現代文学 純文学小説一覧

カテゴリ 現代文学
タグ 純文学×
104 123
1
現代文学 完結 ショートショート
私は彼の記憶を自らの中に閉じ込めようとした。
24hポイント 1,194pt
小説 906 位 / 60,396件 現代文学 7 位 / 2,632件
文字数 2,954 最終更新日 2019.12.07 登録日 2019.12.07
2
現代文学 連載中 ショートショート
今秋に『抗路』という雑誌で掲載された短歌32首から始まり、さまざまな短歌賞、和歌賞での受賞作を含めた短歌で構成していく予定です。
24hポイント 597pt
小説 1,531 位 / 60,396件 現代文学 12 位 / 2,632件
文字数 1,644 最終更新日 2019.12.07 登録日 2019.11.05
日常に潜むささやかな不気味さ。人の心の闇が作り出す歪んだ心象風景。 短編集です。
24hポイント 299pt
小説 2,698 位 / 60,396件 現代文学 29 位 / 2,632件
文字数 2,780 最終更新日 2019.12.07 登録日 2019.12.06
小学五年生の主人公村上陽一は母の年の離れた妹の叔母さんと本の話をしたり一緒にいろんな所に出かけたりする日々を送っていた。 そんな陽一にはすごく気になる場所があった。それは近所にある古いアパートとそれを見下ろすかのように立っている高台の家だ。 ある日アパートから出てきた中年男と女が封筒を受け渡しするのを見た日から全てが始まる。 陽一は近所の商店街の駄菓子屋で店番をする女の子小川悠子と高台に住む良家の娘香山仁美の二人の少女と知り合いになる。 やがて陽一は小川悠子が義父から虐待を受けていることを知るがどうすることもできないでいた。物語は進み、陽一は二人の少女に隠された秘密を知ることになる。 陽一を温かく見守り支えてくれる叔母さんとの会話や出来事を通して陽一自身が次第に成長し、二人の少女の秘密と叔母さんとの関係がリンクする。 町の人々の今まで見えていなかった部分が見えはじめ、全てが繋がり奇跡が訪れる時、陽一は誰が本当に好きなのかに気づく。   【シリーズ小説の時系列】 春       「遠野静子の憂鬱」     ↓      ↓             夏「水を守る」                     ↓ 秋「水の行方」     ↓        ↓ 冬「水をすくう」 「長田多香子の憂鬱」
24hポイント 149pt
小説 4,393 位 / 60,396件 現代文学 53 位 / 2,632件
文字数 105,124 最終更新日 2019.05.16 登録日 2019.04.17
誰しも日常の中で、ふと気になるものや目につくものがあると思います。エエ、私にもありました。自分の特別は、一等美しく見えるものです。皆様に私を知ってもらうためにも、今回この話をさせて頂きます。
24hポイント 149pt
小説 4,393 位 / 60,396件 現代文学 53 位 / 2,632件
文字数 7,249 最終更新日 2019.12.01 登録日 2019.12.01
6
現代文学 連載中 ショートショート
一話完結型の短編集です。 特定の文字や語句を入れないなど、制限付きの作品(掌編)を書く予定です。 第一話からの現行ルール。 タイトルでカギカッコに入った文字を抜くこと。 濁音、半濁音、促音がある場合にはそれも使用不可。 例えば、第八話の場合には「つ」「て」「づ」「で」「っ」が使用不可。 こちらは小説家になろうにも投稿しております。 表紙は、秋の桜子様に描いて頂きました。
24hポイント 99pt
小説 5,568 位 / 60,396件 現代文学 72 位 / 2,632件
文字数 79,644 最終更新日 2019.11.13 登録日 2018.01.30
7
現代文学 完結 ショートショート
何もしたくない日。 凄く眠たい日。 誰もが感じた事があると思う日常。 緑色の伝書箱に投げ込まれた言葉達。 [面倒くさい]という言葉で片付けたい事。 簡単に片付けたくても心まで簡単には片付かない。 そんな話はどうでもよくて.........。
24hポイント 99pt
小説 5,568 位 / 60,396件 現代文学 72 位 / 2,632件
文字数 14,848 最終更新日 2019.11.28 登録日 2019.11.28
「雨立 華子穂」を中心にその周囲を取り巻く人々の群像劇です。 華子穂は発達に障害がある女性であり、作品中では幼児期から成人期までのエピソードを扱う予定です。 抒情に欠けた現代社会への「パンク」であり、本物のファンタジー〈物語〉を目指しています。 これは僕を救うために書くものであって、僕と似たすべての人に捧げる物語です。
24hポイント 49pt
小説 7,976 位 / 60,396件 現代文学 105 位 / 2,632件
文字数 55,504 最終更新日 2018.06.12 登録日 2017.02.18
9
現代文学 完結 ショートショート
お読み頂ければ幸いです。
24hポイント 49pt
小説 7,976 位 / 60,396件 現代文学 105 位 / 2,632件
文字数 1,786 最終更新日 2017.11.18 登録日 2017.11.18
“いつも人と比べてしまう……周りが気になる……とにかく歯がゆい……そんなんじゃダメだよね”  主人公は二十八歳のOL。大学卒業後、社会に出て六年経ち、一通りの仕事や作業を無難にこなせるようになっていました。 「今日も、何ごとも起こりませんように」とつぶやきながら、ストレスは多少あるけれど、大きな不満は特にない日常が続いていましたが、ふと将来に対する不安がよぎります。同い年である同僚との比較で、自分に対する物足りなさを感じるようになります。  同僚には将来有望の恋人が社内にいます。ところがある日、同僚は結婚相談所に入会します。恋人がいるのに、なぜ結婚相談所に入会するのか?  しばらくして、同僚は相手を紹介され、それなりに楽しい日々を過ごします。  そして、二人目となる商社マンを紹介されてから日々のリズムが狂い始めます。  ある日、重大な出来事が起こります。自分だけでは解決できない、取り返しのつかないことが。  解決策は? 平坦な道はありませんでした。
24hポイント 49pt
小説 7,976 位 / 60,396件 現代文学 105 位 / 2,632件
文字数 121,738 最終更新日 2018.07.15 登録日 2018.04.21
11
現代文学 完結 ショートショート
 無理と分かっていても、ふとした時に会いたくなる。  そんな親友におくる九割実話の純文学短編小説。
24hポイント 49pt
小説 7,976 位 / 60,396件 現代文学 105 位 / 2,632件
文字数 3,844 最終更新日 2017.12.10 登録日 2017.12.10
家政婦静子と令嬢恭子の視点で 恭子の継母、実母との家族の形、亡き父、実母の夫婦の形を描きます。 ◇印で視点が変わります。  大富豪長田家の家政婦の採用試験で合格した遠野静子は一人娘の長田恭子の専属の家庭教師も兼任することとなった。  恭子は幼い頃、両親の離婚で母と離れ離れとなり、その後、父も他界し、今では家に寄りつかない継母との二人暮しをしている。けれど、恭子は寂しさを微塵も出さない強い女の子だ。  そして恭子を優しく見守る家政婦の静子は少し慌てんぼさんだ。  大きな邸宅での意地悪な継母とのやり取り、授業参観でのおかしな道徳教育、うっかり買ってしまった漫画の雑誌、町の人々との交流、ピアノコンクールなどを通して静子と恭子の間に心の絆が構築されていく。  家政婦の静子は亡くなった長田家の当主ヒルトマンと離婚した妻とのこと調べるうちにおかしなことに気づく。  それはヒルトマンはかつて元妻を桜の花に例えていたことがあり、彼女を迎えるように邸宅の庭の小道に桜の木々が植えられていることだ。  更に邸宅を東京から神戸に移したその場所の近くには元妻の実家があること。  邸宅の中には元妻の部屋があり、家財、衣服、書籍が全て残されていることなど。  恭子の亡くなった父ヒルトマンは前妻の家の近くに家を建て、妻が戻ってくることを願って待っていたのではないだろうか? と考えるようになった。  それは花言葉の桜の花が意味するものの一つが「あなたを待つ」だからだ。  フィッツジェラルドの小説「華麗なるギャツビー」とヒルトマンが折り重なりながら物語は進み、  ある事件がきっかけで静子は前妻の家には藤棚が植えられていることを知る。  藤の花言葉・・「あなたを歓迎する」  桜の「あなたを待つ」藤の「あなたを歓迎する」  まるで離婚した夫婦が再び結ばれることを望んでいるみたいではないか?   と静子は考える。  恭子のピアノコンクールの招待券を携え前妻の邸宅を訪れた静子は藤の花言葉の本当の意味を知ることになる。  藤の花言葉には反対、真逆の意味があった。  花言葉の本当の意味が明かされる時、恭子と実の母親との真の決別の時が訪れる。   【シリーズ小説の時系列】 春       「遠野静子の憂鬱」     ↓      ↓             夏「水を守る」                     ↓ 秋「水の行方」     ↓        ↓ 冬「水をすくう」 「長田多香子の憂鬱」
24hポイント 49pt
小説 7,976 位 / 60,396件 現代文学 105 位 / 2,632件
文字数 112,539 最終更新日 2019.06.04 登録日 2019.04.17
主人公は婚約破棄された元恋人と暮らしている。物件が見つかるまでという約束だが、なんとなく機会を逸してしまい、もやもやとした関係が続いていた。そんな時、高校生の頃引っ越しで別れた知人と再会する。彼女とは、ある大きな出来事を共有した関係だった。
24hポイント 49pt
小説 7,976 位 / 60,396件 現代文学 105 位 / 2,632件
文字数 20,581 最終更新日 2019.07.19 登録日 2019.07.19
家族になるまでの物語
24hポイント 49pt
小説 7,976 位 / 60,396件 現代文学 105 位 / 2,632件
文字数 30,728 最終更新日 2019.08.24 登録日 2019.08.24
繕い続けた自分を変えてくれた「あの子」と「大切な友人」に出会った「わたし」を通して、「わたし」の在り方と「大切な友人」の在り方や想いを見つめる。 日溜まりのようなあの子。 わたしは本当のわたしを覚えた。 「わたし」の視線から追う、切なくも温かいヒューマンドラマ。
24hポイント 49pt
小説 7,976 位 / 60,396件 現代文学 105 位 / 2,632件
文字数 8,003 最終更新日 2019.09.28 登録日 2019.09.28
逢いたい、逢いたい。 気が付くと彼は見知らぬ景色を見つめていた。 そこで待つ不思議な出会い、不思議な時間に揺られて何処へ行く。 突然大切な彼女が消えた。術もなく不安が彼を襲う。学校へ行こうと乗り込んだ電車で、まるで現から消えるように眠りに落ちた彼は、目を覚ますとがらんとした電車の中に居た。見えるのは美しい自然ばかり。そして彼は美しい少年と出会った。この出会いが意味するものとはーー。
24hポイント 49pt
小説 7,976 位 / 60,396件 現代文学 105 位 / 2,632件
文字数 7,619 最終更新日 2019.10.02 登録日 2019.10.02
自由に愛を選択できない時代で恋を見つけた。 貴族同士の婚姻は恋愛結婚は有り得ない。それでも彼は恋をしてみたかった。初めて彼女に出会ったその日、彼女は慎ましい姿で逞しいことばを彼に告げた。そして彼は恋に落ちた。
24hポイント 49pt
小説 7,976 位 / 60,396件 現代文学 105 位 / 2,632件
文字数 7,253 最終更新日 2019.09.30 登録日 2019.09.30
【期間限定公開】 2019/12/31まで 透明な水を誰も知らない。 透明な青を誰も知らない。 無色透明を、誰も知らない。 「メクる」「小説家になろう」掲載。
24hポイント 49pt
小説 7,976 位 / 60,396件 現代文学 105 位 / 2,632件
文字数 75,380 最終更新日 2019.11.09 登録日 2019.10.29
19
現代文学 完結 ショートショート
私は月が憎くてたまらない。
24hポイント 49pt
小説 7,976 位 / 60,396件 現代文学 105 位 / 2,632件
文字数 3,921 最終更新日 2019.12.02 登録日 2019.12.02
20
現代文学 完結 ショートショート R18
ワシが体験してきた数々のホモセックスを書いていくぞ
24hポイント 14pt
小説 15,174 位 / 60,396件 現代文学 366 位 / 2,632件
文字数 958 最終更新日 2018.01.12 登録日 2018.01.11
21
現代文学 連載中 長編 R15
どうして、ヒトノモノって、美しいの? 男の生と性を描く長編。 カウンセラーの本田は先輩である藤原の自殺を後悔していた。15回目の命日、自殺現場である橋に花が手向けられていることをきっかけに、本田は藤原の自殺の原因を突き止めることにする。 高校生のケイタは家族とはうまくいかず、学校にもなじめず、孤独な生活をしていた。そんな折、ケイタは家庭教師の白石に出会う。ケイタは白石の美貌に惹かれてしまう。しかし、白石には男の影がつきまとう。ケイタは男の影におびえながら、白石に対する恋心を募らせる。けれども、ケイタは自らが抱く恋愛感情がただの情欲であることを知る。 中学生のアカネは周囲の男たちの言動によって、男性不信に陥っていく。しかし、高校生になったアカネはダイエットといった努力を重ねたすえ、男を虜にする美貌を身につけていく。 本田、ケイタ、アカネといった三者の出来事が重なった時、恐ろしい悲劇が明らかとなる。 長くてすべて読むのが大変な方は、ケイタ パート1(第2話~第10話)だけでも、お読みください。 また、42話からも読むことができます。 note、ノベルアップ、カクヨム、小説家になろうにも投稿しています。
24hポイント 14pt
小説 15,174 位 / 60,396件 現代文学 366 位 / 2,632件
文字数 59,947 最終更新日 2019.12.06 登録日 2019.11.12
22
現代文学 連載中 長編 R18
ふふとう 【不腐桃】 [名]腐らない桃。諸悪の根源。 
24hポイント 7pt
小説 17,962 位 / 60,396件 現代文学 385 位 / 2,632件
文字数 56,602 最終更新日 2018.06.15 登録日 2018.02.12
23
現代文学 完結 短編 R18
ある男が夏の日の思い出話をしている。憧れの少女の面影。それは小学生の時に体験した少し不思議で、セクシャルで、奇妙な話だった。Twitter @hakubo_karasuda
24hポイント 7pt
小説 17,962 位 / 60,396件 現代文学 385 位 / 2,632件
文字数 5,471 最終更新日 2019.01.10 登録日 2019.01.10
24
現代文学 完結 ショートショート R15
登場する女性たちの指先にまつわる物語がオムニバスで構成された作品。指先という繊細な部分で感じ織りなす、それぞれのストーリーは……。
24hポイント 7pt
小説 17,962 位 / 60,396件 現代文学 385 位 / 2,632件
文字数 2,794 最終更新日 2019.09.26 登録日 2019.09.26
25
現代文学 連載中 短編 R18
 栞は、義父が最初から苦手だった。無口で愛想がなく、何を考えてるのかわからない。お喋り好きな母と何故結婚したのか?さえもわからなかった。  が、なによりも。母の目の届かない場所で、さり気なく身体を撫で回したり、お風呂場を覗こうとしたりしている。最初の頃は、悩んでいた栞だったが、度重なる義父の行動に恐怖心が走り、叔母である織田京子に相談し、桃子と義父は離婚する結果になり、栞と桃子は別の市で暮らす事になったが···。
24hポイント 7pt
小説 17,962 位 / 60,396件 現代文学 385 位 / 2,632件
文字数 9,280 最終更新日 2019.10.06 登録日 2019.10.06
お読み頂ければ幸いです。
24hポイント 0pt
小説 60,396 位 / 60,396件 現代文学 2,632 位 / 2,632件
文字数 10,013 最終更新日 2017.11.02 登録日 2017.11.01
お読み頂ければ幸いです。
24hポイント 0pt
小説 60,396 位 / 60,396件 現代文学 2,632 位 / 2,632件
文字数 6,330 最終更新日 2017.11.04 登録日 2017.11.04
28
現代文学 連載中 ショートショート
僕という存在の狼煙 外界への交流の狼煙
24hポイント 0pt
小説 60,396 位 / 60,396件 現代文学 2,632 位 / 2,632件
文字数 13,504 最終更新日 2018.10.02 登録日 2017.11.10
お読み頂ければ幸いです。
24hポイント 0pt
小説 60,396 位 / 60,396件 現代文学 2,632 位 / 2,632件
文字数 4,047 最終更新日 2017.11.11 登録日 2017.11.11
30
現代文学 完結 ショートショート
お読み頂ければ幸いです。
24hポイント 0pt
小説 60,396 位 / 60,396件 現代文学 2,632 位 / 2,632件
文字数 877 最終更新日 2017.11.19 登録日 2017.11.19
31
現代文学 完結 ショートショート
お読み頂ければ幸いです。
24hポイント 0pt
小説 60,396 位 / 60,396件 現代文学 2,632 位 / 2,632件
文字数 2,551 最終更新日 2017.11.25 登録日 2017.11.25
お読み頂ければ幸いです。
24hポイント 0pt
小説 60,396 位 / 60,396件 現代文学 2,632 位 / 2,632件
文字数 6,162 最終更新日 2017.12.02 登録日 2017.12.02
33
現代文学 完結 ショートショート
お読み頂ければ幸いです。
24hポイント 0pt
小説 60,396 位 / 60,396件 現代文学 2,632 位 / 2,632件
文字数 2,230 最終更新日 2017.12.09 登録日 2017.12.09
お読み頂ければ幸いです。
24hポイント 0pt
小説 60,396 位 / 60,396件 現代文学 2,632 位 / 2,632件
文字数 5,278 最終更新日 2017.12.16 登録日 2017.12.16
35
現代文学 完結 ショートショート R15
 西山花江、英治夫妻には、一人息子に一人の孫がいて、ある事件が起きるまでは平和に暮らしていた。  だが、息子が犯した罪により会長の職を奪われ、義理の娘や孫からは冷たくあしなわれ、とうとうその家まで追い出され、いまはほそぼそと花江と執事のジンと手狭な家に暮らして三年がたった??? 「旦那様、朝でございますよ。起きて下さい???」  この物語は、残酷な描写があります。もしご気分が悪くなられたら、申し訳ありません。
24hポイント 0pt
小説 60,396 位 / 60,396件 現代文学 2,632 位 / 2,632件
文字数 9,942 最終更新日 2017.12.22 登録日 2017.12.22
36
現代文学 完結 ショートショート
お読み頂ければ幸いです。
24hポイント 0pt
小説 60,396 位 / 60,396件 現代文学 2,632 位 / 2,632件
文字数 1,143 最終更新日 2017.12.23 登録日 2017.12.23
お読み頂ければ幸いです。
24hポイント 0pt
小説 60,396 位 / 60,396件 現代文学 2,632 位 / 2,632件
文字数 4,521 最終更新日 2017.10.28 登録日 2017.10.28
38
現代文学 完結 ショートショート
お読み頂ければ幸いです。
24hポイント 0pt
小説 60,396 位 / 60,396件 現代文学 2,632 位 / 2,632件
文字数 459 最終更新日 2017.12.30 登録日 2017.12.30
夢見がちな男の幼い頃から大人になるまでの話です。
24hポイント 0pt
小説 60,396 位 / 60,396件 現代文学 2,632 位 / 2,632件
文字数 801 最終更新日 2018.01.25 登録日 2018.01.25
そして、わたくしと先生は何時までも。
24hポイント 0pt
小説 60,396 位 / 60,396件 現代文学 2,632 位 / 2,632件
文字数 2,011 最終更新日 2018.01.29 登録日 2018.01.29
104 123