかったはずの旅の終着点。 果たされなかった約束、果たすことのできなかった約束。 時を超えて繋がる記憶。 それはただのノスタルジーの幻想? はたまた、喪われた誰かの想いの欠片? ※このお話は、小説家になろう様で掲載しているものの改訂版です。 Copyright©2018-Youka Izumieshi (泉絵師 遙夏)All rights reserved.
24hポイント 0pt
小説 44,611 位 / 44,611件 現代文学 1,582 位 / 1,582件
文字数 9,610 最終更新日 2018.12.16 登録日 2018.12.16
112 123