現代文学 純文学小説一覧

カテゴリ 現代文学
タグ 純文学×
251 12345
唯の父親、総一郎は不慮の交通事故で突然死んでしまう。 成仏することができず、浮遊霊となった総一郎は家族を案じていた。 姿を見せることができない総一郎は、いろんな人や動物に憑依して家族に会おうとする。 そんなクスッと笑えるコメディーです。
24hポイント 498pt
小説 2,294 位 / 96,342件 現代文学 17 位 / 5,050件
文字数 14,750 最終更新日 2021.03.04 登録日 2021.02.20
2
現代文学 連載中 ショートショート
ラノベ作家の書く百本の掌編小説。恋愛、青春、ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー。なんでもござれのショートショート集!毎日一本投稿していきます!1部過度な表現あり。お気を付けて。作品投稿後、解説をTwitterにあげていくので、良ければフォローお願いします。
24hポイント 249pt
小説 4,127 位 / 96,342件 現代文学 39 位 / 5,050件
文字数 13,993 最終更新日 2021.03.04 登録日 2021.02.22
3
現代文学 連載中 長編 R15
ある日、相沢純一郎は自分を捨てることを決める。 携帯も解約し、裁判官も辞め、家族からも愛人からも別れ、別人になる。 相沢は北陸の小さな漁村に移り住み、やきとり屋を始める。 知らない街で、知らない人たちとの関り合いの中で、相沢は人生の真実に気付いていく。
24hポイント 242pt
小説 4,215 位 / 96,342件 現代文学 43 位 / 5,050件
文字数 2,979 最終更新日 2021.03.04 登録日 2020.11.27
4
現代文学 連載中 長編 R15
20年前、傷心旅行で訪れたパリで行きずりの恋をした由紀。 その時の彼への想いは家庭を持った今でも消えてはいなかった。 平凡に過ぎていく日常の中で、自分の生き方に迷いながら、流されるように自分を演じる由紀。 運命の扉は突然開かれ、由紀と伊作は再会を果たす。 人は何のために生き、何のために人を愛するのかを自分なりに女性の視点で考えてみました。 菊池昭仁、小説家復帰、第一作目です。
24hポイント 214pt
小説 4,664 位 / 96,342件 現代文学 46 位 / 5,050件
文字数 34,550 最終更新日 2021.03.03 登録日 2020.11.23
5
現代文学 連載中 長編 R15
大学で宇宙物理学を学び、NASAの研究員だった上田栄次は帰国し、実家の農業を継いでいた。 ある日、高校の親友、富田修一とその恋人、三浦涼子と三人で飲み会を開いた。 口には出せないが、栄次は涼子に好意を寄せていた。 まさか親友の彼女に想いを寄せるなど、言語道断だと栄次は涼子の恋心から目を背ける。 だが、涼子も同じ想いだった。 揺れるふたりの想い。栄次は友情と愛情の狭間で苦悩する。真実の愛の意味とは?
24hポイント 200pt
小説 4,942 位 / 96,342件 現代文学 47 位 / 5,050件
文字数 4,462 最終更新日 2021.03.03 登録日 2020.09.14
少年は沈黙している。喋りたくても喋れないからだ。その症状を抱えたまま、少年は齢を重ねていく。これは、そんな少年の半生を綴った物語である。
24hポイント 149pt
小説 5,711 位 / 96,342件 現代文学 56 位 / 5,050件
文字数 34,676 最終更新日 2021.02.27 登録日 2021.02.15
夢破れて都落ちした青年、聡太。失意の先に彼は「夢列車」で何を見、何を感じるか———
24hポイント 99pt
小説 7,268 位 / 96,342件 現代文学 68 位 / 5,050件
文字数 9,247 最終更新日 2021.01.27 登録日 2021.01.24
8
現代文学 完結 ショートショート
疲れて電車に乗った。終電だった。席はガラガラで、ぐったりと座る人々は皆一様に目を閉じていた。私もそうしようとした。取れる限りの楽な姿勢を取ろうと僅かな時間の試行錯誤を経て、目を閉じようとした。けれど、目前にいた二人の女性の存在に気がついた時、私は俯き気味にそちらへ目を向けたのだった。
24hポイント 99pt
小説 7,268 位 / 96,342件 現代文学 68 位 / 5,050件
文字数 1,730 最終更新日 2020.04.10 登録日 2020.04.10
9
現代文学 完結 ショートショート
掌編小説。 痴漢です。
24hポイント 49pt
小説 10,568 位 / 96,342件 現代文学 108 位 / 5,050件
文字数 567 最終更新日 2020.10.27 登録日 2020.10.27
 某DMグループ上で提示された三つの題目に沿って、書いた短編を置いておきます。  短時間で適当に仕上げてますので、クオリティは保障しかねますが、胸がほっこりするようなヒューマンドラマ。ちょっと笑えるコミカルなタイトルを並べています。更新は極めて適当です。 ※表紙画像は、あさぎかな様に作っていただいた、本作の中の一話「夢に繋がる架け橋」のファンアートです。ありがとうございました!
24hポイント 49pt
小説 10,568 位 / 96,342件 現代文学 108 位 / 5,050件
文字数 78,438 最終更新日 2021.02.14 登録日 2020.08.23
何をやっても長続きしない三上悟は、遂に家族との関係を絶ってしまう。 それは家族を愛するが故の選択だった。三上は家族と離れて生活をするが、毎月の第三水曜日にだけ、娘の凛香と食事をすることが許されていた。自分から離れ、人間的に成長していく凛香。そんな娘とは真逆に堕落していく三上。元女房の美佐枝には付き合っている男がいた。凛香はその男が嫌いだった。凛香は三上と暮らしたいと三上に相談をする。三上はそれを受け入れるが、それに条件を付ける。それは自分のことを「パパ」とは呼ばないという条件だった。ふたりは再び親子に戻ることができるのだろうか?
24hポイント 49pt
小説 10,568 位 / 96,342件 現代文学 108 位 / 5,050件
文字数 20,792 最終更新日 2020.09.27 登録日 2020.07.02
12
現代文学 完結 ショートショート
今朝、早すぎる起床をした。そういう日は大抵、変に目が冴えて、眠気による動作不良が早朝の暗闇に溶けていくような奇妙な心地がする。だからといって爽やかな気分かと言われればそうではない。前夜の倦怠感はそのままなのだ。むしろ増しているような気さえする。やっぱり朝は日が射しているに限る。 緩慢な動作でベッドから身を起こし、立ち上がる。毛玉の浮いたネイビーブルーのパジャマ。それが朝の倦怠さをより一層引き立てている。一つため息をついた。首をもたげて、だらしなく窓の方へ向かう。カーテンを開けても日は射さない。部屋の中の彩度が本当にわずかに上がるだけだ。少し窓を開けてみると、朝食を作ろうかと思う程度には気が晴れた。朝の寒さは悪くない。
24hポイント 49pt
小説 10,568 位 / 96,342件 現代文学 108 位 / 5,050件
文字数 1,910 最終更新日 2020.04.17 登録日 2020.04.17
13
現代文学 連載中 短編 R18
 小曲絵美は、夫·隆と相談し、息子·雅弘の幼稚園入園の為に住んでいたマンションを引き払い、義父と同居することとなった。  これまで年に数回しか来なかった義実家ではあるが、空いている部屋を自由に使ってもいいと銀二が言い、絵美はその内の一部屋を趣味の部屋に貰い受けた。  元々仕事人間だった隆は、同居をしてからというもの更に帰宅が遅くなったが、休日は家族と過ごす事が多くなった。そんなある日、隆は仕事で北海道へと出張に行った夜···。絵美は、酒に酔った銀二に襲われた。隣には、雅弘が眠っていたのに···。  ショックが抜けない絵美。でも、夫には言えず悩んでいた。 「お願い···。やめて···お義父さん···」  隆が、出張で居ない何度目かの夜、絵美は雅弘の前で···。
24hポイント 49pt
小説 10,568 位 / 96,342件 現代文学 108 位 / 5,050件
文字数 23,552 最終更新日 2019.12.16 登録日 2019.12.12
あれ、こんな貧相なお話に来てしまったのですか。周りにはもっと沢山面白い話をしてくれる人がいるというのに…。 まあいいでしょう。どうです、せっかくなので私の話を聞いていきませんか。 「白いワンピース」を着た少女のお話を____。
24hポイント 49pt
小説 10,568 位 / 96,342件 現代文学 108 位 / 5,050件
文字数 3,046 最終更新日 2020.02.04 登録日 2019.08.23
誰しもが幼いころ一度は似たような経験がある話。その記憶は少々せつなく苦みもありますが、大人になってふり返ると懐かしく忘れられない人生の宝物になっているのではないでしょうか。
24hポイント 49pt
小説 10,568 位 / 96,342件 現代文学 108 位 / 5,050件
文字数 2,798 最終更新日 2019.07.21 登録日 2019.07.21
主人公は婚約破棄された元恋人と暮らしている。物件が見つかるまでという約束だが、なんとなく機会を逸してしまい、もやもやとした関係が続いていた。そんな時、高校生の頃引っ越しで別れた知人と再会する。彼女とは、ある大きな出来事を共有した関係だった。
24hポイント 49pt
小説 10,568 位 / 96,342件 現代文学 108 位 / 5,050件
文字数 20,581 最終更新日 2019.07.19 登録日 2019.07.19
17
現代文学 完結 ショートショート
お読み頂ければ幸いです。
24hポイント 49pt
小説 10,568 位 / 96,342件 現代文学 108 位 / 5,050件
文字数 2,551 最終更新日 2017.11.25 登録日 2017.11.25
18
現代文学 連載中 短編 R15
桃山倫太郎は心筋梗塞になり、心臓が25%しか機能していなかった。 桃山はいつの間にか自然消滅した恋人たちに会う旅に出る。 歓迎してくれる女、会おうともしない女、喜んでくれる女、悲しむ女と様々だったが、突然の桃山の訪問に、女たちは皆一様に驚きを隠せなかった。昔の面影はあるが、死人(しびと)のようになってしまった桃山を憐れむ女たち。それは虚しい旅ではあるが、桃山は自分の余命を彼女たちへの謝罪と感謝を伝えることに使おうと決意する。死を目前にして人は何を思うのか? そして何がしたいのかというお話です。
24hポイント 21pt
小説 16,396 位 / 96,342件 現代文学 326 位 / 5,050件
文字数 836 最終更新日 2021.02.28 登録日 2021.02.28
19
現代文学 完結 ショートショート R18
メロスは変態であった。
24hポイント 21pt
小説 16,396 位 / 96,342件 現代文学 326 位 / 5,050件
文字数 10,453 最終更新日 2020.12.13 登録日 2020.12.13
20
現代文学 連載中 短編 R15
8年前に直子との不倫関係を清算した田所諒一は、ある日突然、付き合っていた直子の夫、宗像から電話を貰う。「直子を見舞ってやって下さい、妻はもう永くはありません」 田所の心は揺れる。辛い別れ方をしたからだった。 今すぐにでも飛んでいきたいが、その一方で彼女を看取ることで自分の気持ちが乱れ、封印していた直子への想いが再燃してしまうことが怖かった。 誰にでも起こりうる、不道徳な恋愛の結末の物語です。
24hポイント 14pt
小説 19,312 位 / 96,342件 現代文学 333 位 / 5,050件
文字数 3,335 最終更新日 2020.08.09 登録日 2020.08.06
21
現代文学 完結 長編 R18
失恋の苦しみから崖っぷちに立たされた私は、バイト先の男性に勢いに身を任せるまま、妊娠をしてしまう。しかしその先には、全く予想もつかず、次々と驚くべき「芸術」の世界が広がっていた。産婦人科での奇妙な医者や不思議な少女達との出会い、学校という閉鎖的な社会から離れた大人の女達との交流、結婚相手の男性の意外な素顔、壮絶な出産・・様々な体験が私を鮮やかに塗り染め、次々と開眼させられていく。「建築と植物」、「人工と自然」、「女性性」をテーマに、運命に身を任せるまま17歳で失恋、妊娠、退学、結婚、出産の体験をした主人公の激動の一年間を描いた物語。 ※Amazonで販売中の980ページ近くにわたる三部作の超長編小説です。 より多くの女性に夢をお届けしたいので、無料公開をいたします。 様々なテーマを重ねた重厚な内容で、大人の女性向けの小説です。 恋愛、妊娠、結婚生活、出産、ジェンダー問題など、リアリティな話題が盛り沢山です。 全国の女性にスリル溢れる刺激と唯美な世界観を堪能して頂きたいです。 ※表紙の男性は、主人公ユマの結婚相手のイメージ画像です。
24hポイント 14pt
小説 19,312 位 / 96,342件 現代文学 333 位 / 5,050件
文字数 528,982 最終更新日 2020.09.12 登録日 2020.07.15
22
現代文学 連載中 短編 R18
 栞は、義父が最初から苦手だった。無口で愛想がなく、何を考えてるのかわからない。お喋り好きな母と何故結婚したのか?さえもわからなかった。  が、なによりも。母の目の届かない場所で、さり気なく身体を撫で回したり、お風呂場を覗こうとしたりしている。最初の頃は、悩んでいた栞だったが、度重なる義父の行動に恐怖心が走り、叔母である織田京子に相談し、桃子と義父は離婚する結果になり、栞と桃子は別の市で暮らす事になったが···。
24hポイント 14pt
小説 19,312 位 / 96,342件 現代文学 333 位 / 5,050件
文字数 9,280 最終更新日 2019.10.06 登録日 2019.10.06
23
現代文学 完結 ショートショート R15
今日、クラスメイトの一人が死んだ。
24hポイント 7pt
小説 22,957 位 / 96,342件 現代文学 346 位 / 5,050件
文字数 4,874 最終更新日 2021.02.13 登録日 2021.02.13
24
現代文学 連載中 長編 R15
ただ愛する人を守りたかった男、自ら嫌われ者になった男…平成版人間失格。 善人で知られる三上のもとに、ある日暗い過去き引きずったホームレスの渡辺が現れる。渡辺は三上の善意に感謝し恩返しすべく働くため、一担三上の前から姿を消す。一方三上には美樹という恋人ができるが、電車の事故で彼女を失ってしまう。自暴自棄になった三上は自ら嫌われ者となる。すっかり変わってしまった三上の前に再び着ぐるみマンとなった渡辺が現れ、二人は共同生活を始める。が、やがて渡辺はその過去を三上に告白し、二人には別れの日が訪れる……。
24hポイント 7pt
小説 22,957 位 / 96,342件 現代文学 346 位 / 5,050件
文字数 121,799 最終更新日 2021.02.14 登録日 2021.02.11
25
現代文学 完結 短編 R15
小川義男は万年係長の58才、あと2年で定年を迎える。 自分の後輩たちにどんどん先を越され、部長も課長も元は自分の部下だった連中だった。 家に帰っても家族からは相手にされず、小川係長はどこにも居場所がなく、唯一の楽しみは、新橋のガード下の居酒屋『源五郎』で1,000円の「ちょい飲みセット」を楽しむだけ。 そんなある日のこと、小川係長が「ちょい飲みセット」を美味しそうに味わっていると、夏だというのにシルクハットに黒いマントの悪魔、メフィストが現れ「魂を売ってくれ」と頼まれる。係長は魂を売るのか?
24hポイント 7pt
小説 22,957 位 / 96,342件 現代文学 346 位 / 5,050件
文字数 15,318 最終更新日 2020.12.13 登録日 2020.10.24
26
現代文学 連載中 長編 R18
事故で夫を失った高岡千雪は悲しみのあまり、毎日のように酒を飲み、夜の街を彷徨っていた。 いつもの行きつけのバーで酔い潰れていると、そこに偶然、小説家の三島慶がやってくる。 人生に絶望し、亡き夫との思い出を引き摺る千雪と、そんな千雪を再び笑顔にしたいと 考える三島。 自暴自棄な千雪に三島は次第に惹かれてゆく。交錯するふたりの想い。 そして明かされていく三島の過去。 やがてふたりは愛の本質に近づいていく。儚くも美しい「月光の夜に掛かる虹」のような恋物語です。
24hポイント 7pt
小説 22,957 位 / 96,342件 現代文学 346 位 / 5,050件
文字数 1,239 最終更新日 2020.06.30 登録日 2020.06.30
27
現代文学 完結 長編 R18
雪の降る二月のある日。 春告(はるつげ)は夫の遺したアンドロイドの木蓮と、いつも通りの一日を送るはずだった。 ーーねぇ、春告。今日、何の日か知ってる? 節分、建国記念の日、バレンタインデー。立春に雨水。そして夫の命日。 どれも違うと途惑う春告の前で、木蓮は彼の中に仕舞われた想いを薫らせて、彼女を絡めとっていく。 これは天才技師と名高かった男の、死後も続く愛と執着のお話。 完結済。4万字強。エロは後半。 外出自粛中のおともにどうぞ。
24hポイント 7pt
小説 22,957 位 / 96,342件 現代文学 346 位 / 5,050件
文字数 44,027 最終更新日 2020.04.12 登録日 2020.04.07
28
現代文学 完結 短編 R18
官能的耽美文学。 隣人は美しい。彼の美しいには様々なものがあるけれど、とにかく隣人は美しい。こびりついた美しい彼女の声が甘く響き、彼はある行動を始めてしまった。 ベランダ越しに逢瀬を重ねる二人の間には常に薄い壁が存在している。 彼女は美しい彼に魅せられて、ある行動を始めてしまった。伝えられない気持ちを声に込める。
24hポイント 7pt
小説 22,957 位 / 96,342件 現代文学 346 位 / 5,050件
文字数 14,541 最終更新日 2019.09.30 登録日 2019.09.29
29
現代文学 連載中 長編 R18
ふふとう 【不腐桃】 [名]腐らない桃。諸悪の根源。 
24hポイント 7pt
小説 22,957 位 / 96,342件 現代文学 346 位 / 5,050件
文字数 56,602 最終更新日 2018.06.15 登録日 2018.02.12
30
現代文学 完結 ショートショート
人生に疲れた犬山部長は悲観し、ビルの屋上から飛び降りようとしていた。 そこへ現れた白と黒が反転している黒白パンダと黒うさぎ、バロン。 生きる意味とは何か? 久しぶりの菊池の大人の童話です。笑って下さい(笑)
24hポイント 0pt
小説 96,342 位 / 96,342件 現代文学 5,050 位 / 5,050件
文字数 2,788 最終更新日 2021.02.27 登録日 2021.02.27
31
現代文学 完結 ショートショート
心を荒らすものに対する焦燥
24hポイント 0pt
小説 96,342 位 / 96,342件 現代文学 5,050 位 / 5,050件
文字数 195 最終更新日 2021.02.19 登録日 2021.02.19
32
現代文学 完結 長編 R15
行方不明の父と夢敗れた娘のひと時の共同生活…巡る四季、別れの時。 父の田古八男は沖縄の夢国島で幸せに暮らしていたが、娘の星砂がまだ幼い頃農業に失敗し、金を稼ぐべくまぐろ船に乗った。が船の亊故で遭難し、海と陸を転々とした末、東京は新宿の街に辿り着いた。一方星砂は東京に憧れ上京したが、悪い風俗店に騙され、身も心もボロボロになってしまう。そんな父と娘が新宿で再会するが、星砂は父親だとは気付かない。星砂を癒すべく田古は彼女の面倒をみるが、星砂には沖縄に帰らねばならない日が近付いてくる……。はかなくも切なく、ほろ苦い父と娘と夢の物語。
24hポイント 0pt
小説 96,342 位 / 96,342件 現代文学 5,050 位 / 5,050件
文字数 112,195 最終更新日 2021.02.19 登録日 2021.02.18
33
現代文学 連載中 ショートショート R15
恋愛ショートドラマ 
24hポイント 0pt
小説 96,342 位 / 96,342件 現代文学 5,050 位 / 5,050件
文字数 5,575 最終更新日 2021.02.25 登録日 2021.02.17
ここにはいないとわかっていること、自分を大人だと言い聞かせること。
24hポイント 0pt
小説 96,342 位 / 96,342件 現代文学 5,050 位 / 5,050件
文字数 2,092 最終更新日 2021.02.11 登録日 2021.02.11
35
現代文学 完結 ショートショート
若い頃の願望は何処かへ行ってしまった 若い頃見た世界と今見る世界では全く違う いや変わったのはお前の方だ
24hポイント 0pt
小説 96,342 位 / 96,342件 現代文学 5,050 位 / 5,050件
文字数 149 最終更新日 2021.02.11 登録日 2021.02.11
36
現代文学 完結 ショートショート
わたしはわたしが嫌いな理由 【すじがき】 わたしはわたしが嫌いな理由 そして、最後には母に感謝。
24hポイント 0pt
小説 96,342 位 / 96,342件 現代文学 5,050 位 / 5,050件
文字数 639 最終更新日 2021.02.09 登録日 2021.02.09
37
現代文学 完結 ショートショート
世界大戦で傷つき死んでいった兵士たちよ 地上には彼らの死体が累々と積み重なっている
24hポイント 0pt
小説 96,342 位 / 96,342件 現代文学 5,050 位 / 5,050件
文字数 148 最終更新日 2021.02.11 登録日 2021.02.11
38
現代文学 完結 ショートショート
ただ心のままに悠々と生きたい すると思いがけない天啓がやってくる
24hポイント 0pt
小説 96,342 位 / 96,342件 現代文学 5,050 位 / 5,050件
文字数 149 最終更新日 2021.02.02 登録日 2021.02.02
「彼女は、幻だったのではないかと思う。僕を導いた光なんだと思う。」 (この小説は 米津玄師 さんの歌の「感電」にインスピレーションを受けて書きました。)  ~本文より~  月明かりに照らされた夜だ。またあの頃の事を思い出している。今思えば、あの頃はきっと楽しかったのだろう。不思議な事だったはずなのに、未だに疑問など抱いた事が無い。幻のはずだったのに、ずっと現実にいたようにみえているのだ。別れた恋人の事のように思い出しているが、別に恋人だった訳じゃないし、恋心を抱いていた訳でもない。ただ、「そこに居た。」それだけの事だ。ただ、眩かっただけだ。でも、思い出してしまうのだ。思い出したいのだ。彼女の笑顔を思い出す。 「楽しいの。ただあなたと一緒にいることが。」 彼女の台詞を思い出す。確かそんな事言っていたっけ。あの頃の僕らは、社会に呑まれた大人たちなんかが追い付けないような速さでこの世を駆けていた。僕はただ彼女に付いて行っただけだったのだが。彼女は気づけばそこにいたし、気づけばいなくなっていた。僕は今、ただ、その時の記憶を、そのころつけていた日記を読みながら思い出していた。                琴海とミカの、ただ静かな、青春劇。
24hポイント 0pt
小説 96,342 位 / 96,342件 現代文学 5,050 位 / 5,050件
文字数 6,090 最終更新日 2021.01.31 登録日 2021.01.31
40
現代文学 完結 ショートショート
私は彼女を殺すことに決めた。
24hポイント 0pt
小説 96,342 位 / 96,342件 現代文学 5,050 位 / 5,050件
文字数 3,813 最終更新日 2021.01.30 登録日 2021.01.30
251 12345