現代文学 美少女小説一覧

カテゴリ 現代文学
タグ 美少女×
14
小学五年生の主人公村上陽一は母の年の離れた妹の叔母さんと本の話をしたり一緒にいろんな所に出かけたりする日々を送っていた。 そんな陽一にはすごく気になる場所があった。それは近所にある古いアパートとそれを見下ろすかのように立っている高台の家だ。 ある日アパートから出てきた中年男と女が封筒を受け渡しするのを見た日から全てが始まる。 陽一は近所の商店街の駄菓子屋で店番をする女の子小川悠子と高台に住む良家の娘香山仁美の二人の少女と知り合いになる。 やがて陽一は小川悠子が義父から虐待を受けていることを知るがどうすることもできないでいた。物語は進み、陽一は二人の少女に隠された秘密を知ることになる。 陽一を温かく見守り支えてくれる叔母さんとの会話や出来事を通して陽一自身が次第に成長し、二人の少女の秘密と叔母さんとの関係がリンクする。 町の人々の今まで見えていなかった部分が見えはじめ、全てが繋がり奇跡が訪れる時、陽一は誰が本当に好きなのかに気づく。   【シリーズ小説の時系列】 春       「遠野静子の憂鬱」     ↓      ↓             夏「水を守る」                     ↓ 秋「水の行方」     ↓        ↓ 冬「水をすくう」 「長田多香子の憂鬱」
24hポイント 49pt
小説 13,912 位 / 127,949件 現代文学 106 位 / 5,416件
文字数 105,124 最終更新日 2019.05.16 登録日 2019.04.17
2
現代文学 完結 ショートショート R18
圧倒的な暴力でボコボコに蹂躙されたい。しかも美少女に―― もはや手遅れレベルのマゾである俺は、必然性のあるシチュエーションにおける美少女の暴力を希求した。 己が肉を貫き、骨を砕き、ああ、命さえも捧げていい―― 美しき少女とのガチバトルによる被虐の中でしか、オチンチンを勃たせることのできない性癖。 俺は俺を徹底的に蹂躙してくれる美少女を求めるのだった。 そして俺は彼女に出会った。 圧倒的な暴力と被虐、美貌と狂気を備えた存在だった。 ================ 市販の書店で売っている全年齢漫画・小説で残虐と思える作品と同程度の描写があります。 漫画であれば「殺し屋1」でしょうか。 絶対に18歳未満の方は読まないでください。 ※R15でしたが念のためR18にします。
24hポイント 7pt
小説 29,532 位 / 127,949件 現代文学 326 位 / 5,416件
文字数 7,440 最終更新日 2019.06.16 登録日 2019.06.16
イヴ。柚菜と、柚菜のママと過ごした。 それから。 時間はどうしてこんなにも、内面を揺らすんだろう。 ふつうに生きているだけなのに、なぜ内側に痛みを感じさせるのだろう。
24hポイント 0pt
小説 127,949 位 / 127,949件 現代文学 5,416 位 / 5,416件
文字数 28,292 最終更新日 2021.08.16 登録日 2021.08.16
4
現代文学 連載中 長編 R15
全ての記事とは運営が管理しています。目を通してからUPするため時差が生じます。 8時間前後から丸一日前に書かれたものです。 『だって情けないじゃないですか?』 どうして20歳近くにもなって、涙を流してしまうのか分からなかったからです。 青春って何だろう。漠然とした不安が過ぎる。そして、20歳って節目と言うが何だろう。 わたしは涙を流す度に情けなく思い、そしてそれを考える度に、涙を零してしまうのです。 そんな事を考えてしまう自分がまた情けなく思い、大粒の涙が零れます。 『もう、いやだ。』 さくらはそう思いながら、顔を手で覆うと泣き虫な自分を解放した。 その姿は、遠藤さくらとしての弱さの表れであった。 よくよく考えてみると、乃木坂に加入して少しは変化した気がしていた。 だけれども、人間はそんなに簡単に自分の弱さを克服できない。 それを思い知らされたのが、最近であった。 流石に、バンジーをすれば変化する!! 命がけのお仕事をすれば、自分が変われる。 ずっとそう思っていた。 でも、その仕事をし終えて直ぐに涙を流してしまった。 涙を流したことが許せず、頑張った自分は褒めたくて、複雑な心境に陥る。 どうしたらいいのかさえ、分からず、凍えている自分がいる。 これは自分との勝負であり、そしてこの問題は一生付き合う物なんだと思い知らされている。 涙を流す度に、『ごめんなさい』と謝罪しなければいけない自分も嫌いであった。 そして何よりも嫌いなのは、泣いている自分を弄るファンでもなければ、何よりも自分自身の弱さであった。 更には、そんな自分を曝け出してしまう己の弱さが大嫌いだった。 最後に、『人生、面白い事や良い事なんてそうそうないんだよ』 設楽さんが仰ってくださった言葉ですが 人生つまらなくて、当たり前なんだと思えれば、気楽になります。 こうして過去が少しずつ変化し始めた。 そして時代は、遠藤さくら小学六年生へと遡る事となる。
24hポイント 0pt
小説 127,949 位 / 127,949件 現代文学 5,416 位 / 5,416件
文字数 1,786 最終更新日 2021.07.31 登録日 2021.07.31
心臓が止まり、一度あの世に行った少女はそこである任務を与えられた。それは、ある女性の強い思いを遂げるために、ある少年と出会い旅をする事で、現世で果たせなかった時間を紡ぐことであった。
24hポイント 0pt
小説 127,949 位 / 127,949件 現代文学 5,416 位 / 5,416件
文字数 59,816 最終更新日 2021.06.28 登録日 2021.06.28
6
現代文学 連載中 ショートショート
僕の大学先輩、橘 凛花は美人であるが少し変わっている。海に憑りつかれているのだ。 口を開けば海の話題しか出ない彼女だが、ある日自身が筋委縮性側索硬化症であると告げられる、今は軽い初期症状だが1年もすれば動くことさえ困難になるという。 彼女は言う 「海の側を探しに行こうよ、私が動けなくなる前に」 彼女のいう‛海の側’とは。そして旅の先に何があるのか。
24hポイント 0pt
小説 127,949 位 / 127,949件 現代文学 5,416 位 / 5,416件
文字数 585 最終更新日 2021.05.31 登録日 2021.05.31
駅近くのアパートに住む僕は、隣の部屋に住んでいる彼女と、今日も話している。 話すにつれ次第に現れる彼女の秘密。 彼女を知るに連れて考える僕。 彼女はいったい何者なのか、僕はいったい何者なのか。 醜い性も、暴力も、愛も、全部全部、自分なんだ。 彼と彼女が織りなす圧倒的本格清純派ラブストーリー。 貴方はこの作品を見て、 今日も、醜く生きている。
24hポイント 0pt
小説 127,949 位 / 127,949件 現代文学 5,416 位 / 5,416件
文字数 7,822 最終更新日 2020.06.25 登録日 2020.06.14
8
現代文学 完結 ショートショート
見慣れた街中の喧騒にて、とある女子高校生の一団と偶然、遭遇した。 彼女達は白い制服を着、楽器を持ち、秩序そのものと同化するように整列していた。 そこで見舞われた美の賛歌に、僕は眼を見張るのであった。 この前街で見かけた光景を、即興的に書き表した短編小説です。 ふと目にした女子高校生たちの美しさにたまらず、書きたい衝動に駆られましたw 初の文学的小説の投稿になります。
24hポイント 0pt
小説 127,949 位 / 127,949件 現代文学 5,416 位 / 5,416件
文字数 2,165 最終更新日 2019.06.04 登録日 2019.06.04
「家政婦遠野静子」の続編(本作だけでも読めるように作成しています) 長田恭子の継母である多香子の視点を主に 「水の行方~長田恭子の秘密」で恭子の友達となった芦田智子、その兄友也の視点をプラスして繰り広げられる人々の愛の物語 舞台は東京から神戸へと移り変わります 夫との不仲がささやかれた長田多香子に残されたものとは、そして、その切ない過去は? そして、夫ヒルトマンは誰を愛していたのか? 前妻なのか、多香子なのか? 長田恭子と長田多香子の過去の接点は? 友也の初恋の行方は? 全てがこの作品で解き明かされます 前作「家政婦遠野静子の憂鬱」よりも深く掘り下げた作品となっています。   【シリーズ小説の時系列】 春       「遠野静子の憂鬱」     ↓      ↓             夏「水を守る」                     ↓ 秋「水の行方」     ↓        ↓ 冬「水をすくう」 「長田多香子の憂鬱」
24hポイント 0pt
小説 127,949 位 / 127,949件 現代文学 5,416 位 / 5,416件
文字数 51,894 最終更新日 2019.08.26 登録日 2019.06.04
「水の行方~花言葉の裏側で」 お金持ちのお嬢さん長田恭子がクラスメイトたちに「私の忠実な配下になるように」と意味した押し花を配ったことが元で一部の生徒の中にイジメが生じる。  長田恭子は何のために押し花を配ったのか?  長田恭子の目的は何なのか?  小学五年生の主人公村上陽一とクラスメイトたちが懸命に考える中、物語は意外な方向に展開する。 「忠実な配下」の本当の意味は?  クラスの女の子に虐められている和菓子屋の看板娘の智子、ひたすらピアノの練習に励む少女加奈子、そして押し花を配った長田恭子、3人の思いが一つになるとき物語は一つの形となって収束される。 ◆印は男子の視点 ◇印は女子の視点になっています   【シリーズ小説の時系列】 春       「遠野静子の憂鬱」     ↓      ↓             夏「水を守る」                     ↓ 秋「水の行方」     ↓        ↓ 冬「水をすくう」 「長田多香子の憂鬱」
24hポイント 0pt
小説 127,949 位 / 127,949件 現代文学 5,416 位 / 5,416件
文字数 103,233 最終更新日 2019.08.26 登録日 2019.05.17
家政婦静子と令嬢恭子の視点で 恭子の継母、実母との家族の形、亡き父、実母の夫婦の形を描きます。 ◇印で視点が変わります。  大富豪長田家の家政婦の採用試験で合格した遠野静子は一人娘の長田恭子の専属の家庭教師も兼任することとなった。  恭子は幼い頃、両親の離婚で母と離れ離れとなり、その後、父も他界し、今では家に寄りつかない継母との二人暮しをしている。けれど、恭子は寂しさを微塵も出さない強い女の子だ。  そして恭子を優しく見守る家政婦の静子は少し慌てんぼさんだ。  大きな邸宅での意地悪な継母とのやり取り、授業参観でのおかしな道徳教育、うっかり買ってしまった漫画の雑誌、町の人々との交流、ピアノコンクールなどを通して静子と恭子の間に心の絆が構築されていく。  家政婦の静子は亡くなった長田家の当主ヒルトマンと離婚した妻とのこと調べるうちにおかしなことに気づく。  それはヒルトマンはかつて元妻を桜の花に例えていたことがあり、彼女を迎えるように邸宅の庭の小道に桜の木々が植えられていることだ。  更に邸宅を東京から神戸に移したその場所の近くには元妻の実家があること。  邸宅の中には元妻の部屋があり、家財、衣服、書籍が全て残されていることなど。  恭子の亡くなった父ヒルトマンは前妻の家の近くに家を建て、妻が戻ってくることを願って待っていたのではないだろうか? と考えるようになった。  それは花言葉の桜の花が意味するものの一つが「あなたを待つ」だからだ。  フィッツジェラルドの小説「華麗なるギャツビー」とヒルトマンが折り重なりながら物語は進み、  ある事件がきっかけで静子は前妻の家には藤棚が植えられていることを知る。  藤の花言葉・・「あなたを歓迎する」  桜の「あなたを待つ」藤の「あなたを歓迎する」  まるで離婚した夫婦が再び結ばれることを望んでいるみたいではないか?   と静子は考える。  恭子のピアノコンクールの招待券を携え前妻の邸宅を訪れた静子は藤の花言葉の本当の意味を知ることになる。  藤の花言葉には反対、真逆の意味があった。  花言葉の本当の意味が明かされる時、恭子と実の母親との真の決別の時が訪れる。   【シリーズ小説の時系列】 春       「遠野静子の憂鬱」     ↓      ↓             夏「水を守る」                     ↓ 秋「水の行方」     ↓        ↓ 冬「水をすくう」 「長田多香子の憂鬱」
24hポイント 0pt
小説 127,949 位 / 127,949件 現代文学 5,416 位 / 5,416件
文字数 112,539 最終更新日 2019.06.04 登録日 2019.04.17
12
現代文学 完結 ショートショート
何を見ても悲しいなら、いったいどうしたらいいのだろうか?
24hポイント 0pt
小説 127,949 位 / 127,949件 現代文学 5,416 位 / 5,416件
文字数 662 最終更新日 2018.10.13 登録日 2018.10.13
13
現代文学 完結 長編 R15
新進気鋭の人形作家。笹蒲池桃弥(ささかまちとうや)が親戚から引き取ったのは、人間の言葉をほとんど話せず、服を着ることさえ嫌がる、まるで猫のような少女、真猫(まな)だった。 人間としての感性を殆ど持ち合わせない彼女との奇妙な生活は、彼に何をもたらすのだろうか。       なろうで連載していた「神河内沙奈の人生」をベースにして、人物設定を大幅に変更、かつ鬱要素を大幅に削減した<ほのぼのばーじょん>です。 なるべく気楽に読めるものをと考えて再構成していきます。
24hポイント 0pt
小説 127,949 位 / 127,949件 現代文学 5,416 位 / 5,416件
文字数 114,124 最終更新日 2018.09.09 登録日 2018.05.30
14
現代文学 連載中 ショートショート
これらの作品は自分の生き方について問う大人向けの童話です。
24hポイント 0pt
小説 127,949 位 / 127,949件 現代文学 5,416 位 / 5,416件
文字数 16,340 最終更新日 2019.08.20 登録日 2016.11.11
14