現代文学 結婚小説一覧

カテゴリ 現代文学
タグ 結婚×
17
1
現代文学 完結 ショートショート
「交際相手は居るが、プロポーズをためらっている。そういう話か?」 「はい。そういう話です」 「まっ、一杯いこう」 中川は瓶ビールを持ち上げて、木田にグラスを持つよう促した。 木田は、結婚のメリットとデメリットについて、経験者の意見を聞きたいと告げた。
24hポイント 1,343pt
小説 751 位 / 45,022件 現代文学 6 位 / 1,609件
文字数 2,243 最終更新日 2019.04.25 登録日 2019.04.25
2
現代文学 連載中 長編 R15
宮原賢司39歳。 森下瞳28歳。 ふたりはとある会社の上司と新人社員だった。 誰もが見惚れる容姿と、持ち合わせた明晰な頭脳で女子社員の憧れの存在だった賢司。 だが、彼にはもうひとつ、麻薬の売人という裏の顔があった・・・。 ある日を境に、賢司と瞳は恋に堕ちる。 が、しかし・・・。 ある時賢司は瞳に内緒でビールに覚醒剤を入れ飲ませる。 そこから瞳の運命は変わって行く。
24hポイント 944pt
小説 997 位 / 45,022件 現代文学 12 位 / 1,609件
文字数 207,348 最終更新日 2019.04.24 登録日 2017.05.29
3
現代文学 完結 長編 R18
父親の釣り仲間の息子と見合いをした煌(あきら)。 見合い相手があまりにも素敵すぎて、ダメ元で望んだ見合いだったのだが、どういうわけか話がまとまりお付き合いすることに。彼・伊織(いおり)と関わるうちに恋心はどんどん膨れ上がってきて、求められないことに煌は不満を抱くようになった。伊織が煌を求めない理由、それは……。 《関連作品》 ・鈴のアンクレット 第一部完 第二部は2019年以降公開(予定) 【おねがい】 この作品は2017年に公開したもので、再掲になります。 そのため文章や構成、設定が現在公開している作品よりも劣っていますし、読みにくい部分もあります。 それをご了承したうえでお読みくださいますようお願いいたします。
24hポイント 844pt
小説 1,078 位 / 45,022件 現代文学 13 位 / 1,609件
文字数 202,544 最終更新日 2018.12.29 登録日 2018.12.20
家政婦静子と令嬢恭子の視点で 恭子の継母、実母との家族の形、亡き父、実母の夫婦の形を描きます。 ◇印で視点が変わります。  大富豪長田家の家政婦の採用試験で合格した遠野静子は一人娘の長田恭子の専属の家庭教師も兼任することとなった。  恭子は幼い頃、両親の離婚で母と離れ離れとなり、その後、父も他界し、今では家に寄りつかない継母との二人暮しをしている。けれど、恭子は寂しさを微塵も出さない強い女の子だ。  そして恭子を優しく見守る家政婦の静子は少し慌てんぼさんだ。  大きな邸宅での意地悪な継母とのやり取り、授業参観でのおかしな道徳教育、うっかり買ってしまった漫画の雑誌、町の人々との交流、ピアノコンクールなどを通して静子と恭子の間に心の絆が構築されていく。  家政婦の静子は亡くなった長田家の当主ヒルトマンと離婚した妻とのこと調べるうちにおかしなことに気づく。  それはヒルトマンはかつて元妻を桜の花に例えていたことがあり、彼女を迎えるように邸宅の庭の小道に桜の木々が植えられていることだ。  更に邸宅を東京から神戸に移したその場所の近くには元妻の実家があること。  邸宅の中には元妻の部屋があり、家財、衣服、書籍が全て残されていることなど。  恭子の亡くなった父ヒルトマンは前妻の家の近くに家を建て、妻が戻ってくることを願って待っていたのではないだろうか? と考えるようになった。  それは花言葉の桜の花が意味するものの一つが「あなたを待つ」だからだ。  フィッツジェラルドの小説「華麗なるギャツビー」とヒルトマンが折り重なりながら物語は進み、  ある事件がきっかけで静子は前妻の家には藤棚が植えられていることを知る。  藤の花言葉・・「あなたを歓迎する」  桜の「あなたを待つ」藤の「あなたを歓迎する」  まるで離婚した夫婦が再び結ばれることを望んでいるみたいではないか?   と静子は考える。  恭子のピアノコンクールの招待券を携え前妻の邸宅を訪れた静子は藤の花言葉の本当の意味を知ることになる。  藤の花言葉には反対、真逆の意味があった。  花言葉の本当の意味が明かされる時、恭子と実の母親との真の決別の時が訪れる。
24hポイント 647pt
小説 1,289 位 / 45,022件 現代文学 18 位 / 1,609件
文字数 33,366 最終更新日 2019.04.25 登録日 2019.04.17
5
現代文学 連載中 長編 R15
婚活中出会った社長が実は因縁のある相手でした。 他サイトで公開していましたが規制が厳しく移ってきました。 R-15でおねがいします。
24hポイント 397pt
小説 1,852 位 / 45,022件 現代文学 32 位 / 1,609件
文字数 57,575 最終更新日 2019.04.23 登録日 2019.04.23
内容は題名の通りです。
24hポイント 248pt
小説 2,765 位 / 45,022件 現代文学 57 位 / 1,609件
文字数 5,094 最終更新日 2019.02.22 登録日 2019.02.22
7
現代文学 連載中 ショートショート R18
スマホで書いたなんとなく思いついた物語のようなショートショートのようなものの寄せ集めです。 著者が同じであること以外は共通点がないです。 ベンチというタイトルから変更しました。作品管理上不便なので、ショートショートで統一しました。 現実や経験から着想を得た創作物であって、私小説ではないですw 不定期更新です。
24hポイント 49pt
小説 6,333 位 / 45,022件 現代文学 119 位 / 1,609件
文字数 3,638 最終更新日 2019.04.11 登録日 2019.03.16
シンデレラのガラスの靴は なぜ12時になっても 魔法がとけなかったのか? シンデレラの魔法使いは ガラスの靴にだけ特別な魔法をかけた それはなぜか?
24hポイント 0pt
小説 45,022 位 / 45,022件 現代文学 1,609 位 / 1,609件
文字数 4,739 最終更新日 2018.10.20 登録日 2016.03.26
9
現代文学 連載中 短編 R18
 橋本雄介は、昔から『少女』に興味があった。愛くるしい眼差し、まだ幼さが残る身体付きに性的な魅力を感じていた。  でも、そんな事を言える訳もなく初めてその気持ちに気付いて十年がたち、大学時代に付き合っていた美幸と結婚し、一女を設け慣れない育児にアタフタしながらも美幸と共に育て、六年がたった。  夫婦仲も問題なく、日々仕事に励む雄介だったが、彼には誰にも言えない秘密があった。  娘?愛里が成長すると共に、雄介の中に抑えてきた「小児性愛」(ロリコン)が、徐々に芽を出してきて???
24hポイント 0pt
小説 45,022 位 / 45,022件 現代文学 1,609 位 / 1,609件
文字数 2,281 最終更新日 2017.09.12 登録日 2017.09.12
10
現代文学 完結 ショートショート
彼を諦めないで良かった。
24hポイント 0pt
小説 45,022 位 / 45,022件 現代文学 1,609 位 / 1,609件
文字数 538 最終更新日 2017.02.19 登録日 2017.02.19
11
現代文学 連載中 短編 R18
榎田万里は、結婚してもうすぐ3年になる専業主婦。夫・榎田恭平の母・洋子とは、同じ敷地内、スープの冷めない距離に住んでいる。 結婚すれば、当然すぐ妊娠すると思い、励んではいたものの、いまだ出来ず。姑からは、顔を会わせる度に、誰それの妊娠出産話を聞かされ、ストレスが溜まる毎日。 そんなある日、万里は、郊外のスーパーマーケットで買い物をしている時…
24hポイント 0pt
小説 45,022 位 / 45,022件 現代文学 1,609 位 / 1,609件
文字数 7,213 最終更新日 2017.08.16 登録日 2017.08.15
家族はいろんな出来事があり毎日が彩られます。家族ってどんなものなのか。家族を作りたい1人の女性が過ごす日常物語です。
24hポイント 0pt
小説 45,022 位 / 45,022件 現代文学 1,609 位 / 1,609件
文字数 2,187 最終更新日 2018.12.08 登録日 2018.12.08
13
現代文学 完結 短編 R18
お見合い結婚をし、出世も家庭も平々凡々波風のない人生のまま定年を迎えた高史。 突拍子もなく時空を超えて1970年代にタイムスリップ。身体は働き盛り、精神は60男。 若い時の妻と出会い、恋をする。 時間軸は現代ではありません(15~20年ぐらい前?) 非常にゆるい設定ですので、細かいところは目を瞑っていただけると助かります
24hポイント 0pt
小説 45,022 位 / 45,022件 現代文学 1,609 位 / 1,609件
文字数 12,398 最終更新日 2017.08.11 登録日 2017.08.11
14
現代文学 連載中 長編 R18
流通系ハウスクレジットカードの大手である「アールイーディーカード」の社員である山本が経営企画室に異動となり、社内社外の経営に奮闘する物語。 上司の不正や同期の妬みを、巧みに潜り抜け、会社の悪と戦う。同期の三浦から好かれ、付き合い結婚するが、体の異変に気づき末期の肝臓ガンであることを知る。 最後まで、ブレない心とメッセージを妻に残して世を去るまで、自分の心に忠実に生きる難しさを問う。
24hポイント 0pt
小説 45,022 位 / 45,022件 現代文学 1,609 位 / 1,609件
文字数 112,842 最終更新日 2018.07.20 登録日 2017.07.28
 今の自分に悩みつつ生きる青年。無難という名のレールの上を走って来た青年が諦めかけていた夢。レールから外れる決心をさせたのはちょっとHで奇妙なお店の女性だった。
24hポイント 0pt
小説 45,022 位 / 45,022件 現代文学 1,609 位 / 1,609件
文字数 5,155 最終更新日 2019.02.26 登録日 2019.02.26
16
現代文学 連載中 短編 R18
結婚してもうすぐ5年目を迎える藤本美紀。 無口だけど優しい夫、夫に似ている可愛い息子の子育てに追われながらも、毎日家事に勤しんでる。 夫の父である藤本耕一は、根っからの仕事人間で、今の会社を立ち上げ30年… 昨年の冬、長い間連れ添った妻が突然の病で亡くなり、会社を潤一に任せ、自分は隠居。 「離れているから心配だから。」と突然同居話を持ちかけられ住むことに決めた美紀だったが… 住み始めてから気付く、義父・耕一の厭らしい視線… 当初は、夫に何度か相談を持ちかけたが、「気にしすぎ。母さん亡くしたばかりだから…」と取り合ってもくれず…
24hポイント 0pt
小説 45,022 位 / 45,022件 現代文学 1,609 位 / 1,609件
文字数 7,343 最終更新日 2017.06.18 登録日 2017.06.18
1949年太平洋戦争末期、海軍輸送船にのり戦場に行くことを余儀なくされた父と 和歌山の山村に生まれた母との間に生まれ、稀有な人生を送ることになった主人公が その後結婚離婚再婚の果て、すさまじい気力あふれる人生を生きる肝っ玉母さんの人生を綴る物語。
24hポイント 0pt
小説 45,022 位 / 45,022件 現代文学 1,609 位 / 1,609件
文字数 4,553 最終更新日 2014.10.24 登録日 2014.10.12
17