現代文学 愛小説一覧

カテゴリ 現代文学
タグ ×
14
1
現代文学 完結 ショートショート
僕らは自由である。 今は夜、目の前の横断歩道の中央に、小さなおばぁさんが大きな荷物を背負い、杖をついて歩いている。 信号機はすでに赤になり、車が動き出した。 トラックの運転手を見ると、彼は年を取った男性だった。 彼はぼぉっとすました顔をしていた。
24hポイント 0pt
小説 77,224 位 / 77,224件 現代文学 3,274 位 / 3,274件
文字数 439 最終更新日 2020.07.02 登録日 2020.07.02
2
現代文学 完結 ショートショート
私は今、子供を助けています。 私は今、人を殺して生きています。 子供や同志からの依頼を受けて、仕事をしています。 私は権威によって苦しめられてきました。 これからも苦しめられるでしょう。 だから私は、権威を殺し続けたいと思っています。
24hポイント 0pt
小説 77,224 位 / 77,224件 現代文学 3,274 位 / 3,274件
文字数 1,131 最終更新日 2020.07.01 登録日 2020.07.01
3
現代文学 完結 ショートショート
「それでも願い続ければ」 に登場する平山智が、学校に入学する少し前の物語です。
24hポイント 0pt
小説 77,224 位 / 77,224件 現代文学 3,274 位 / 3,274件
文字数 3,778 最終更新日 2020.05.20 登録日 2020.05.20
4
現代文学 完結 ショートショート
疲れて電車に乗った。終電だった。席はガラガラで、ぐったりと座る人々は皆一様に目を閉じていた。私もそうしようとした。取れる限りの楽な姿勢を取ろうと僅かな時間の試行錯誤を経て、目を閉じようとした。けれど、目前にいた二人の女性の存在に気がついた時、私は俯き気味にそちらへ目を向けたのだった。
24hポイント 0pt
小説 77,224 位 / 77,224件 現代文学 3,274 位 / 3,274件
文字数 1,730 最終更新日 2020.04.10 登録日 2020.04.10
黒い娘は世が忌む闇を愛する。笛が三つ鳴ったなら、黒い瞳へ吸い込まれましょう。 霧子の至福は闇夜にある。 闇のような黒い瞳のこだまに見つめられると、闇夜に綿毛がふわふわ溢れる感覚を覚える。 こだまといつまでも一緒に居たいと願うから、霧子は愛を告げられず、こだまとの約束が叶う日を待つ。
24hポイント 0pt
小説 77,224 位 / 77,224件 現代文学 3,274 位 / 3,274件
文字数 7,351 最終更新日 2020.02.29 登録日 2020.02.24
愛がなければどうなりますか
24hポイント 0pt
小説 77,224 位 / 77,224件 現代文学 3,274 位 / 3,274件
文字数 10,036 最終更新日 2020.02.15 登録日 2020.02.13
7
現代文学 完結 ショートショート
プロポーズした時から50年。ボケてしまった妻とのショートストーリー
24hポイント 0pt
小説 77,224 位 / 77,224件 現代文学 3,274 位 / 3,274件
文字数 871 最終更新日 2020.02.01 登録日 2020.02.01
最愛の姉が突然目の前から消える。 ろくでなしだった俺は、夜の街で暮らす。 ある日、ボロボロの女が。 その女は間違いなく姉だ。 復讐に燃える男の0(過去)からの物語
24hポイント 0pt
小説 77,224 位 / 77,224件 現代文学 3,274 位 / 3,274件
文字数 9,880 最終更新日 2019.12.04 登録日 2019.12.03
9
現代文学 連載中 ショートショート
人間の恋やら愛の話
24hポイント 0pt
小説 77,224 位 / 77,224件 現代文学 3,274 位 / 3,274件
文字数 1,205 最終更新日 2019.06.16 登録日 2019.06.16
幣原準造は、2時間のトレッキングの末に、標高600mの危険な展望台『プレーケストーレン』に辿り着いた。柵の無い展望台である。彼は胸ポケットから妻の遺影の入ったストラップケースを取り出して断崖の淵にかざした。
24hポイント 0pt
小説 77,224 位 / 77,224件 現代文学 3,274 位 / 3,274件
文字数 2,831 最終更新日 2019.04.26 登録日 2019.04.26
仮面の中は誰も知らない 家族でさえ、愛してくれている人でさえ、
24hポイント 0pt
小説 77,224 位 / 77,224件 現代文学 3,274 位 / 3,274件
文字数 56,661 最終更新日 2019.03.21 登録日 2019.01.07
最期の日に、私は笑うことができたから。        (2002.7.12. 22:27-23:17)
24hポイント 0pt
小説 77,224 位 / 77,224件 現代文学 3,274 位 / 3,274件
文字数 894 最終更新日 2018.10.20 登録日 2018.10.20
ギターは一生モノだ。ギターは生き物だ。あの日、店で一目惚れしたあの子とは、ずっと一緒に居るつもりだったのだ。 ギターと家族の物語です。
24hポイント 0pt
小説 77,224 位 / 77,224件 現代文学 3,274 位 / 3,274件
文字数 5,776 最終更新日 2018.02.25 登録日 2018.02.25
14
現代文学 完結 短編 R15
身寄りがなく、娼婦へと身を落とした主人公は、凍えるような自己嫌悪に陥っていた。 そんな時、彼女の前に現れたのは、燃えるような赤髪の男だった――――
24hポイント 0pt
小説 77,224 位 / 77,224件 現代文学 3,274 位 / 3,274件
文字数 4,741 最終更新日 2017.12.06 登録日 2017.12.01
14